キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

卵・大豆加工品の記事一覧

キッチンブックの「卵・大豆加工品」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    豆腐は豆乳ににがりを混ぜて作る大豆の加工食品の一つです。豆腐はそのまま冷奴として食べると喉越しが良く、口当たりもサッパリするので夏には欠かせない存在ですよね。他にも鍋の具や麻婆豆腐など幅広い料理で活躍しています。豆腐にはいろんな種類があることをご存知ですか?一般的な木綿豆腐と絹豆腐の違いについてご紹介します。木綿豆腐と絹豆腐は製作工程と水分量が違います。絹豆腐は豆乳とにがりを混ぜて固めて作ります。一方、木綿豆腐は豆乳とにがりを混ぜて一度固めたものを布で包み、容器に入れて圧をかけ、水分を抜いて作ります。絹豆腐はなめらかで柔らかく、木綿豆腐は固く、くずれにくく仕上がります。同じ豆腐ですが、食感や料理の用途も変わってきます。料理にあった豆腐で調理してくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    豆腐は低価格で購入することができ、家計に優しい食材です。豆腐は大変ボリュームがあり、低カロリーでヘルシーな食材なのでダイエットにも最適。豆腐の栄養成分についてですが、植物性のたんぱく質を豊富に含み、肥満の解消効果や動脈硬化の予防効果、コレステロールを低下させる働きがあります。豆腐には種類があり木綿豆腐、絹ごし豆腐の他におぼろ豆腐や焼き豆腐があります。食感や味にも違いがあるので料理に合わせて様々なメニューを楽しむことができます。おつまみや煮物、サラダ、炒め物などレシピが多く紹介されているので活用してください。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    大豆が原料の豆乳は、豆腐に固める前の乳液の状態のものをいいます。豆乳には無調整豆乳、調製豆乳、豆乳飲料の3つに分けられます。無調整豆乳は、豆乳に水以外のものを加えていない大豆固形物が8%以上のもので、調製豆乳は豆乳に砂糖、塩、香料などを加えて飲みやすくして大豆固形分が6%以上のものです。調製豆乳に果汁やコーヒーを加えた豆乳飲料はさらに飲みやすいのが特徴です。ダイエット中には、高たんぱく質、低脂質、低エネルギーの無調整豆乳がおすすめ。トレーニング直後など糖質を同時に補いたい場合は調製豆乳や豆乳飲料を選ぶことがおすすめですよ。目的に合わせて使い分けてくださいね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    まろやかな口当たりと爽やかな味わいが特徴の豆乳。大豆からできているため、ヘルシーで健康にも良いのが特徴です。最近では若い女性を中心に人気があります。また豆乳にはたんぱく質が豊富に含まれており、大豆のたんぱく質は体内での吸収、分解に時間がかかります。そのため満腹感を得やすいのでダイエットをする人にとっても味方となってくれる食材です。その他大豆イソフラボンという、ポリフェノールも含まれていて、女性ホルモンに似た作用もあります。女性は女性ホルモンが減少してしまうと骨がもろくなりやすくなってしまうため、ぜひ積極的に摂取していきたい食材ですよ。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    豆腐と凝固剤で作られる豆腐。豆腐には「木綿豆腐」「絹ごし豆腐」「充填豆腐」の3種類あり、どれも原料は大豆ですが作り方が違い、食感も異なります。特に木綿豆腐と絹ごし豆腐は調理方法によって、使い分けされています。焼く、煮る、揚げる時には木綿豆腐が、サラダやこねる料理には絹ごし豆腐がむいています。また木綿豆腐にはタンパク質、カルシウム、鉄分が多く含まれ、絹ごし豆腐にはビタミンB群、カリウムが多く含まれています。豆腐には脂肪代謝に効果のあるレシチン、老化防止に効果のあるサポニン、動脈硬化に効果のあるイソフラボンなどが含まれています。そして低カロリーなのでダイエット中にもおすすめの食材です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    日本のスーパーフードといえば、納豆ですね。納豆には、私たちの健康に必要不可欠な5大栄養素が含まれています。また、納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓を溶かすはたらきがあることから脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞などの病気を予防したり、治療に有効といわれています。さらに、納豆に含まれるサポニンにも狭心症や心筋梗塞といった成人病、生活習慣病を防ぐ効果があることから、日ごろから納豆を食べる習慣をつけたいですね。納豆はそのまま食べるだけでなく、さまざまな料理に混ぜてもおいしく食べられるので、アレンジしやすい食品です。毎日食べやすいように、アレンジをうまく使って食事に取り入れたいですね。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    大豆で作られた食品の1つである豆乳。無調整の豆乳は牛乳よりもカロリーや脂質が低いため、ダイエットにはぴったりです。また、豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、生理不順や更年期障害などの緩和が期待できるとされています。また、新陳代謝をアップする効果もあり、美肌作りやダイエットをしている人におすすめですよ。しかし、豆乳は大豆の独特な風味があるため、そのまま飲むのは苦手という人もいるでしょう。そんな時は豆乳を使ったおかずを作ってみてはいかがでしょうか。担々麺や豆乳鍋、クリーム煮などは豆乳の風味がまろやかになり、食べやすいおかずに仕上がりますよ。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    納豆は大豆を発酵させて作った、混ぜると粘り気が出る食品です。日本人にとって、納豆はご飯のお供の代表ともいうべき存在です。大豆は畑の肉と呼ばれるほど栄養価が豊富に含まれています。納豆は食品の中で唯一血栓を溶かす力のある食材であることをご存知でしょうか。「ナットウキナーゼ」という納豆に含まれる成分は心筋梗塞や脳梗塞の原因である、血管に詰まった血液の塊を溶かすことができます。他にも、骨にカルシウムを与えて強くするビタミンK2や、美肌つくりをサポートしてくれるイソフラボン、食物繊維などが含まれています。納豆には私たちの体に欠かせない栄養素がぎゅっと詰まっているんですね。毎日の健康のために、納豆を食べる習慣をつけましょう。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ダイエットや健康飲料として人気を集めている豆乳。豆乳には、豆たんぱく質が豊富に含まれています。動物性食品に比べてカロリーが低く、基礎代謝を活発にする働きがあるためダイエットの強い味方です。また、大豆イソフラボンも多く含む豆乳は、骨粗しょう症やがん予防にも効果が期待できます。その他、アンチエイジングに役立つサポニンや生活習慣病の予防に効果があるレシチン、便秘解消を促すオリゴ糖、美肌効果のあるビタミンEなどの栄養素が豊富で、積極的に取り入れたい栄養価が高い食材です。豆乳は熱を加えても栄養価や味に変わりはないため、ドリンクとしてだけでなく、料理に使ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    大豆を水に浸してすり潰し、水を加えて煮つめた汁を漉して作る豆乳。牛乳と同じように飲んだり料理やお菓子に使える便利な食材ですが、大豆特有の香りがするため好き嫌いが分かれやすい飲み物でもあります。豆乳の種類は豆汁を濾した無調整豆乳と、飲みやすく調整した調製豆乳があります。普段スーパーなどで売られているのは飲みやすい調製豆乳が一般的。大豆が原料のため植物性たんぱく質が豊富で、オリゴ糖や性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンなど女性にとってうれしい栄養素が含まれています。スープやパスタ、お菓子などに使えて栄養素も豊富なので、ぜひ料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    手軽に良質なタンパク質が摂れる納豆。発酵を通じて大豆よりも消化吸収がよくなり栄養価も高まります。ビタミンKが特に豊富なのが特徴で、血液凝固に関わるほかビタミンDとともに丈夫な骨や歯を作ります。ビタミンB2も多く脂質の代謝を促したり体の成長や肌と髪の健康維持に役立ちます。カリウムやカルシウムなどのミネラルや食物繊維も豊富に含み、納豆菌が作るナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれるので血栓予防にも効果的なんです。納豆はそのままでもおいしいですが、ほうれん草などの野菜と和えて足りない栄養素を補ったり、カルシウムが豊富なしらすやわかめと合わせてさらに効果的に栄養が摂取できるなど、家族の健康をサポートする和え物レシピが満載です。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    朝早いお弁当作りや、仕事で帰宅後に疲れている時に、いつでも安く買える食材で、さまざまなアレンジが出来たら便利です。豆腐は安いだけでなく、たんぱく質や脂質などの基本栄養素としても、体調を維持増進させる機能性食品としても効果があります。さらに豆腐に含まれているアルギニンは、血管の健康を保つ効果があり、医学としても注目されています。ちなみに木綿豆腐のほうが絹ごし豆腐より、カルシウムが豊富なので成長期の子供にぴったりです。おかずとしてステーキにしたり、つくねやそぼろなどお肉の代わりや、かさましとしてダイエット効果も期待できます。味付けの邪魔をしないのもレシピがたくさんある理由です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    豆腐は健康と美容によい食材で、よく食べる人も多いです。味噌汁などに入れる場合が多いでしょう。毎日でも食べたい豆腐の、バラエティーに富んだレシピのご提案です。豆腐を茹でて水切りしてから炒め物に入れたり、豆腐でサンドイッチも作れます。水切りも、レンジなどを使い手軽に出来ます。毎日の食卓に、積極的に豆腐を使ったレシピを取り入れましょう。大人数のときはもちろん、ひとりで食事をする場合も、一丁ずつ買える豆腐は便利な食材です。たんぱく質の宝庫なので、肉をあまり採りたくないときにも、豆腐一丁で栄養が採れます。和のスイーツのレシピもあるので、豆腐好きな人は作ってみましょう。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    和食や中華料理に欠かせない豆腐。低価格で手に入れられるため、いつでも冷蔵庫にストックしてあるという家庭も多いでしょう。豆腐は煮込み料理や炒め物など、さまざまなレシピがありますが、あえる調理法もあります。野菜に豆腐をあえるとまろやかな味わいになり、上品なおかずに仕上がります。あっさりとしていますが、豆腐は栄養たっぷりのスーパーフードとも言われています。豆腐は大豆由来で畑の肉とも呼ばれ、タンパク質が豊富なのが特徴。また、ミネラルやビタミンも豊富で、コレステロールを下げる働きもあります。大豆で食べるよりも消化吸収率が高いことから、離乳食や病人食にも向いているとされています。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    大豆を原材料として作られる豆腐は、ヘルシーで栄養満点な食材として人気が高くスーパーでも様々な種類が並んでいます。水分が多く、満腹感を得られやすい豆腐はダイエット食品として多く用いられていますが、近年では大豆を磨砕して加熱して豆乳を搾り取った残りの「おから」を使ったダイエットにも注目がおかれています。女性ホルモンに似た働きをもつ「イソフラボン」も注目され、更年期を過ぎた女性のホルモン減少に伴って起こしやすい骨粗鬆症や高血圧、循環器疾患などのリスクを軽減する効果に期待されています。豆腐には骨や歯の形成には欠かせないカルシウムや、ビタミンE、B1、B2、ナイアシンを含み、美肌やアンチエイジング、生活習慣病にも効果的ですよ。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    豆乳は水に浸した豆をすりつぶし、水を加えて煮たものを濾して作られる飲み物です。脂質が少なく植物性のタンパク質を豊富に含み、牛乳のようなまろやかでクリーミーな味わいが特徴です。豆乳は、大豆で作られることから大豆イソフラボンを含み、お肌や髪のハリとツヤを保ってくれる他、自律神経の安定をサポートしてくれたり、骨を丈夫に保ってくれたり、コレステロールの増加を抑制して動脈硬化の防止に役立つなど、体にうれしい働きをいくつも持っています。そんな豆乳は毎日の食生活に積極的に取り入れたい食材の一つですね。食卓に豆乳を取り入れて美と健康を手に入れましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ9選

    滑らかな舌触りとほのかに香る豆の風味が特徴の豆乳。最近では調整されていて飲みやすいドリンクタイプのものが多くでるようになりました。そんな栄養豊富でヘルシーな豆乳ですが、豆乳には、美肌作りに欠かせない成分が多く含まれています。一番の特徴は、女性ホルモンのような働きがある大豆イソフラボンが含まれていることです。女性ホルモンのような働きにより、肌のシミやしわおよびくすみなどを未然に防いでくれます。お肌の老化を遅らせるような働きが、"美肌づくり"イメージの要素にもなっているのです。また、ビタミンB群も多く含まれていて、ビタミンB群には脳の機能を維持する働きやイライラ予防も期待できます。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    ご飯と相性抜群な納豆はタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大栄養素に食物繊維をプラスした栄養バランスの整った食材です。大豆を主成分に作られる納豆はポリフェノールの一種のイソフラボンを豊富に含みます。イソフラボンは女性ホルモンの構造と似た働きをするため骨粗しょう症の予防やアンチエイジングに効果的ですよ。納豆のネバネバは納豆菌によって作られる「ナットウキナーゼ」と呼ばれる酵素で、血栓を溶かす働きをしてくれます。納豆菌により、タンパク質を分解して作られる「大豆ペプチド」には疲労回復やコレステロール値の低下などに働きかけてくれますよ。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    安定した価格で手に入れやすい豆腐は私たちの日常の食卓に欠かせませんね。そのまま食べることはもちろん、加熱したり、お肉と合わせてカサ増しに利用したり、スイーツにしたりと様々な料理を楽しめる食材です。「畑の肉」と呼ばれる大豆から作られる豆腐は、タンパク質、カルシウム、ビタミン、マグネシウム、鉄分、カリウムなどをバランスよく含み栄養満点で、特に木綿豆腐には栄養が凝縮されています。かわりに絹ごし豆腐にはボリュームはあるのにエネルギー量が低い特徴がありますよ。その日の献立や身体の調子によって豆腐を使い分けてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    納豆は、日本で古くから親しまれてきた発酵食品で、やわらかくゆでた大豆に納豆菌を加えて作られます。ねばねばと糸を引き、香ばしくコクのある香りが特徴的です。納豆は、イソフラボンという女性ホルモンに似た成分を含み、美肌作りをサポートする働きをもっています。他にも、骨を丈夫にしてくれるカルシウムや、おなかの調子を整えてくれるレシチンなど、健康に役立つ成分を豊富に含んでいる納豆は、毎日の食卓に積極的に取り入れたい食品ですね。価格面でも優秀で、スーパーへ行くとリーズナブルな価格で種類豊富な納豆が並んでいます。そんな納豆を食べて、健康的な食生活を心がけましょう。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    体に良いイメージのある豆乳。大豆が原料の豆乳は、同じく栄養価が高い牛乳より低エネルギー、低脂質、低糖質でコレステロールを含まないという違いがあります。植物性の大豆たんぱく質が豊富で、吸収率が高く、吸収速度が遅いのが特徴です。吸収速度が遅いと満腹感が持続するため、ダイエット向きの食品といえます。その他にも、更年期症状の緩和を補ってくれるイソフラボンや、中性脂肪の吸収を抑えるサポニンなど、女性にうれしい栄養がたっぷり入っています。豆乳は加熱しても、味、栄養価ともに変化がなく、下ごしらえも必要ないので、普段から料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    豆腐は大豆から作られており、体を調節して健康を維持増進させる食品「機能性食品」として注目されています。豆腐のたんぱく質は血中のこれ酢テロルを低下させて更に血液の上昇を抑制すると言われています。また、血中に善玉コレステロールを増やす作用があり、血液の循環に働きかけてくれます。そして、イソフラボン。女性ホルモンと似た働きをするといわれていて、更年期などで起こる体の諸症状に効果が期待できるとも言われています。最近ではサプリで栄養を摂取する流行もありますが、大豆からできている豆腐をとって健康や美容が維持できるのは嬉しいですよね。ぜひ積極的に摂取したい食品です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

    豆腐を揚げてつくたれている油揚げ、スーパーで安く買うことのできる油揚げも、うまく活用すれば節約につながりますよね。油揚げはおかずに利用するだけでなく、主食と組み合わせることもできます。油揚げは焼くとサクサクした食感になります。パンと一緒にサクッと心地よい歯ごたえでいただきましょう。油揚げと一緒に合わせる食材を変えれば、さらにアレンジは広がります。しょうゆ、みそ、マヨネーズ、チーズなどいろいろな味付けに合わせられるのもいいですね。また、おなじみの甘辛く煮た油揚げも、パンと合わせられます。意外な組み合わせに、レシピの幅も広がりそうですね。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:「パン」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ねばねばとした食感と独特な香りが特徴の納豆。大豆からできている発酵食品ですが、たくさんの栄養素が含まれています。筋肉や髪などのもとになるたんぱく質、腸の健康を保つ食物繊維、貧血や筋力低下を防ぐための鉄分など、健康を維持するために必要な成分が含まれているため、毎日の食卓にぜひ取り入れたい食材です。また、発酵させていることで酵素が生み出されており、そのひとつであるナットウキナーゼは心筋梗塞や脳梗塞となる血栓を溶かす効果もあるとしてとても注目されています。そんな納豆ですが、もとになる大豆の種類も様々で、大粒や小粒、ひきわりなど、好みや料理によって選べるところも魅力的ですよね。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

    油揚げは豆腐を切って揚げたものなので、豆腐と比べると脂質が多くなってしまいます。ですが、もともと大豆なので大豆イソフラボン、ビタミンE、サポニンなどの栄養を豊富に含んだヘルシーな食材です。大豆イソフラボンは骨粗しょう症や更年期障害予防に効果あり。PMSの症状を和らげる作用もあります。ビタミンEは血行促進作用があります。そのため冷え性やしもやけの予防などに効果ありです。またビタミンEと油は相性がいいのです。サポニンは血糖値を下げたり、生活習慣病の改善に役立ちます。高血圧や肥満を気にする方には重要な栄養です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    日本人の食生活になくてはならないのが豆腐です。豆腐は大豆から作られる加工食品で、鎌倉時代末期ごろには民間へ伝わり、江戸時代には庶民にもよく食べられる食材になりました。豆腐には木綿豆腐・ソフト豆腐・絹ごし豆腐・高野豆腐などがあります。日本の豆腐は他の国の豆腐と比べると、滑らかで柔らかいのが特徴です。大豆を原料にしているので、植物性たんぱく質が豊富でベジタリアンの方にも人気があります。その他にも女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンが豊富に含まれているため、女性にとってもうれしい食材です。低カロリーで栄養素も豊富なので、美容と健康のためにも積極的に料理に取り入れたい食材です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

    油揚げは薄い豆腐を揚げたもので、たんぱく質、脂質、ビタミンE、カルシウムなどを豊富に含む栄養満点の食材です。野菜と一緒に炊くと野菜の旨味を引き立たせてくれ、苦手なものも食べやすくなります。油を使っていて噛み切りにくいことから、赤ちゃんには離乳食後期の9〜11ヶ月頃から少量を食べさせることができます。離乳食の場合は一度油抜きをしてから使い、余分な油分を落としてから使用しましょう。油揚げは冷凍保存が可能な食材なので使いたいときにポキポキと折って使えるため便利ですよ。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    独特の風味と旨味があり、ネバネバの食感が特徴的な納豆。簡単に手に入れることができ、安価なものが多いので家計に優しい食材です。納豆を語る上で外せないのは、何といってもその栄養バランスの良さ。タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルといった5大栄養素が全て含まれている他、良質な大豆タンパク質や食物繊維にも富んでいます。ナットウキナーゼという酵素は、血栓を溶かしてくれるとして一躍話題になりましたね。かき混ぜてご飯のお供にするのが最も基本的な食べ方ですが、和え物や揚げ物など、最近はさまざまなレシピで使われています。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    味噌汁に入れるとほどよい油が出てきて、さらにうま味を増す油揚げ。きつねうどんにも欠かせない食材で、煮汁を吸ってさらにおいしさが増して料理のアクセントにもなります。厚揚げと違って薄切りのため中まで揚がっていて、切ってスープや炒め物に入れたり、稲荷ずしや煮物の巾着のように具材を中に入れて使ったりと色々とアレンジを楽しめます。油揚げは大豆から作られているので、良質なたんぱく質や記憶力を高めるレシチン、女性ホルモンと似た働きがあるイソフラボンなど体にいい栄養素が含まれています。畑の肉といわれるほど栄養価が高いので、肉や魚の代わりとしても使えて、しかもお財布にやさしい魅力的な食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

    油揚げとは豆腐を薄切りにして内側まで油で揚げた食品です。「薄揚げ」「寿司揚げ」「稲荷揚げ」「狐揚げ」と地域で呼び名が異なります。油揚げに使われている豆腐は、薄い濃度の投入で作られているのです。硬く作られた豆腐を薄く切って、水切りをして、一度110℃から120℃の低温で揚げます。低温なのは伸ばすためです。そして170℃から200℃の高温で二度揚げ(または三度揚げ)します。高温では縮みを防ぎます。油揚げを揚げるときによく使用されている油は菜種油です。みそ汁や稲荷寿司などによく使用されていますが、サラダにしても合う食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社