キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

えのきをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

節約したい時のお助け食材として人気のえのき。かさがあるので料理をかさ増ししたときに活躍して、価格も安いので家に常備しておきたいマストな食材です。えのきは見た目によらず栄養が豊富で、低カロリーなのでダイエットしたい時にもおすすめです。味や臭いにクセがないので食べやすく、どんな調味料や食材にも合わせやすい優秀なきのこです。炒め物・スープ・鍋物・揚げ物・パスタの具材など、たくさんの料理に使われます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてえのきのレシピを紹介しています。えのきを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

えのきの栄養素

えのきは神経経緯の機能維持に必要なビタミンB1、髪や皮膚を丈夫に保つ働きのあるビタミンB2、カルシウムやリンの吸収を助けるビタミンDなどのビタミン類が豊富です。糖質・脂質・たんぱく質の代謝に欠かせないナイアシン、腸内環境を整える食物繊維も含まれています。えのきに含まれるエノキタケリノール酸は、腸内の余分な油が血管に吸収されるのを防ぎ、キノコキトサンが老廃物や油を体外に排出する役割があります。

えのきの種類

えのきには茶色いえのきと白いえのきがあります。森の中に生育している野生のえのきは色が茶色く、傘が大きくてぬるぬるして茎は短く見た目がなめこに似ています。白いえのきは人工栽培されたもので、純白系の種類を選んで人工栽培しています。育成室、専用の細長いビンに入れられて丁寧に栽培されています。新品種のブラウンえのきは、白いえのきのように細長いですが色が茶色で風味が強く傘はぬめりがあります。

美味しいえのきの選び方

! /image/〇〇
えのきを選ぶ時はまず色に注目します。きれいな白色のものは新鮮ですが、黄みを帯びているものは鮮度に欠けるので避けましょう。傘のサイズが均一で小さめのきれいな丸で、軸が太くハリがあるものを選びましょう。背丈が揃ってしゃきっとしており、透明感があってみずみずしいものがおすすめです。えのきは時間が経つと柔らかくなるので、手に持ってみて柔らかすぎないか確認しましょう。乾燥したりしなびていないもので、パックのビニールに水滴がついていないものを選んで下さい。

えのきの賞味期限

えのきを含むきのこ類全般には賞味期限がないので、どれくらいで食べきればいいのか分かりづらいですよね。えのきは低温で栽培されているため、常温での保存には向いていません。必ず冷蔵庫で保存して、約1週間を目安に使ってしまいましょう。冷凍保存をした場合は約1ヶ月ほど保存できます。できるだけ新鮮なうちに食べてしまうのがおすすめです。

えのきの保存方法

えのきはパックに入れられていますが冷蔵庫で保存する時はパックから出して、石づきは切り落とさずに新聞紙やキッチンペーパーなどで包んでビニール袋に入れ野菜室に保存します。えのきは冷凍保存もでき、石づきを取ってほぐしてジップロックなどの保存袋に入れて、しっかり空気を抜いてぴっちりと口を閉じて冷凍庫に保存します。調理する時は凍ったままそのまま使えます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

えのきの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

えのきの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

えのきの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

えのきの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

えのきの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

えのきをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社