キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

コンビーフをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本でコーンビーフと言えば缶詰ですが、欧米ではローストビーフのような塊肉でローストして野菜を付け合わせにしてメインディッシュとして食べるのが一般的です。コーンビーフは牛肉を塩漬けにした食品で、魚の缶詰が多い中で肉類の缶詰はあまりないため使い勝手よく家に常備しておくと便利です。コロッケ、炒め物、揚げ物、焼き物など幅広い料理に使われます。缶詰から出したらすぐに使えるので、とても便利な食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてコンビーフのレシピを紹介しています。コンビーフを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

コンビーフの栄養素

コーンビーフは牛肉が原料なのでたんぱく質を含み、皮膚・爪・髪の毛などを作るのに欠かせない栄養素です。体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、貧血予防に効果のある鉄分、新陳代謝やエネルギー代謝をサポートする亜鉛、脂質、炭水化物などが含まれています。塩漬け食品のため塩分が多いので、野菜と一緒に調理してバランスよく食べるのがおすすめです。

コンビーフの歴史

コーンビーフは長期航海や軍需用品のための保存食で、軍用食として使っていたアメリカ軍が第二次大戦後に日本に持ち込み日本に伝わりました。山形県の缶詰メーカーが農耕牛を使ってコンビーフを作り、1948年に売り出したのが始まりです。当時は缶詰用のブリキがなかったため、コップ型のガラス瓶とゴムリング付きの密閉蓋を使って販売しました。1950年に缶詰入りのコーンビーフが製造発売されましたが、庶民には手が届かない高級品だったようです。

コンビーフの原材料

! /image/〇〇
コーンビーフの原材料は、主に牛肉・食用油脂・食塩・砂糖・調味料からできています。コーンビーフの類似商品でニューコンミートがありますが、ニューコンミートは馬肉など牛肉以外の肉を原料として使い、牛肉の重量が20%以上のものを言います。牛肉を100%使った商品のみ、コーンビーフと名乗ることができます。

コンビーフの製造方法

コーンビーフの製造方法は、牛肉の塊肉から脂身などを取り除いて塩漬けにします。高温で加熱しほぐして残った筋などはを取り除きます。油・塩・香辛料などで味付けし、缶に詰めて蓋をしたら完成です。ブロック肉を使ったコーンビーフは自宅でも作ることができます。砂糖・塩・水・スパイスなどで漬け込み用のタレを作り、肉をジップロックに入れて野菜や香辛料を加えて、タレを入れて3日~7日冷蔵庫で熟成させます。冷水で洗って塩抜きし、圧力鍋で1時間蒸したら完成です。

コンビーフの賞味期限

缶詰の中身は無菌状態なので腐ることなく、長く保存できます。畜産缶詰の賞味期限は3年ほどと言われているので、コーンビーフの缶詰も約3年と考えていいでしょう。直射日光の当たらない冷暗所に保存しておけば、賞味期限を過ぎていても食べられます。缶が膨らんだり、錆びついていたりする場合は、缶自体が腐食して穴が開いてたり、缶詰内にガスがたまっていることがあるので食べないで処分しましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

コンビーフの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

コンビーフの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

コンビーフの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

コンビーフの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

コンビーフの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

コンビーフをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社