キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

春菊をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

春菊はキク科キク属の植物で、名前の由来は春に花が咲く菊ということから来ています。原産地は地中海沿岸で、大葉種・中大葉種・中葉種・小葉種などに品種があります。春菊はアジアで食用とされていますが、ヨーロッパでは観賞用で料理に使うことはほとんどありません。春菊は独特の香りと苦みがあるため、大人の味わいの料理によく使われます。お浸しや鍋物によく使われますが、子供が食べる際には揚げ物にすると苦みを感じずに食べることができます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて春菊のレシピを紹介しています。春菊を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメの春菊を使った人気レシピ10選

    独特な苦味と香りが特徴の春菊。菊菜(きくな)という別名もある春菊は、キク科キク属に分類される野菜で、地中海沿岸の地域が原産地と言われています。国内では千葉、大阪、群馬などで栽培されていて、11月から2月ごろが旬です。春菊の主な栄養素は、βカロテンやカルシウム、ビタミンKなどです。βカロテンは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌荒れ予防にも効果があるとされています。葉物野菜の中ではトップクラスの含有量があるのも特徴の1つです。骨粗しょう症の予防に効果のあるカルシウムのほか、妊娠中の女性におすすめの葉酸も含まれています。むくみ解消に効果のあるカリウムも含まれています。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使ったおすすめ定番料理10選!レシピに困ったらこれを見よう

    ほろ苦い味わいの春菊は、大人向けの鍋料理やお浸しによく使われます。名前に菊がつく通りキク科の植物で、春に花が咲く菊というのが名前の由来です。ヨーロッパでは観賞用のみで食用に使われることはなく、春菊を料理に使うのは東アジアのみになっています。葉種・中大葉種・中葉種・小葉種などに品種があり、大葉種は味にクセがなく中葉種は香りが強いなど種類によって特徴が異なります。春菊はβカロテンが豊富で高血圧や心筋梗塞の予防に効果があり、カルシウム・鉄分・マグネシウム・リンなどのミネラル類も豊富に含んでいる栄養価の高い野菜です。苦みがあるため子供は好き嫌いが分かれますが、天ぷらにしたり小さく刻んでお好み焼きに入れるなど食べやすくして積極的に料理に取り入れてみましょう。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの春菊を使った人気レシピ10選

    独特の味わいのある春菊は好き嫌いが分かれることがありますが、ほどよい苦みが大人向けの料理にぴったりで鍋料理にもよく使われます。アジアでは食用として料理に使いますが、ヨーロッパでは観賞用として使われます。春菊は名前の通り菊の一種で、若い葉と茎を食用に使い鍋物の他に汁物・和え物・お浸し・炒め物などに使われます。苦みとアクがあるため主に火を通して食べますが、北九州でよく食べられる大葉春菊は若い葉だと生でも食べられるためサラダにも使われます。緑黄色野菜に属すため抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ効果があります。カルシウム・マグネシウム・鉄分・リンなどのミネラル類、ビタミンC、カリウムなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの春菊を使った人気レシピ10選

    特有の香りが食欲をそそる春菊は鍋物、和え物、お浸し、サラダなど様々な料理にアレンジできる食材です。和食のイメージが強いですが、バジルの代わりにニンニクやオリーブオイルと合わせてパスタソースにアレンジしてもおすすめですよ。11月〜3月頃に旬を迎え、葉の形が菊に似ていることから関西では「キクナ」とも呼ばれています。独特の香りには自律神経に作用して食欲増進効果が期待されます。春菊にはカロテン、ビタミン、カルシウム、鉄を豊富に含み、生活習慣病対策や、骨粗鬆症予防、貧血予防など健康を維持するために欠かせないため、積極的に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    春菊は鍋には欠かせない、冬が旬の野菜です。鍋以外での春菊の使い道に困ったことはありませんか?春菊は鍋以外にもさっとゆでて和え物や生で食べられるサラダなど、さまざまな料理に使えます。春菊のさわやかな香りとほろ苦さがクセになります。春菊は根元の方に土などの汚れが残りやすいため、水を溜めて丁寧に洗うようにしてください。茹でる時は茎と葉を時間差でゆでることで、葉が流れるのを防ぎます。春菊は葉物野菜の中でもトップクラスにβカロテンの含有量が多く、ビタミン類、カリウム、葉酸などの栄養が豊富に含まれています。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、ビタミンCとの相乗効果で体の粘膜を保護して、風邪を予防してくれる働きがあります。風邪が流行る寒い季節には、旬の春菊を食べて健康を維持してくださいね。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    春に花が咲く菊「春菊」。若い葉、茎を食べます。品種がいくつかあり、香りの強さ、にがみが異なります。1年中販売されていますが、旬は冬の11月から翌年の2月頃です。そんな春菊の調理方法は様々で、このがっつりレシピでも、生でサラダ、煮込んだ鍋、揚げる、炒めるなどしています。春菊は緑黄色野菜なので、βカロテンを豊富に含んでいます。そしてカルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルも豊富で、カリウムも含んでいるのです。またαーピネン、ペリルアルデヒドといった10種類の精油成分が含まれていて、春菊の独特の香りになっています。春菊を選ぶ際には、緑色が濃く、鮮やかで、太すぎず、張りのある茎のものがおすすめです。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    秋から冬にかけて旬を迎える春菊。ほろ苦い味わいとシャキシャキとした食感が特徴の緑黄色野菜です。春菊には、抗酸化作用のあるβカロテン、風邪予防に効果があるビタミンC、骨や歯を丈夫にするカルシウム、貧血予防に欠かせない鉄分が豊富です。春菊の香り成分であるペリルアルデヒドには、自律神経を調える働きがあります。また、胎児の健康な発育に欠かせない葉酸も含まれています。葉酸は、熱に弱く水に溶けやすいので、生のままサラダで食べると、効率よく摂取できます。春菊は、茎が太いものは育ちすぎてかたいので、あまり太くないものを選ぶのがおすすめです。おひたしや和え物のほか、さっと炒めて調味すれば、さまざまな味わいで楽しめます。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    春菊は秋から春にかけてが旬の野菜です。春菊は独特な香りがあるので好き嫌いが分かれる食材です。この独特の香りはペリルアルデヒドやアルファピネンという成分によるもので、胃もたれを解消する働きがあります。加熱をすると苦みが軽減させることができるので苦手な方は一度お試しください。春菊は鉄分やカリウムなどを豊富に含み免疫力を高める働きがあるのでおすすめの食材です。鍋や天ぷら、和え物などメニューのバリエーションが豊富です。春菊を使った糖質オフのメニューが多数紹介されているのでぜひレシピを参考に作ってみてくださいね。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    若い葉と茎を食べる、キク科の植物で緑黄色野菜な春菊。菊の一種で、春に咲くことから、「春菊(しゅんぎく)」といい、地域によっては「菊菜(きくな)」ともいいます。1年中販売されている春菊ですが、旬は冬の11月頃から2月頃です。春菊の栄養価には、ビタミンAに変換されるβカロテン、ミネラルであるカルシウム、マグネシウム、リン、鉄分、カリウムを豊富に含んでいます。また独特の香り成分は、自律神経に作用します。そんな春菊はサラダでも食べられますが、このお弁当レシピでは、炒めたり、茹でたりしています。そして春菊の選び方は、葉先まで元気で、緑色が濃く、鮮やかで、太すぎない茎の、下まで葉があるのもがおすすめです。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ8選

    春菊は11月から3月に旬を迎えるキク科の野菜です。冬には鍋の具材として使われることが多いですが、炒め物やおやつの材料としても活用できる便利な緑黄色野菜です。日本国内でも呼び方が異なり、関東では「春菊」と呼ばれていますが、関西では「菊菜(きくな)」と呼ばれています。春菊に含まれる苦みは、葉に多く含まれており加熱すると苦みが強くなる特徴があります。そのため春菊のもつ独特な苦みが苦手な方は、生又はサッと加熱してから料理に使用してください。栄養面では、ほうれん草を上回るβ-カロテンを含んでおり、その他のビタミンB群や鉄・カルシウムなども含んでいるため、食生活において不足しがちな栄養素を摂るにはとても役立ちます。この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    春菊は秋から春が旬の食材で独特の香りが特徴的な食材です。春菊はカリウム、ベータカロテン、鉄などの栄養成分が豊富に含まれているので積極的に摂取したい食材です。春菊の特徴である独特の香りはアルファピネンやペリルアルデヒドという成分によるもので胃もたれを解消する効果や咳を止める効果があります。春菊には苦みがありますが、加熱すると苦みを軽減することができるので試してみてください。春菊は炒め物や天ぷら等ご飯にあうレシピが豊富にあります。茹でておひたしにしたり、サラダでも食べることができるので料理に活用してください。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    春菊は独特の香りが特徴のキク科の野菜です。ほろ苦い味がポン酢によく合うので、鍋の具材には欠かせない存在ですよね。他にもおひたしや天ぷらなどの料理に利用されています。葉のギザギザが浅いものは苦味が少なく、ギザギザが深いものは香りや苦味が濃いので、お好みで選んでくださいね。茎の部分は細い方が調理もしやすく、柔らかくて美味しいですよ。スーパーや八百屋で買うときは、緑が鮮やかでシャキッと元気な春菊を選んでくださいね。春菊にはビタミン、鉄分、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれているので、積極的に食べて欲しい野菜です。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    若くてやわらかい葉や茎を食べる春菊は、キク科キク属の植物です。1年中販売されていますが、鍋の時期である11月から2月が旬です。春菊には品種がいくつかあり、地方によって特色が変わります。春菊はよく鍋に使われますが、このパンレシピでは春菊を生のままや、炒めたりして使用しています。緑黄色野菜な春菊の栄養には、抗発ガン作用もあり、ビタミンAにも変換されるβカロテンが豊富に含まれています。また骨を丈夫にするカルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルや、ナトリウムを排泄する働きのあるカリウムも豊富です。春菊に含まれる独特の香りは、咳や痰を抑える効果もあります。そんな春菊の選び方は、緑色が濃くきれいな物です。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    冬が旬の春菊は鍋に使う食材として人気の高い食品ですが、サラダ・煮物・炒めものなど色々な調理方法に活用されています。春菊のもつ独特の香りは、α‐ピネンやベンツアルデイドによるものです。選ぶときのポイントは、葉の緑色が濃く張りがある物を選びましょう。また香りが強いものほど新鮮な証拠です。葉が黄色や黒ずんでいるものは避けるようにしてください。保存方法は水で濡らしたペーパーなどで包み、袋に入れ立てた状態で冷蔵庫に入れます。冷凍する場合は、茹でてからカットした状態で保存してください。このようにしておくと次に調理するとき使いやすいですよ。この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    春菊は「春の菊」と書きます。本来菊は秋に花を咲かせますが、春菊は春に花が咲き、葉っぱのが菊の形に似ていることからこの名前がつけられました。独特な爽やかな香りですきやきやおひたしなどでよく使われる緑黄色野菜の1つです。春菊のカロテンの含有量はほうれん草に匹敵するほど多く、栄養満点な食材です。春菊には骨を丈夫にしてくれる効果のある、カルシウム、マグネシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。春菊の品種は、葉っぱの切れ込みの深さや、香りの強さなどで違いがあります。「中葉種」は香りが強く、ギザギザとした葉っぱが特徴の私たちが普段よく目にする春菊の品種です。「大葉種」はアクが少なく、サラダなどに使って生で美味しく食べられる品種です。使う用途によって春菊の品種を使い分けてみてください。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    関西地域では「菊菜(きくな)」と呼ばれる春菊は、苦味が特徴的な冬を代表する緑黄色野菜です。加熱すると苦味が強くなり、鍋料理のアクセントとしてぴったり。生のままの春菊は苦味をあまり感じないため、ベーコンやアボカド、ナッツ類とあわせてサラダにするとおすすめです。βカロテンを非常に多く含む春菊は、ほうれん草やケールよりも含有量は多く、ビタミンB群、E、葉酸、カルシウム、鉄などの栄養をバランスよく含み緑黄色野菜が不足しがちな冬にぴったりですね。春菊特有の香りには、自律神経に作用して精神安定やリラックス効果が期待されています。消化を促す効果も期待されるため、体調の優れない時にもおすすめですよ。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    ほろ苦い味わいが特徴の春菊。旬は10月~2月ですが、ハウス栽培が増えたために年中手に入れることができます。春菊を選ぶ際は、みずみずしく濃い緑色をしていてハリがあるものを選ぶようにしましょう。春菊は緑黄色野菜で、がんを予防するβカロテンや皮膚を健康に保つビタミンC、貧血を予防する鉄や成長を促す葉酸など、たくさんの栄養が含まれています。その他に、カルシウムも含まれ、鉄、葉酸とともに妊娠中の女性には必要な栄養素であるため、特に妊娠中には積極的に取ると良い野菜です。春菊はあくが少ないので、下処理なしで食べられます。葉の部分は加熱すると苦みが強くなるため、苦みが苦手の人は葉部分だけ生で食べるのもおすすめです。この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    春に黄色の花を咲かせ、葉の形が菊に似ていることから「春菊」と名付けられ、関西では「菊菜」とも呼ばれています。春菊の独特な香り成分には自立精神に働きかけ、食欲増進や、席を鎮める作用があります。抗酸化物質として生活習慣病予防に効果的なβカロテンや、骨粗鬆症や貧血の予防に欠かせないカルシウムや鉄も多く含みます。葉の部分は柔らかくて繊維質が少ないため、サラダなど生のままでも食べられます。硬い茎の部分はお浸しやお味噌汁の具として活用してください。葉先まで緑が鮮やかで香りが強いものが新鮮な証拠です。指で簡単に折れるくらい柔らかいものを選んでくださいね。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    独特な香りをもつ春菊は11月〜2月の寒い季節に旬を迎える、鍋料理に欠かせない冬野菜の一つです。春菊は関東と関西で流通している形状に違いがあることをご存知ですか。関東では、一本の太い茎から枝分かれしたもので、柔らかい葉を摘み取る「株立ち型」が主流です。関西では「菊菜」とも呼ばれ、ほうれん草のように根っこから葉が広がった「株張り型」を主に取り扱われます。緑黄色野菜の春菊は、カロテンの含有量はほうれん草よりも多く含み、ビタミンやミネラル、カリウム、鉄なども豊富に含みます。独特の香りは消化吸収を助けて、胃腸の調子を整える作用がありますよ。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    葉のギザギザとした形が特徴的な春菊は、キク科の野菜です。キク科特有の香りと風味をもち、春になると菊に似た花が咲くことからこの名前がついたといわれています。また、関西では菊菜と呼ばれることもあります。そんな春菊ですが、カリウムやℬカロテンが豊富で、風邪予防や高血圧予防、動脈硬化の予防にも働きかけてくれ、抗酸化作用も高いため、免疫力アップにもつながります。独特な香りはリモネンという成分で、リラックス効果や食欲増進の作用もあると言われています。見分け方は葉がピンとしていて張りのあるもの、緑色で茎の下のほうまで葉がたくさんついているものが良品ですので、購入の際はこのポイントを押さえてみてください。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ7選

    11月から2月にかけて旬を迎える「春菊」。関西では菊菜とも言われ、独特の香りとほどよい苦味を持ち鍋物の具材や和え物、おひたしなどに用いられます。脇役のイメージが強い春菊ですが、栄養価は高くβ-カロテンはほうれん草に匹敵するほど豊富です。ビタミンC・Eも多く免疫力を高めてかぜ予防に役立つので冬に積極的に取り入れたい野菜です。カルシウム、鉄、葉酸などのミネラルも豊富で妊娠中の女性や成長期の子供にも大切な栄養がたっぷり。春菊はアクが少ないので、やわらかい葉は生でサラダにもおすすめです。香り成分は消化を助けて胃もたれを防ぐ働きがあり、フライの付け合せや具材にも適しています。β-カロテンは油とタンパク質と一緒に食べると吸収が高まるので効果的に栄養も摂取できますよ。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    寒い季節の鍋料理には欠かせない春菊。ハウス栽培によって一年中出荷されていますが、10月〜2月が美味しい季節です。濃い緑色の葉に豊富な栄養がたっぷり含まれますが、強い香りが特徴の春菊は好き嫌いの別れる野菜の一つです。この香りの成分には消化吸収を助け、胃腸の調子を整える作用があります。春菊はアクが強いので加熱することで食べやすくなりますが、加熱のし過ぎでは栄養が逃げてしまうのでサッと茹でるか、鍋物や蒸し料理など、汁ごといただける料理がおすすめです。少しずつ寒くなる季節に旬を迎える春菊は風邪予防にも最適な野菜です。食べやすくアレンジして、元気に冬を乗り越えましょう。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    春菊は独特の香りが特徴の野菜です。春菊に含まれている香りの成分には胃腸を活性化する働きがあります。旬は11月~2月で、このころの春菊は茎、葉ともに柔らかく食べやすいものが多く出回ります。ちょうど鍋の季節でもありますので春菊を鍋に入れるという方も多いでしょう。春菊は緑黄色野菜ですのでカロテンを豊富に含んでおり、髪の毛や皮膚の健康維持の他、呼吸器の健康維持、抗発ガン作用などもあります。春菊はそのままサラダとしても食べることができます。冬の季節にぴったりな春菊、お鍋やサラダだけでなく揚げるレシピもおすすめですよ。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    春菊はキク科シュンギク属に分類される植物で、春菊が食用とされるのは東アジアのみでヨーロッパでは観賞用になっています。春菊の旬は11月から3月頃で、冬にかかっていることから鍋料理の具材として使われることが多くなっています。春菊の種類には大葉種・中大葉種・中葉種があり、地方によって使われる種類が異なります。独特の味わいがあり好き嫌いが分かれますが、春菊には豊富な栄養素が含まれています。ガン予防に効果のあるカロテン・ビタミンc・カルシウム・鉄など体に必要な栄養素が豊富なので、ぜひ料理に取り入れましょう。今回はたくさんある春菊を使ったレシピの中から、煮るレシピに注目してお届けします。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 春菊を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    鍋料理の具材としてよく使われる春菊。春菊はキク科シュンギク属に分類される植物で、大葉種・中大葉種・中葉種・小葉種の種類があり、葉の切れ込みや香りなどの違いがあります。鍋料理など火を通す料理によく使われますが、生でも食べることができサラダにも使われます。東アジアでのみ食用として使われ、ヨーロッパでは観賞用になっています。春菊にはガン予防の効果があるβカロテン・ビタミンC・鉄分・葉酸など、体にいい栄養素がたくさん含まれています。独特の風味があり好き嫌いが分かれますが、体にいい栄養素が多いのでぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「春菊」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 爽やかな香りの春菊を使ったレシピ20選

    冬に旬を迎える春菊は、爽やかな香りとほのかな苦味が人気の葉物野菜。 ビタミン類やカルシウムなど様々な栄養素が含まれ、風邪の予防にも効果があると言われています。 そんな春菊ですが、鍋料理やおひたしにするくらいで、レシピが少ないと思っている方も多いはず。 でも実は、焼く・炒める・揚げる・生など様々な調理法で楽しめるところも魅力の食材なんです。 この記事では、春菊の基礎知識に加え、春菊の炒めものレシピ、春菊の焼きものレシピ、春菊の揚げものレシピ、春菊のサラダレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社