キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

春菊をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

春菊はキク科キク属の植物で、名前の由来は春に花が咲く菊ということから来ています。原産地は地中海沿岸で、大葉種・中大葉種・中葉種・小葉種などに品種があります。春菊はアジアで食用とされていますが、ヨーロッパでは観賞用で料理に使うことはほとんどありません。春菊は独特の香りと苦みがあるため、大人の味わいの料理によく使われます。お浸しや鍋物によく使われますが、子供が食べる際には揚げ物にすると苦みを感じずに食べることができます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて春菊のレシピを紹介しています。春菊を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

春菊の栄養素

春菊の香りの成分であるペリルアルデヒドには、自律神経に作用し胃腸を活性化する働きがあります。春菊はβカロテンが豊富でβカロテンは抗酸化作用があり、ガンの予防や高血圧、心筋梗塞の予防に効果があるとされています。カルシウム・鉄分・マグネシウム・リンなどのミネラル類も豊富で、その他にも風邪の予防に効果のあるビタミンC、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、妊娠中に欠かせない葉酸など体に必要な栄養素をたくさん含んでいます。

春菊の旬

春菊は一年を通じて流通していますが、出荷量が増えるのは11~2月頃になります。11月頃に出荷量が増えはじめ、12~1月が最盛期になります。この頃に出荷される春菊は茎や葉が柔らかく香りの高い良品で、鍋の季節なのでぜひ鍋料理に使いたいですね。食べるのは冬ですが、春菊はその名の通り春に花を咲かせます。

春菊の選び方

! /image/〇〇
春菊を選ぶときは濃い緑色のもので、葉先までシャキッとしたみずみずしいものがおすすめです。鮮度が落ちると色が褪せて黄色っぽくなるので、そういったものは避けましょう。茎にハリがあり、太すぎず細めの方が柔らかく食べやすいです。根元まで葉が密生し香りが強いものがおすすめなので、香りもチェックしましょう。切り口がみずみずしく変色していないものを選んでください。切り込みが深いものは風味が強く、切り込みが浅く広いものは苦みが少ないようです。

春菊の下ごしらえ

春菊は洗っても汚れが残りやすいので、ボウルなどに水をためてしっかりと洗うようにします。ゆで湯1Lに対して、塩小さじ2を入れて春菊を茹でます。塩を入れて茹でることで、春菊の持つ味わいを引き立ててくれます。茎と葉の硬さが違うため、先に根元をつけて15秒ほどおいてから葉を入れて茹でます。茹でたら冷水にとって水気を軽くしぼって料理に使いましょう。

春菊の保存方法

春菊を冷蔵保存する場合は、濡れた新聞紙やキッチンペーパーに包んでビニール袋に入れて立てて冷蔵庫に入れます。寝かせておくと茎が曲がりやすく傷みやすくなるため、できるだけ立てて保存するのがおすすめです。冷凍保存する場合は塩ゆでして冷水にとって水気をしぼり、使う分ごとに分けてラップに包んで冷凍保存します。汁物などに使う時は凍ったまま使うことができ、お浸しなどに使う時は自然解凍してから使いましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

春菊の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

春菊の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

春菊の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

春菊の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

春菊の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

春菊をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社