キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

カレーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

料理に少量加えるだけアクセントになるカレーは、家に常備しておきたいスパイスの1つです。たくさん使うとスパイシーになりますが、少量で風味付けする程度なら子供にも食べやすく食欲をそそります。カレーを使った代表的な料理はカレーライスで、日本の国民食と言えるほど人気があります。1960年代にカレー用のルーが発売されるまでは、カレー粉と小麦粉を使って作っていました。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてカレーのレシピを紹介しています。カレーを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのカレーを使った人気レシピ10選

    日本人の大好きなカレー。もとはインドからイギリスへ持ち込まれ明治時代に日本に伝わったのが始まりで、日本では1905年にカレー粉の製造販売が開始されました。最初カレーライスはカレー粉を使って作られていましたが、1926年に現ハウス食品が初めてカレールウを販売して現在のような日本のカレーのスタイルが定着しました。インドのカレーに比べるとマイルドで食べやすいのが特徴で、市販のルウを使えば簡単に作れるので忙しい日の定番料理にもなっています。カレー粉には消化液の分泌を促す効果があり、料理にカレー粉を使うだけで食欲をそそる仕上がりになります。カレー粉の独特の香りと味わいが料理にアクセントを加えて、カレーライスが残ったらカレードリアやカレーうどんなど色々なリメイク料理を楽しめるのも魅力です。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使ったおすすめ定番料理10選!余ったカレーでアレンジも!?

    家庭の定番料理であるカレーは年齢問わず子供から大人まで大変人気があります。カレーには種類が豊富にあり、使う食材やスパイスによって様々なカレーを楽しむことができます。残ったカレーはカレーうどんやカレーパン、コロッケなどにアレンジすることができます。紹介しているレシピにはご飯によく合うメニューが紹介されています。残りもののカレーはもちろん市販のレトルトカレーを使えば手軽に調理をすることができます。カレー味のメニューは子供にも人気があり、食欲が進みます。手軽に作ることができるレシピが紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ10選

    スパイシーな味わいが料理を引き立てるカレーは、明治時代にイギリスから日本に伝わりました。カレーはウコンやターメリックなどたくさんのスパイスを配合して作られており、日本では1905年に製造販売が開始されました。初期のカレーライスのルウも、カレー粉から作っていましたが1926年で現ハウス食品が初めてカレールウを販売してから現在のカレーライスが定着しました。カレーの辛味成分は、消化液の分泌も促す働きがあり食欲がない時に効果的です。カレーを使うだけで食欲をそそる料理に仕上がります。カレーライスが余ったら、カレーうどん・カレー蕎麦・カレードリアなど色々な料理にアレンジできるのも魅力です。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのカレーを使った人気レシピ10選

    スパイシーな料理の総称である「カレー」。この朝ごはんレシピでも使用されていますが、「カレー粉」はイギリス発祥のミックススパイスで、スパイスの種類や配合はさまざまです。そしてカレーに使用されるスパイスは自律神経の乱れ、代謝低下などに効果があります。しかしスパイスだけでは、栄養分が足りないので、野菜、お肉、パンやご飯などの主食と一緒に食べるのがおすすめです。そんなカレーを朝ごはんで食べることで、効率よく栄養を朝から摂取できます。またカレーのスパイスの働きで、身体を起こし、脳を活性化させてくれ、デトックス効果もあるので、ダイエットにも効果があります。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのカレーを使った人気レシピ10選

    カレーと言えばインドが本場ですが、その他にもタイカレーや日本のカレーなど様々なカレーが存在します。日本人の食べるカレーはインドのカレーとは違い、スパイスが控えめのマイルドな味わいが特徴です。スパイスのカレー粉は料理に少しプラスするだけで、ほどよい辛さとアクセントをプラスして存在感を発揮します。明治時代にイギリスから日本に伝わったと言われ、1903年に日本で初めてカレー粉の製造販売が始まりました。現在使われているようなカレールーが開発されたのは、1926年で現ハウス食品が初めてカレールウを販売しました。カレーはウコンやターメリックなどのスパイスを配合して作られ、抗酸化作用など体にいい栄養素を含んでいて夏バテなど食欲がない時にもおすすめです。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    カレーは子供から大人まで、幅広い年齢に根強い人気のあるメニューです。学校の給食でもダントツの人気を誇るカレーは、もはや国民食といっても過言ではありません。カレーの本場はインドですが、日本で食べられているカレーはインドのカレーとは大きく異なります。日本のカレーは日本人の口に合う味に改良されて誕生しました。カレー粉は数種類のスパイスをブレンドして作られています。カレーは肉、魚介、野菜など、どんな食材にもよく合う万能なメニューです。苦手な食べ物も味や香りの強いカレーと組み合わせることで食べやすくなります。使う具材には決まりがなく、自由に組み合わせて作れるのも魅力の1つです。ご飯と組み合わせることの多いカレーはカロリーが気になりますよね。ダイエット中でも食べられるヘルシーなカレーレシピをご紹介します。ぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    大人から子供まで人気があるカレー。野菜をたっぷり使った野菜カレーやお肉を使ったビーフカレーやポークカレー、ドライカレーなど、その味わいは様々。市販のルーと好みの具材を組み合わせれば、家庭ごとにオリジナルのカレーが手軽に作れます。温めるだけで食べられるレトルトカレーは忙しい日の強い味方ですね。カレーはご飯との相性はもちろん、残ったカレーをアレンジしてさまざまな料理で楽しめるのも魅力です。うどんやスープ、ドリア、カレーを具材にしたコロッケやタルト、パイなどのレシピもいろいろ。たくさん作っておけば、日々のアレンジで何通りもの時短料理が実現します。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    大人から子供まで幅広い年齢に好まれるカレー。日本のカレーはイギリスで生み出されアレンジした小麦粉とカレー粉を炒めたものを明治時代に伝わり、日本人の好みに合うように改良されました。カレーライスには、主にじゃがいもや玉ねぎ、人参などの野菜と、肉を煮込んで作られるので、炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラル、資質をバランスよく含みます。しかし、カレーライスには乳製品に含まれるカルシウムや生野菜や果物に多く含まれるビタミンCが不足しているので、牛乳やサラダ、フルーツヨーグルトを組み合わせることでより栄養バランスの良い食事になりますよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

    日本の国民食であるカレー、最初は西洋料理として日本に上陸しました。その後、手軽に食べられるカレールーが販売されるようになったため、現在は私たちの食卓によく並ぶようになりました。カレーは体を温める効果があるスパイスが豊富に含まれているため血流がよくなり、新陳代謝が高まるため免疫力を高める助けにもなります。また、血液の流れがよくなり脳により多くの血液が送られると朝の目覚めもよくなります。その他、ターメリックに含まれるクルクミンという成分は脳のストレスを軽減してくれます。前日につくりすぎてしまったカレーも簡単にお弁当のおかずにリメイクできますよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

    子供から大人まで、年齢、性別問わずに愛されている国民食、カレー。スパイスの効いたの美味しさはもちろんのこと、健康にも働きかけくれます。スパイスは消化器の粘膜を刺激して消化液の分泌を促してくれます。味もしっかりしているため、苦みのある野菜をいれても食べやすく、子供が生やそのままでは食べられない苦手な野菜でも食べやすく仕上がります。離乳食の時期はまだ胃腸が香辛料に慣れていないこともあるので、大人用のものではなく子供専用のものも少量ずつ使うようにしたほうがよいでしょう。食べる様子を見ながら味を調節してみてください。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    日本の食卓によく登場するカレー。カレーは、インドを中心とした地域で生まれたスパイシーな料理です。イギリスに伝わったことにより、欧風にアレンジされ一時期は流行の料理として名を馳せました。さらに日本に伝わると、日本人好みの味にアレンジされ、現在までに広く普及しました。カレーのスパイスは漢方薬として使われているものが多く、ターメリックやクミン、コショウなどがその一例です。食欲を増してくれたり、消化を助けてくれたりするので、普段の食事に積極的に取り入れたい食材の1つですね。一口にカレーと言っても、バラエティ豊かなレシピが存在します。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    子どもから大人までみんなが大好きなカレー。カレーでなくても、カレー風味の料理は香りだけで食欲をそそりますよね。シンプルな炒め物でも、カレー風味にするだけで普段とは違う料理に。特に、忙しいときや時間がないときには、カレー粉はお助け調味料に変身します。塩こしょうやしょうゆ味などに飽きたら、ぜひカレー味にトライしてみましょう。粉末のカレー粉を常に常備しておくと、いざという時に助かりますよ。作るものに困ったら冷蔵庫に残った野菜のあまりものを炒めて、カレー粉で調味するだけで立派なおかずのできあがりです。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

    子どもから大人にまで大人気のカレー。市販のルーを白米にかけたカレーライスがお馴染みですが、近年は本場風のインドカレーが流行している他、エスニックテイストのグリーンカレーなども見かける機会が増えてきました。もはや国民食とも言えるほど身近なカレーですが、つい作りすぎてしまったり、張り切ってカレー粉やペーストを買ったものの余ってしまったということはありませんか。カレーのスパイシーな風味は独特ながらも様々な食材とマッチしやすく、味を引き立てたり臭みをやわらげたりと、オールマイティなポテンシャルを秘めています。ぜひ幅広いアレンジで存分に味わいたいですね。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:サラダ編】おすすめ10選

    市販の固形ルーを使ったカレーライスは、私たちの食卓にとても身近なメニューのひとつですね。ご存知の通り元々はインドを中心とした地域の食べ物。諸説ある語源のひとつとして「香り高いもの」「美味しいもの」を意味する「ターカリー」が転じたという話があり、発祥当時から好まれていたことが伺い知れますよね。ターメリック・クミン・カルダモンをはじめ、薬膳効果を持ったスパイスを混ぜ合わせて作るカレー。食べる漢方とも言われるほどの健康フードでもあります。ぜひ色々な食材と組み合わせて取り入れ、日々を元気に過ごしたいですね。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

    さまざまな具材で楽しめる家庭の定番料理「カレー」。カレーに含まれるスパイスには食欲増進以外にも代謝促進作用がありダイエットにも最適です。漢方薬としても使われるものも多く、健康維持にも役立ちます。カレールウは便利ですが小麦粉や脂質、糖質も多く含まれるため、ヘルシーに食べるならカレー粉を使ったカレーがおすすめ。カレー粉は複数のスパイスからできているので手軽に使えます。シナモンには体を温める効果があるなど、単独のスパイスを体調に合わせてプラスしてもいいですね。スパイスは体を目覚めさせてくれるため、カレーが朝にぴったりなんです。残ったカレーを使ったパンのレシピなら飽きずに美味しく食べられます。カレー粉を具材に加えると風味もアップして、また違った味を楽しめますよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

    醤油や味噌など昔から日本で作られている調味料以外で、外国から伝来した調味料で一番人気があるのはカレー粉ではないでしょうか。特にカレーライスは人気があり、日本の国民食と言っても過言ではありません。カレーは18世紀にインドからイギリスに伝わり、明治時代にイギリスから日本に伝わりました。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、日本では1905年に製造販売が開始されました。カレーはカレーライス以外にも、ご飯や麺類に加えたり、スープや炒め物にも使える便利なスパイスです。少し加えるだけでアクセントになって料理を引き立て、食欲をそそるため食欲がない時や夏バテの時にもおすすめのスパイスです。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

    カレーはさまざまなスパイスで野菜やお肉を煮込んだ辛みのある料理で、南アジアが発祥の地だと言われています。カレーの本場インドでは、各家庭によって独自にスパイスを調合してカレーを作るため、その種類は実に豊富です。17世紀頃のイギリスで、インドのカレー料理を欧風にアレンジしたものが流行しました。日本には、明治初期にカレー粉がイギリスから伝えられ、ご飯と一緒に食べるライスカレーとして広まりました。現在でも、カレーは子供から大人まで皆で楽しめる家庭料理の1つです。そんなカレーですが、カレーライスの他にも、調理方法によってバラエティ豊かなレシピに使えるのです。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

    日本人が大好きな料理と言えばカレーライス。お子さまから大人までみんなが大好きな国民食とも言える料理ですが、カレーは元々はインドが発祥のスパイスで明治時代にイギリスから伝来しました。初めて国産のカレーのスパイスが発売されたのが1905年で、カレーのルーが販売を開始されたのは1960年代に入ってからです。それまではカレー粉に小麦粉を加えて、カレーのルーを作っていました。料理にカレーを加えるだけで風味が変わり、ご飯や麺類、野菜や肉などどんな素材とも相性がよく使いやすいのが魅力です。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られています。カレーに含まれる辛味成分は、消化液の分泌を促し夏バテや食欲がない時にもおすすめですよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

    お子さまからお年寄りまで大好きなカレーライスは、1960年代にカレーのルーが発売されるまでは、カレー粉と小麦粉を使って作っていました。18世紀頃にインドからイギリスに導入され、日本でカレー粉が製造販売されたのは1905年です。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、スパイスごとに抗酸化作用やがんの予防などの効用があり食べる漢方薬とも言われています。現在はカレーのルーが多く販売されており気軽に手に入れることができます。カレーは一度に多くの野菜を摂取することもできますし、体も温まる人気の家庭料理です。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

    カレーはほどよい辛みと独特の風味があり、少し料理に使うだけでアクセントになって料理を引き立てます。ご飯に加えてカレーピラフにしたり、スープに加えたりさまざまな料理に活躍します。普通の野菜炒めでも、カレー粉を加えるだけで違った味わいを楽しめて料理をアレンジするのに役立ちます。かつお出汁とカレーを合わせてカレーうどんにしたり、違う国の調味料と合わせてもおいしく食べられ料理がたのしくなるスパイスです。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、抗酸化作用やがんの予防などスパイスごとに効用があるため体にとてもいい食材です。カレーには消化液の分泌を促す効果もあり、夏バテなどの食欲がない時にもカレーを使った料理を作ると食欲がわきますよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

    日本人の大好きなスパイスの代表格と言えばカレー。カレーライスは1960年代にカレーのルーが発売されるまでは、カレー粉と小麦粉を使って作っていました。カレーはほどよいスパイスと独特の香りが食欲をそそって、少し加えるだけで風味が加わって料理のアクセントになります。たくさん使うと辛さが増しますが、風味づけ程度なら辛さも強くなくお子さまでも食べやすいです。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、日本では1905年に製造販売が開始されました。カレーはおいしいだけでなく、体にいいことでも知られています。カレーに含まれる辛味成分は、消化液の分泌も促すため食欲がない時に効果的で夏バテにもおすすめです。カレーはぜひ家に常備しておきたいマストスパイスですよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    日本人が大好きな味が「カレー」。カレーのルーを使ったカレーライスはもちろん、カレー粉を使って味付けした料理がたくさんあります。世界的にもカレーは各地で根付いているスパイスで、カレー粉と他のスパイスを多用したインドカレー、レッドカレーやグリーンカレーが人気のタイカレーなどがあります。日本でカレーのルーが発売されるまでは、カレー粉に小麦粉を加えてとろみをつけたものを使っていました。香辛料として使用されるカレーは食べる漢方薬ともいわれ、発汗作用や体を温める効果があるのでぜひ料理に取り入れたいですね。カレーを使ったレシピはたくさんありますが、今回はカレーを煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    子供から大人までみんな大好きな「国民食」とも言われるカレーは、日本には西洋料理として明治のはじめ頃から食べられるようになり、当初は洋食屋で提供される敷居の高い料理でしたが、日本人向けのカレー粉が開発され徐々に安価に食べられるようになり、家庭での定番料理に定着しました。カレー粉には漢方でも使われているスパイスが入っているため、健康への効果も期待されます。体の悩みによってカレーの種類や具材など自由にアレンジしてみてください。例えば、むくみ対策にはカリウムを多く含むココナッツミルクを使用したグリーンカレー、美肌効果にはリコピンがたっぷり入ったトマトカレー、認知症予防には「脳の栄養素」と呼ばれる「レシチン」という成分が含まれる大豆を使った大豆カレーなど、含まれる栄養を上手に取り入れてくださいね。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。」

  • カレーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    日本人が好きなスパイスと言えば「カレー」です。独特の風味と味わいが料理のアクセントになって、肉料理から野菜料理までさまざまな料理と相性がいいので使いやすいです。カレー粉をプラスするだけで、まったく違う料理になると言っても過言ではないほど主張する味が特徴です。カレーライスはカレーのルウが発売されるまでは、カレー粉を使って作られていました。カレー粉は、ターメリック・クミン・シナモン・オールスパイスなどのスパイスを合わせて作られています。カレー粉には漢方薬として使われることもあるスパイスが入っているので、体を温めたり脂肪を燃焼させたりと美容にいい効果が期待できます。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ダイエット中もカレーが食べたい】ヘルシーカレーの人気でおすすめのレシピ20

    カレーにはたくさんの種類スパイスが使われています。スパイスにはそれぞれ薬効があるとされ、血液の流れを良くしたり、体温を上げたり、美容やダイエットに役立ったりします。ちょっと食欲がないときにも栄養満点。スープにもおかずにもなり、ご飯にもパンにも、もちろんナンにも合う万能さは世界共通です。 この記事では、カレーのダイエット効果や栄養に加え、カレーライスのレシピ、キーマカレーのレシピ、スープカレーのレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • みんな大好き!おいしい人気カレールーまとめ

    日本人なら誰もが大好きなカレー。「日本人のソウルフードだ!」と言う人がいたり、「好きな給食ナンバーワンはカレー」と言うくらい、大人にも子どもにも大人気です。お店で食べるカレーも美味しいですが、家で月に一度は食べるという方も多いのではないでしょうか。 じゃがいも、玉ネギ、人参と肉、カレールーがあれば、誰でも簡単に作れます。キャンプで作るカレーも美味しいですね。カレーは、家庭によって使う具材が違ったり、使うカレールーが違うので、味は実にさまざま。中には市販のカレールーを数種類買って、混ぜて使う人もいるようです。 市販のカレールーには、甘めのルーやスパイスが効いたものなど、様々な種類があるので、この記事では、銘柄ごとにご紹介します。

  • 代謝アップ!カレーダイエットのおすすめレシピ・作り方20選

    インドのスパイス料理「カリ」がイギリスでアレンジされ、日本に伝わったのは横浜港が開港した時だと言われています。いまやカレーは日本の国民食。ルーだけでなく、レトルトの種類の充実もその人気を物語っています。また、カレーと一言言ってもそのレシピは実にさまざま。本格的なものや、簡単に作れるもの、カレー風味の料理など、たくさんの作り方があります。 この記事では、カレーの基礎知識に加え、カレーダイエットのやり方、カレーダイエットの注意点、ダイエットにおすすめのカレーレシピをチキンカレー・スープカレー・ドライカレーのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 定番からアレンジまで!真似したい洋食レシピ20選

    洋食と言えば、西洋料理や西洋風の料理のことですね。その中には日本でアレンジされたオムライスやポークカツレツなどがあります。 洋食が日本で生まれたのは、幕末から明治頃と言われています。日本にいる西洋人の元で修業をした日本人が自分の店を持つようになり広まったとされています。 おかげで今となっては日本人の食文化にもすっかり馴染んでいますね。 この記事では、洋食の基礎知識に加え、サラダ、スープ、メイン、おかずにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 基本からリメイクまで網羅!ドライカレーのレシピ・作り方19選

    具材と調味料を炒め合わせるだけでパパっと作れる「ドライカレー」。 煮込む手間がいらない分、通常のカレー作りよりも手軽に作れて便利ですよね。 時間がかけられない時のお助けメニューとしても人気のドライカレーは、ちょっとした工夫でいつもより風味豊かにしたり、リメイクすることもできるんですよ。 この記事では、ドライカレーの基礎知識に加え、ルーを使ったドライカレー・カレー粉を使ったドライカレー・ドライカレーのご飯リメイクレシピ・パンのリメイクレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 今日の献立に役立つキーマカレーレシピ・作り方20選

    今や日本の国民食となっているカレー。 中でも、短い煮込み時間で作れるキーマカレーは、忙しい時や暑い夏にも助かりますよね。 そもそもキーマカレーとは、ひき肉の入ったカレー全般のことで、元々はインド料理の1つです。ひき肉の種類や、それ以外の材料を変えるだけで、様々なアレンジが楽しめるのもキーマカレーの魅力です。 この記事では、キーマカレーの基礎知識に加え、野菜のキーマカレー、豆のキーマカレー、豆腐のキーマカレー、キーマカレーのアレンジにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社