キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

コンビーフをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本でコーンビーフと言えば缶詰ですが、欧米ではローストビーフのような塊肉でローストして野菜を付け合わせにしてメインディッシュとして食べるのが一般的です。コーンビーフは牛肉を塩漬けにした食品で、魚の缶詰が多い中で肉類の缶詰はあまりないため使い勝手よく家に常備しておくと便利です。コロッケ、炒め物、揚げ物、焼き物など幅広い料理に使われます。缶詰から出したらすぐに使えるので、とても便利な食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてコンビーフのレシピを紹介しています。コンビーフを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 夜ごはんにオススメのコンビーフを使った人気レシピ10選

    ジューシーでやわらかく、牛肉のうまみと栄養が詰まったコンビーフ。牛肉を塩漬けにしてスパイスなどで味付けをした缶詰で、長期間保存ができるので、非常食にもおすすめです。コンビーフにはたんぱく質のほかに、貧血予防に欠かせない鉄分や、生殖機能の維持に必要な亜鉛、むくみや高血圧の予防に効果があるカリウムなどのミネラルも豊富です。牛肉のうまみが凝縮され、味付けがされているコンビーフは、炒めたり煮たりと火を通すことで、料理にコクを出してくれます。さまざまな食材と組み合わせることができ、シンプルな味付けでコンビーフの味わいが楽しめるのも魅力ですね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使ったおすすめ定番料理10選!まずはこれをマスターしよう

    牛肉の塩漬けを独特の台形の缶詰につめたコンビーフ。保存がきくため防災グッズとして家庭に常備したり登山の非常食にも便利で、肉類の買い置きがない時などに重宝します。コンビーフは「Corned Beef」と表記され、「Corned」は塩漬けという意味を持ちます。牛肉をカットして脂身や筋を取り除いて塩漬けしたら高温で加熱して作られるコンビーフはサラダやサンドイッチの具としてそのまま使ったり、炒め物やコロッケの具材として加熱調理にも適しています。卵と相性も良く、オムレツの具材としてもぴったりですよ。コンビーフ自体に味がもともとついているので調味料も少しで味が整うため、料理初心者の方にもおすすめな食材です。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのコンビーフを使った人気レシピ10選

    手軽に使えるコンビーフは家に常備しておくと、いざという時に活躍する便利な食材です。肉や魚が家にない時でも、コンビーフがあれば代用品として使えます。炒め物・揚げ物・スープ・和え物・チャーハン・麺類の具材などに使えて、缶詰から出せばすぐに食べられるのも楽でいいですね。日本ではコンビーフと言えば缶詰ですが、欧米では塊肉をローストして食べるのが主流になっています。航海や軍需用品として使用されていたものが日本に伝わり、1950年に国産初のコンビーフの缶詰が発売されました。沖縄では賽の目切りにしたじゃがいもと合わせたコンビーフハッシュが人気です。原料が牛肉のためたんぱく質が豊富で、筋肉・皮膚・爪・毛髪などを形成するのに欠かせない三大栄養素の1つになっています。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ6選

    家に置いておくといざという時に使える便利な食材がコンビーフです。コロッケや炒め物、スープ、サンドイッチなど幅広い料理に使えます。コンビーフは牛肉を塩漬けにしたもので、日本や南米では缶詰の物が多くなっていますが欧米では牛塊肉を塩漬けにしたものをローストしたものが主流になっています。欧米から日本に伝わり、1950年に国産初のコンビーフの缶詰が発売されました。鯖やシーチキンなどの魚の缶詰が多い中、肉類の缶詰はめずらしく保存も効くため家に置いておきたい食材の1つです。まな板と包丁を使わなくても、缶詰から出したらすぐに使えるので忙しい日の献立にも活躍しますよ。原料が牛肉のため、筋肉・皮膚・爪・毛髪を形成するのに欠かせないたんぱく質が豊富です。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのコンビーフを使った人気レシピ10選

    お肉の旨味と塩っ気が特徴的な、コンビーフ。味そのものの存在感が大きく、料理に使う際にはコンビーフの塩気で味付けができてしまうほど、しっかりとしています。もともと、コンビーフは塩漬けという意味で、長期保存に優れた食材です。お家に何個かストックしておくこともできるので、数個ストックしておくと、とても便利でおすすめです。そんなコンビーフですが、使い方に悩んでる人は多くいると思います。ですが、意外に合う食材や、調理法は多くあるので、ぜひ敬遠せず、使ってみてくださいね。自分の好みの缶詰や、調理の仕方を見つけてみてください。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    塩漬けの牛肉のことを「コンビーフ」といいます。保存食でもあるコンビーフ、海外産のものは、塩漬けした生の牛肉を言うこともありまうが、日本では塩漬けして、煮込むことが決められています。日本産は既に加熱してあるので、そのまま食べてもおいしいですが、さまざまな調理に使用でき、混ぜる、炒めるなどしても合います。このパーティー料理レシピでも、焼く、煮るなどもしています。そんなコンビーフの栄養価には、疲労回復に効果のあるビタミンB1、皮膚に効果のあるビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ストレスを緩和するパントテン酸、貧血予防をする葉酸など、豊富に含まれています。しかし、塩漬けなので食べ過ぎには注意が必要です。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    コンビーフは、塩漬けにした牛肉をフレーク状にして牛脂で固めた缶詰です。一般的に牛肉の外もも肉やスネ肉を使い、高たんぱく質で脂質も多く含んだ栄養価の高い食材です。コンビーフの塩気を活かして、そのままパンに挟んだり、パスタやチャーハン、スープ、サラダ、和え物、炒め物など様々な料理にアレンジできます。塩漬けということもあってナトリウムを多く含みますが、ナトリウムはカリウムと一緒に体内の水分調節を行うためには欠かせない栄養素です。しかし、摂りすぎはミネラルバランスを崩して浮腫などの症状が出てくるため摂りすぎには注意してくださいね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    塩気の強い肉で、缶詰めが主流でもあるコンビーフ。そもそも、コンビーフのCORNEDは塩漬けという意味で、CORNED BEEFを直訳すれば、「塩漬けの牛肉」ということになります。現在のコンビーフは、塩漬けした牛肉を煮沸して、ほぐした後、ミンチ肉、食用油脂、塩、調味料などを合わせたものになっています。「肉のボリューム感」と「口で溶ける柔らかい食感」は大きな特長であり、料理をさらに美味しくしてくれます。コンビーフと言っても色々あり、熟成させたものや、馬肉を使ったもの、コーンと一緒に缶詰にしたもの、塩分カットしたものなど、様々です。その時の好みや、料理内容によって使い分けるのもおすすめです。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ストック食材としてささっと使えて便利なコーンビーフ。塩漬けした牛肉を缶詰にしたもので、そのままサンドイッチやサラダの具材に使えるほか炒め物やパスタなど幅広い料理に応用できるんです。コーンビーフの原料である牛肉には筋肉や血液など体を作る元となる良質なたんぱく質が含まれ、体の中で合成できない必須アミノ酸のバランスが良いのも特徴です。ほかにも、不足しやすい鉄分やカリウムなどのミネラル、栄養素の代謝を促したり体の健康維持に欠かせないビタミンB群も豊富です。紹介するコーンビーフのおやつレシピでは、忙しい時にも助かるパンを使ったレシピからコロッケ、焼きそばなどのレシピまで子供も大人も喜ぶ絶品レシピが満載です。この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    コンビーフは塩漬けにした牛肉を缶詰に詰めた加工食品です。塩分が多く、長期保存に向いているので保存食として家に常備している方も多いのではないでしょうか?加熱処理をしてあるので、そのままでも食べられますよ。塩気が強く、腐りにくい上に冷めたままでも美味しいので、お弁当のおかずにオススメです。牛肉の旨味が凝縮されたコンビーフは料理に加えるだけで、少ない調味料でもしっかり味が決まります。野菜と一緒に炒めたり、サンドイッチの具材や、スープの具など、幅広く使える食材です。タンパク質が豊富で、ビタミンやミネラルなども含まれているので、ぜひ料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    保存食としても活躍する、コンビーフ。塩漬けした牛肉をほぐし、塩などの調味料で味をつけて缶詰に入れたものです。牛肉が原料のコンビーフには、筋肉や臓器の構成に欠かせないたんぱく質が豊富です。体内のナトリウムの吸収を抑制し、高血圧の予防に効果があるカリウム、造血作用のある鉄分、細胞の形成や新陳代謝をサポートする亜鉛などを多く含みます。コンビーフはそのままでもおいしく食べられますが、加熱をすることで、肉汁が出てうまみがアップ、風味が豊かになります。コンビーフは塩分濃度が高いので、食べすぎは体に良くありませんが、料理に加えれば、バランスよく栄養が取れ、調味料としても活躍、簡単時短料理にもおすすめの食材です。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    しっかりとした塩気が特徴のコンビーフ。パンの上にのせたり、炒め物や、和え物などで使われますよね。もともとの味がしっかりしているため、少ない調味料で味を調えることができる、万能な食材です。そもそもコンビーフとは、塩漬けした牛肉のことを指します。最近では純粋に牛肉のみ使用したものだけでなく、ハーブが加わっていたり、馬肉と牛肉の合いびき肉であったり、コーンが入っているなど、料理や味の好みに合わせて選ぶことができるので、とても嬉しいですよね。また、缶に入っていて塩漬けにもなっていることから保存性に優れている上に栄養価が高いので、防災グッズや登山のお供としてもおすすめです。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    そのままでも調理してもおいしく食べられるコンビーフ。缶詰のコンビーフなら日持ちするため、非常食としてもおすすめです。そもそもコンビーフという名前は「コーンドビーフ」という英語が由来とされています。「コーンド」とは塩漬けのことなので、コンビーフは塩漬けした牛肉という意味があります。アメリカでは牛の塊肉を使用することもありますが、日本ではほぐした肉を使った製品が主流です。一般的な作り方は、カットした牛肉を塩漬けにし、高温で加熱します。繊維状にほぐして調味料で加工し、缶に詰めて高温高圧で殺菌して完成。塩分が高い食品のため、味付けをしなくても食べられるのがポイントです。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    コンビーフとは牛肉を塩漬けにしたもので、缶切り不要で手軽に味付きの牛肉が食べられる便利な食材です。保存がきくため登山やキャンプ、非常食に重宝しそのままでも美味しく食べられます。また、炒め物や煮込み料理、サラダ、パスタ、サンドイッチなど様々な料理にアレンジできますよ。野菜や卵との相性も良く、簡単に調理できるため忙しい時にもおすすめの食材です。コンビーフの缶詰が台形状になっているのは、缶詰にする際に肉は酸素に触れると酸化してしまうため、面積の小さい方の面を下にして、缶詰内の空気を抜きながら詰めることで酸化を防ぐためです。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    うま味と程よい塩気が口いっぱいに広がる、コンビーフ。炒め物や、和え物など、さまざまな料理と相性が良いのが特徴です。そもそもコンビーフとは、牛肉を煮沸して、ほぐした後に調味料を配合したものです。そのため塩気がもともとあり、味付けが簡単に済むのが嬉しいポイント。店頭に並んでいるコンビーフは台形の缶(枕缶)で販売されることがほとんどです。理由は缶の中の空気を抜いて酸化を防ぐためだとか。種類も豊富にあり、熟成肉を使ったものや、馬肉と牛肉を使用しているもの、和風に調味してあるものなど、料理に合わせて選ぶことができますよ。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    コンビーフとは牛肉をほぐして塩漬けにし、固めた食品。保存性が高いことから長期の航海や軍用として使われてきました。アメリカでは塊肉を指し、メインディッシュとして食べることもあります。しかし、日本では缶詰に入ったコンビーフが売られているため、保存食として家にストックしている人もいるでしょう。コンビーフは牛肉を高温高圧で殺菌加工しているため、そのままでも食べられます。しかし、炒めたりレンジをかけたりすればおかずのアレンジができますよ。また、塩漬けにしてあるため、調味料を加えなくてもしっかりと味が付いているところがポイント。生肉を使うおかずとは異なり、加熱時間も短くて済みますね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    塩漬けした牛肉を缶詰にしたコーンビーフ。加熱処理がされているので、そのまま食べられます。長期保存もできるので、保存食や非常食としておすすめの食材です。牛肉から脂や筋などを取り除いて作られており、脂っこくなく低カロリーな一方、たんぱく質をしっかりとれるので、ダイエットにも強い味方です。味付けは塩だけとシンプルなので、さまざまな料理に合わせることができます。火を通す必要がないので、時短料理にも最適です。レンジで加熱をすれば肉汁が溶け出し、フライパンで焼けば香ばしさが増し、そのまま食べる時とはまた違った風味を味わえます。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    日本でコンビーフと言えば缶詰ですが、欧米ではコーンビーフ用の塊肉をローストしたものが多く、ほとんどの場合メインディッシュとして食べられます。コンビーフとは牛肉を塩漬けにしたもので、日本では1950年に缶詰が発売されました。沖縄ではコンビーフとじゃがいもを刻んだハッシュドポテトを混ぜた、コンビーフハッシュが人気の食材になっています。コロッケや炒め物、ご飯や麺類の具材にも使える便利な食材です。魚の缶詰が多い中、使い勝手のいい肉の缶詰はあまり多くないため、家に常備しておくととても便利です。切ったり火を通したりする必要がなく、缶から出してすぐに使えるのがいいですね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    コンビーフは牛肉を塩漬けにした保存食品で、日本では缶詰やプラスチックカップに入ったものが一般的に販売されています。その歴史は古く、もともとは長期の船旅や軍用の保存食として、海外で作られていました。日本では、戦後間もない食糧難の時期に栄養価の高い食品ということで生産が始まりました。初めの頃は瓶に詰めて発売されており、割れやすい瓶の扱いや消毒など、手間暇かけて作られる高級品でした。現在では手頃な価格で店頭に並んでおり、気軽に使える食材として普及しています。牛肉のうま味を存分に味わえるコンビーフを献立に取り入れて、食卓に華を添えてみませんか。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    塩味のしっかりついたコンビーフ。サンドイッチや炒め物などに使われ、しっかりした味で他の具材も味付けできるほどうま味が凝縮しています。そもそもコンビーフとは、英語corned beefのことであり、塩漬けした牛肉のことを指します。しっかり味がついているうえに缶につめられているため、保存食にも適しています。製造の過程で加熱調理が済んでいるものがほとんどな為、そのままでも食べることもできます。牛脂は温度に敏感なので、温度が高くなるとじんわり溶けてきます。炒め物の際は加えて炒めると全体になじみますし、サンドイッチなどに挟む場合は挟むパンなどの温度を上げすぎないほうが調理しやすいですよ。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる】おすすめ10選

    家に常備しておくと便利なコンビーフ。料理にもさっと利用でき、重宝する食材の1つです。コンビーフは英語で「塩漬けの牛肉」という意味です。実際は、牛の塩漬け肉をフレーク状にして牛脂で固めたもののことです。日本で普及しているものは、牛肉の塩漬けを蒸し煮し、調味料や牛脂を混ぜて缶に詰めたもので、保存がききます。コンビーフには味が付いており、余分な味付けの必要がないため、料理に利用すると楽ちんですよ。栄養的には、牛肉に含まれる栄養素とほぼ変わりません。鉄や亜鉛が豊富に含まれているので、貧血の予防や記憶力を高めるという効能があります。ただ、カロリーが高めなので、食べすぎには注意してくださいね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    濃厚な味わいが魅力的なコンビーフ。コンビーフを英語表記するとCorned Beefで、直訳すると塩漬けした牛肉という意味となります。作る際は余分な脂味や筋を除いたあと塩漬けされるため、柔らかく濃厚な味わいに仕上がります。塩漬けのシンプルな味付けなので、和洋中問わずに使いやすい具材でもありますよね。グラタンなどの中にいれてもクリームの濃厚さに加えまろやかになりますし、そのまま野菜やパンに合わせて食べても塩っ気が加わりおいしく食べられますよ。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    コーンビーフは炒め物、煮物などの料理はもちろん、グラタンやパテなどの料理に重宝する食品です。そもそもコーンビーフとは塩漬けにした牛肉を示します。現在では、塩漬けして煮沸消毒の工程を踏み、油、塩、調味料などと混ぜたものになっています。コーンビーフ缶に楕円形が多いのは、面積が大きい側から肉を詰め、缶の中の空気を抜き、肉の保存性を高めるためです。コーンビーフの缶は、高温高圧で殺菌しているため開けたらすぐに食べることが出来ます。また、保存期間が長いので防災食品や登山に持って行くには便利な食品ですよ。普段の料理や災害時にも使えるコーンビーフは、家庭に常備して損はしない食品ですね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    コーンビーフは牛肉を塩漬けにした食品で、欧米ではロースト料理のようにして食べることが多くメインディッシュとして食べられます。日本ではコーンビーフと言えば缶詰で、1950年に国産初のコンビーフの缶詰が発売されました。ツナ缶や鯖缶のように手軽に使える魚の缶詰は多いですが、肉が缶詰になったものはあまりないためコーンビーフは使い勝手のいい食材として手軽に使えて人気です。コロッケに入れたり、炒め物やオーブン料理に使ったりなど、さまざまな料理に使うことができます。独特の風味と味わいが料理のアクセントになって、切ったり火を通す必要がなくそのまま使えるのが便利です。家にいくつか置いておくと、いざという時に役立つお助けアイテムです。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • コンビーフを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    コーンビーフは、塩漬けされた牛肉をほぐし、牛脂で固めて缶詰にしたもので、長期間保存でき、忙しい時や非常用のストック食材として便利です。調味料で味付けされ、加熱処理されており、そのままで食べることもできますが、塩分が多いので、野菜と一緒に食べたり、料理の材料として使用するのがおすすめです。コーンビーフは牛肉の旨味が凝縮していて、味付けもされているので、塩コショウで味を整える程度で料理の味が決まり、とっても簡単、良いお出汁が出るんです。栄養面で見ても、脂質は多いものの、高タンパクで、ナトリウムをはじめ、鉄、亜鉛などのミネラルやビタミンも豊富で、栄養価が高いのも魅力です。ぜひ、煮るのレシピを参考にしてコーンビーフを活用してみてくださいね。 この記事では、「コンビーフ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社