キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

卵・大豆加工品の記事一覧

キッチンブックの「卵・大豆加工品」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    大豆の搾り汁を固めた加工食品である「豆腐(とうふ)」。豆腐はさまざまな種類があり、「木綿豆腐」、「絹ごし豆腐」、「充填豆腐」、「寄せ豆腐」、「ソフト豆腐」、「高野豆腐」などです。また杏仁豆腐や玉子豆腐など豆腐を模した「かわり豆腐」もあります。このパーティー料理レシピでは、木綿豆腐、絹ごし豆腐、充填豆腐を使用しています。そんな豆腐の栄養価には、植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、カロリーも低いため、健康食品やダイエット食品としても知られています。またβコングリシニン、コリン、サポニン、イソフラボン、カルシウムといった大豆に含まれる栄養価が、豆腐にも含まれています。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    和食を代表する食材の1つが豆腐で、欧米でも健康志向の方の間で人気を集めています。豆腐は大豆から作られるため植物性たんぱく質が豊富で、ベジタリアンのたんぱく源としても重宝されています。女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つイソフラボンを含み、更年期障害を緩和する働きがあり女性にとってもうれしい食材です。低カロリーで栄養が豊富なのでダイエット中の方にもおすすめで、サラダやスープなどヘルシーな料理に使いやすいのもうれしいですね。豆腐はソフト豆腐・絹ごし豆腐・木綿豆腐などの種類があり、ソフト豆腐と絹ごし豆腐は柔らかいため冷奴や汁物に適しており、木綿豆腐はかたさがあるので豆腐ステーキや炒め物などに向いています。柔らかく食べやすいため離乳食にも使える便利な食材です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 https://textmining.userlocal.jp/results/A5WQyyVmQU2QSJserovjVp4nHcz13nmN ■概要文について これはキッチンブックに掲載される記事です。30代から50代の女性が見ることを想定しています。 料理する方(主婦・一人暮らし)向けコンテンツであることを念頭に置き、主に女性心をくすぐる様な表現で執筆をお願いします。 記載ポイントや表現や文言、言葉選びなどはそれを意識した内容での執筆をお願いします。 記事によっては、食材が重複する場合がございますので、「ヘルシー」に特化および差別化をはかってください。 *そのコンセプトに見合わない場合お戻しする場合があるのでご容赦ください ・本記事でどういうことを紹介しているのかざっくりわかるような内容を盛り込んでください。 ※本文・概要文ともに「豆腐」「レシピ」「ヘルシー」などのキーワードを積極的に盛り込んで執筆してください。 ※上記を押さえて、この記事には自分の求めている情報がある、今夜の夕飯に役立ちそうと思われる文章をお願い致します。 ※参考URL先の説明文そのまま(文末や接続詞が変わっただけ等)の場合は承認NGとなりますので、他サイト等も調べて記載をお願いいたします。} [消さないでください] 執筆が終わりましたら、以下の項目の◯白丸を●黒丸に変えてください。 全部●がつくか、●にできないものは理由を記載して提出をお願いします。 ●長い固有名詞が含まれるものを除き、15文字以上他サイトと同じ表現になっていない。(コピペのままになっていない) ●要件定義のキーワードが適切に盛り込まれている ●概要文・本文ともに指定文字数を守って、執筆漏れなく全て執筆している ●【消さないでください】と書いてある項目を除き、指示書きや参考URL、文章をくくる「」など、掲載において不要なものを削除している→{ }で括られた部分は全て削除して下さい。 ●基本的な日本語が整っている(誤字脱字、主語述語の乱れ、接続詞の多用、同じ文末表現の多連続などがない) トップ画像  178448876 https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/baked-marinated-tofu-herbs-spices-178448876?src=glMYICyAH-9hA7EMdlElhw-7-76 *この部分は別紙②【キッチンブックストック用】ストック作成マニュアル参照

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ジューシーで食べ方が豊富にある油揚げ。「あげ」「薄揚げ」とも呼ばれる豆腐を加工した食品です。豆腐は大豆から作られているため、油揚げにも大豆の栄養素が含まれます。大豆にはイソフラボンという成分が豊富に含まれていて、女性ホルモンと似た働きがあります。女性がかかりやすい骨粗しょう症や更年期障害の予防にも繋がる成分です。油揚げにはサポニンという栄養素も含まれていて、中性脂肪を減らしたり、コレステロールを下げたりする働きがあります。高血圧症の緩和も期待できるため、血圧が高めの人や生活習慣病が気になる人におすすめです。体を作る大切な成分であるタンパク質も含まれているため、バランスの良い食事にしたい場合におすすめの食材です。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ10選

    発酵食品の納豆は、大豆を丸ごと食べられる加工食品のひとつです。納豆は、そのまま食べてもおいしい食品ですが、薬味などと組み合わせて食べるとより旨味を感じることができます。例えば、鰹節と組み合わせると魚に含まれるうまみ成分のイノシン酸と納豆に含まれるグルタミン酸が合わさることで、うまみの相乗効果が起き旨味をより強く感じることができます。納豆に含まれる栄養には、主にたんぱく質、脂質、カルシウム、鉄などがあります。また納豆に含まれるナットウキナーゼは、血栓を溶かす働きを助ける役割を持ちますが、熱に弱いので長時間の加熱調理には向きません。栄養満点の納豆を取り入れて、健康生活してみませんか。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    納豆は大豆に納豆菌をかけて発酵させて作られ、昔から親しまれている日本のソウルフードです。混ぜると粘り気が出て独特の匂いがあり、好き嫌いの分かれる食材でもあります。発酵食品である納豆にはカルシウム、ビタミン、鉄分、イソフラボンなどの栄養がバランスよく含まれています。納豆のねばねばの成分であるナットウキナーゼには、血栓ができるのを防ぎ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。納豆はスーパーなどで一年中いつでも手に入る上に、価格も安定して安いのが特徴です。キムチ、しらす、長芋など、他の食材とも相性が良く、いろんな組み合わせを楽しめるので飽きずに食べられます。毎日1パックの納豆を習慣付けて、健康な体を維持しましょう。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    滑らかな食感でクセのない味の豆腐。しょうゆや味噌、納豆と同じく、大豆を加工して作られた食品です。豆腐の原料となる大豆は畑の肉と言われるほど、高い栄養価を持っています。豆腐は大豆を加工していますが、大豆に含まれるタンパク質や脂質の割合が高いのが特徴です。豆腐の主な栄養素はタンパク質と脂質で、豆腐100gあたりに含まれるタンパク質は4.9g、脂質は3gと言われています。タンパク質は筋肉や血液、臓器を作る働きがあり、生きていく上でなくてはならない栄養素です。脂質は皮下脂肪として臓器を保護する役割や細胞膜、ホルモンを構成する栄養素でもあります。脂質といっても動物性の脂質とは異なり、コレステロールがあまり含まれません。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    食事に簡単に取り入れられて経済的にも優しい納豆は、栄養も豊富な食品です。納豆の原材料は大豆であり、大豆の種類は粒の大きさにより大粒・中粒・小粒・極小粒・超極小粒・ひきわりに分類されます。納豆に含まれる栄養素には、たんぱく質・ビタミンB群・食物繊維・鉄やカルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。また嬉しいことに納豆には、コレステロールが含まれていませんので、食品からのコレステロールを減らしたい方に納豆はおすすめです。納豆はネギや生姜の薬味を組み合わせるだけでなく、炒め物などの料理にも取り入れやすい食品です。毎日の食生活に納豆を取り入れ、ヘルシーな食生活を目指してみませんか。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    豆腐は豆乳ににがりなどの凝固剤を加えて固めて作る、大豆の加工品です。豆腐は淡白な味で、どんな味付けにも合う便利な食材です。豆腐は高タンパク、低カロリーなので、ダイエット食としても根強い人気があります。豆腐は水分が多いため、そのまま使うと料理が水っぽくなったり、豆腐が崩れやすくなります。水切りは電子レンジなどで簡単にできるので、ぜひ試してみてください。豆腐には木綿豆腐、絹ごし豆腐、高野豆腐など、製造方法の違いで数種類に分かれます。木綿豆腐は固く、扱いやすいため炒め物や揚げ物に向いています。絹ごし豆腐はなめらかな食感で、そのまま冷奴として食べたり、すりつぶしてクリームのように使われています。高野豆腐は豆腐を乾燥させて作られ、崩れにくく味が染み込みやすい特徴があるため、煮物によく使われます。それぞれの得意な料理の種類で、おいしく豆腐を食べてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    大豆が原材料の豆乳は、豆腐を固める前の乳液の状態のもののことを言います。大豆をすりつぶす工程で出る汁が豆乳で、カスがおからになります。豆乳に豊富に含まれる大豆たんぱく質は、牛乳のたんぱく質に比べて吸収率が良く吸収速度が遅いことが特徴で、満腹感を持続する効果が期待されています。他にも、中性脂肪の吸収を抑えるサポニンや、腸内環境を整えるオリゴ糖、脂肪の酸化を防ぐビタミンEなどを豊富に含み、ダイエットの強い味方になる食材ですよ。豆乳の低エネルギーを活かしてグラタンやシチューなどのホワイトソースを豆乳で代用することで、ヘルシーであっさりとした風味に仕上がりおすすめです。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    和食の定番である納豆。日本を代表する発酵食品の1つで、栄養価が高いのが特徴です。納豆には、筋肉や血液を作るために必要なたんぱく質、体のバランスを整えるビタミン、食物繊維などが豊富に含まれています。ヨーグルトに含まれていることが有名な乳酸菌も含まれていて、免疫をアップさせる働きがあるとされています。納豆の保存は、パッケージの表示通り冷蔵庫に入れるのが一般的ですが、長く保存したい場合は冷凍も可能です。解凍するにはレンジなどを使わず、冷蔵庫に入れて時間をかけて解凍すればおいしく食べられます。1ヶ月くらいは冷凍保存できるとされていますが、冷凍焼けがやにおい移りが気になる場合は、ラップやフリーザーバッグを使いましょう。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    手ごろな価格で手に入り、健康にも美容にも効果がある納豆。納豆に含まれているナットウキナーゼという酵素には、血栓を溶かす働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞の予防に効果があります。ビタミンB2と食物繊維が豊富な納豆は、血糖値の上昇を抑制する働きもあり、ご飯との相性が抜群の食材です。骨粗しょう症の予防に役立つビタミンK2や神経伝達機能を高める働きがあるレシチン、美容やアンチエイジングに効果があるポリアミンなど、納豆には私たちの健康を豊かにする成分が豊富です。そのまま食べてもおいしい納豆ですが、近年では納豆を具材にした、体にも家計にもやさしいヘルシーレシピが人気です。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 卵を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    和風、洋風、中華、エスニック料理まで、さまざまなレシピに登場する卵。価格が安定していて手に入れやすいため、家庭料理でも活躍する食材です。完全栄養食とも言われるほど栄養価が高く、たんぱく質や脂質、ミネラルなどがバランスよく含まれています。卵に含まれるたんぱく質は、必須アミノ酸(体内で作り出せないアミノ酸)のバランスが良いのがポイント。人の体は20%くらいがたんぱく質でできていて、筋肉や皮膚、髪、骨、臓器、血液などを形成しています。たんぱく質は20種類のアミノ酸から形成されていて、1種類でも少ないと体のバランスが崩れます。卵は必須アミノ酸のバランスが良いため、体を健康に保つのに役立つヘルシーな食品と言えます。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    まろやかな舌触りと、独特の味わいが魅力の豆乳。豆腐の原料として使われていますが、最近ではカフェで牛乳の代わりに飲む人も増えてきました。たんぱく質が豊富で、カロリーも低い為、ダイエット中の人には味方となる食材です。また、大豆イソフラボンという成分が多く含まれています。これは、ポリフェノールの一種で女性ホルモンに似た構造をしています。ですので、ホルモンバランスの乱れなどを整え、骨を健康に維持してくれる働きもあります。また、オリゴ糖も含まれているので、便秘が気になる時や、腸内環境が気になるときに摂っておくと良いでしょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 卵を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    生でも、加熱しても美味しく食べられる卵。料理の主役としても、引き立て役としても活躍してくれる便利な食材ですよね。卵には3つの特徴があります。一つ目は「熱凝固性」卵には多くのたんぱく質が含まれており、そのたんぱく質に熱を加えると固まるという性質を持っています。その特性を利用してプリンや茶わん蒸しができます。二つ目は「泡立性」卵の卵白にはこの特徴があるため、スポンジケーキやカステラ、ムースなどに生かされます。最後の特徴は「乳化性」乳化とは、水や油などの混ざりあわない2つの液体を中和させます 卵の乳化性を利用したものはマヨネーズです。料理をするうえで欠かすことのできないものですよね。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 油揚げを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    噛むとジュワーっと甘みが広がる油揚げ。おいなりさんや煮物など、さまざまな料理で活躍してくれますよね。そもそも油揚げは何かと言うと、豆腐を切って油で揚げたものです。豆腐に比べたら脂質が多少多くなりますが、大豆由来の成分はほぼ変わりありません。良質なたんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、マグネシウム、鉄、ビタミンEなどを含んでおり、栄養満点で、バランスも良いです。意識的に摂ることで健康への働きも期待できるのでおすすめです。中でも、大豆レシチンという成分は血管にこびりついたコレステロールを洗い流す働きがあるので、コレステロール値が気になる方にもおすすめです。 この記事では、「油揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    近年の健康志向の高まりにより美容・健康に良いと注目されている豆乳。豆乳には大豆たんぱく質が豊富で、肥満を抑える効果や血中コレステロール値を下げる効果など様々な健康効果があるといわれ、大豆サポニンは中性脂肪の吸収を抑えたり老化を防ぐ抗酸化作用があるなど生活習慣病予防に役立ちます。女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を示すイソフラボンは美肌効果や更年期以降の症状の緩和や骨の健康維持に期待されています。鉄分も豊富でオリゴ糖も含まれているため便秘を解消して肌荒れ改善にも効果的です。豆乳はおやつ作りや料理にも幅広く使えるので、女性のキレイと健康をサポートしてくれる豆乳をぜひ活用しましょう。この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    豆乳はゆでた大豆を潰して煮詰めたものをこして作る大豆の加工品です。豆乳はシチューや、パスタなどの料理に使われています。大豆イソフラボンや、オリゴ糖、レシチンなどの栄養が豊富に含まれており、低カロリーなのでダイエットにも向いています。料理に使う場合は無調整豆乳がオススメですよ。無調整豆乳は大豆の味と、大豆の栄養がそのままとれます。口当たりが滑らかなので、料理の味もまろやかに仕上がりますよ。豆乳の味が苦手という方には甘味やフレーバーが入った調製豆乳が飲みやすいですよ。健康や美容に良い豆乳を日常的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    中国生まれ日本育ちの豆腐は、初めて日本に入ってきたのは奈良時代で、遣唐使が中国から持ち込んだのが始まりと言われています。当初は、寺院の僧侶の間で精進料理として食べられ、一般庶民の食卓に登場するようになったのは江戸時代に入ってからと言われます。その後、豆腐は日本食の代表の一つとして食され続け、現在では健康・美容・ダイエット食品としても注目されるようになりました。夏の定番の冷奴のようにそのまま生で食べるほかに、煮る、焼く、炒める、揚げる、蒸すなど、調理方法も多様です。食感も絹ごし豆腐と木綿豆腐では大きく異なりますので、お好みや料理に合わせて使い分けてくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    納豆は大豆が原料で、納豆菌によって発酵させた食品です。独特の匂いと味わいがあり、糸を引く強い粘りがあるのが特徴です。ご飯にかけて食べる以外にも、チャーハンや春巻きに入れたり、冷奴やうどんのトッピングなど幅広い料理に使われます。和食以外にもパスタなどの洋食にも合い、チーズとも相性抜群です。納豆の原材料の大豆は「畑の肉」と言われるほど栄養素が豊富で、良質な植物性たんぱく質を含んでいます。たんぱく質は皮膚・爪・毛髪・血液・臓器などを形成するのに必要な三大栄養素です。貧血予防に効果のある鉄分、歯や骨を形成するのに欠かせないカルシウム、動脈硬化を防ぐマグネシウムなどを含んでいます。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持ち、更年期障害の緩和に効果があり女性にとってうれしい食材です。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    日本の食卓に欠かせない定番食品「納豆」。蒸した大豆を納豆菌によって発酵させたもので、発酵により消化吸収がよくなるほか、大豆よりもビタミンB2・Kの含有量が増加して栄養価も高まります。ビタミンB2は脂質の分解を促したり、肌の健康維持や体の成長を助けてくれます。ビタミンKは骨を強くする働きがあり、納豆にはタンパク質やカルシウムも豊富なので成長期の子供も積極的に取り入れたいですね。納豆菌が作るナットウキナーゼには血液をサラサラにして血栓を予防する働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞などの予防に期待されています。ナットウキナーゼを効果的に摂取したい時は熱に弱いので加熱せずにそのまま食べるのがおすすめです。紹介するレシピを参考に、おいしく健康を保ちましょう。この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    和食に欠かせない食材の1つである納豆は、大豆から作られる発酵食品です。スーパーフードと言われるほど栄養価が高く、原料の大豆は畑の肉と言われるほど栄養豊富です。良質な食物性たんぱく質を含み、爪・皮膚・毛髪などを生成するのに欠かせない栄養素です。マグネシウム・鉄分・カルシウムなどのミネラル類、免疫機能を健全に保つビタミンB6、腸内環境を整え便秘を解消する食物繊維などが含まれています。ご飯にかけて食べる以外にも、冷奴やうどんのトッピング、チャーハン、和え物、炒め物など幅広い料理に使われます。和食以外にもパスタやカレーなどともよく合い、肉や魚がない時でも納豆があればメインの料理が作れる便利な食材です。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    大豆が原料の豆乳。豆乳には主に、豆乳と水だけで作られた無調整豆乳と、豆乳に砂糖や塩、香料などを加えて飲みやすくした調整豆乳、調整豆に果汁やコーヒーなどを加えた豆乳飲料があります。豆乳に含まれるたんぱく質は植物性で、コレステロールを含まず、低カロリーなのが特徴です。大豆に多く含まれる大豆レシチンには、記憶力や集中力の向上、体内のコレステロールや肝機能の改善をサポートする働きがあります。また、中性脂肪の吸収を抑えるサポニンや腸内環境の改善に役立つオリゴ糖、体内の代謝をサポートするビタミンB群などが豊富です。豆乳は加熱をしても味や栄養価は変わらないため、さまざまな料理に活用できます。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    独特な風味に、まろやかな味わいが特徴の豆乳。低脂肪でヘルシーなため、最近ではカフェなどでも豆乳を使ったメニューが増えています。たんぱく質を多く含み、運動をする人や、ダイエットをする人にも注目されています。栄養価としてはポリフェノールの一種で女性ホルモンに似たイソフラボンや、動脈硬化を予防してくれるサポニンも含まれています。不飽和脂肪酸も含まれているため、コレステロールの値を調整してくれる効果もあります。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    納豆はネバネバ食感が特徴的で、子供から大人まで年齢問わず大変人気がある食材です。そのまま食べるのはもちろんご飯のお供にも最適ですし、炒め物、揚げ物、麺料理など数多くのアレンジレシピが各サイトで紹介されています。注目したいのが納豆には女性に嬉しい美肌効果や美容効果があるということです。納豆は酵素成分であるナットウキナーゼが含まれていて摂取後11時間前後働くため、血流が滞りやすい夜に摂取するのが良いとされています。朝食にもおすすめの納豆ですが、アレンジレシピが沢山紹介されているので晩御飯にもおすすめの食材です。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆乳を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    大豆を絞って作られる豆乳。最近ではコーヒーやフルーツ味の豆乳やソイラテなども販売されるほど人気が高い食品です。大豆由来のため、大豆に含まれる栄養素が含まれます。例えば植物性たんぱく質が代表的です。植物性たんぱく質は動物性たんぱく質よりもカロリーが低いため、ダイエットにぴったり。大豆イソフラボンやレシチンの働きによって女性らしい体づくりや美肌に近づけるのにも役立ちます。豆乳には調製豆乳、無調整豆乳、豆乳飲料などと記載された商品がありますが、これらの成分はそれぞれ異なります。より栄養価が高いのは無調整豆乳ですが、飲みやすいのは調製豆乳か豆乳飲料と言われています。好みや状況に合わせて選びましょう。 この記事では、「豆乳」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    和食になくてはならない食材の1つが豆腐です。豆腐には木綿豆腐・ソフト豆腐・絹ごし豆腐・高野豆腐などがあり、種類によって使い方が異なります。木綿豆腐は形が崩れにくくマーボー豆腐や揚げ出し豆腐などの油を使った料理に使われ、絹ごし豆腐やソフト豆腐は滑らかで柔らかいので、冷奴やサラダなどに使われます。高野豆腐は保存が効いて、煮物などの水分の多い料理によく使われ、独特の食感と味わいが特徴です。豆腐は大豆から作られ、良質の植物性たんぱく質を含み海外でも健康食として人気になっています。女性ホルモンのエストロゲンに似たイソフラボンが豊富に含まれているため、更年期障害の症状を緩和させる働きがあります。低カロリーで健康にもいいので、ダイエット中の食材としてもおすすめです。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    納豆は大豆を発酵させて作る加工品です。独特の香りと、混ぜると粘り気が出ることが特徴の食品です。味噌や、きなこと並んで、古くから日本で愛されてきた大豆加工品の一つです。納豆は「畑のステーキ」と称されるほど栄養が豊富に含まれています。血栓を予防できる「ナットウキナーゼ」という成分が含まれており、血液をサラサラにしてくれますよ。美容に良いビタミンB群や、大豆イソフラボンなども多く含まれています。ダイエット効果も期待できるので女性に嬉しい食材です。美容と健康のために、毎日納豆一パックを目安にして継続的に食べるようにしてくださいね。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    のど越しが良く、良質なたんぱく質を摂取できる豆腐。夏は冷ややっこ、冬は湯豆腐など、手軽に食べられる豆腐は、日本人に人気なヘルシー食材です。豆腐には、絹ごし豆腐や木綿豆腐、焼き豆腐などの種類があります。絹ごし豆腐は、豆乳をそのまま凝固剤を加えて固めたもので、なめらかな舌触りが特徴です。木綿豆腐は、豆乳を凝固剤で固めた後に崩して、重しをのせて圧力を加え、水分を切りながら作られるため、しっかりとした食感が特徴です。水分が多く低カロリーナ豆腐は、満腹感も得られるため、ダイエットにもおすすめの食品です。近年は、豆腐とご飯を合わせたレシピも人気です。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    大豆を納豆菌で発酵させた納豆。納豆にはたんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった、健康を維持するのに欠かせない5大栄養素が含まれています。第6の栄養素といわれる食物繊維も豊富で、積極的に取りたい健康食品です。骨や歯の健康な維持に欠かせないカルシウム、カルシウムの吸収をサポートするマグネシウム、カルシムを骨に吸着させる働きがあるビタミンKも豊富で、納豆1つでカルシウムを効率よく吸収できます。納豆のネバネバ成分であるナットウキナーゼには、血栓を溶かす働きがあります。ご飯にかけて食べるおなじみの食べ方に加えて、近年では納豆トーストなど、納豆とパンを組み合わせたメニューも人気を集めています。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 豆腐を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    豆腐は豆乳ににがりを混ぜて作る大豆の加工食品の一つです。豆腐はそのまま冷奴として食べると喉越しが良く、口当たりもサッパリするので夏には欠かせない存在ですよね。他にも鍋の具や麻婆豆腐など幅広い料理で活躍しています。豆腐にはいろんな種類があることをご存知ですか?一般的な木綿豆腐と絹豆腐の違いについてご紹介します。木綿豆腐と絹豆腐は製作工程と水分量が違います。絹豆腐は豆乳とにがりを混ぜて固めて作ります。一方、木綿豆腐は豆乳とにがりを混ぜて一度固めたものを布で包み、容器に入れて圧をかけ、水分を抜いて作ります。絹豆腐はなめらかで柔らかく、木綿豆腐は固く、くずれにくく仕上がります。同じ豆腐ですが、食感や料理の用途も変わってきます。料理にあった豆腐で調理してくださいね。 この記事では、「豆腐」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社