キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

パクチーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

独特の香りと味わいが特徴的なパクチーは好き嫌いが分かれるハーブですが、少量を加えるだけでエスニックな味わいになり料理にアクセントをプラスします。タイ料理・ベトナム料理・メキシコ料理などによく使われ、サラダや麺類などのトッピング、サルサソースなどによく合います。最近になって人気ができてきたハーブですが、日本へは10世紀頃に渡来したと言われている歴史の長い食材です。パクチーはタイ語で、英語ではコリアンダーと呼ばれています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてパクチーのレシピを紹介しています。パクチーを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

パクチーの栄養素や効能

パクチーは栄養価の高いハーブとして知られています。βカロテンが豊富で、抗酸化作用がありガンや動脈硬化、心筋梗塞を防ぐ効果があると言われています。ビタミンB1、B2、C、 Eといったビタミン類も豊富で、ビタミンCは風邪を予防するほか、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ働きもあります。健康だけでなくアンチエイジングのも効果のあるうれしいハーブです。パクチーは生で食べることが多いので、栄養素を壊すことなくそのまま摂れるも魅力です。

パクチーの栽培方法

パクチーは一年草なので花を咲かせ結実し、1年で枯れてしまいます。パクチーは開花したら株ごと弱るため、花芽を早めに摘み取るようにしましょう。パクチーは寒さが苦手なので夏向きのハーブですが、高温多湿には弱いため夏は風通しがいい場所に置いて、水をやりすぎずに乾燥気味にするのがおすすめです。パクチーの種は殻の中に入っているため発芽しにくいので、一晩水に浸けて殻から種を取り出して種をまくと発芽しやすいです。

パクチーの旬と産地

! /image/〇〇
パクチーは1年を通じて出回っていますが、旬は春から秋の間です。露地栽培では春から初夏にかけてのものがおいしいと言われていて、種をまいて2ヶ月足らずで収穫できます。元々の原産地は地中海東部や西アジアと言われていて、日本では静岡県と岡山県がパクチーの産地として有名です。岡山県では「岡山マイルドパクチー」という日本人好みの味と香りのパクチーが栽培されていて、生産量は年間25トンになっています。

パクチーの選び方

パクチーは鮮度が落ちてくると黄色っぽく変色するので、きれいで鮮やかな緑色のものを選びます。葉がしゃきっとしてみずみずしく、茎はハリと艶があるものが新鮮です。茎が太すぎると苦みが強いことがあるので茎はあまり太すぎないものを選び、しなびたり乾燥しているものは避けます。葉先までぴんとして元気のあるものを選び、根付きのままのものは日持ちしやすいのでおすすめですよ。

パクチーの保存方法

パクチーは乾燥に弱いので、湿らした新聞紙やキッチンペーパーにくるんでビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。根付きのものは根っこを水の入ったグラスなどに差しておくと長持ちします。パクチーは乾燥保存も可能で、洗って水分をふき取った後に葉と茎で分け耐熱皿にキッチンペーパーを敷いてパクチーをのせて、半日ほど乾燥させます。時間がない場合はラップをせずに電子レンジで加熱して乾燥させることもできます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

パクチーの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パクチーの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パクチーの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パクチーの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

パクチーの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

パクチーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社