キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

卵・大豆加工品の記事一覧

キッチンブックの「卵・大豆加工品」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理器具:フライパン】おすすめ10選

    豆腐は比較的安価で売られているのでお財布に優しい食材です。豆腐を使ったアレンジ料理が沢山あり、子供から大人まで年齢問わず人気があります。豆腐はカロリーが低く大変ヘルシーな食材なので特にダイエットをしている方におすすめです。豆腐はヘルシーですが栄養豊富なので毎日でも摂取したい食材です。中でも大豆イソフラボンは美肌効果が期待できるので美容に興味がある女性の方にぴったりの食材です。豆腐は肉や野菜など他の食材との相性が良く、フライパンひとつで手軽に作ることができるレシピが数多く紹介されているのでご飯作りの参考にしてください。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの納豆を使った人気レシピ10選

    栄養満点の食材として人気の納豆。納豆の始まりには諸説がありはっきりとしたことが分かっていませんが、煮豆と藁が合わさったことで生まれたと考えられているようです。納豆が一般的に食べられるようになったのは、江戸時代になってからと言われています。ご飯にかけて食べる以外にも冷奴にのせたり、パスタと和えたりと幅広い料理に使えます。納豆は良質な食物性たんぱく質を含み、動脈硬化を防ぐマグネシウム、鉄分、カルシウムなどのミネラル類、免疫機能を健全に保つビタミンB6など体にいい栄養素を豊富に含んでいます。栄養価が高いことから海外でも注目されており、低価で手に入るのも魅力です。納豆を使ったメインのおかずを作れば簡単に節約できて、栄養も満点の料理を作れますよ。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 卵を使ったおすすめ定番料理10選

    朝食の定番の卵かけご飯や、お弁当の定番の卵焼き、丼の定番の親子丼など、定番料理の多い卵。和食・中華・洋食など様々な料理にアレンジできるため使い勝手が良く、良質なタンパク質など栄養価も優れているため私たちの日常の食卓には欠かせませんね。タンパク質のほかに、ミネラルやビタミンなどをバランスよく含む卵は「完全栄養食品」と言われていますよ。卵は高温に弱いため、特に夏の暑い季節には室温に置くとあっという間に鮮度が落ちてしまうためすぐに冷蔵庫で保存しましょう。ドアポケットに卵を入れると、開け閉めの振動で殻にヒビが入る恐れがあるため避けることをおすすめします。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使ったおすすめ定番料理10選

    豆腐を切って油で揚げて作る油揚げ。豆腐に比べると脂質は多くなりますが大豆の栄養はそのままで、良質なタンパク質、脂質、炭水化物、カルシウム、ビタミンなど栄養バランスの整った食材です。他にも、大豆特有のえぐみや渋味、苦味は「サポニン」と呼ばれる成分で強い抗酸化作用を持ち、代謝を促進する作用が期待されます。さらにポリフェノールの一種で女性ホルモンの働きと似た作用を持つ「大豆イソフラボン」は更年期の不調の予防や改善に効果があり、骨粗鬆症対策にもぴったりです。油揚げはそのまま調理すると油っぽいさや独特のえぐみが出るため、油抜きをすることで軽減することができて調味料が油揚げにより染み込みやすくなりますよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの豆腐を使った人気レシピ10選

    手頃な価格で手に入り、高たんぱく低カロリーの豆腐は家計にも体にもやさしい健康食材です。豆腐には鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富です。また、美肌に効果があるビタミン類や、女性ホルモンに似た働きがあるイソフラボン、便秘改善や大腸がんの予防に効果があるオリゴ糖、コレステロールの吸収を抑制し、生活習慣病の予防に効果があるサポニンや、血液をサラサラにし、神経機能を改善する働きがあるレシチンなど、豆腐にはさまざまな栄養素がバランスよく含まれています。冷ややっこや湯豆腐などそのままでもおいしい豆腐ですが、豆腐ステーキにしてメインとして楽しんだり、みそ汁や鍋物の具にしたり、料理のかさ増しに使ったりと豆腐は日々の食卓で活躍してくれます。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの納豆を使った人気レシピ10選

    納豆は蒸した大豆に納豆菌を混ぜて作る発酵食品です。納豆はタンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素がバランスよく含まれています。他にもビタミン、食物繊維、イソフラボンなどの栄養がぎゅっと詰まっている、栄養価の非常に高い食品です。納豆はスーパーなどでいつでも安価で手に入るので、ぜひ毎日継続して食べることをオススメします。ご飯のお供としても人気が高い納豆は、日本のソウルフードの1つです。家で作るお昼ごはんといえば、丼、パスタ、うどんなど、一皿で完結するメニューが多いですよね。こちらの記事では丼、パスタ、うどんで食べる納豆のメニューもたくさんご紹介しているのでぜひお昼ごはんの参考にしてみてくださいね。 この記事では、「焼きそば」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの豆乳を使った人気レシピ10選

    豆乳は美肌効果が期待できる、女性に嬉しい飲み物です。豆乳は豆腐を作る際に出る大豆の絞り汁のことです。大豆の加工品の一つであり、低脂肪、低カロリー、高タンパクで栄養も豊富な食材です。豆乳に含まれているイソフラボンには、がんを予防してくれる働きがあります。料理に使う場合は無調整豆乳を使うのがオススメです。無調整豆乳は、独特の大豆の風味が強く残りますが、大豆の栄養をそのまま摂ることができます。最近では豆乳に甘みやフレーバーで味、香りを付けた飲料も多く販売されています。豆乳の独特の香りや味が苦手な方でも飲みやすく仕上がっています。ぜひ、毎日一本の豆乳を習慣付けて体の中からキレイを作りましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの卵を使った人気レシピ10選

    卵は我々の食卓に欠かすことができない食材のひとつです。栄養面ではたんぱく質やアミノ酸を豊富に含んでいます。また、卵黄にはレシチンという成分が含まれていて、女性に嬉しい美容効果があります。卵かけご飯や目玉焼き、ゆで卵、卵焼きなど卵がメインの料理は大変人気があります。ゆで卵は茹でる時間を変えることでトロトロ食感がおいしい半熟卵を楽しむことができます。卵は他の食材との相性が良く炒め物、煮物、揚げ物、汁物など幅広く使われています。昼ごはんにぴったりのレシピをピックアップして紹介しているので参考にしてください。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • これさえあればOK!豆腐を使ったおすすめ定番料理10選

    豆腐は比較的に安価で売られているのでお財布に優しい食材です。アレンジ料理が多数あり年齢問わず人気があります。ヘルシーな食材なので特にダイエットをしている方におすすめの食材です。豆腐は植物性のたんぱく質や脂質を豊富に含んでいるのでコレステロール値を促進させる働きや動脈硬化を予防する働きがあります。また大豆イソフラボンが豊富に含まれているので肌の新陳代謝を促進させ美肌に導く働きがあります。豆腐を使ったレシピは多く紹介されています。定番料理をはじめアレンジしたレシピも多いのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの油揚げを使った人気レシピ10選

    大豆が原料の油揚げ。油揚げは熱湯をかけたり茹でたり、湿らせたキッチンペーパーに包んでレンジで加熱するなど、油抜きをしてから調理するのがポイントです。油っこさがなくなり、味が染み込みやすくなります。また、余分なカロリーをカットできるのでヘルシー料理が実現します。油抜きをし、好みの大きさにカットしてから冷凍保存をしておけば、すぐに使えて便利です。最近は、油抜きが不要のものも販売されているので、それらを使うのもおすすめです。うまみが詰まった油揚げ。みそ汁やなべ物、炒めたり焼いたり、さまざまな料理方法で活用できます。ぜひ、いつもの一品に油揚げをプラスして、コクのある風味豊かな味わいを楽しんでみてください。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの豆腐を使った人気レシピ10選

    「畑の肉」とも呼ばれる大豆が原料の豆腐は、高たんぱく低カロリーな健康食材です。豆腐には骨や歯を丈夫にし、イライラを抑える働きがあるカルシウムや、貧血予防に欠かせない鉄分などのミネラルが豊富です。また、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果があるサポニンや、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン、血流の改善や脳の活性化をサポートする働きがあるレシチンなどの機能性成分を多く含みます。栄養を多く含みながらも水分が多い豆腐は、満腹感が得られるため、ダイエットや夜ご飯にもおすすめ。手軽な価格で手に入る豆腐は、料理のかさ増し役にもぴったり。ぜひ、食べ応えもばっちりのヘルシーご飯を作ってみてください。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの油揚げを使った人気レシピ10選

    油揚げとは、薄く切った豆腐を水切りして油で揚げたものを言います。油揚げを使った料理には煮びたし・おいなりさん・炊き込みご飯などがあり、和食には欠かせない食品のひとつです。栄養面ではたんぱく質と脂質を多く含んでいる特徴をもちます。油揚げの保存方法は、基本的には冷蔵庫内での保存になります。調味料をしっかりとしみ込ませたい時などに油揚げの油抜きをしますが、油抜きには直接油揚げに熱湯をかける方法と熱湯で数分茹でる方法があります。簡単に油抜きをしたい場合は前者の方が好都合ですが、煮物やおいなりさんを作る場合は後者の方が調味料はしみ込みます。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 卵を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    私たちの日常の食卓に欠かせない卵は、卵からヒヨコが誕生するために必要な栄養素が備わっています。タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルを含み、中でもタンパク質には人間の体内では作ることのできない必須アミノ酸をバランスよく含むため、栄養価の高い食品としても注目されています。卵にはビタミンCや食物繊維が含まれていないので、野菜と組み合わせて補いましょう。朝食にサラダやスープなどと一緒に取り入れると栄養を補う以外に、卵料理でタンパク質を摂れるため満腹感が増してダイエットにも効果的ですよ。骨の形成には欠かせいないカルシウムが十分に働くために必要な栄養も含む卵は、育ち盛りの子供にもおすすめです。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    ふわっとやわらかい食感が特徴の油揚げ。大豆が原料の油揚げは、大豆に含まれる栄養素が豊富に含まれており、栄養満点の食材です。油揚げには、骨粗しょう症の予防に効果があり、女性ホルモンと同じような働きがあるイソフラボン、動脈硬化の予防に役立つレシチンや強い抗酸化作用のあるレシチンなどの成分がバランスよく含まれています。熱湯をかけて油抜きをすれば、カロリーも抑えられるので、安心して料理に使えます。煮ても焼いておいしい油揚げ。トースターで焼けばカリカリとした食感が、みそ汁や鍋などの具材として使えば、うまみが染み出て味わい深い一品に仕上がります。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの卵を使った人気レシピ10選

    一般的に使用されている卵の一つである、にわとりの「無精卵」。卵の中には卵黄と卵白が入っており、卵を溶いたものを溶き卵といいます。1年中販売されている卵ですが、実は旬があり、それは春です。そして夏は少し水っぽい卵になるのです。そんなは朝ごはんに食べるのがおすすめで、消化と吸収に優れたタンパク質を含んでいるため、消化器官に優しく働きます。また「完全栄養食品」ともいわれる卵にはカルシウム、鉄分、ビタミンA、ビタミンB6、脳を活性化させるコリンなどが含まれています。そして低カロリーなのでダイエットにもよい食材です。ただビタミンC、食物繊維は含まれていないので、緑黄色野菜など一緒に食べてください。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの豆乳を使った人気レシピ10選

    まろやかな舌触りと、ふわっと大豆の風味が香る、豆乳。甘く加工されて飲みやすくされているものも最近では多く流通しており、たんぱく質が豊富なため、ダイエットをしている人や健康を意識している人からは絶大な人気を得ています。そんな豆乳ですが、健康効果がかなり高いことをご存知でしょうか。豆乳にはレシチンという細胞膜を綺麗にする物質がふくまれています。細胞から元気にしてくれるので、老化防止やがん予防など、体を根本から健康にしてくれるのです。また、大豆のたんぱく質は体内で吸収、分解に時間がかかるため、満腹感が得られやすく、暴飲暴食の予防にもつながります。ぜひ日常から取り入れてみませんか。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの豆腐を使った人気レシピ10選

    豆腐は豆乳ににがりなどの凝固剤を加えて固めた大豆の加工食品です。高タンパク質で栄養価の高く、ヘルシーなのでダイエットメニューとしても重宝されています。一年中いつでも安価で手に入るため、家庭料理には欠かせない万能な食材です。豆腐には作り方の違いによって、絹ごし豆腐、木綿豆腐などの種類に分けられています。絹ごし豆腐は木綿豆腐よりも濃い豆乳を固めて作られます。口当たりがなめらかで、そのまま湯豆腐に利用したり、ペースト状にしてソースなどに使われます。木綿豆腐は固めた豆腐を布で包み、圧をかけて作られます。絹ごしよりも強度があり、崩れにくいため、鍋物や麻婆豆腐などの炒め物に利用されます。豆乳とにがりを使って作る以外にも、たまご豆腐、ジーマーミ豆腐、ごま豆腐などかわり豆腐の種類も豊富に存在します。いろんな豆腐を食べ比べしてみてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 卵を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    安くて保存の効く卵は料理のレパートリーも多く、私たちの日常の食卓に欠かせない食材です。タンパク質、ミネラル、ビタミンをバランスよく含む卵は「完全栄養食品」と呼ばれ、特にタンパク質は必須アミノ酸をバランスよく含むため注目されています。白色の殻と赤色の殻がありますが栄養価に違いはありませんので、お好みの卵を選んでくださいね。高温に弱い卵は、特に夏はすぐに鮮度が落ちてしまうためすぐに冷蔵庫で保存するようにしましょう。ドアポケットに入れると開け閉めの振動でヒビが入ってしまう可能性もあるため、出来るだけパックのまま卵のとがった方を下にして振動のないところに置いて保存してくださいね。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    油揚げはみそ汁、煮物、和え物、おでん、きつねうどん、いなり寿司など様々な料理にアレンジできる万能食材です。豆腐を薄切りにして水分を切り、油で揚げたもので薄揚げとも呼ばれていますよ。タンパク質や脂質を豊富に含んだ油揚げは食べ応えもたっぷりで、料理に加えることでコクと旨味がアップします。近年の油揚げは良質な油を使用しているため油抜きをする必要はありませんが、味をしっかり染み込ませたい場合や油の臭いが気になる時は油抜きをしましょう。油抜きは熱湯をまわしかけるか、熱湯で5分程茹でてくださいね。長期保存には向いていないため冷蔵庫で保存して早めに使い切るようにしてくださいね。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    豆乳は豆の風味が豊かで、牛乳よりもさっぱりとした口当たりが特徴です。豆乳は浸水させた大豆をすりつぶして、煮詰めてこした液体のことです。豆乳ににがりを加えれば豆腐になります。そのまま飲んだり、牛乳の代わりに料理に加えて使われることが多い食材です。料理に使う際には、栄養がそのままとれる無調整豆乳を選ぶことをオススメします。豆乳には大豆イソフラボンやコレステロール値を下げてくれる大豆タンパクなどの栄養素が豊富に含まれています。高タンパク、低カロリーな豆乳はダイエットの強い味方です。最近では豆乳にいろんな味のフレーバーを加えた豆乳飲料が販売されています。豆乳独特の風味が苦手な方でも飲みやすく、人気があります。栄養満点な豆乳を、自分に合った方法で摂取してくださいね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    豆乳の原料は大豆で、大豆を水に浸してすり潰し水を加えて煮つめた汁を漉して作った飲料です。大豆独特の香りがするため好き嫌いが分かれますが、手軽に大豆に含まれる栄養素を摂れるので積極的に摂りたい食材です。豆汁を濾した「無調整豆乳」と飲みやすく調整した「調製豆乳」があり、甘味や色々なフレーバーをプラスした豆乳もあります。そのまま飲む以外にもスープ・パスタ・グラタン用のソース・クッキー・ケーキなど、幅広い料理に使えます。大豆が原料のため植物性タンパク質が豊富で、その他にも女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが含まれています。イソフラボンは更年期障害を緩和する働きがあり、女性にとってうれしい栄養素です。簡単に栄養のあるヘルシーな料理を作りたい時に活躍して、手軽に使えるのも魅力ですね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    大豆の搾り汁を固めた加工食品である「豆腐(とうふ)」。豆腐はさまざまな種類があり、「木綿豆腐」、「絹ごし豆腐」、「充填豆腐」、「寄せ豆腐」、「ソフト豆腐」、「高野豆腐」などです。また杏仁豆腐や玉子豆腐など豆腐を模した「かわり豆腐」もあります。このパーティー料理レシピでは、木綿豆腐、絹ごし豆腐、充填豆腐を使用しています。そんな豆腐の栄養価には、植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、カロリーも低いため、健康食品やダイエット食品としても知られています。またβコングリシニン、コリン、サポニン、イソフラボン、カルシウムといった大豆に含まれる栄養価が、豆腐にも含まれています。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    和食を代表する食材の1つが豆腐で、欧米でも健康志向の方の間で人気を集めています。豆腐は大豆から作られるため植物性たんぱく質が豊富で、ベジタリアンのたんぱく源としても重宝されています。女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンを含み、更年期障害を緩和する働きがあり女性にとってもうれしい食材です。低カロリーで栄養が豊富なのでダイエット中の方にもおすすめで、サラダやスープなどヘルシーな料理に使いやすいのもうれしいですね。豆腐はソフト豆腐・絹ごし豆腐・木綿豆腐などの種類があり、ソフト豆腐と絹ごし豆腐は柔らかいため冷奴や汁物に適しており、木綿豆腐はかたさがあるので豆腐ステーキや炒め物などに向いています。柔らかく食べやすいため離乳食にも使える便利な食材です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 https://textmining.userlocal.jp/results/A5WQyyVmQU2QSJserovjVp4nHcz13nmN ■概要文について これはキッチンブックに掲載される記事です。30代から50代の女性が見ることを想定しています。 料理する方(主婦・一人暮らし)向けコンテンツであることを念頭に置き、主に女性心をくすぐる様な表現で執筆をお願いします。 記載ポイントや表現や文言、言葉選びなどはそれを意識した内容での執筆をお願いします。 記事によっては、食材が重複する場合がございますので、「ヘルシー」に特化および差別化をはかってください。 *そのコンセプトに見合わない場合お戻しする場合があるのでご容赦ください ・本記事でどういうことを紹介しているのかざっくりわかるような内容を盛り込んでください。 ※本文・概要文ともに「豆腐」「レシピ」「ヘルシー」などのキーワードを積極的に盛り込んで執筆してください。 ※上記を押さえて、この記事には自分の求めている情報がある、今夜の夕飯に役立ちそうと思われる文章をお願い致します。 ※参考URL先の説明文そのまま(文末や接続詞が変わっただけ等)の場合は承認NGとなりますので、他サイト等も調べて記載をお願いいたします。} [消さないでください] 執筆が終わりましたら、以下の項目の◯白丸を●黒丸に変えてください。 全部●がつくか、●にできないものは理由を記載して提出をお願いします。 ●長い固有名詞が含まれるものを除き、15文字以上他サイトと同じ表現になっていない。(コピペのままになっていない) ●要件定義のキーワードが適切に盛り込まれている ●概要文・本文ともに指定文字数を守って、執筆漏れなく全て執筆している ●【消さないでください】と書いてある項目を除き、指示書きや参考URL、文章をくくる「」など、掲載において不要なものを削除している→{ }で括られた部分は全て削除して下さい。 ●基本的な日本語が整っている(誤字脱字、主語述語の乱れ、接続詞の多用、同じ文末表現の多連続などがない) トップ画像  178448876 https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/baked-marinated-tofu-herbs-spices-178448876?src=glMYICyAH-9hA7EMdlElhw-7-76 *この部分は別紙②【キッチンブックストック用】ストック作成マニュアル参照

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ジューシーで食べ方が豊富にある油揚げ。「あげ」「薄揚げ」とも呼ばれる豆腐を加工した食品です。豆腐は大豆から作られているため、油揚げにも大豆の栄養素が含まれます。大豆にはイソフラボンという成分が豊富に含まれていて、女性ホルモンと似た働きがあります。女性がかかりやすい骨粗しょう症や更年期障害の予防にも繋がる成分です。油揚げにはサポニンという栄養素も含まれていて、中性脂肪を減らしたり、コレステロールを下げたりする働きがあります。高血圧症の緩和も期待できるため、血圧が高めの人や生活習慣病が気になる人におすすめです。体を作る大切な成分であるタンパク質も含まれているため、バランスの良い食事にしたい場合におすすめの食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ10選

    発酵食品の納豆は、大豆を丸ごと食べられる加工食品のひとつです。納豆は、そのまま食べてもおいしい食品ですが、薬味などと組み合わせて食べるとより旨味を感じることができます。例えば、鰹節と組み合わせると魚に含まれるうまみ成分のイノシン酸と納豆に含まれるグルタミン酸が合わさることで、うまみの相乗効果が起き旨味をより強く感じることができます。納豆に含まれる栄養には、主にたんぱく質、脂質、カルシウム、鉄などがあります。また納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓を溶かす働きを助ける役割を持ちますが、熱に弱いので長時間の加熱調理には向きません。栄養満点の納豆を取り入れて、健康生活してみませんか。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    納豆は大豆に納豆菌をかけて発酵させて作られ、昔から親しまれている日本のソウルフードです。混ぜると粘り気が出て独特の匂いがあり、好き嫌いの分かれる食材でもあります。発酵食品である納豆にはカルシウム、ビタミン、鉄分、イソフラボンなどの栄養がバランスよく含まれています。納豆のねばねばの成分であるナットウキナーゼには、血栓ができるのを防ぎ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。納豆はスーパーなどで一年中いつでも手に入る上に、価格も安定して安いのが特徴です。キムチ、しらす、長芋など、他の食材とも相性が良く、いろんな組み合わせを楽しめるので飽きずに食べられます。毎日1パックの納豆を習慣付けて、健康な体を維持しましょう。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    滑らかな食感でクセのない味の豆腐。しょうゆや味噌、納豆と同じく、大豆を加工して作られた食品です。豆腐の原料となる大豆は畑の肉と言われるほど、高い栄養価を持っています。豆腐は大豆を加工していますが、大豆に含まれるタンパク質や脂質の割合が高いのが特徴です。豆腐の主な栄養素はタンパク質と脂質で、豆腐100gあたりに含まれるタンパク質は4.9g、脂質は3gと言われています。タンパク質は筋肉や血液、臓器を作る働きがあり、生きていく上でなくてはならない栄養素です。脂質は皮下脂肪として臓器を保護する役割や細胞膜、ホルモンを構成する栄養素でもあります。脂質といっても動物性の脂質とは異なり、コレステロールがあまり含まれません。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    食事に簡単に取り入れられて経済的にも優しい納豆は、栄養も豊富な食品です。納豆の原材料は大豆であり、大豆の種類は粒の大きさにより大粒・中粒・小粒・極小粒・超極小粒・ひきわりに分類されます。納豆に含まれる栄養素には、たんぱく質・ビタミンB群・食物繊維・鉄やカルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。また嬉しいことに納豆には、コレステロールが含まれていませんので、食品からのコレステロールを減らしたい方に納豆はおすすめです。納豆はネギや生姜の薬味を組み合わせるだけでなく、炒め物などの料理にも取り入れやすい食品です。毎日の食生活に納豆を取り入れ、ヘルシーな食生活を目指してみませんか。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    豆腐は豆乳ににがりなどの凝固剤を加えて固めて作る、大豆の加工品です。豆腐は淡白な味で、どんな味付けにも合う便利な食材です。豆腐は高タンパク、低カロリーなので、ダイエット食としても根強い人気があります。豆腐は水分が多いため、そのまま使うと料理が水っぽくなったり、豆腐が崩れやすくなります。水切りは電子レンジなどで簡単にできるので、ぜひ試してみてください。豆腐には木綿豆腐、絹ごし豆腐、高野豆腐など、製造方法の違いで数種類に分かれます。木綿豆腐は固く、扱いやすいため炒め物や揚げ物に向いています。絹ごし豆腐はなめらかな食感で、そのまま冷奴として食べたり、すりつぶしてクリームのように使われています。高野豆腐は豆腐を乾燥させて作られ、崩れにくく味が染み込みやすい特徴があるため、煮物によく使われます。それぞれの得意な料理の種類で、おいしく豆腐を食べてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    大豆が原材料の豆乳は、豆腐を固める前の乳液の状態のもののことを言います。大豆をすりつぶす工程で出る汁が豆乳で、カスがおからになります。豆乳に豊富に含まれる大豆たんぱく質は、牛乳のたんぱく質に比べて吸収率が良く吸収速度が遅いことが特徴で、満腹感を持続する効果が期待されています。他にも、中性脂肪の吸収を抑えるサポニンや、腸内環境を整えるオリゴ糖、脂肪の酸化を防ぐビタミンEなどを豊富に含み、ダイエットの強い味方になる食材ですよ。豆乳の低エネルギーを活かしてグラタンやシチューなどのホワイトソースを豆乳で代用することで、ヘルシーであっさりとした風味に仕上がりおすすめです。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社