キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

きくらげをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

きくらげは名前からくらげの一種と勘違いされがちですが、きのこの一種です。欧米では「ユダの耳」と呼ばれ、キリストを裏切ったユダに関連しているため食用としては使われていません。日本・中国・台湾・韓国では食用と食用として使われ、肉厚でぷりっとした食感が食べ応えがあり、オイスターソースと相性がよく中華料理によく使われます。炒め物・スープ・揚げ物など幅広い料理に活躍します。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてきくらげのレシピを紹介しています。きくらげを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • きくらげを使ったおすすめ定番料理10選!まずはコレだけマスターしておく!

    コリコリとした食感のきくらげ。キクラゲ科キクラゲ属に分類されるきのこで、北海道、熊本県、鹿児島県などが主な産地です。弾力性があり、独特の歯ごたえがあるきくらげは、日本のほか、中国や韓国などの東アジアで食用とされています。特に含有量の多い栄養素は食物繊維で、腸の働きをスムーズにしてくれます。コレステロールの吸収を抑える働きもあるため、動脈硬化の予防にも効果的です。ビタミンDも豊富に含まれているため、カルシウムの吸収を助けてくれるほか、カルシウムの含有量も他のきのこよりも高いのが特徴です。骨や歯を丈夫にする働きがあるため、女性がなりやすいと言われる骨粗しょう症の予防効果も期待できます。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのきくらげを使った人気レシピ10選

    コリコリとした食感をもつきくらげは、きのこの一種でありスーパーでは乾物の状態で販売されていることが多いです。一般的に流通しているものは、小ぶりで全体的に濃い茶色をしている「ひめきくらげ」と大きく肉厚でコリコリとした食感が特徴の「あらげきくらげ」があります。きくらげに含まれる代表的な栄養素には食物繊維やビタミンDなどがあり、特に不溶性食物繊維を多く含んでいることから、便秘の解消などに役立つと考えられています。またビタミンDは体内のカルシウム濃度を調整する役割を持ち、骨を丈夫にする働きをします。きくらげは女性に嬉しい栄養素が多く含まれているので、この機会に是非レシピを参考にきくらげを使った料理を作ってみてください。この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのきくらげを使った人気レシピ10選

    きくらげは日本やアジアで食用とされているきのこです。名前にくらげが付いて歯ごたえもコリコリとしているため、よくくらげの仲間と勘違いされます。普段では生きくらげよりも乾燥きくらげを使うことが多く、水で戻すだけで簡単に使えます。日本各地に自生していますが、スーパーなどで売られているものはほとんどが栽培物です。独特の食感と色合いが料理にアクセントを加えて、オイスターソースやごま油と相性抜群です。炒め物・スープ・サラダ・和え物など幅広い料理に使え、乾燥きくらげは保存が効くので家に常備しておくと便利な食材です。きくらげは食物繊維がごぼうの約3倍含まれているため、便秘を解消したい時におすすめの食材です。その他にも骨粗鬆症の予防に効果があるビタミンDやミネラル類も豊富に含んでいます。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのきくらげを使った人気レシピ10選

    コリコリとした食感が特徴のきくらげは、アジアで食用とされているきのこです。名前にくらげが付いて食感もくらげに似ているので、くらげの仲間と勘違いされることもあります。乾燥したきくらげを使うことが多く、乾燥したものは水で戻してから使います。日本各地に自生していますが、流通しているものはほとんどが栽培物になります。乾燥きくらげのほとんどが中国産ですが、国内では大分・熊本・長崎など九州での栽培が盛んです。きくらげには腸内環境を整える食物繊維が豊富でごぼうの約3倍含まれています。その他にもカルシウム・鉄・亜鉛などのミネラル類など、栄養素の豊富なきのこです。低カロリーで食べ応えもあるため、ダイエット中にもおすすめですよ。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    きくらげはコリコリとした食感が特徴の中華食材です。生きくらげはゼリーのようにプルプルとした質感があります。きくらげはクラゲによく似た食感をしているため、「木に生えるクラゲ」という意味で「きくらげ」という名前がつけられました。きくらげやラーメン、炒め物など中華料理には欠かせない存在です。きくらげは乾燥させて売られているものも多く、日持ちするため家に常備している方も多いのではないでしょうか。きくらげには黒いきくらげ以外にも白きくらげという品種もあり、スープやサラダに利用されています。見た目も美しいので、ぜひパーティー料理などに使ってみてくださいね。きくらげの中華料理以外での使い道がよくわからない、という方に見てほしいレシピを多数ご紹介しています。ぜひ参考しておいしくきくらげを調理してくださいね。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    きくらげはコリコリとした食感が特徴のきのこです。その食感から、木に生えるクラゲのようだということから「きくらげ」という名前が付きました。きくらげといえば中華料理には欠かせない存在ですよね。きくらげは乾燥して売られていることが多く、保存もきくため家に常備している方も多いのではないでしょうか。こちらの記事はきくらげを使ったがっつりお腹にたまる、中華料理を多数ご紹介しています。あまり中華料理を作らないという方にもオススメな簡単に作れるレシピを載せています。きくらげはミネラルや食物繊維を豊富に含んでおり、便秘の改善や免疫力アップなど、体に嬉しい効果のある食材なので、ぜひ毎日の料理に利用してくださいね。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    きくらげは名前からくらげの一種と勘違いされがちですが、日本をはじめアジアで食用とされているきのこです。プリッとした食感が特徴で、オイスターソースとよく合い中華料理によく使われます。スープ・炒め物・揚げ物・和え物などに使われ、ボリュームのある食べ応えながら低カロリーで満腹感を得られるのでダイエット中の食材としてもおすすめです。ごぼうの約3倍の食物繊維を含み、腸内環境を整え便秘を解消する効果があるので女性にとってうれしいきのこです。その他にも骨粗鬆症の予防に効果があるビタミンD、カルシウム・鉄・亜鉛などのミネラル類などを含む栄養価に優れた食材です。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    コリコリとした食感が特徴的なきくらげ。炒め物やスープなどに使われることが多く、日本をはじめ、中国や韓国などのアジア圏でよく食べられる食材です。食感がしっかりとしているため、料理のアクセントにもなる上に、栄養もたっぷり含まれています。代表的な成分としてはビタミンD、不溶性食物繊維、鉄分、カリウムなどで、特にビタミンDに関しては含有量が全食品で1位とも言われています。ビタミンDにはカルシウムの吸収を促進し、骨を強くしてくれるので、疲労回復やアンチエイジングにも効果を発揮してくれます。また、鉄分も多く含まれ、日本人女性は深刻な鉄分不足だとも言われているので、食べる他ない食材です。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    きくらげはコリコリとした歯ごたえがあり食感を楽しむことができる食材です。主に中華料理に使われていることが多く、クセがないので他の食材との相性も良く比較的取り入れやすい食材です。国産のものは希少とされていて生きくらげが販売されていますが、中国産の乾燥きくらげが主流とされています。女性に嬉しいのがきくらげには便秘の解消効果がある食物繊維が豊富に含まれているということです。低カロリーでダイエットに向いている食材でもあります。ご飯のおかずやお弁当のおかずにもぴったりの食材なので紹介されているレシピを参考にしてください。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    きくらげはきのこに分類される、中華食材の一つです。食物繊維が豊富で、便秘の改善にも効果があります。黒いきくらげの他にも、白きくらげという種類もありますよ。水に戻すと透き通るような見た目で、生でも食べられます。サラダに使うと見た目もキレイですよ。きくらげは乾燥して売られているものが多く、日持ちもするので家に常備している方も多いのではないでしょうか。ですが中華料理以外での使い道がわからず、余ってしまう事も多いですよね。きくらげはコリコリとした食感が特徴で、味にクセもないので、色んな食材と合いますよ。今回は、麺と組み合わせたアレンジレシピをご紹介します。ぜひ参考にして、きくらげ料理のメニューの幅を広げてくださいね。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ5選

    コリコリした歯ごたえが特徴のきくらげ。黒くて平たい形をしたキノコの一種です。淡白な味でクセがないので、さまざまな料理に合いますが、中華料理に使われることが多い食材です。通年出回っている乾燥きくらげは、ほとんどが中国産で、水で戻してから料理に使います。水に浸すと5倍くらいの量になり、必ず熱処理してから食べるようにしましょう。きくらげには食物繊維やビタミンDが多く含まれ、栄養面でも優れています。水で戻したきくらげやきくらげを使ったおかずが余った時、ご飯だけでなくパンにも組み合わせてみましょう。パンに合うように、マヨネーズやチーズを使って洋風テイストにすると、きくらげとパンの相性も良くなりますよ。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    コリコリとした食感が楽しめる「きくらげ」。一般的なのは乾燥させた干しきくらげで、夏から秋には国産の生きくらげも出回り、乾物に比べてプリっとした食感が特徴です。不溶性の食物繊維が豊富で、腸の働きを促して便秘を改善したり大腸ガン予防に役立つほか、高血圧予防やむくみ解消に効果的なカリウムやカルシウム、鉄分などのミネラルも豊富です。骨作りに関わるビタミンDやマグネシウムも多く、効率よくカルシウムが摂取できます。カルシウムとマグネシウムには精神を安定させる働きもあるので、女性特有のイライラを抑えたりストレスを解消したりするのにも効果的です。卵や豚肉と合わせて炒めたり、和え物や佃煮にすることで、きくらげの歯ごたえがアクセントになりご飯が進むおかずができますよ。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    きくらげにはカリウム、カルシウム、鉄分などの栄養素が含まれています。きくらげに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維なので、ダイエット中の方にもオススメな食品です。きくらげのコリコリとした食感はお酒のおつまみとしてもぴったりです。エネルギーの低いきくらげなら、カロリーを気にせず食べられますよ。乾燥きくらげは使いたい分だけ水で戻して使い、残りは長期保存ができるので常備している方も多いのではないでしょうか。きくらげを使った料理といえば、八宝菜などの中華料理というイメージですよね。中華料理の材料として一度買ってみたけど、他の使い道がわからないという方にオススメのレシピをたくさんご紹介します。家で眠っているきくらげを美味しく活用してくださいね。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    コリコリした食感のきくらげ。中華料理ではおなじみの食材ですよね。きくらげはクラゲの仲間ではなく、きのこの仲間ということをご存じでしょうか。しかし、普段目にするきくらげは乾燥したタイプなので、きのことは結びつかない人も多いでしょう。和名では「木耳」と書くように、樹木に耳がついているように見えることが由来という説もあります。乾燥させたきくらげは保存が効き、水で戻すだけですぐに使えるのがメリット。きくらげを使った煮物やスープ、サラダなどは食感が楽しめます。中華風の味付けをするレシピが多いですが、和風の味付けにも合いますよ。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    クセのない味とコリコリとした食感がたのしい「きくらげ」。きくらげは漢字は「木耳」と書き、これはきくらげの食感が海のクラゲと似ていることからという理由で付けられたとされています。きくらげは乾燥したものが一般的で、水に戻して石づきを切り落としてから調理に使用します。黒きくらげはラーメンの具や八宝菜などの中華料理で多く使用され、白キクラゲは中華スープやサラダ、デザートとして中華料理で使われています。きくらげはごぼうの約3倍の食物繊維を含んでおり、腸内環境を整える効果がある健康にうれしい食材です。また、血中のコレステロールを低下させる効果もあります。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    きくらげは、くらげの一種と勘違いされることが多いですが、きのこの一種です。日本をはじめ中国・台湾・韓国などのアジアで食用とされています。漢字で「木耳」と書きますが、欧米でも「ユダの耳」と呼ばれています。キリストを裏切ったユダに関連しているためか、欧米では食用としては使われていません。生のきくらげはプリッとした食感で炒め物によく使われ、オイスターソースなどを使った中華風の味付けとよく合います。きくらげは脂溶性のビタミンの一つであるビタミンDが豊富で、粗鬆症の予防に効果があるとされています。その他にも食物繊維が豊富でごぼうの約3倍含まれていると言われ、カルシウム・鉄・亜鉛などのミネラル類なども豊富です。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    きくらげは日本をはじめ、アジアで食用とされているきのこです。炒め物やスープによく使われ、特に卵との相性がよく卵とじの具材として人気があります。中華風の食材とよく合い、オイスターソースと相性抜群です。キクラゲは漢字で「木耳」と書きますが、欧米では「ユダの耳」と呼ばれていてキリストを裏切ったユダに関連しているためか、食用とは考えられていないようです。きくらげは食物繊維が豊富で、ごぼうの約3倍と言われています。きくらげには不溶性・水溶性どちらの食物繊維も含まれており、食物繊維は胃腸を整え便秘の解消に役立ちます。その他にも骨や歯を丈夫にしてくれるビタミンD、カルシウム・鉄・亜鉛などのミネラル類などが豊富です。カロリーも低いので、ダイエット中の食材にも適しています。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    きくらげはきのこの一種で、コリコリとした食感が特徴的な食材です。分類は生きくらげと乾燥きくらげがあります。乾燥きくらげは日持ちがするので常備しているという方もいるでしょう。きくらげには食物繊維が豊富に含まれているので便秘解消効果があり、ビタミンDが含まれているので骨や歯を丈夫にする効果もあります。またきくらげは低カロリーな食材なのでダイエット効果もあるとされています。主に中華料理に使われていて炒め物や汁物などにも使われている食材です。この他にサラダにも活用することができる食材なのでぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    きくらげは中華料理によく使われている食材で、コリコリとした食感が特徴的でクセになる食材です。きくらげは耳に似た形をしていて木から生えていることから「木耳」と表記されています。栄養価も高く、不溶性食物繊維、ビタミンD、ビタミンB群、ミネラル成分であるカルシウムやカリウム、鉄分が豊富に含まれていて、エネルギーが低く不溶性食物繊維はダイエットにも適した食材といえます。乾物が一般的ですが生のものも販売されているので手軽に料理に使うことができます。スープ、炒め物、蒸し料理等幅広く使うことができる食材ですのでおすすめです。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    きくらげはコリコリとした食感が特徴的で、この食感が好きという人がいるほど人気の食材です。スーパーでは乾燥きくらげや生のきくらげが売られています。乾燥きくらげは調理をする際はしっかりと水で洗い石づきなどの固い部分を取り除いて使います。きくらげを使った主な料理には卵と合わせてオイスターソース等で味付けをした中華炒めや、色々な野菜と合わせた八宝菜等があります。サラダ、スープ等にも使われていますし、フライ等にも使われていますので幅広く活用することができる食材と言えます。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    きくらげは乾燥しているものを見かけることが多いですが、きのこであることはご存知でしょうか。気温が下がる冬以降に広葉樹林の枯れ木や切り株などに生えています。きくらげは木耳と書き、外国でもユダの耳と呼ばれていて、耳の形に似ているとも言われます。そんなきくらげですが、生のきくらげを選ぶ際にはできるだけ肉厚で表面にしっとりしたつやがあるものを選ぶことをお勧めします。大きさや縮れ具合はあまり気にしなくても大丈夫です。使いやすそうなものを選んでみてくださいね。 乾燥きくらげを使う際には20分前後水につけることが必要なので調理する時間を考えて水に戻しておくとよいでしょう。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    コリコリした歯ごたえが特徴のきくらげは、味はたんぱくですが低カロリーで栄養たっぷり。中国では「不老長寿の薬」として漢方にも使われるほど、栄養成分が豊富です。その中でも、カルシウムの吸収を促し、骨を強くするはたらきがあるビタミンDは食品の中で最も多く含まれていて、骨粗しょう症の予防や疲労回復などの効果があります。また、脂肪を燃焼させてくれるビタミンB2も多く含まれ、ダイエット中の人は注目すべき食材です。女性が不足しがちなカルシウムや鉄分、ミネラルも豊富なので、積極的に料理に取り入れたいですね。中華料理に使うイメージがありますが、きくらげのコリコリ食感を生かしたレシピがたくさんありますよ。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

    きくらげは生のもの、乾燥させたものがあります。乾燥きくらげは生のきくらげに比べて保存がきくので常備をしている方も多いのではないでしょうか。食物繊維がたっぷりと入っていますので、便秘解消効果があります。きくらげはコリコリとした食感が特徴です。子供から大人まで幅広い年齢層の方に人気がある食材です。乾燥きくらげは水に戻して料理に使います。炒め物はもちろん和え物やサラダでもおいしく食べることができます。きくらげは他に炒め煮、あんかけ料理、タンメンや酸辣湯などのスープにもよく合います。きくらげを使ったレシピは豊富にあります。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    きくらげは中華食材のひとつで、きのこに分類されています。生のものと乾燥のものがあります。きくらげはコリコリとした食感が特徴的です。カルシウム、鉄分、カリウムなどのミネラル成分が豊富に含まれていて、骨粗しょう症の予防や免疫力向上、がんの予防に効果があります。また食物繊維も豊富に含まれていますので便秘解消に効果があります。生のきくらげはそのまま切って料理に使います。乾燥きくらげは20分ほど水につけて戻して使います。ゆでてサラダやスープ、和え物のレシピに使います。他にも炒め物や焼くレシピなど様々な料理にお使いいただける食材です。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社