キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ナス(茄子)をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

夏野菜を代表するなす。ボリュームがあって食べ応えがあり、様々な料理に活躍する便利な野菜です。独特の濃い紫色が料理に色合いをプラスして、栄養素も豊富でぜひ料理に取り入れたいです。なすは色々な調理法に使えて、中でも油と相性がよく和食・洋食・中華とジャンルを問わず使えるのも便利です。 こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてなすのレシピを紹介しています。なすを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

なす(茄子)の栄養素

なす(茄子)の特徴である紫紺色の皮には、ポリフェノールの一種である「ナスニン」が豊富に含まれています。ナスニンには強い抗酸化力があり、がんや動脈硬化といった生活習慣病を予防する効果があると言われています。その他にはカリウムが豊富で、体内の余分なナトリウムを排出する働きがありむくみ防止に効果があります。体の熱を逃がす働きがあり、夏バテなどにも効果があります。

なす(茄子)の旬

なす(茄子)は夏野菜を代表する野菜の1つで、旬は6~9月になっています。もとはインド周辺が原産と言われ、熱帯で育てるのに適しているため日本でも夏に収穫されます。ハウス栽培されているので一年を通して手に入りますが、旬の なす(茄子)が一番おいしく食べられます。「秋 なす(茄子)」と呼ばれる なす(茄子)がありますが、9月頃の初秋に収穫される茄子のことで、7~8月に収穫される なす(茄子)より身がしまっておいしいと言われています。

なす(茄子)の品種

なす(茄子)の品種は世界では約1,000種類あると言われていて、日本では約180種類あると言われています。アメリカのブラックビューティーを改良した大きい「米 なす(茄子)」、丸型の「賀茂 なす(茄子)」、長さのある「長 なす(茄子)」、真っ白い「白 なす(茄子)」などがあります。日本では各地方でさまざまな種類の なす(茄子)が栽培され、その土地特有の名前が付けられいるものもあります。

なす(茄子)の選び方

新鮮な なす(茄子)の見分け方は、ガクの部分についているトゲに注目しましょう。トゲが鋭くとがってしっかりと立っているものは新鮮です。 なす(茄子)は水分が多いため、持ったときにずっしりと重みがあるものがおすすめです。軽いものは中がすかすかで、身がしまっていないためおすすめできません。表面にツヤとハリがあってなめらかで傷がなく、トゲが立って重さがあるものを選びましょう。

なす(茄子)の保存方法

なす(茄子)は水分が多いため、風に当たると水分が蒸発してしなびてしまいます。保存する時は水分を逃さないように、一個ずつラップに包むのがおすすめです。5℃以下で冷蔵保存すると、変色したり実が縮んだりする低温障害を起こしてしまうため、温度管理がされている冷蔵庫の野菜室に入れておくようにしましょう。冷凍保存する場合は輪切りなどカットしてから、保存袋に入れて冷凍庫へ入れて1ヶ月以内には使いましょう。


なす(茄子)の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

夏野菜の一つである「 なす(茄子)」。年中スーパーで手に入りますが、 なす(茄子)の旬は7~8月です。さらに「秋 なす(茄子)」と呼ばれる晩夏から秋にかけて採れる なす(茄子)もおいしいと人気ですね。生産量が全国1位なのは高知県ですが、全国で栽培されている野菜です。旬である時期は露地栽培、旬以降はハウス栽培のものが出荷されています。長なす、米なす、加茂なすなど、 なす(茄子)の種類は多く、それぞれ形や大きさ、固さなどに特ちょうがあり、それぞれの特ちょうを生かしたレシピがたくさんあります。和食から洋食までいろいろなテイストの料理につかいやすく、熱くても冷たくてもおいしく食べられる人気の野菜です。油との相性もいいので、焼いたり炒めたりするレシピも豊富です。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

なす(茄子)の旬は7月、8月です。 なす(茄子)の紫紺色はナスニンというポリフェノールの一種で強い抗酸化力がありコレステロールの吸収を抑える働きがありますが、 なす(茄子)には身体を冷やす働きもあるので、食べ過ぎには注意が必要です。 なす(茄子)は煮物などの他の料理にも合いますが、炒める料理では、みそやしょうゆなどの味付けはもちろん、マーボー なす(茄子)などの中華料理でも合います。 なす(茄子)の保存方法は冷蔵庫に入れると低温障害が起こりやすくなり硬くなり傷むのも早まるので、袋に入れ冷暗所で保存してできるだけ早く使ってください。 なす(茄子)の選び方は身に張りとつやがあり、持った時に重みを感じる物で、ヘタのとげがしっかり立っていて触ると痛いものが新鮮です。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

炒めもの、揚げ物、煮物、漬物など、様々な料理にアレンジができる なす(茄子)。栄養成分の90%が水分でできています。 なす(茄子)の旬は6月〜9月頃にピークを迎える夏野菜なので、暑い季節に火照った体の水分補給には欠かせませんね。夏野菜の特徴である体を冷やす作用は、代謝を落としてしまうため体を温める、長ネギや生姜などと組み合わせて食べるように工夫してくださいね。淡白な味の なす(茄子)はどの料理にも適しますが、フライにすることで野菜が苦手な子供や男性も食べやすく、 なす(茄子)特有のジューシーさも味わうことができておすすめです。水分をたっぷり含んだ旬の時期にたくさん活用してくださいね。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

代表的な夏野菜である なす(茄子)。旬は7~8月ですが、全国各地で栽培されていること、ハウス栽培されていることなどから年中手に入れることができます。味にクセがないため、さまざまな料理に利用でき、漬物や炒め物、揚げ物、煮物といろいろな食べ方で楽しめますが、アクがあるので生のままでは食べられません(水 なす(茄子)は食べられます)。 なす(茄子)は、特に油との相性が良く、炒めるレシピはもちろんのこと、「揚げる」レシピもたくさんあります。天ぷらやフライはもちろんのこと、揚げてから煮物にして食べる方法もあります。油を吸いすぎることがあるので、その点は注意しましょう。独特な食感も なす(茄子)の特ちょうです。熱くても冷たくしても食べられるのはうれしいですね。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。



なす(茄子)の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

日本の食卓にかかせない野菜としてよく使われるのが「 なす(茄子)」。油と相性がよく、和食から洋食、中華まで幅広い料理に使われます。 なす(茄子)は長めの形をした長茄子・小さいコナス・丸い形のマルナスなど、沢山の種類があるのが特徴です。日本人になじみの深い なす(茄子)は、色々な料理と合わせやすいです。カットして使うのはもちろん。ナスを器にして中にひき肉を入れて焼いたりとアレンジが効きやすいにも魅力ですね。 なす(茄子)には「ナスニン」と呼ばれるポリフェノールが豊富に含まれており、ナスニンには強い抗酸化力がありがんの予防に効果があります。 なす(茄子)が苦手という方も多いですが、体にいい栄養素が含まれているのでぜひ料理に取り入れましょう。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

濃い紫色をした なす(茄子)は彩がよく、料理のアクセントにもなる人気の野菜です。日本では1000年以上前から栽培されているなじみの深い野菜で、世界の各地で独自の品種が育てられており、日本では「千両ナス」「賀茂ナス」がよく使われます。 なす(茄子)の原産地はインドと言われ、暑さに強いため夏を代表する野菜になっています。 なす(茄子)にはナスニンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれいて、強い抗酸化力がありガンや生活習慣病の予防に役立ちます。油と相性がよく、どんな調理法でもおいしく食べられるためアレンジが効きやすいです。たくさんある なす(茄子)のレシピの中でも、今回は なす(茄子)を煮るレシピをお届けします。レシピを参考にして、おいしい なす(茄子)料理を作ってください。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ10選

なす(茄子)と一言で言っても種類は様々で、大きさや形、硬さもそろれぞれちがいます。一般的に流通している なす(茄子)は卵型や面長のものが多いです。 なす(茄子)を選ぶ際にはポイントがあり、表面につやがあり、張りのあるもの、ヘタの部分のとげがしっかりと立っているもの、持ったときにずっしりと重いものがおいしい なす(茄子)と言われています。 なす(茄子)は温かい時期に採れる野菜なので家で保存する際には、冷蔵庫にいれてしまうと低温障害がおこりやすくなります。袋にいれたまま冷蔵庫以外の冷暗所に保管し。なるべく早く使ったほうがおいしく調理できます。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

なす(茄子)は夏野菜を代表する一つで、日本では1000年以上に渡って栽培されている歴史の長い野菜です。ほとんどの場合が火を通して食べられますが、浅漬けにする場合は生のまま使います。他の野菜とは違った独特の濃い紫色が特徴で、料理にアクセントをプラスします。 なす(茄子)は切ると変色するため、調理する前に水にさらして灰汁抜きをする必要があります。灰汁抜きをしないと色味が悪く見た目の仕上がりが悪くなり、えぐみが出て味が落ちてしまうので必ず灰汁抜きをするようにしましょう。 なす(茄子)は油と相性がよく、揚げ物や天ぷらによく合い脂身の多い肉とも相性抜群です。和食・洋食・中華などどんなジャンルの料理とも合わせやすく、炒め物からオーブン料理、スープまでさまざまな料理に活躍します。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


なす(茄子)の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

夏に旬を迎える なす(茄子)。一般的に出回っているのは13〜15cmほどの長卵形をした中長 なす(茄子)(千両 なす(茄子))で皮と果肉が程よい柔らかさを持ち、焼いたり、揚げたり、煮たりとどんな料理の種類とも相性が良いんです。 なす(茄子)の成分は90%以上が水分で体を冷やす効果があるため、夏バテ対策に最適な食材です。紫色の皮にはポリフェノールの一種であるナスニンが豊富で強い抗酸化作用を持ち、がん予防や動脈効果、高血圧などの生活習慣病の予防、アンチエイジング効果が期待できます。 なす(茄子)は油との相性が良く、加熱するとトロッとした滑らかな食感が楽しめます。肉類と一緒に調理することで肉の旨味が なす(茄子)に染み込んで豊かな味わいになるのでおすすですよ。洋風、和風、中華風など食べ応え満点のメインになる様々なおかずレシピがあります。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

「一富士、二鷹、三茄子」と言われるように、縁起物とされている野菜が なす(茄子)です。原産地はインドの東部が有力と言われ、日本では1000年以上に渡って栽培されている歴史の長い野菜です。 なす(茄子)の旬は6~9月で夏を代表する野菜の1つになっています。 なす(茄子)は全体の約94%が水分と言われ、糖質やカロリーが低いためダイエット中の方にうれしい野菜です。 なす(茄子)にはナスニンと呼ばれるポリフェノールが多く含まれ、強い抗酸化力がありがんや動脈硬化の予防に効果があると言われています。 なす(茄子)はカリウムも豊富で体内の余分なナトリウムを排出する働きがあり、むくみ防止に役立ちます。その他にも体の熱を逃がす働きがあるため夏バテにも効果があり、夏にしっかりと食べたい野菜です。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

和食から洋食までさまざまな料理に使われる「 なす(茄子)」。 なす(茄子)の原産地はインドの東部が有力と言われ、日本では奈良時代に既に なす(茄子)の栽培が行われていた記録があります。日本では丸 なす(茄子)・長 なす(茄子)・米 なす(茄子)など約180種類の品種があり、世界では1,000種類あると言われています。艶やかな濃い紫色がきれいですが、漬物にする以外では生では食べることはあまりなく、ほとんどの場合火を通して食べます。 なす(茄子)は油と相性がよく、揚げ物や天ぷらによく使われ炒める時も油を多めに使用するとおいしく仕上がります。カットして使う以外にも半分に切って中身をくりぬき、外側を器にしてグラタンに使うなどアレンジが効くのも魅力です。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

インドが原産の なす(茄子)は、日本へ奈良時代に中国から伝わって来ました。味にクセがないためどんな料理にも合う万能野菜です。紫紺色のナスニンはアントシアニン系の色素であり、抗酸化作用があります。 なす(茄子)の種類は豊富にあり、地域によって特有の品種もあります。例えば皮が白い「白 なす(茄子)」と呼ばれている なす(茄子)は、千葉県などで生産されています。この白 なす(茄子)は、火を通すととろりとした食感になることから、田楽やグラタンなどの加熱する料理に向いています。また「水 なす(茄子)」は、大阪特産の品種であり灰汁が少ないため、生でも食べられることからサラダや漬物に向いています。 なす(茄子)は低温と乾燥に弱いので、余ったらラップで包み冷蔵保存してくださいね。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。



なす(茄子)の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集


なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

様々な料理に使える なす(茄子)は、家に常備しておきたい便利な野菜です。和食はもちろん、洋食や中華などさまざまな料理に使えてとろっとした食感が食べやすいです。味にクセや臭いが少ないため味付け次第でバリエーション豊かな料理がたのしめますよ。 なす(茄子)にはナスニンと呼ばれるポリフェノールが多く含まれ、強い抗酸化力がありがんや動脈硬化の予防に効果があると言われています。その他にも体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるカリウムも豊富で、むくみ防止にも役立ちます。体の熱を逃がす働きがあるため夏バテにも効果があり、夏にしっかりと食べたい野菜です。 なす(茄子)は約94%が水分と言われ、糖質やカロリーが低いためダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

紫色の皮と瑞々しい実を持つ なす(茄子)。その90%以上が水分だと言われ、旬の夏場は特に積極的に摂りたい野菜です。一方で実は秋口のものが一番引き締まって美味しいとも言われていますよ。寒い時期には、身体を冷やさないよう温かく調理して食べるのがおすすめです。 なす(茄子)は低カロリーでヘルシーなため、しっかり油を使ったこってり味のレシピでも食べやすく仕上げることが出来るのが嬉しいですね。お店では、皮がなめらかでツヤがありヘタがしっかりしているものを選んでくださいね。保存の際はラップに包んで野菜庫に入れ、しなびないうちにいただきましょう。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

なす(茄子)は夏に旬を迎える淡色野菜のひとつです。味にクセが無いため、多種にわたる調理方法に使えます。特に油との相性が良いため、炒めたり揚げたりすることで色鮮やかに仕上げることが出来ます。 なす(茄子)を選ぶときのポイントは、ヘタが干からびておらず、切り口が新しいものを選ぶようにしましょう。また なす(茄子)の表面に張りがあり、光沢が有る物も新鮮な証拠です。 なす(茄子)の紫色はアントシアニンという色素です。この色素はポリフェノールの一種で、高血圧に効果があるとされています。 なす(茄子)を包丁などで切ると、断面が変色を起こすため、直ぐに水に浸すか油で調理するようにして下さい。体を冷やす作用があるため、夏バテ予防にも効果的な野菜です。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

夏を代表する野菜と言えば「 なす(茄子)」。日本では奈良時代に既に なす(茄子)の栽培が行われていた記録がある、歴史の長い野菜です。他の野菜とは違った艶やかな濃い紫色がきれいで料理のアクセントにもなります。醤油や味噌など和食の調味料はもちろん、チーズやオリーブオイルなどヨーロッパの食材ともよく合い、さまざまな料理に活躍します。カットして使う以外にも、丸みがあって大きさがある なす(茄子)は中をくりぬいて器として使うなどアレンジが効くのも魅力です。 なす(茄子)は灰汁があるため必ず灰汁抜きをする必要があり、漬物以外では生のままで食べらることはあまりなく、ほとんどの場合は火を通して食べます。油とよく合い揚げ物や天ぷらによく使われ、炒める時にも油を多めに使うとおいしく仕上がり、脂分の多い肉とも相性抜群です。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


なす(茄子)の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

なす(茄子)の原産地はインドの東部と言われ、日本では奈良時代には なす(茄子)の栽培が行われていた記録があります。 なす(茄子)は切ると変色するため、調理する前に水にさらして灰汁抜きをする必要があります。灰汁抜きをしないまま調理すると色が悪くなりえぐみで味が落ちるので、おいしく作るためにも灰汁抜きをしましょう。日本では丸 なす(茄子)・長 なす(茄子)・米 なす(茄子)など約180種類の品種があり、世界では1,000種類あると言われています。濃い紫色が独特で料理のアクセントにもなり、火を通すととろっとした食感になって油とよく合います。和洋中とどんな料理にも合わせやすく、味や臭いにクセがないため子供にも食べやすい野菜です。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

なす(茄子)は揚げても焼いても蒸してもおいしく食べられる野菜ですが、たんぱくな味で癖がなく、油との相性が良い野菜です。味も浸み込みやすいため、加熱すると食感が滑らかになります。種類は3センチほどの小さいものから40センチ台の大きなものまであり、色も白や緑、紫とバラエティー豊かです。東北地方で栽培されている小 なす(茄子)は浅漬けに、京都の丸 なす(茄子)は田楽といったように、それぞれの特徴を生かした料理方法を楽しめるのも魅力のひとつです。 なす(茄子)を調理する際には、切り目は空気に触れると酸化して変色してしまうのでかっとしたらすぐに調理しましょう。アクが気になる場合はさっと水につけるとアクが抜けますよ。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

なす(茄子)を使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

夏から秋にかけて美味しいナスは、焼き なす(茄子)、煮浸し、素揚げ、漬物など、様々な料理に大活躍な万能野菜です。ほとんどが水分でできているナスには、カリウムが多く含まれ、体内に溜め込んでしまった余分な塩分を排出してくれる働きがありますよ。他にもビタミンB群や鉄分も含まれ、体に嬉しい栄養素が含まれています。ナスは味や香りにクセがないため、厚い皮を剥けば離乳食にも取り入れることができます。やわらかく茹でることで口当たりも良く、7、8ヶ月頃の赤ちゃんから食べられますよ。アクが強いので、切ったらたっぷりの水に浸けるなどして、アク抜きをしてから調理してくださいね。 この記事では、「 なす(茄子)」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。


広告

運営会社