キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

カレーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

料理に少量加えるだけアクセントになるカレーは、家に常備しておきたいスパイスの1つです。たくさん使うとスパイシーになりますが、少量で風味付けする程度なら子供にも食べやすく食欲をそそります。カレーを使った代表的な料理はカレーライスで、日本の国民食と言えるほど人気があります。1960年代にカレー用のルーが発売されるまでは、カレー粉と小麦粉を使って作っていました。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてカレーのレシピを紹介しています。カレーを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

カレーの歴史

カレーは18世紀に、インドからインドを植民地にしていたイギリスに伝わりました。19世紀にイギリスで初めてカレー粉が作られ明治時代にイギリスから日本に伝わり、日本では1905年に製造販売が開始されました。国産の安いカレー粉が広がり。1960年代にカレーのルーが発売されてからは、日本独自のカレーライスが定着して現在に至っています。

カレーの種類

世界には様々なカレーが存在し、国によってカレーのスタイルは多種多様です。インドのカレーはたくさんのスパイスを使い、ナンやチャパティと一緒に食べます。スリランカではココナッツミルクを主に使い、タイカレーはココナッツミルクにナンプラーやシュリンプペーストで味付けします。ミャンマー・カンボジア・ネパールにも独自のスパイスや食材を使ったカレーがあり、色々なカレーを食べ比べしてみたいですね。

カレーの健康効果

カレーはクミンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、スパイスごとにそれぞれ効用があるため健康にとてもいいスパイスです。カレー粉に含まれるターメリックはウコンのことで肝機能を向上させ、クミンには消化促進の作用があります。抗酸化作用やがんの予防などの効用もあり、夏バテなどの食欲がない時にもカレーを使った料理を作ると食欲がわくのでおすすめです。

カレーの保存方法

カレー粉は開封前だと日の当たらない冷暗所に保存し、開封後は香りを逃さないように冷凍庫で保存しましょう。調理したカレーは冷蔵庫で保存し、沢山余ってしまったら冷凍庫で保存するのがおすすめです。使う分ごとに分けてジップロックなどに入れてできるだけ平らにして、解凍する時は冷蔵庫などに入れて低温解凍してから鍋に移して温めましょう。

消費期限の目安

カレー粉は消費期限を過ぎても急激に劣化したり香りがなくなるようなことはないため、比較的長く保存できます。調理したカレーを冷蔵保存する場合は消費期限は最大3日となっていますので、3日以内には食べきりましょう。冷凍した場合は1ヶ月を目安に使いうようにします。カレーはカレーライス以外にも、カレーうどんやカレードリアなど色々とアレンジが効くので、アレンジを楽しみながら早いうちにカレーを食べきってしまいましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

カレーの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

カレーを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

子供から大人までみんな大好きな「国民食」とも言われるカレーは、日本には西洋料理として明治のはじめ頃から食べられるようになり、当初は洋食屋で提供される敷居の高い料理でしたが、日本人向けのカレー粉が開発され徐々に安価に食べられるようになり、家庭での定番料理に定着しました。カレー粉には漢方でも使われているスパイスが入っているため、健康への効果も期待されます。体の悩みによってカレーの種類や具材など自由にアレンジしてみてください。例えば、むくみ対策にはカリウムを多く含むココナッツミルクを使用したグリーンカレー、美肌効果にはリコピンがたっぷり入ったトマトカレー、認知症予防には「脳の栄養素」と呼ばれる「レシチン」という成分が含まれる大豆を使った大豆カレーなど、含まれる栄養を上手に取り入れてくださいね。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。」

カレーを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

子どもから大人までみんなが大好きなカレー。カレーでなくても、カレー風味の料理は香りだけで食欲をそそりますよね。シンプルな炒め物でも、カレー風味にするだけで普段とは違う料理に。特に、忙しいときや時間がないときには、カレー粉はお助け調味料に変身します。塩こしょうやしょうゆ味などに飽きたら、ぜひカレー味にトライしてみましょう。粉末のカレー粉を常に常備しておくと、いざという時に助かりますよ。作るものに困ったら冷蔵庫に残った野菜のあまりものを炒めて、カレー粉で調味するだけで立派なおかずのできあがりです。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

日本の食卓によく登場するカレー。カレーは、インドを中心とした地域で生まれたスパイシーな料理です。イギリスに伝わったことにより、欧風にアレンジされ一時期は流行の料理として名を馳せました。さらに日本に伝わると、日本人好みの味にアレンジされ、現在までに広く普及しました。カレーのスパイスは漢方薬として使われているものが多く、ターメリックやクミン、コショウなどがその一例です。食欲を増してくれたり、消化を助けてくれたりするので、普段の食事に積極的に取り入れたい食材の1つですね。一口にカレーと言っても、バラエティ豊かなレシピが存在します。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

カレーは子供から大人まで幅広い年齢層の方に人気があるメニューです。カレーにはビーフカレー、チキンカレー、キーマカレーなど様々な種類があります。またスパイスによっても味に違いがありますので多種多様です。各メーカーからカレールウが売られていますので手軽に作ることができます。ご飯にカレーをかけて食べるのが一般的ですがカレー味のレシピが豊富にあります。カレーパン、カレーコロッケ、カレー味の春巻きやから揚げなど揚げるレシピも人気のひとつです。余ったカレーを利用して他のメニューに変身させるリメイクレシピも紹介されています。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーの【蒸す】【煮る】【茹でる】レシピ特集

カレーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

日本人が好きなスパイスと言えば「カレー」です。独特の風味と味わいが料理のアクセントになって、肉料理から野菜料理までさまざまな料理と相性がいいので使いやすいです。カレー粉をプラスするだけで、まったく違う料理になると言っても過言ではないほど主張する味が特徴です。カレーライスはカレーのルウが発売されるまでは、カレー粉を使って作られていました。カレー粉は、ターメリック・クミン・シナモン・オールスパイスなどのスパイスを合わせて作られています。カレー粉には漢方薬として使われることもあるスパイスが入っているので、体を温めたり脂肪を燃焼させたりと美容にいい効果が期待できます。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

日本人が大好きな味が「カレー」。カレーのルーを使ったカレーライスはもちろん、カレー粉を使って味付けした料理がたくさんあります。世界的にもカレーは各地で根付いているスパイスで、カレー粉と他のスパイスを多用したインドカレー、レッドカレーやグリーンカレーが人気のタイカレーなどがあります。日本でカレーのルーが発売されるまでは、カレー粉に小麦粉を加えてとろみをつけたものを使っていました。香辛料として使用されるカレーは食べる漢方薬ともいわれ、発汗作用や体を温める効果があるのでぜひ料理に取り入れたいですね。カレーを使ったレシピはたくさんありますが、今回はカレーを煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

カレーはさまざまなスパイスで野菜やお肉を煮込んだ辛みのある料理で、南アジアが発祥の地だと言われています。カレーの本場インドでは、各家庭によって独自にスパイスを調合してカレーを作るため、その種類は実に豊富です。17世紀頃のイギリスで、インドのカレー料理を欧風にアレンジしたものが流行しました。日本には、明治初期にカレー粉がイギリスから伝えられ、ご飯と一緒に食べるライスカレーとして広まりました。現在でも、カレーは子供から大人まで皆で楽しめる家庭料理の1つです。そんなカレーですが、カレーライスの他にも、調理方法によってバラエティ豊かなレシピに使えるのです。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

カレーを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

カレーはほどよい辛みと独特の風味があり、少し料理に使うだけでアクセントになって料理を引き立てます。ご飯に加えてカレーピラフにしたり、スープに加えたりさまざまな料理に活躍します。普通の野菜炒めでも、カレー粉を加えるだけで違った味わいを楽しめて料理をアレンジするのに役立ちます。かつお出汁とカレーを合わせてカレーうどんにしたり、違う国の調味料と合わせてもおいしく食べられ料理がたのしくなるスパイスです。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、抗酸化作用やがんの予防などスパイスごとに効用があるため体にとてもいい食材です。カレーには消化液の分泌を促す効果もあり、夏バテなどの食欲がない時にもカレーを使った料理を作ると食欲がわきますよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【調理法:サラダ編】おすすめ10選

市販の固形ルーを使ったカレーライスは、私たちの食卓にとても身近なメニューのひとつですね。ご存知の通り元々はインドを中心とした地域の食べ物。諸説ある語源のひとつとして「香り高いもの」「美味しいもの」を意味する「ターカリー」が転じたという話があり、発祥当時から好まれていたことが伺い知れますよね。ターメリック・クミン・カルダモンをはじめ、薬膳効果を持ったスパイスを混ぜ合わせて作るカレー。食べる漢方とも言われるほどの健康フードでもあります。ぜひ色々な食材と組み合わせて取り入れ、日々を元気に過ごしたいですね。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

子どもから大人にまで大人気のカレー。市販のルーを白米にかけたカレーライスがお馴染みですが、近年は本場風のインドカレーが流行している他、エスニックテイストのグリーンカレーなども見かける機会が増えてきました。もはや国民食とも言えるほど身近なカレーですが、つい作りすぎてしまったり、張り切ってカレー粉やペーストを買ったものの余ってしまったということはありませんか。カレーのスパイシーな風味は独特ながらも様々な食材とマッチしやすく、味を引き立てたり臭みをやわらげたりと、オールマイティなポテンシャルを秘めています。ぜひ幅広いアレンジで存分に味わいたいですね。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

お子さまからお年寄りまで大好きなカレーライスは、1960年代にカレーのルーが発売されるまでは、カレー粉と小麦粉を使って作っていました。18世紀頃にインドからイギリスに導入され、日本でカレー粉が製造販売されたのは1905年です。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、スパイスごとに抗酸化作用やがんの予防などの効用があり食べる漢方薬とも言われています。現在はカレーのルーが多く販売されており気軽に手に入れることができます。カレーは一度に多くの野菜を摂取することもできますし、体も温まる人気の家庭料理です。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

カレーを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

日本人の大好きなスパイスの代表格と言えばカレー。カレーライスは1960年代にカレーのルーが発売されるまでは、カレー粉と小麦粉を使って作っていました。カレーはほどよいスパイスと独特の香りが食欲をそそって、少し加えるだけで風味が加わって料理のアクセントになります。たくさん使うと辛さが増しますが、風味づけ程度なら辛さも強くなくお子さまでも食べやすいです。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、日本では1905年に製造販売が開始されました。カレーはおいしいだけでなく、体にいいことでも知られています。カレーに含まれる辛味成分は、消化液の分泌も促すため食欲がない時に効果的で夏バテにもおすすめです。カレーはぜひ家に常備しておきたいマストスパイスですよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

給食などでも広く食されるようになったカレー。ルーを使用して調理することが多いですが、様々なスパイスやハーブを組み合わせできています。効果としてはカレーによく用いられるクミンやコリアンダーには消化促進の作用があり、食欲不振のときにもオススメです。自分でスパイスを組み合わせてオリジナルのカレー粉をつくるのもいいですね。お肉を入れたり、魚介類をメインに使ったり、野菜だけ、などさまざまな具材で好みのカレーを作れます。またご飯、うどん、そば、パン、ナンといったさまざまな主食とも組み合わせができるのです。残ったご飯とカレーをリメイクして作ったご飯レシピなどもあります。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

さまざまな具材で楽しめる家庭の定番料理「カレー」。カレーに含まれるスパイスには食欲増進以外にも代謝促進作用がありダイエットにも最適です。漢方薬としても使われるものも多く、健康維持にも役立ちます。カレールウは便利ですが小麦粉や脂質、糖質も多く含まれるため、ヘルシーに食べるならカレー粉を使ったカレーがおすすめ。カレー粉は複数のスパイスからできているので手軽に使えます。シナモンには体を温める効果があるなど、単独のスパイスを体調に合わせてプラスしてもいいですね。スパイスは体を目覚めさせてくれるため、カレーが朝にぴったりなんです。残ったカレーを使ったパンのレシピなら飽きずに美味しく食べられます。カレー粉を具材に加えると風味もアップして、また違った味を楽しめますよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

日本人が大好きな料理と言えばカレーライス。お子さまから大人までみんなが大好きな国民食とも言える料理ですが、カレーは元々はインドが発祥のスパイスで明治時代にイギリスから伝来しました。初めて国産のカレーのスパイスが発売されたのが1905年で、カレーのルーが販売を開始されたのは1960年代に入ってからです。それまではカレー粉に小麦粉を加えて、カレーのルーを作っていました。料理にカレーを加えるだけで風味が変わり、ご飯や麺類、野菜や肉などどんな素材とも相性がよく使いやすいのが魅力です。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られています。カレーに含まれる辛味成分は、消化液の分泌を促し夏バテや食欲がない時にもおすすめですよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

カレーを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

醤油や味噌など昔から日本で作られている調味料以外で、外国から伝来した調味料で一番人気があるのはカレー粉ではないでしょうか。特にカレーライスは人気があり、日本の国民食と言っても過言ではありません。カレーは18世紀にインドからイギリスに伝わり、明治時代にイギリスから日本に伝わりました。カレーはウコンやターメリックなど数十種の材料を配合して作られていて、日本では1905年に製造販売が開始されました。カレーはカレーライス以外にも、ご飯や麺類に加えたり、スープや炒め物にも使える便利なスパイスです。少し加えるだけでアクセントになって料理を引き立て、食欲をそそるため食欲がない時や夏バテの時にもおすすめのスパイスです。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

日本の国民食であるカレー、最初は西洋料理として日本に上陸しました。その後、手軽に食べられるカレールーが販売されるようになったため、現在は私たちの食卓によく並ぶようになりました。カレーは体を温める効果があるスパイスが豊富に含まれているため血流がよくなり、新陳代謝が高まるため免疫力を高める助けにもなります。また、血液の流れがよくなり脳により多くの血液が送られると朝の目覚めもよくなります。その他、ターメリックに含まれるクルクミンという成分は脳のストレスを軽減してくれます。前日につくりすぎてしまったカレーも簡単にお弁当のおかずにリメイクできますよ。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

カレーを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

子供から大人まで、年齢、性別問わずに愛されている国民食、カレー。スパイスの効いたの美味しさはもちろんのこと、健康にも働きかけくれます。スパイスは消化器の粘膜を刺激して消化液の分泌を促してくれます。味もしっかりしているため、苦みのある野菜をいれても食べやすく、子供が生やそのままでは食べられない苦手な野菜でも食べやすく仕上がります。離乳食の時期はまだ胃腸が香辛料に慣れていないこともあるので、大人用のものではなく子供専用のものも少量ずつ使うようにしたほうがよいでしょう。食べる様子を見ながら味を調節してみてください。 この記事では、「カレー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

カレーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社