キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

卵をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

家に必ず常備している食材の1つが卵です。卵は栄養バランスがよく、さまざまな料理に使える便利な食材です。鶏から生まれる卵で、海外では卵を生食することはできませんが、日本では衛生管理が徹底しているため安心して生卵を食べられます。茹でる・蒸す・炒めるなどさまざまな調理法に使うことができ、手っ取り早くたんぱく質を摂りたい時にも活躍します。価格が安いためお財布にもやさしい食材で、主婦の強い味方です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて卵のレシピを紹介しています。卵を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

卵の栄養素

卵は気軽にたんぱく質を摂取できる食材です。たんぱく質は三大栄養素の一つで、筋肉・骨・皮膚などのもとになる大切な栄養素です。卵は食物繊維とビタミンC以外の体に不可欠な栄養素を含んでいる完全栄養食品で、気軽に料理に取り入れられるのも魅力です。記憶や学習に深くかかわるとされる神経伝達物質のコリンを含み、高血圧の予防にも効果があるとされています。

おいしい卵の見分け方

卵の賞味期限は約2週間と長くなっていますが、できるだけ新鮮でおいしい卵を食べたいですよね。卵を割る前にまず確認したいのが卵の殻。卵の殻がざらざらしているものの方が、つるつるしているものより新鮮です。手に持って中身が揺れているような感じがする場合は、少し古いものと頭に入れておきましょう。割った後に確認したいのが、黄身の盛り上がりです。黄身と一緒に周りの白身も盛り上がっているものは、新鮮なので卵を割った後に確認してみてください。

卵の種類

スーパーで売っている卵は、主に白色と茶色がかった色が多くなっています。羽の色が白色の鶏が生む卵は白玉、羽が赤い鶏は赤玉、薄い褐色をピンク玉と呼びます。厳密には羽の色で卵の色が決まるわけではなく、鶏の種類によって卵の殻の色が決まります。赤玉の方が白玉より価格設定が高くなっていますが、赤玉を産む鶏は体が大きく飼料が余分にかかるためと言われています。

卵の保存方法

卵は常温でも冷蔵でも保存が可能です。スーパーなどで常温で売られている卵は、卵に結露が付くのを避けるためです。結露ができると卵の表面にある気孔から雑菌が入ってしまうため、常温保存にしています。購入後は常温でも保存できますが、冷蔵での保存がのぞましいとされているため賞味期限を確認して、期限までには使い切るようにしましょう。

ゆで卵のつくり方

サラダやサンドイッチ、お弁当のおかずなど、大活躍するのがゆで卵。いつも適当に茹でている、という方も多いのではないでしょうか。ゆで卵の正しい作り方は卵を常温に戻し、必ず水から茹でるようにしましょう。卵と水の温度差が少ないほど卵にひびが入りにくくなり、きれいに茹でることができます。黄身をとろとろに仕上げたい場合は約5 分、半熟卵は7~8分、固ゆで卵は約9分を目安に茹でましょう。

厳選おすすめレシピのまとめ一覧

卵の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

卵を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

卵は必ず常備しているという方も多いのではないでしょうか。それぐらい料理には欠かせない食材です。卵は良質なたんぱく質とアミノ酸を豊富に含んでいます。卵黄に含まれているレシチンには女性に嬉しい美容効果があります。気をつけたいのがサルモネラ菌です。サルモネラ菌は熱に弱く10度以下では増殖しにくくなります。賞味期限が過ぎたらしっかりと加熱調理をしましょう。割ってからの長時間放置は雑菌が増殖するので注意しましょう。卵を使った焼くレシピには卵焼き、オムレツなどがあります。アレンジ次第でレシピのバリエーションが広がりますよ。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

卵は安価で手に入って色々な料理に使うことができる便利な食材です。味が淡白なのでどんな料理にも合わせやすく、料理のかさ増しにも活躍します。和食・洋食・中華などどんなスタイルの料理にも使えて、ソースや調味料で違った味わいを楽しめます。生でも食べることができ、卵かけご飯や納豆に混ぜて朝ごはんに食べたり、卵焼きにしてお弁当のおかずにしたりと朝・昼・晩の食事に活躍します。卵は便利なだけでなく、栄養価の高い食品でもあり骨や筋肉を作るのに必要なたんぱく質が豊富です。さらに必須アミノ酸の1つであるメチオニンが含まれていて、抗酸化作用があり生活習慣病の予防に効果があります。手軽に料理に使えて栄養価が高い卵を、ぜひ毎日の料理に取り入れましょう。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

卵はさまざまな料理に使うことができる便利な食材です。生のままご飯にかけて卵かけご飯にしたり、ゆで卵にしてサンドイッチやサラダに使うことができます。その他にもスープや炒め物、オーブン料理など色々と使えて毎日の食事に欠かせない食材です。肉や魚に比べるととても安く手に入り、保存期間も長いので主婦の強い味方でもあります。卵はたんぱく質が豊富で、卵1個を食べることで1日の必要量の約3分の1を摂ることができます。卵には抗酸化作用のあるメチオニンという必須アミノ酸が含まれており、生活習慣病の予防に効果があります。手軽に食事に取り入れることができ、栄養バランスのいい卵をぜひ料理に積極的に使いましょう。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

料理やお菓子の材料にはかかせない卵は、栄養も豊富です。新鮮な卵の選び方は、外見での判断は難しいので、割ってみて黄卵が盛り上がっているものは鮮度が良いです。栄養素等は、たんぱく質をはじめミネラルやビタミンなどが含まれており、特にたんぱく質の必須アミノ酸のバランスは優秀です。残念ながらビタミンCと食物繊維は含まれていないので、これは他の食品から摂ることになります。例えばサラダ、野菜スープ、果物を卵と組み合わせれば、ビタミンCと食物繊維を摂ることができますよ。今回ご紹介するレシピは、卵を使うレシピの中でも揚げるをテーマにしたものをお届けします。レシピを参考に卵料理を楽しんでください。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

卵を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

卵は生でも加熱しても食べることが出来る食品であり、加工食品やハンバーグを作るときに使うつなぎの材料など幅広く使われています。冷蔵庫にある定番食品という人も多いのではないでしょうか。そんな日常的に使う卵ですが、卵黄の色には黄色や赤色があります。この卵黄の色はエサの色に由来するものなので、栄養価に差が出ることはありません。卵の栄養素には、たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミン等が含まれていますが、特にたんぱく質に関しては必須アミノ酸のバランスが良く含まれているので、栄養価の高い食品と言えます。日常のレシピに卵を加えると、手軽に栄養バランスを整えることが出来ますよ。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

卵は幅広い年齢層の方に好まれている食材です。新鮮な卵は黄身は盛りあがっていて、白身はぷりっと弾力があります。保存方法についてですが、卵の丸い方には気室があるのでとがった方を下にすると長持ちします。また卵の殻には菌が付いていることがあるので他の食品に移さないためにパックのまま保存をすると良いです。卵を代表するレシピには卵焼き、目玉焼き、たまごかけご飯等がありますが、ちょっと手を加えた煮卵、親子煮、卵とじなどの煮るレシピも人気があります。卵は和食、洋食、中華等、様々なレシピで使われている食材です。栄養が高く体に良い食品ですので毎日取り入れたい食品です。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ10選

栄養食品である卵と、主食であるご飯の組み合わせは、チャーハン、オムライス、混ぜご飯などレシピも豊富です。おかずなしでも食事になるので、忙しいときや簡単に済ませたいときには作る機会も増えますよね。そんな時に心強いのが炊飯器です。お米と調味料や具材を炊飯器に入れてスイッチを押すだけで、味の付いたご飯が炊きあがります。それだけで調理の手間や時間が省けるので、とても助かりますよね。また、炊飯器でおかゆを作ったり、野菜を入れて炊くことで野菜をゆでる時間を省いたりと、炊飯器の機能を利用すればとても便利で、アレンジの幅も広がります。炊飯器をうまく活用したら、料理がまた少し楽しくなりますよ。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

どんな料理にも良く合う卵は、加熱具合によって食感が大きく変わります。その加熱の加減によって特徴が少しずつ異なってきます。卵に含まれるビタミンB群は水溶性のビタミンのため、生のまま食べることでそのまま摂取することができます。半熟状態の卵は体内吸収率が高く、消化吸収率がよくなるため、体調不良など胃に負担をかけたくない時に特におすすめです。しっかりと加熱した卵は、食べ応えや食感が増すため腹持ちが良く、ダイエット中におすすめです。加熱することで小さな子供にも安心して食べさせることもでき、お弁当のメニューにも向いていますよ。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

卵を使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

ビタミンCと食物繊維以外の栄養素を持つ完全栄養食品である「卵」。体を作るのに必要な良質なタンパク質が豊富で、消化吸収が良いのも特徴です。卵黄には脳の発育に必要なレシチンが多く、脳の記憶や学習に関わり脳を活性化させるため、卵は育ち盛りのお子さんや高齢の方にも適した食材です。卵黄レシチンには血中のコレステロールを正常に保つ働きもあり、適量の摂取は生活習慣病の予防にも役立ちます。卵の鉄分は体に吸収されやすく貧血予防にも効果的。ビタミンAやビタミンB群、良質なタンパク質・脂質も豊富なので、美肌につながるなど女性に嬉しい効能も持っているんです。ご飯の進む卵のおかずレシピを参考に、足りない栄養を野菜で補いながら家族の健康維持に役立ててくださいね。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

毎日に料理に欠かせないと言っても過言ではない食材が卵です。卵は低価格で手に入り、朝ごはんに目玉焼きや卵かけご飯にして食べたり、お弁当用に卵焼きやゆで卵サンドイッチにしたりと大活躍します。スープやチャーハン、炒め物、キッシュなどの卵が主役のメインディッシュにも使えて、家に必ず常備しておきたいマストな食材です。栄養面ではたんぱく質が豊富で、卵1個を食べることで1日の必要量の約3分の1を摂ることができます。たんぱく質は筋肉や骨を作る栄養素として必要不可欠で、料理に積極的に使いたい食材です。味自体は淡白なのでどんな料理にも合わせやすく、使う調味料で違った味わいを楽しめるのも魅力ですね。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

毎日の食卓に欠かせない卵。焼いても、茹でても、そのままでも調理方法は自由自在で、子供から大人まで愛される食材の一つです。あと一品欲しいときに、手間なくパパッと作ることの出来る和え物に卵を加えて彩りよく仕上げることで、食卓が華やかになりおすすめです。卵のクリーミーな味わいはマヨネーズとの相性も抜群で、野菜が苦手な子供も食べやすくなりますよ。卵にはビタミン、カルシウム、ミネラルがバランスよく含まれ、少量食べても腹持ちが良い特徴からダイエット中の方にもおすすめしたい食材です。様々な料理にプラスして、簡単に栄養をアップしましょう。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

良質なたんぱく質を多く含む卵は手軽に調理することができ、忙しい毎日には欠かせない食材の一つです。柔らかい口当たりに調理することが出来る卵は、小さな子供から歯が弱くなった方まで幅広く食べられます。スイーツ作りにも欠かせない卵は、育ち盛りの子供のおやつにもぴったりですが、作る工程が大変そうなイメージで避けられがちですよね。しかしスイーツもレンジを使って簡単に作ることが出来ることをご存知でしょうか。見た目もまるで時間をかけて作ったもののようなので、お茶会のおやつなどにもおすすめですよ。レンジを使えば、スイーツはもちろん、家庭料理も簡単に短い時間で作れますので、早速試してみてくださいね。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

卵を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

毎日の料理に欠かせない「卵」は、タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなど豊富な栄養素を含む完全栄養食品です。消化吸収が良く、特に体を作るのに必要なアミノ酸のバランスが良いので良質なタンパク質を摂取できるんです。卵には1個あたり約210mgのコレステロールを含みますが、健康な人が毎日1〜2個の卵を食べても血中のコレステロール値には関連がないことが分かっています。むしろ卵黄に含まれるレシチンには悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす働きがあり、動脈硬化の予防に役立ちます。必須アミノ酸であるメチオニンを含み、肝臓でのアルコール分解を助けるなど二日酔い対策に役立つアミノ酸もバランス良く含み、お酒のおつまみに卵がぴったりなんです。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

冷蔵庫に何もなくても、卵さえあればどこか安心しませんか。食事を作ろうと思ったときも、ご飯と卵さえあれば「卵かけごはん」や「チャーハン」、「卵雑炊」など、いろいろな食べ方ができます。それほど卵とご飯の相性はばっちり。卵にはさまざまな栄養が豊富に含まれ、「完全栄養食品」と呼ばれているほどです。健康的な食生活を送るためにはなくてはならない食品ですよね。そんな栄養食品である卵と、主食であるご飯を組み合わせたら、手軽に早く栄養がとれます。丼ものやワンプレートで食事を済ませたいときは、卵&ご飯でできるレシピをたくさん知っていると助かりますよね。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【調理の種類:パン編】おすすめ10選

あわただしい朝の食事は、できるだけ時間をかけずに作りたいですね。そんな時、卵とパンがあれば、とっても安心。卵とパンの組み合わせでいろいろなレシピができます。卵は栄養価が高いので、それだけでも心強いですが、さらに野菜をプラスすれば、朝から栄養がしっかり取れます。卵はスクランブルエッグやゆで卵、卵焼き、ポーチドエッグなど食べ方を変えて楽しむことができ、パンにも食パンやフランスパン、コッペパンと種類もいろいろ。組み合わせや味付け、他の具材の種類などでアレンジもしやすく、パンレシピの幅も広がります。朝食だけでなく、ランチやお弁当にもおすすめです。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

加熱すると、とろとろ、ふんわりとした食感が絶妙な卵。卵料理の黄色は、食卓を華やかにしてくれます。いつもの献立に使いやすい卵を、常備している家庭が多いのではないでしょうか。卵の食べ方は実にさまざま。ゆでる、焼く、煮るなど、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。まろやかで優しい味わいで、子供から大人まで人気の食材ですね。良質なタンパク質が豊富に含まれていて、栄養バランスが良い卵は、完全栄養食品と呼ばれることがあります。栄養価が高く、スーパーの特売品で手に入りやすい卵は、家庭料理に積極的に取り入れたい食材の1つです。卵を使って、健康的な体づくりをしましょう。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

卵を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

多くの家庭で常備している卵。特売品としてスーパーの店頭に並んでいるのをよく見かけます。殻が白い卵、赤い卵、餌や飼育方法にこだわった卵など、種類が豊富です。卵は良質なタンパク質を豊富に含みます。さらに、ロイシン、イソロイシンなど、私たちの体に必要な必須アミノ酸がバランス良く含まれています。栄養価が高く、完全栄養食品と呼ばれることがある卵は、毎日の食卓に取り入れたい食材の1つですね。ごはんのおかずやおつまみに重宝する卵ですが、たまに気分を変えて、卵を使ったおやつを作ってみませんか?頑張った自分へのご褒美に、子供のおやつに、友人への手土産に、用途に合わせて多彩なレシピがありますよ。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

生でも、焼いても、ゆでても食べられる卵。一つの食材ですが、食事のメインになることも、食材同士を引き立たせるつなぎの役目をすることもありますよね。卵には体の老廃物を排出してくれるアミノ酸が含まれていて、生活習慣病の予防にもつながると言われています。また、三代栄養素の一つのたんぱく質で構成され、筋肉や骨、皮膚や髪にも必要不可欠な食材であり、積極的にとりたい食材でもあります。栄養もたっぷりある分、カロリーは気になりますが、食べ方によっては低カロリー高たんぱくの食事をとることも可能です。そんな栄養たっぷりの卵、日々のお弁当に上手にとり入れてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

卵を使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

内臓や骨、筋肉など、赤ちゃんの体をつくる材料になるたんぱく質は、離乳食にぜひ取り入れてほしい食材のひとつです。離乳食に使うのに最適な時期は生後7~8ヵ月ころと言われています。少量ずつ与え、比較的アレルギーを起こしにくいゆで卵の黄身からはじめ、慣れてきたら全卵を与えてみましょう。卵料理離乳食として与える場合は完全に加熱したものが安心です。少しずつ食べさせて、卵の味に慣れてきたら色々な料理に入れて食べさせてあげましょう。毎日作る離乳食、できるだけ赤ちゃんにも飽きないでたくさん食べてほしいですよね。 この記事では、「卵」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

卵をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社