キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

うなぎをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

うなぎは世界中の熱帯から温帯にかけて生息している魚で、食用のうなぎは4種類と言われています。うなぎは日本料理に欠かせない魚で、うなぎ料理の専門店もたくさんあり蒲焼は日本人にとってごちそうの1つになっています。土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は、江戸時代にうなぎ屋がうなぎを売るために考えたPR作戦という説が有力です。意外な由来ですがうなぎは栄養たっぷりなので、夏バテを防ぐためにもぜひ土用の丑の日にうなぎを食べたいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてうなぎのレシピを紹介しています。うなぎを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

うなぎの効能

うなぎはとても栄養価の高い魚です。うなぎは高たんぱくな魚で、たんぱく質は髪の毛・爪・皮膚などを作るのにかかせない栄養素です。ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンEといったビタミン類も豊富で、カルシウム・鉄分・銅・亜鉛などのミネラル類もバランスよく含まれています。脳を活性化させる働きがあるDHA、コレステロール値を抑えて血液をサラサラにするEPAなど体にいい栄養素をたくさん含んでいます。

うなぎの旬

天然うなぎの旬は秋~冬にかけての時期で、特に10月頃のうなぎは脂がのっておいしいと評判です。うなぎは秋冬が旬のため、夏にうなぎを売るために土用の丑の日に、うのつく食べ物を食べると夏バテしない、とうなぎ屋が宣伝したことが土用の丑の日の由来とされていることからも、夏より秋冬のうなぎの方が良品と言えます。養殖のうなぎは通年流通してますが、土用の丑の日に合わせてこの時期に集中して出荷量が増えます。

うなぎの産地

! /image/〇〇
食用のうなぎは99%以上が養殖に頼っており、天然物のうなぎはほとんど市場に出回りません。養殖のうなぎの生産地のトップは鹿児島県で、温暖な気候と豊富な地下水がうなぎの養殖に適しています。2位はひつまぶしで有名な愛知県で、3位が静岡県になっています。静岡県はうなぎ発祥の地と言われ、100年以上前からウナギの養殖が行われています。

うなぎの選び方

生のうなぎを選ぶ際は、細すぎるものは避けて横幅が広いもので、均等に厚みがあるものを選びます。蒲焼になったものは、平べったくお腹の辺りの幅が大きいものがおすすめです。うなぎの蒲焼は主に国産・中国産・台湾産があり、価格と質を併せ考えると台湾産のものがおすすめです。台湾産のうなぎは自然環境に基づいて飼育される露地養殖で、厳しく管理されているので安全性にも問題ありません。国内産の物も安心ですが、価格が高くなります。

うなぎの保存方法

うなぎの蒲焼を保存する際はパックのまま冷蔵保存するより、一切れずつラップに包むのがおすすめです。2~3日以内には食べきりましょう。冷凍保存する場合は蒲焼を金属製のトレイにのせて冷凍庫に入れて急速冷凍し、ラップに包んでジップロックに入れて保存します。解凍する際は冷蔵室に入れて冷温解凍し、フライパンで酒と一緒に蒸し焼きにした後、オーブンやグリルで焼くとおいしく食べられます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

うなぎの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うなぎの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うなぎの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うなぎの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

うなぎの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

うなぎをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社