キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

きゅうりをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

生で食べられる野菜の代表格と言えばきゅうりで、サラダやサンドイッチ、漬物などによく使われます。味や臭いにクセがないため食べやすく、和食にも洋食にもよく合う野菜です。きゅうりは日本では平安時代から栽培されている歴史の長い野菜で、温暖な気候を好むため夏野菜を代表する一つになっています。水分を多く含むため、昔から水分補給のためにもよく食べられていました。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてきゅうりのレシピを紹介しています。きゅうりを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 朝ごはんにオススメのきゅうりを使った人気レシピ10選

    ウリ科キュウリ属である「胡瓜(きゅうり)」は中国から日本に伝わった野菜です。きゅうりは緑色をした野菜ですが、緑黄色野菜ではなく、淡色野菜に分類されます。1年中販売されているきゅうりですが、旬は6月頃から9月頃の夏です。旬の時期に露地栽培されたきゅうりは、ビタミンCを2倍含んでいます。そして表面の緑にはβカロテンが含まれているのです。その他のきゅうりの栄養価にはカリウムも含まれていて、高血圧に効果があり、利尿作用もあるので、むくみにも効果があります。そんなきゅうりは、両端を落とせばそのまま食べられますが、この朝ごはんレシピでは、パンに挟んだり、ご飯にのせたりなどしています。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのきゅうりを使った人気レシピ10選

    みずみずしく、サラダなどの彩りには欠かせないきゅうり。ハウス栽培が盛んなため一年中店頭に並びますが、露地栽培のものは6月〜9月頃の暑い季節に旬を迎えます。90%が水分でできているため、汗で体内の水分が失われがちな夏にぴったりですね。また、きゅうりは体を冷やす作用があるため、暑さで火照った体を冷やす効果もありますよ。きゅうりには、微量ではありますがビタミンCやカリウムが含まれます。ビタミンCを酸化させないために、サラダで食べるときは酢の入ったドレッシングがおすすめです。日にちが経つと歯ごたえが悪くなり種の周りが変色してくるため、たくさん手に入った場合はピクルスや醤油漬けにして保存してくださいね。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使ったおすすめ定番料理10選

    きゅうりは夏野菜のひとつでみずみずしい味わいで、シャキシャキとした食感が特徴的な野菜です。きゅうりはカリウムを豊富に含み利尿作用があります。また、ほとんどが水分なので水分補給やデトックスに効果的です。きゅうりにはビタミンCを酸化させる酵素が含まれているため、加熱したり酢を組み合わせて調理する料理がおすすめなので酢の物は有効的な食べ方と言えるでしょう。定番料理にはサラダがあり、漬け物、サンドイッチなどがあります。他には和え物、炒め物などにも使われているので様々な料理を楽しむことができます。レシピが多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのきゅうりを使った人気レシピ10選

    きゅうりはよく冷やしてかじると、みずみずしい水分で喉が潤う夏にぴったりな野菜です。歯触りが良く、さわやかな味わいで暑さを吹き飛ばしてくれますよね。きゅうりは生でサラダとして食べたり、漬物、酢の物などに利用されます。あざやかな緑色がきれいなので、料理の彩りにもなりますよ。ポテトサラダやおひたしなどに使う場合は余分な水分を抜く「塩もみ」をするのがオススメです。適当な大きさに切ったきゅうりに塩を振り、数分おくときゅうりから余分な水分が抜けて、料理が水っぽくなるのを防いでくれます。きゅうりは約90%以上が水分で構成されています。夏の水分補給としても使えるので、猛暑日が続く夏はきゅうりを食べて体をクールダウンさせましょう。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:がっつり】おすすめ10選

    きゅうりはパリッと歯触りのよい食感と、みずみずしい口当たりが楽しめる夏野菜です。きゅうりは緑色が鮮やかなので、冷やし中華やそうめんのトッピングとしても人気があります。きゅうりの90%以上は水分でできており、栄養分が少ないのでは?と思われがちな野菜ですが実は体に必要な栄養素がしっかり入っています。余分な塩分を体から排出してくれるカリウムは、体のむくみを解消してくれる効果があります。水分を多く含むきゅうりは、夏には欠かせない水分も補給できます。がっつり系のお肉をご飯の代わりにきゅうりの上に乗せて食べるとダイエットにもなりますよ。さらに体を冷やしてくれる効果もあるので、暑い夏にはぴったりな野菜です。暑い日にはきゅうりを食べて、涼しい夏を過ごしましょう。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    きゅうりは夏野菜のひとつで、家庭菜園でも容易に育てることができる食材なので人気があります。季節によって価格差がありますが旬の時期では手ごろな価格で購入することができます。新鮮なきゅうりは太さが均一でトゲがあり、ハリとツヤがあるものを選びましょう。きゅうりはキッチンペーパーで包みポリ袋に入れて立てた状態で野菜室で保存をすると約1週間日持ちします。それでも使い切れない場合は塩もみし水けを切って冷凍をします。きゅうりは主にサラダなどに使われることが多く、鮮やかな緑色が綺麗なのでパーティー料理にもおすすめの食材です。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    みずみずしくカリカリ、シャキッとした食感のきゅうり。6月から8月ごろに旬を迎える夏野菜で、宮崎、群馬、埼玉などが主な産地ですが、全国的に栽培されています。きゅうりの95%ほどは水分で、ギネスブックでは「世界一栄養がない果実」に認定されています。栄養がないと言われていますが、実はカロテンやカリウム、ビタミンCも含まれています。特にカリウムの含有量が豊富で、100gあたりで見ると200mgも含まれていて、むくみの解消に効果的です。体を冷やす効果もあるとされていて、体が火照りやすい夏にぴったりの野菜と言えます。シトルリンというアミノ酸も含まれていて、血流を良くしたり、肌を保湿したりする効果も期待できます。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    みずみずしくシャキシャキとした食感が特徴のきゅうり。きゅうりの約95%は水分ですが、ビタミンCやビタミンK、カリウムや食物繊維などの栄養素も含まれています。きゅうり自体の栄養価は高いとは言えませんが、サラダや酢の物、ぬか漬けなど、さまざまな食材と組み合わせて料理をすることで、より多くの栄養を摂取できます。きゅうりは濃い緑色で、表面のイボが鋭いほど新鮮です。きゅうりは水分があると傷みやすいので、キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから保存するのがポイント。乾燥に弱いので、保存袋などに入れ、立てるようにして冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    きゅうりは、ぽりぽりとした歯切れのよい食感が特徴のみずみずしい夏野菜です。生のままもろみ味噌などをつけて食べたり、漬物にしたりすると美味しいですよね。きゅうりの95%は水分で構成されていることをご存知ですか。きゅうりには体を冷やす効果や水分補給などの役割があり、暑い夏にはぴったりな野菜です。きゅうりに含まれるカリウムには利尿作用があるので、むくみを解消してくれたり、デトックス効果も期待できますよ。ほぼ水分なのに、食べ応えがある食材なのでダイエットにも向いていますよ。きゅうりの鮮やかな緑は料理やお弁当に彩りを添えてくれます。切り方を工夫するだけで見た目も綺麗に仕上がるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:パン】おすすめ10選

    みずみずしくて爽やかな風味のきゅうりは夏を代表する野菜のひとつです。きゅうりは漢字で表示すると「黄瓜」と書きますが、大きく完熟すると黄色になるウリのことから語源とされています。成分の95%が水分でできているきゅうりはカリウムを多く含み、利尿作用によってむくみ対策に効果的です。きゅうりの定番料理の「ぬか漬け」にはビタミンB1を多く含むため疲労回復にも効果的です。ぬかに含まれる乳酸菌の働きで腸内環境も整い、便秘対策や免疫力を高めてくれますよ。夏野菜の特徴として乾燥と低温が苦手なため、早めに食べきれない場合はビニール袋に入れて野菜室で保存してくださいね。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:離乳食】おすすめ10選

    きゅうりというと、生のままサラダに入れる人が多いです。サンドイッチにはさむとか添え野菜にするとかくらいしか思い浮かばない人も多いでしょう。きゅうりは切ってすぐに使える便利な食材で、離乳食にもぴったりです。きゅうりを効果的に使って、何かと頭を悩ませる離乳食時期を乗り切りましょう。毎日の離乳食作りのヒントになります。きゅうりを今まで離乳食に使っていなかった人には目からうろこのレシピの数々でしょう。今まで離乳食に使っていた人も、レシピを参考になること請け合いです。離乳食ですが、なので、積極的にきゅうりを使った離乳食作りをしていきましょう。家族の食事作りと同時進行で作れるものが多いので、頭を使って頑張って作っていきましょう。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    夏に旬を迎えるきゅうり。みずみずしく、体を冷やす働きがあるため、夏ばてで体が疲れている時に食べたくなる野菜です。サラダや漬物、炒め物などさまざまな料理に使えるきゅうりは、私たちの食卓になじみが深い野菜です。きゅうりは低カロリーで栄養が少ないと言われることがありますが、塩分の排出を助けるカリウムや抵抗力を高めるビタミンC、食物繊維を含んでいます。現在では栽培技術が発達し、旬の夏以外でも1年を通して店頭に並んでいるきゅうりは、国内では宮崎県や群馬県、福島県で多く生産されています。そんなきゅうりを食卓に取り入れて、健康的な暮らしを手に入れましょう。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ8選

    きゅうりは気軽に生で食べられるため、サラダや漬物などでよく食べる野菜です。食べる頻度から言っても、私たちにとっては大変身近な食材の一つといっていいのではないでしょうか。きゅうりは「世界一栄養のない野菜」といわれることもありますが、実際にきゅうりの95%以上は水分です。栄養成分の量よりも、きゅうりの場合、その歯ごたえやみずみずしさを味わう野菜といえます。きゅうりには体を冷やす効果があるため、暑い夏にはピッタリの野菜ですね。また、一つ一つの含有量は少ないですが、たくさんの栄養成分をバランスよく含んでいるのです。冷たくして食べるイメージがありますが、炒めたり蒸したりしてもおいしく食べられますよ。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:おやつ】おすすめ10選

    きゅうりは約95%が水分でできており、栄養はほぼありませんが、暑い地方では水分補給の食材として重宝されていました。また、私たちが食べているきゅうりは熟す前の状態なのでみずみずしく、パリパリと歯切れのいい食感をしています。きゅうりに塩を振って板で転がす板ずりには、きゅうりの緑色をより鮮やかにする作用があります。生のままもろみや味噌をつけて食べたり、サラダや酢の物、ピクルス、奈良漬などの漬物、サンドイッチの具など、口当たりのさっぱりとしたきゅうりの特徴を生かした料理がたくさんあります。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    きゅうりはハウス栽培によって一年中手に入るため、身近な野菜と言えます。野菜は体に良いとされていますが、きゅうりは大半の成分が水分のため、ほとんど栄養がないと考えられていました。しかし、最近ではローカロリーが注目され、ダイエットに適した食材とされています。体内のナトリウムを調節するカリウムや、骨づくりや止血に作用するビタミンKも豊富です。きゅうりを使ったレシピはいろいろありますが、サラダや和え物のほか、混ぜご飯や手巻きずしなどの材料としても使われます。軽く炒めてもおいしく食べられるため、ご飯と組み合わせたチャーハンのレシピもあります。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    みずみずしくシャキッとした食感が特徴のきゅうり。さっぱりとしていて、サラダなど生で調理されることが多い食材です。見た目は鮮やかな緑色をしていて、味は癖がなく、調味料も合うものが多いです。そんなきゅうりはℬカロテンやカリウムを含んでいるため、髪の健康維持や視力の維持やナトリウム(塩分)を体外に排出する役割があります。体内の水分量を調節してくれるので、むくみ解消に役立ちます。女性はむくみに悩んでいる人も多くいるので、むくみで悩んでいる方にはぜひ積極的に摂ってほしい野菜です。きゅうりを選ぶ際にはいぼが痛いくらいしっかりあるものが美味しいと言われているため、いぼに注目してみてください。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    夏野菜を代表する野菜の1つがきゅうりです。生で食べられるのでサラダやサンドイッチによく使われ、きゅうりの浅漬けも人気があります。きゅうりは紀元前4000年前にメソポタミアですでに栽培されていた記録があり、昔から食べられていた歴史の長い野菜です。味や臭いにクセがないため食べやすく、水分を多く含むため昔から水分補給のためにもよく食べられていました。きゅうりは世界一栄養がない果実などとも言われていますが、きゅうりはカリウムをたくさん含んでいます。カリウムは体内の余分なナトリウムを排出する役割があり、高血圧やむくみの解消に効果があります。カロリーも低いので、おやつ代わりにきゅうりを食べるのもおすすめです。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    きゅうりはカリウムを多く含んでいる食材のため、むくみの改善効果や利尿作用があります。きゅうりにはビタミンCを酸化させる酵素(アスコルビナーゼ)が含まれているため加熱したり、酢を加えるなどした酵素を抑える料理がおすすめです。きゅうりは水分が多い食材で低い温度に弱い食材です。保存する際は水気をしっかりとふき取り、キッチンペーパーで包んでからポリ袋に入れて口を閉じ、立てて野菜室で保存をすると良いです。きゅうりはサラダ、あえものなど幅広いレシピで活用されている人気の食材なのでぜひ料理に取り入れてみてください。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ8選

    きゅうりには栄養はさほど含まれていませんが、淡色野菜の中ではカリウムやビタミンAが多く含まれており、その他にも量は少ないもののビタミンやミネラルが、バランスよく含まれています。そのまま生で食べられるため、手軽で身近な野菜といえますね。水分が多いので、みずみずしくて食べやすく、シャキッとした食感も特徴です。サラダや漬物など生で冷たいまま食べることが多いですが、意外にも油で揚げて食べるという方法もおすすめです。シャキシャキした食感は残り、少し大きめに切って揚げると、かんだときにジュワッと水分が口に広がります。揚げ物なのにさっぱり感も感じられ、食べやすいですよ。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    夏野菜でおなじみのきゅうりは、淡色野菜です。きゅうりにはカリウムとビタミンAを多く含まれており、骨を強くしてくれる効果が期待できます。選び方のポイントは、全体に張りと艶がある物を選ぶようにしてください。緑色が濃く、表面がゴツゴツとしているものは新鮮な証拠ですよ。最近では、このゴツゴツとしたイボがないフリーダムという品種も出回っており、青臭さが少ないことからサラダなどのそのまま食べる料理に適しています。保存は袋などに入れ、立てた状態で冷蔵庫に保存します。輪切りにしたきゅうりを塩もみして水分を絞った状態であれば、冷凍も可能ですよ。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    瑞々しい食感とほのかな苦みを持つきゅうりは、ヒマラヤ原産の淡色野菜です。「Least calorific fruit(最も熱量の低い果実)」としてギネス記録を持っており栄養が無い食材だと言われることもありますが、全く栄養がないわけではありません。大部分が水分から成り、低カロリーであるのは事実ですが、余剰な成分の排出を促すカリウム・腸内環境を整える食物繊維など、大切な働きを持つ栄養素がしっかり含まれています。特に旬の夏場には価格も下がり、ビタミンCの含有量も増加します。サラダ・漬物・酢の物など生で食べることも多いきゅうりですが、サッと炒めて調理するのもおすすめ。レシピのアクセントになり、味も染みて美味しく食べることができます。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ7選

    家に必ず常備していると言ってもいい野菜の1つがきゅうりです。サラダやサンドイッチ、浅漬けなどによく使われ、主に生で食べることが多いです。あまり味や臭いに特徴がないため食べやすく、好き嫌いの分かれない野菜です。キュウリの原産地はヒマラヤと言われおり、日本へは中国から伝来しました。きゅうりの旬は6~9月の夏場で、イボ無しミニキュウリ「ラリーノ」や四川きゅうり、白きゅうりなどさまざまな種類があります。ギネスブックに「世界一栄養がない果実」と記録されており、栄養がない野菜というイメージがありますがカリウムやβカロティンなどが含まれています。特にカリウムが豊富で体内のナトリウムを排出する役割があり、むくみ防止に効果があるので、むくみがちな方はきゅうりを食べてみるといいですね。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    夏野菜代表の料理の種類は、プランターでも簡単に栽培することができ、たくさんできる上に朝見たきゅうりが夕方にはとても大きく成長している程成長が早いことも特徴的です。きゅうりの主成分は90%以上水分でできているため、汗で体内から水分が出てしまう夏にはぴったりな野菜です。体を冷やしてくれる効果もあることから、体のほてりを解消してくれます。夏バテ気味の時はきゅうりを取り入れて体の中から冷やすと効果的ですよ。生でそのまま食べることの多いきゅうりは、実は揚げても美味しくいただけます。その場合は加熱しすぎに注意して、サッとあげる程度にしてくださいね。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    夏野菜代表のキュウリは、95%水分でできていることから「最も熱量が低い果実」として世界記録に登録されています。「世界で一番栄養素が少ない野菜」と誤解されてしまいがちですが、栄養もしっかりとありますよ。利尿作用のあるカリウムを含み、むくみの解消や高血圧予防に期待できます。水分補給や身体を冷やす効果もあるため、まさに夏にぴったりの野菜ですね。シャキッとした歯応えが特徴でサラダなど、生で食べることの多いキュウリですが、大きく太く育ちすぎてしまったキュウリは加熱することで美味しくいただけますよ。お好みの調理方法で、日々の食卓に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きゅうりを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    夏野菜の代表であるきゅうりは、旬が6~8月ですが、年中スーパーに並んでいる身近な野菜です。きゅうりの95%は水分で「世界一栄養がない野菜」などと言われていますが、実はカリウムが豊富に含まれていて、むくみを改善したり、高血圧や動脈硬化を予防するはたらきがあります。体を冷やす作用もあるため、暑い夏には水分補給としても役立ちます。火を通さず、まるごと食べられる手軽さから、サラダや漬物にして食べることが多いですが、「焼く」料理に合わせてソースにしたり付け合わせに添えるなどして生のままアレンジできるレシピがあります。きゅうりを使った料理としてレパートリーに加えてみましょう。 この記事では、「きゅうり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 高い利尿効果でむくみ解消!きゅうりスムージーのおすすめレシピ20選

    夏野菜の代表格でもある「きゅうり」。みずみずしい食感と歯ごたえが魅力ですよね。 1年を通して比較的手に入れやすいきゅうりは、他の食材との相性もよく、レシピも豊富にあります。 利尿効果の高いきゅうりをスムージーにも積極的に摂り入れれば、体内の循環もよくなり、むくみの解消や予防が簡単にできるんですよ。 この記事では、きゅうりスムージーの栄養に加え、果物・野菜、牛乳・豆乳、ヨーグルトにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 暑い日にピッタリ!きゅうりを使ったダイエットレシピ20選

    ダイエット食材として芸能人も太鼓判を押す実力の持ち主、きゅうり。 スーパーなどで手軽に手に入れられ、含有している酵素などの豊富な栄養素が体を内から綺麗にしてくれるそう。 擦り下ろしたりスライスしたり作り方をちょっと変えるだけでレシピが無限大に増えていくので、主婦の方には特におすすめしたい野菜です。 この記事では、きゅうりのダイエット効果や栄養に加え、サラダ、おかず、麺にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • きゅうりのレシピまとめ:きゅうりはサラダだけじゃない!

    サラダや漬物など年間を通して大変身近な野菜のきゅうり。旬は大体6月頃から残暑が残る9月頃の夏野菜です。きゅうりの大半は水分でできており、ミネラルやビタミンも含まれていることから、夏場の水分補給として古くから愛されてきました。きゅうりにあるイボイボや苦みを嫌う人も少なくなかったのですが、最近は品種改良が進み、苦みのないものも多く、イボなしきゅうりなども販売されています。そのまま生で食べるイメージが強いきゅうりですが、炒めたり、煮たりとさまざまな調理法で美味しく食べることができます。今回はそんなきゅうりの定番からちょっと変わったアレンジレシピまで、簡単に作れる数々のレシピを紹介します。

広告

運営会社