キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

卵・大豆加工品の記事一覧

キッチンブックの「卵・大豆加工品」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    安定した価格で手に入れやすい豆腐は私たちの日常の食卓に欠かせませんね。そのまま食べることはもちろん、加熱したり、お肉と合わせてカサ増しに利用したり、スイーツにしたりと様々な料理を楽しめる食材です。「畑の肉」と呼ばれる大豆から作られる豆腐は、タンパク質、カルシウム、ビタミン、マグネシウム、鉄分、カリウムなどをバランスよく含み栄養満点で、特に木綿豆腐には栄養が凝縮されています。かわりに絹ごし豆腐にはボリュームはあるのにエネルギー量が低い特徴がありますよ。その日の献立や身体の調子によって豆腐を使い分けてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    納豆は、日本で古くから親しまれてきた発酵食品で、やわらかくゆでた大豆に納豆菌を加えて作られます。ねばねばと糸を引き、香ばしくコクのある香りが特徴的です。納豆は、イソフラボンという女性ホルモンに似た成分を含み、美肌作りをサポートする働きをもっています。他にも、骨を丈夫にしてくれるカルシウムや、おなかの調子を整えてくれるレシチンなど、健康に役立つ成分を豊富に含んでいる納豆は、毎日の食卓に積極的に取り入れたい食品ですね。価格面でも優秀で、スーパーへ行くとリーズナブルな価格で種類豊富な納豆が並んでいます。そんな納豆を食べて、健康的な食生活を心がけましょう。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    体に良いイメージのある豆乳。大豆が原料の豆乳は、同じく栄養価が高い牛乳より低エネルギー、低脂質、低糖質でコレステロールを含まないという違いがあります。植物性の大豆たんぱく質が豊富で、吸収率が高く、吸収速度が遅いのが特徴です。吸収速度が遅いと満腹感が持続するため、ダイエット向きの食品といえます。その他にも、更年期症状の緩和を補ってくれるイソフラボンや、中性脂肪の吸収を抑えるサポニンなど、女性にうれしい栄養がたっぷり入っています。豆乳は加熱しても、味、栄養価ともに変化がなく、下ごしらえも必要ないので、普段から料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    豆腐は大豆から作られており、体を調節して健康を維持増進させる食品「機能性食品」として注目されています。豆腐のたんぱく質は血中のこれ酢テロルを低下させて更に血液の上昇を抑制すると言われています。また、血中に善玉コレステロールを増やす作用があり、血液の循環に働きかけてくれます。そして、イソフラボン。女性ホルモンと似た働きをするといわれていて、更年期などで起こる体の諸症状に効果が期待できるとも言われています。最近ではサプリで栄養を摂取する流行もありますが、大豆からできている豆腐をとって健康や美容が維持できるのは嬉しいですよね。ぜひ積極的に摂取したい食品です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

    豆腐を揚げてつくたれている油揚げ、スーパーで安く買うことのできる油揚げも、うまく活用すれば節約につながりますよね。油揚げはおかずに利用するだけでなく、主食と組み合わせることもできます。油揚げは焼くとサクサクした食感になります。パンと一緒にサクッと心地よい歯ごたえでいただきましょう。油揚げと一緒に合わせる食材を変えれば、さらにアレンジは広がります。しょうゆ、みそ、マヨネーズ、チーズなどいろいろな味付けに合わせられるのもいいですね。また、おなじみの甘辛く煮た油揚げも、パンと合わせられます。意外な組み合わせに、レシピの幅も広がりそうですね。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:「パン」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ねばねばとした食感と独特な香りが特徴の納豆。大豆からできている発酵食品ですが、たくさんの栄養素が含まれています。筋肉や髪などのもとになるたんぱく質、腸の健康を保つ食物繊維、貧血や筋力低下を防ぐための鉄分など、健康を維持するために必要な成分が含まれているため、毎日の食卓にぜひ取り入れたい食材です。また、発酵させていることで酵素が生み出されており、そのひとつであるナットウキナーゼは心筋梗塞や脳梗塞となる血栓を溶かす効果もあるとしてとても注目されています。そんな納豆ですが、もとになる大豆の種類も様々で、大粒や小粒、ひきわりなど、好みや料理によって選べるところも魅力的ですよね。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

    油揚げは豆腐を切って揚げたものなので、豆腐と比べると脂質が多くなってしまいます。ですが、もともと大豆なので大豆イソフラボン、ビタミンE、サポニンなどの栄養を豊富に含んだヘルシーな食材です。大豆イソフラボンは骨粗しょう症や更年期障害予防に効果あり。PMSの症状を和らげる作用もあります。ビタミンEは血行促進作用があります。そのため冷え性やしもやけの予防などに効果ありです。またビタミンEと油は相性がいいのです。サポニンは血糖値を下げたり、生活習慣病の改善に役立ちます。高血圧や肥満を気にする方には重要な栄養です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    日本人の食生活になくてはならないのが豆腐です。豆腐は大豆から作られる加工食品で、鎌倉時代末期ごろには民間へ伝わり、江戸時代には庶民にもよく食べられる食材になりました。豆腐には木綿豆腐・ソフト豆腐・絹ごし豆腐・高野豆腐などがあります。日本の豆腐は他の国の豆腐と比べると、滑らかで柔らかいのが特徴です。大豆を原料にしているので、植物性たんぱく質が豊富でベジタリアンの方にも人気があります。その他にも女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが豊富に含まれているため、女性にとってもうれしい食材です。低カロリーで栄養素も豊富なので、美容と健康のためにも積極的に料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

    油揚げは薄い豆腐を揚げたもので、たんぱく質、脂質、ビタミンE、カルシウムなどを豊富に含む栄養満点の食材です。野菜と一緒に炊くと野菜の旨味を引き立たせてくれ、苦手なものも食べやすくなります。油を使っていて噛み切りにくいことから、赤ちゃんには離乳食後期の9〜11ヶ月頃から少量を食べさせることができます。離乳食の場合は一度油抜きをしてから使い、余分な油分を落としてから使用しましょう。油揚げは冷凍保存が可能な食材なので使いたいときにポキポキと折って使えるため便利ですよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    独特の風味と旨味があり、ネバネバの食感が特徴的な納豆。簡単に手に入れることができ、安価なものが多いので家計に優しい食材です。納豆を語る上で外せないのは、何といってもその栄養バランスの良さ。タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルといった5大栄養素が全て含まれている他、良質な大豆タンパク質や食物繊維にも富んでいます。ナットウキナーゼという酵素は、血栓を溶かしてくれるとして一躍話題になりましたね。かき混ぜてご飯のお供にするのが最も基本的な食べ方ですが、和え物や揚げ物など、最近はさまざまなレシピで使われています。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    味噌汁に入れるとほどよい油が出てきて、さらにうま味を増す油揚げ。きつねうどんにも欠かせない食材で、煮汁を吸ってさらにおいしさが増して料理のアクセントにもなります。厚揚げと違って薄切りのため中まで揚がっていて、切ってスープや炒め物に入れたり、稲荷ずしや煮物の巾着のように具材を中に入れて使ったりと色々とアレンジを楽しめます。油揚げは大豆から作られているので、良質なたんぱく質や記憶力を高めるレシチン、女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンなど体にいい栄養素が含まれています。畑の肉といわれるほど栄養価が高いので、肉や魚の代わりとしても使えて、しかもお財布にやさしい魅力的な食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

    油揚げとは豆腐を薄切りにして内側まで油で揚げた食品です。「薄揚げ」「寿司揚げ」「稲荷揚げ」「狐揚げ」と地域で呼び名が異なります。油揚げに使われている豆腐は、薄い濃度の投入で作られているのです。硬く作られた豆腐を薄く切って、水切りをして、一度110℃から120℃の低温で揚げます。低温なのは伸ばすためです。そして170℃から200℃の高温で二度揚げ(または三度揚げ)します。高温では縮みを防ぎます。油揚げを揚げるときによく使用されている油は菜種油です。みそ汁や稲荷寿司などによく使用されていますが、サラダにしても合う食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

    季節を問わず店頭に並んでいて、比較的リーズナブルに購入できる油揚げは、家計の強い味方ですね。大きさや形のバリエーションが豊かで、中が袋状になっているのが特徴です。大豆の加工品である豆腐から作られる油揚げは、栄養の面でも良質なタンパク質を豊富に含み、ポリフェノールの仲間である大豆イソフラボンなどの体にうれしい成分を含んでいます。そんな油揚げは、毎日の食事に積極的に取り入れたい食材の1つです。ダシを吸わせてジューシーに仕上げたり、カリッと焼いて食感をたのしんだりと、おつまみレシピの幅が広がりますよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    油揚げは豆腐を切って油で揚げたものですが、大豆由来の成分は豆腐と変わりません。たんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどが含まれていて、栄養満点です。大豆のたんぱく質はアミノ酸のバランスがよく、血中コレステロールえお下げて血管をしなやかにしてくれる効果があるので、動脈硬化を予防したり血圧を下げる作用があるのです。また、大豆サポニンという成分は大豆に含まれるえぐみの主成分ですが、強い抗酸化作用があります。脂質の酸化を抑制し、代謝を促進する効果があると言われています。価格もやすく手軽に手に入る食材なので、日頃のメニューに活かしてみてはいかがでしょか。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    豆乳は茹でた大豆をすりつぶして水分を加えて煮詰め、その液体を漉した飲み物です。豆乳には大豆たんぱく質、レシチン、サポニン、イソフラボン、オリゴ糖、ビタミンが豊富に含まれています。またコレステロールを含まず低カロリー、低糖質、低脂質ですのでダイエット中の方にもおすすめです。豆乳はヘルシーで栄養満点で健康に良い食品ですので毎日摂取しているという方も多いでしょう。豆乳は加熱しても味や栄養が変わらない食品ですので手軽に料理にも使うことができます。そのまま飲むのも良いですが料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:お弁当編】おすすめ10選

    様々な料理に活用でき、価格もお手頃でお財布に優しい油揚げは私たちの日々の食卓に並ぶことの多い食材の一つです。水分を切った豆腐を揚げて造られる油揚げは、大豆たんぱく質、大豆イソフラボン、カルシウム、マグネシウム、ビタミンE、鉄分など、豆腐同様の栄養が豊富に含まれています。油揚げをよりヘルシーに取り入れるには、熱湯をかけて油抜きをすることで、余分な油分が抜けるのでカロリーオフができておすすめです。油揚げにコクと旨味があるため、どの食材と組み合わせても美味しくいただけます。メイン料理にプラスするのはもちろん、お弁当のおかずや、忙しいときは焼くだけでも食べ応え抜群ですよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • はんぺんを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ふわふわとした優しい口当たりが特徴のはんぺん。魚のすり身から作られるので、たんぱく質が豊富に含まれるため栄養価が高く、安価で手に入れられるので私たちの食卓には嬉しいことがたくさん揃っていますね。さらに、味や香りにクセもなく、そのままでも加熱しても美味しく様々な料理に活用できて使い勝手もいいです。ほのかな甘みと塩気のバランスも絶妙で、さまざまな料理に適しています。おつまみやお弁当など、パパッと作りたいメニューにもボリューム満点で簡単にでき、冷蔵庫に常備しておくとあと一品ほしいなという時にも便利ですよ。 この記事では、「はんぺん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

    油揚げは豆腐を切って油で揚げたものですが、大豆由来の成分は豆腐と変わりません。たんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどが含まれていて、栄養満点です。ビタミンEは強い抗酸化パワーを持ち、細胞をさびさせる活性酸素を除去する働きがありあます。その強い抗酸化作用によってアンチエイジングが期待できます。また、悪玉コレステロールの酸化を抑制するので血栓をできにくくします。ビタミンEが不足すると肩こり、冷え性になりやすくなることもあるので、日頃の食事に取り入れたい食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    豆乳は大豆を原料にした飲料で、大豆を水に浸してすり潰し水を加えて煮つめた汁を漉して作ります。牛乳と似ていますが味は大豆独特の風味があり好き嫌いが分かれることもあります。大豆の臭いを和らげて’飲みやすく調整したものは「調製豆乳」と呼ばれています。豆乳はそのまま飲むのはもちろん、スープやシチュー、パスタ、お菓子などさまざまな料理に使われます。豆乳は大豆から作られるため植物性タンパク質が豊富で、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが豊富に含まれています。その他にも腸内環境を整えるオリゴ糖や、血管の健康を保つレシチンなどが含まれています。健康にも美容にもいいので、積極的に取り入れたい食材です。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    夏に旬をむかえる納豆。ご飯にかけて食べるのはもちろん、冷ややっこにのせたりパスタやうどんと合わせたりと、さまざまな料理に活躍します。独特の粘りと臭いがあるため、好き嫌いが分かれることもあります。納豆は大豆を納豆菌によって発酵させた食品で、原料は大豆になります。大豆は畑の肉と言われるほど栄養価の高い食材で、良質な食物性たんぱく質を含んでいます。その他にも免疫機能を健全に保つビタミンB6、動脈硬化を防ぐマグネシウム、鉄分、カルシウム、食物繊維など体にいい栄養素を含んだスーパーフードです。独特の味わいですが意外にアレンジが効きやすいので、様々な料理に取り入れたい食材ですね。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

    薄い豆腐を油で揚げた、油揚げ。しっとりとした食感の油揚げや、ふんわりとした食感の油揚げなど、多様なバリエーションがあります。形や大きさもさまざまなものがあり、料理に合わせて使い分けができます。豆腐から作られている油揚げは、良質なタンパク質を多く含んでいます。大豆のタンパク質は、アミノ酸のバランスが良く、血中のコレステロールを下げる力を持っていたり、血管をしなやかに保ってくれたり体にうれしい成分です。また、記憶力や学習能力を高める力がある大豆レシチンや、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンを含んでいます。そんな油揚げは、毎日の食卓に取り入れたい食材の1つですね。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:おかず編】おすすめ10選

    豆腐をあげて作る油揚げですが、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンが含まれています。女性ホルモンと似た働きがあると言われ、更年期の不調を予防、改善する効果や骨量の減少を抑制したり、骨量を増やしたりする働きがあると言われています。また、カルシウムやマグネシウムも豊富にあることから疲労感を改善することもできると言われています。油揚げはいろいろな調味料との相性が良いので和洋中選ばずに調理できるのも魅力のひとつです。そんな使い方がたくさんある油揚げをおいしく調理しましょう。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    日本料理に欠かせない食材の1つが豆腐です。豆腐は中国から日本へ伝来し、鎌倉時代末期ごろには民間へ伝わり、江戸時代には通常の食材となったと言われています。豆腐は大豆加工食品で、大豆にはたんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボン、記憶力を高めるレシチンなどが豊富に含まれています。良質な植物性たんぱく質を摂るのには大豆食品がおすすめです。木綿豆腐・ソフト豆腐・絹ごし豆腐・高野豆腐など色々な種類があり、絹ごし豆腐は火を通さずに冷ややっこやサラダに入れるなどそのまま食べることができます。木綿豆腐は硬さがあるので、炒め物など火を通す料理に適していて、調理法に合わせて使う豆腐を選ぶことができるのも便利です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ6選

    油揚げは江戸時代から庶民の味として親しまれ、今でも価格が安く栄養価の高い食材として主婦の強い味方として人気があります。スープや煮物、炒め物などさまざまな料理に使うことができ、厚揚げと違って薄切りなので使いやすいのも魅力です。脇役的な使い方が多いですが、稲荷ずしや油揚げを使ったおつまみなど主役としても活躍する便利な食材です。油揚げは豆腐を揚げているため、豆腐と同じ大豆から作られています。大豆は畑の肉と言われるほど、良質な植物性たんぱく質を含んでいるので積極的に料理に使いたいですね。女性ホルモンに似た働きがあるイソフラボンを多く含み、細胞の酸化を防ぐ高い抗酸化作用もあるためアンチエイジングにも効果があります。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

    価格が安く使い勝手のいい油揚げは主婦の強い味方です。みそ汁の具や炒め物。煮物の具材など脇役的な使い方が多いですが、稲荷ずしや油揚げを使ったおつまみなど主役としても活躍します。主に和食に使われますが、油揚げにピザソースとチーズをのせて焼いたおつまみなど、洋食風にアレンジしたレシピなども人気があります。創作料理やアイディア料理の食材としても活躍して、アレンジが効きやすいのも魅力です。油揚げは豆腐を油で揚げた食品なので、原料は大豆です。大豆にはポリフェノールの1つであるイソフラボンが豊富に含まれ、更年期障害ののぼせや2型糖尿病の改善、骨を健康の保つ効果などが分かっています。体にもよくお財布にもやさしい油揚げは、ぜひ冷蔵庫に常備しておきたい食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 卵を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

    生でも、焼いても、ゆでても食べられる卵。一つの食材ですが、食事のメインになることも、食材同士を引き立たせるつなぎの役目をすることもありますよね。卵には体の老廃物を排出してくれるアミノ酸が含まれていて、生活習慣病の予防にもつながると言われています。また、三代栄養素の一つのたんぱく質で構成され、筋肉や骨、皮膚や髪にも必要不可欠な食材であり、積極的にとりたい食材でもあります。栄養もたっぷりある分、カロリーは気になりますが、食べ方によっては低カロリー高たんぱくの食事をとることも可能です。そんな栄養たっぷりの卵、日々のお弁当に上手にとり入れてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    油揚げは主役というよりは脇役として使われる食材ですが、さまざまな料理に使えて冷蔵庫に常備しておくととても助かるマストアイテムです。切って炒め物やスープの具材にしたり、炊き込みご飯に入れたり、稲荷ずしにも使えてさまざまな料理に活躍します。厚揚げと違い薄切りで中まで揚がっているので、切って袋状にして具材を詰めて巾着にするなどアレンジが効く楽しく使える食材です。油揚げの原料は大豆のため、良質なたんぱく質や女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンが豊富なので特に女性は積極的に摂りたいですね。肉や野菜を使わなくても油揚げを使うだけで、栄養バランスがよくなりお財布にもやさしいので気軽に使えるのも魅力です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 卵を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

    多くの家庭で常備している卵。特売品としてスーパーの店頭に並んでいるのをよく見かけます。殻が白い卵、赤い卵、餌や飼育方法にこだわった卵など、種類が豊富です。卵は良質なタンパク質を豊富に含みます。さらに、ロイシン、イソロイシンなど、私たちの体に必要な必須アミノ酸がバランス良く含まれています。栄養価が高く、完全栄養食品と呼ばれることがある卵は、毎日の食卓に取り入れたい食材の1つですね。ごはんのおかずやおつまみに重宝する卵ですが、たまに気分を変えて、卵を使ったおやつを作ってみませんか?頑張った自分へのご褒美に、子供のおやつに、友人への手土産に、用途に合わせて多彩なレシピがありますよ。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

    油揚げは大豆製品なので、良質なたんぱく質を含み、栄養満点の食材です。値段も安く家計の強い味方です。油で揚げてあるので、豆腐に比べると脂質が多くなりますが、その分焼くとサクサクに。また、袋状になるため、中に具材を詰めて調理する工夫ができます。家計の中で意外にお金がかかるおやつを安価な油揚げで作ったら、かなり節約になりますよ。焼くとサクッとなる特徴を生かして、ラスクにしたり、ピザしたりとアレンジは広がります。カリカリに焼けるのにさほど時間もかからないため、簡単に手早く作れるのも利点です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    豆乳にはイソフラボン、サポニン、レシチンなど女性にうれしい栄養素が豊富に含まれています。特に注目されているのはイソフラボンです。イソフラボンにはがん予防効果があります。乳がんの原因の一つであるエストロゲンの調節をする働きがあります。また骨粗しょう症の予防効果があります。豆乳は健康に良いだけではなく美容やダイエットにも効果があります。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがありますので美肌効果があります。シミ、シワ、ニキビ予防等女性にうれしい成分が含まれています。栄養が豊富に含まれていて美肌効果もある豆乳は毎日取り入れたい食材です。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社