キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

うなぎをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

うなぎは世界中の熱帯から温帯にかけて生息している魚で、食用のうなぎは4種類と言われています。うなぎは日本料理に欠かせない魚で、うなぎ料理の専門店もたくさんあり蒲焼は日本人にとってごちそうの1つになっています。土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、江戸時代にうなぎ屋がうなぎを売るために考えたPR作戦という説が有力です。意外な由来ですがうなぎは栄養たっぷりなので、夏バテを防ぐためにもぜひ土用の丑の日にうなぎを食べたいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてうなぎのレシピを紹介しています。うなぎを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのうなぎを使った人気レシピ10選!これさえ抑えておけばOK

    夏に旬を迎えるうなぎ。スタミナ満点で、夏バテの解消にも効果があるうなぎは、美容食としても人気があります。うなぎにはビタミンAが豊富で、皮膚や粘膜、目の健康を維持し、強い抗酸化力でアンチエイジングやがん予防にも役立ちます。また、疲労回復に効果があり、エネルギーの代謝をサポートするビタミンB群、カルシウムの吸収を促進するビタミンD、冷え性の改善や生活習慣病の予防に効果があるビタミンEも多く含みます。頭の働きを良くするDHAや血流を改善するEPAも豊富です。高価でぜいたくなイメージのあるうなぎですが、家計にやさしく、うなぎの味が楽しめるレシピもたくさんあります。ぜひ、風味豊かなうなぎ料理を堪能してみてくださいね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使ったおすすめ定番料理10選!こんな食べ方があったのか

    魚の中でも価格が高く、なかなか家庭では食べるチャンスのないうなぎ。土用の丑の日はうなぎを食べる習慣がありますが、江戸時代にうなぎ屋がうなぎを売るために土用の丑の日を作ったのが始まりと言われています。うなぎは栄養たっぷりで夏バテしやすい夏場にはおすすめの食材です。外食でもうなぎの蒲焼と言えば高級なメニューで、特別な日に食べる魚というイメージがありますね。うなぎは筋肉・毛髪・皮膚などを形成するのにかかせにたんぱく質が豊富で、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンD・ビタミンEといったビタミン類も豊富です。カルシウム・鉄分・銅・DHA・EPAなどの栄養素を含んでいます。栄養満点なのでぜひ土用の丑の日にはうなぎを食べて、暑い夏に備えてはどうでしょうか。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのうなぎを使った人気レシピ10選

    土用の丑の日にうなぎを食べる習慣のある日本。世界で7〜8割ほどの消費量があると言われているほど、日本ではうなぎが好まれています。国内では静岡、愛知、三重などが主な産地ですが、台湾や中国からも輸入しています。天然物のうなぎは8月から12月ごろ、養殖物のうなぎは5月から8月ごろが旬です。うなぎの主な栄養素は、脂質やビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンDなど。100gあたりのカロリーは255kcalとやや高めなため、うな重などで食べると必然的に摂取カロリーが高くなります。糖質は100gあたり0.3gと低めですが、蒲焼きにする場合はタレに含まれる糖質によって糖分が高くなるため、ダイエット中の人は注意しましょう。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのうなぎを使った人気レシピ10選

    うなぎはスタミナ満点の食材で、スーパーではかば焼きとして販売されています。海外産と国産が売られていて、海外産は国産より価格はやや低めに設定されています。目利きに関してはうなぎは身が分厚くてふっくらとしているものを選ぶと良いでしょう。栄養面ではビタミンAやビタミンB2を豊富に含んでいます。スタミナがあり滋養強壮効果や夏バテを解消する効果があります。うなぎは丼の他にもアレンジがきく食材なのでレシピのバリエーションを楽しむことができます。朝ごはんにもおすすめのうなぎを使ったレシピが多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ8選

    スタミナたっぷりの食材と言えばうなぎ。土用の丑の日に食べる定番の食材で、夏バテ予防に効果があるとされています。土用の丑の日にうなぎが食べられるようになったのは、江戸時代にうなぎ屋がうなぎを売るために考えたPR作戦と言われています。うなぎは筋肉・毛髪・爪・皮膚などを作るのにかかせないたんぱく質が豊富で、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンEといったビタミン類の他にミネラル類も豊富です。夏に食べると夏バテを撃退して元気が出るというのは嘘ではなく、スタミナをたっぷりとつけたい時におすすめの魚です。魚の中でも高級な部類に属し、おもてなしやお祝い事によく食べられます。スタミナをつけたいときなどにぜひ奮発して、栄養たっぷりのうなぎ料理を作るのもおすすめですよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    栄養価が高くスタミナ満点のうなぎ。うなぎには、目の働きをよくするビタミンAや、美肌や美容に効果があるビタミンB群、アンチエイジングや生活習慣病の予防に効果があるビタミンEなどが豊富で、美容食としても注目されています。記憶力や視力の回復をサポートするDHAや、中性脂肪を減らし、血液の流れを改善するEPAも多く含まれており、高血圧や心臓病、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞などの予防にも効果的な健康食材です。調理済みのうなぎの蒲焼きも売られており、忙しい日にも、少しのアレンジで、家庭の味に様変わりさせられるのも魅力の一つです。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    うなぎといえば土用の丑の日ですよね。蒲焼きがスーパーで並んでいるのをよく見かける方も多いのではないでしょうか。うなぎは栄養満点な食材で、疲労回復に効果があります。うなぎを100g食べるだけで成人が1日に必要なビタミンAを摂ることができます。ビタミンAには目を健康にしてくれる働きや、皮膚や粘膜の新陳代謝を促す効果などがあります。土用の丑の日以外でも食べて欲しい食材ですね。一方でうなぎは高級食材としても有名です。養殖のうなぎは比較的安く手に入るので、ぜひ活用してくださいね。うなぎを温めなおすときは、うなぎの皮目を下にして軽く酒を振ってから電子レンジで温めるとふっくら仕上がりますよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ウナギ科の魚である鰻(うなぎ)。世界中で18種類生息していて、日本には2種類生息し「ニホンウナギ」「オオウナギ」がいます。「土用の丑の日はうなぎ」と聞くことが多いため、旬は夏と思いがちですが、天然うなぎの旬は10月から12月の、秋から冬です。養殖うなぎの旬は6月から8月の夏に合わせられています。また土用の丑の日は年に4回あります。そんなうなぎの栄養価には、ビタミンA、ビタミンB1、B2、D、E、DHA、EPAそしてカルシウムなどのミネラルと豊富に含まれています。そして低カロリーでもあるため、健康的な食品です。うなぎをご飯にのせて食べるのもよいですが、このおやつレシピでは、パンで挟んだりしています。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    日本人にとって古くから親しまれ、人々の生活に関わってきたうなぎ。高級食材であるため、頻繁に食べることは少なくても、「土用の丑の日」には食卓に並べる家庭も少なくないでしょう。うなぎはスタミナ食材として知られているように、ミネラル、ビタミンA、B1、B2、D、E、DHA、EPAといった人間にとって大切な栄養素が豊富に含まれています。うなぎといえば、夏バテ解消といった疲労回復効果が有名ですが、美容効果も高く、しかも低カロリーと女性にとっても理想的な食材なのです。うなぎにはビタミン群が豊富に含まれますが、中でも突出しているのがビタミンAで、美肌効果や免疫力の向上、がん予防などの効果があります。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    夏バテ解消にぴったりのうなぎ。初夏から夏にかけて旬を迎えます。うなぎにはビタミンが豊富で、アンチエイジングやがん予防、目の健康をサポートするビタミンA、疲労回復や美肌効果のあるビタミンB群、カルシウムの吸収を促進するビタミンDなどさまざまな成分が含まれています。視力の回復や記憶力の改善、生活習慣病の予防に効果があるDHAやコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるEPAも多く含まれ、うなぎは健康性活をサポートする万能食材です。うなぎは、かば焼きや白焼きとして売られており、アレンジを加えれば手作り料理として簡単手軽にうなぎ料理を楽しめます。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ4選

    うなぎといえば、甘辛いタレを絡めて作るうなぎの蒲焼きが一般的ですよね。うなぎの柔らかく、ふっくらとした身は口どけも良く、大人から子供まで幅広く人気があります。名古屋ではひつまぶし、関東地方では白焼きなど、うなぎは日本各地で色んな料理で親しまれています。うなぎにはDHAやEPA、ビタミン類やミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ栄養価の高い食材です。消化にも良く、体には嬉しいこと尽くしですよ。土用の丑の日は、暑い夏を乗り切るために、栄養満点なうなぎを食べることから始まった風習です。土用の丑の日には、店頭に多くのうなぎが並んでいますよね。輸入うなぎは価格も安く手に入るので、気軽にうなぎを楽しめますよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    日本人の好きな魚の1つに挙げられるのがうなぎで、他の魚よりも高価なためたまにしか食べられないごちそうになっています。土用の丑の日にはうなぎを食べる習慣がありますが、うなぎを夏に売るために考えたうなぎ屋のPR作戦という説があります。甘めのタレをつけて香ばしく焼いたうなぎの蒲焼は、匂いを嗅ぐだけで食欲をそそりますね。うなぎは栄養価の高い魚として知られ、たんぱく質が豊富で爪・皮膚・血液・毛髪を作るの欠かせない三大栄養素の1つです。カルシウム・鉄分・銅・亜鉛などのミネラル類、アルツハイマーの予防に役立つと言われているDHA、コレステロール値を抑えて血液をサラサラにするEPAなどが含まれています。暑い夏を乗り切るためにもうなぎを食べて、しっかりと栄養を摂ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    天然うなぎは漁獲量が少なく高級食材とされ、背中と腹の部分が灰色と白色に綺麗に分かれていることが特徴です。天然うなぎの旬は8月から12月にかけ、特に冬眠に備えて栄養を蓄え始めた10月頃がおすすめです。スーパーでは養殖うなぎが流通し、国産うなぎの約97%が養殖うなぎです。養殖うなぎは土用の丑の日に合わせて育てているため、5月から8月頃に旬を迎えますが、ビニールハウスの中で飼育しているものは一年中美味しく食べられます。うなぎ1匹で成人が必要な1日分のビタミンAが摂れるほど豊富に含み、疲労回復のビタミンB群、カルシウムの吸収を促進させるビタミンDを豊富に含みます。健康・美容の維持や丈夫な骨の維持に効果的ですよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    土用の丑の日に食べるのが定着しているうなぎ。ご飯に乗せれば主食に、そのままなら一品料理や副菜に使えるうなぎは、おつまみにもぴったりです。うなぎを食べると精がつくと言われていて、栄養価が高いという特徴があります。うなぎの主な栄養素は、ビタミンAやB1、B2、ミネラルなど。魚ではおなじみのDHAやEPAももちろん含まれています。中でもビタミンAはうなぎに含まれるビタミン類の中で含有量が突出していて、うなぎ一匹分を食べれば成人が1日に必要な分量を満たすほど。ビタミンAは角膜や粘膜、皮膚などを健康に保つために必要な栄養素です。うなぎは脂肪分が多い魚なので、食べ過ぎには注意が必要ですが、がっつり系のおつまみにおすすめですよ。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    高級食材ですが人気の高いうなぎ。スタミナがつく食材としても有名ですね。うなぎにはビタミン類が豊富に含まれ、特にビタミンAは食品の中でもトップクラスです。ビタミンAは目や皮膚を健康に保つはたらきがありますが、とりすぎると過剰摂取で体に害が出るため食べすぎには注意しましょう。糖質をエネルギーに変えるビタミンB1も豊富なので、ダイエットにも効果的です。また、美容やアンチエイジングに効果的なビタミンB2やビタミンEも多く含まれるため、女性は気になるところですね。うなぎといえばうな丼のかば焼きですが、中途半端に余ったら、さまざまな料理にリメイクできるのでぜひ参考にしてくださいね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    うなぎはスタミナ満点の食材でスーパーでは一般的にかば焼きとして売られています。スーパーでは身がふっくらとしていて厚めのものを選びます。産地についてですが海外産のうなぎを国内で養殖をすると国産と表示することができるので信頼できるお店での購入をおすすめします。うなぎにはビタミン類が豊富に含まれているので夏バテ解消や滋養強壮に効果があります。うなぎには動物性のビタミンAであるレチノールが含まれているので妊娠初期の方は食べすぎに注意が必要です。うなぎは丼はもちろん、ひつまぶしやかば焼きをアレンジしたあえ物などのレシピが数多く紹介されています。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    土用の丑の日にうなぎを食べる風習が日本にはありますが、うなぎには他の魚に比べて他を寄せ付けないくらいにビタミンAの含有率が多く、100gで成人の1日に必要な量を保有しています。ビタミンAは目の働きを良くしたり、がんを抑制する働きをしてくれる栄養素で、一般的な魚のビタミンAは内臓に集まるので処理されがちです。しかし、うなぎは体全体にビタミンAがいきわたっているのでどの部分を食べても栄養が摂れます。また、ビタミンA以外にもコレステロールや中性脂肪など血管や血液に関する病気の予防にも効果があるEPAや美肌や老化防止の効果が期待できるビタミンEが多く含まれているので日々の生活に取り入れたい食材ですよね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    一般にうなぎと言われているものはニホンウナギのことを示し、中国やオーストラリアからの輸入が多いのが現状です。夏バテに効くと言われているうなぎには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。中でもビタミンAが多く含まれており、うなぎを100g食べると1日に必要とする量を摂ることが出来ます。うなぎの食文化は日本各地でも異なり、例えば関東では蒲焼きや白焼きがあります。中部では名古屋のひつまぶしが有名ですよね。また九州の福岡県柳川市には、ご飯にウナギのタレを絡めてウナギの蒲焼きをのせ蒸す「せいろ蒸」があります。手ごろな価格で購入できる輸入うなぎを使ってうなぎ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    うなぎはスタミナ満点ですので夏バテ解消に良く、年齢問わず子供から大人まで人気がある食材です。栄養面ではビタミンA、ビタミンB2が豊富に含まれていますので滋養強壮、視力回復にも効果的です。うなぎにはレチノールという動物性ビタミンAが含まれていますので過剰摂取にならないよう、特に妊娠初期の妊婦は食べすぎに注意が必要です。うなぎと言えば蒲焼を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。うなぎの蒲焼を使って揚げたアレンジレシピが数多くありますので厳選して紹介します。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ4選

    焼くと香ばしいにおいが食欲をそそる「うなぎ」。土用の丑の日でおなじみですが、「うなぎを食べると精がつく」とよく言われるように滋養強壮や美容にも効く栄養に富んだ食材です。目の健康維持に良いとされるビタミンA、ビタミンB1・B2が豊富で疲労回復や肌や髪の健康を保つ効果などが期待できます。カルシウムの吸収を高めるビタミンDも多く、うなぎはカルシウムも含んでいるので骨を強くするのにも役立ちます。他にも生活習慣病の予防に効果的なビタミンEやDHA、EPAも豊富です。フライレシピではうなぎ料理の定番、蒲焼きを使った天ぷらのレシピや春巻きの皮で巻いて揚げたレシピなど一味違ったうなぎが味わえますよ。夏バテ対策や疲れ気味の時などに、ぜひお役立てください。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    うなぎといえば「高級品」のイメージがありますが、「食べるとスタミナがつく」と言われるように、とても栄養価が高い食材です。うなぎに含まれるビタミンAは、免疫力をアップするはたらきがあり、風邪予防に効果があります。また、ダイエットに効果的なEPA(エイコサペンタエン酸)、脳の神経細胞を活性化するDHA(ドコサヘキサエン酸)、肌トラブルの改善やストレス解消を促すビタミンB群など、様々な栄養が含まれています。「かば焼き」で食べるのがポピュラーですが、ぜひ、さまざまな料理に取り入れて、積極的に食べたいものです。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • うなぎを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    私たちが最もうなぎを身近に食べるときは「土用の丑の日」ではないでしょうか。この習慣が始まったのは江戸時代、医者であり発明家だった平賀源内が鰻屋から商売の相談を受け、「丑の日」に「う」のつく食べ物を食べると夏やせしないと言われたことから「本日丑の日」と書いて店先に出すことを提案したところ大変繁盛した、という有名な話から、「暑い日が続く夏には元気が出るようにうなぎを食べよう」という習慣がうまれました。実際にうなぎにはビタミンAが特に豊富に含まれ、ウイルスや最近への抵抗力を強くして免疫力を高めてくれる効果が期待されます。他にも、ビタミンB群、D、Eや、DHA、EPA、カルシウ、亜鉛なども豊富に含むため、暑さで疲れやすい季節には積極的に食べると良い栄養がぎゅっと凝縮されていますね。 この記事では、「うなぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社