キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

えのきの記事一覧

キッチンブックの「えのき」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    料理の主役にも脇役にもなる、万能なえのき。サラダから野菜炒め、鍋ものなど、幅広く使える優れものですよね。栽培に季節を問わないため、価格も安定していて家庭に優しいえのきですが、賞味期限や良い保存方法をご存知ですか。えのきをはじめ、キノコ類全般には賞味期限の設定がありません。ですが、低温で栽培されているため、気温が低い冷蔵庫で保存したほうが長持ちします。また、買ってきたままの袋よりは新聞紙やキッチンペーパー等で包んでおいたほうが湿気しにくくなります。新聞紙で包んでおいた場合でしたら約1週間は保存が可能です。きちんと保存し、おいしいえのきを調理してくださいね。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    シャキシャキとした歯ごたえが特徴えのきは、鍋の材料としてはもちろん、様々なレシピに使えるヘルシー食材です。スーパーなどで売っているえのきは室内栽培のため白く、天然物は褐色をしています。選び方のポイントは、色が白く束に締まりが有る物を選んで下さい。日にちが経っているものは、締まりがなく散けたようになっています。栄養素は、ビタミンDが多く含まれています。このビタミンは、カルシウムの吸収を高める作用があることから、骨粗鬆症の予防に役立ちます。その他、えのきに含まれる不溶性食物繊維には、β-グルカンが含まれており、ガンの抑制の働きもあります。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    旨味たっぷりのキノコはどんな料理に入れても風味をよくしてくれる万能食品です。食物繊維が豊富なことが特徴的で腸内環境を整え、動脈硬化や高血圧の予防に効果が期待されます。食物繊維のβ-グルカンにはアレルギー予防や免疫力アップの効果も。ボリュームもあり満腹感もあるキノコですが、ローカロリーでまさにダイエットの味方です。様々な料理にカサ増ししてアレンジを楽しんでくださいね。小さな子供にはキノコ独特な食感や香りが苦手な場合もあります。細かく刻んだり、肉ダネを詰めてハンバーグにするなど美味しく食べられる工夫をしてみてくださいね。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    淡白な味わいがどんな料理にもあうエノキ。ひょろっとした見た目ですが栄養満点なスーパーフードなことはご存知でしょうか。糖質をエネルギーにかえるビタミンB1、アルコールの代謝には欠かせないナイアシン、カルシウムの吸収率を助けるビタミンD、腸内環境を整える食物繊維などが代表的です。近年「腸活」と呼ばれる腸内環境を整えて健康的な体づくりを目指すことがブームですが、ローカロリーなエノキはまさに最適で、便秘予防や美肌効果など、美意識の高い女性は積極的にとりたい食品ですね。キノコの旨味のグアニル酸や、アミノ酸は生活習慣病予防や、疲労回復にも効果が期待されます。冷凍することができるので、常備して料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    えのきはコリコリとした食感が特徴的です。スーパーで選ぶときは持った時に全体的に締りがあるものを選びます。またなるべく白いもの、柄の部分が太くしっかりしているものを選びます。パッケージの袋に水滴がついているものは避けた方が良いでしょう。保存方法は冷蔵庫で3日から4日です。これを超えてしまう場合は保存袋に入れて冷凍保存をしてください。えのきは生では食べられないので焼くなどして食べてください。えのきにはキノコキトサンという食物繊維が豊富に含まれています。整腸、高血圧予防、免疫力向上などの作用もあります。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    きのこは種類が豊富です。中でもエリンギ、しめじ、えのき、椎茸、なめこ、マツタケ、マッシュルーム、舞茸がよく知られているきのこではないでしょうか。きのこには食物繊維が豊富に含まれています。便秘の改善の効果があります。また体内の有害な物質を体外に排出する働きもあります。ミネラルも豊富に含んでいて丈夫な骨や体作りにも効果があります。カリウムも豊富で高血圧予防などにも効果があります。きのこはカロリーが低くヘルシーな食べ物と言われていますが栄養がたっぷりの食材ですので毎日でも取り入れたい食材です。中には毒性のあるきのこもあるので注意が必要です。 この記事では、きのことはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ダイエットの味方【えのきを使った料理】おすすめレシピ・作り方20選

    カロリーの低い野菜として人気のえのき。店頭販売されているえのきはほぼ人工栽培で、特に旬の時期というのはありません。ただ鍋料理に入れる食材として人気のため、秋から冬にかけて販売量が多くなります。えのきはクセのない味で匂いもきつくないので、他の食材と合わせやすくスープや炒め物など様々な料理に使える野菜です。 この記事では、えのきの基礎知識に加え、えのきのダイエット効果、えのきダイエットの方法と注意点、えのきのおすすめダイエットレシピをご飯もの・スープ・おかずのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キノコキトサンが脂肪を燃焼!きのこダイエットのおすすめレシピ20選

    きのこと言えば、低カロリーで食物繊維が豊富なためダイエットには欠かせない食材ですね。それ以外にも、きのこにはキノコキトサンという成分があります。それはコレステロールや中性脂肪を減らし、脂肪燃焼効果があるという優れもので、それだけでサプリメントになるほど。そのため、最近きのこダイエットというのが人気です。 この記事では、<きのこ ダイエット>の基礎知識に加え、エリンギ、えのき、しめじ、しいたけ、きくらげ、マッシュルーム、色んなきのこにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね

  • えのき料理の人気レシピまとめ:厳選した人気えのきレシピを紹介

    天然のえのきの旬は10月~11月ですが、今はほどんどが人工栽培となっているのでスーパーに行けば年中買うことができる食材。 えのきはサッと加熱して調理すればシャキッとした歯ごたえが楽しめ、煮て調理すればトロっとした食感が味わえます。価格も比較的リーズナブルな上、いろいろな料理に使える使い勝手のよさが人気の1つ。 この記事では、えのきの基礎知識に加え、えのきのおかずレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・麺レシピ、汁物レシピに分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社