キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

きくらげをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

きくらげは名前からくらげの一種と勘違いされがちですが、きのこの一種です。欧米では「ユダの耳」と呼ばれ、キリストを裏切ったユダに関連しているため食用としては使われていません。日本・中国・台湾・韓国では食用と食用として使われ、肉厚でぷりっとした食感が食べ応えがあり、オイスターソースと相性がよく中華料理によく使われます。炒め物・スープ・揚げ物など幅広い料理に活躍します。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてきくらげのレシピを紹介しています。きくらげを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

きくらげの栄養素

きくらげは不溶性・水溶性どちらの食物繊維も含まれており、ごぼうの約3倍含まれています。食物繊維は腸内環境を整えて、便秘の解消に役立ちます。血中カルシウム濃度を調節するビタミンDや、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、貧血予防を改善する鉄分や亜鉛などのミネラル類を含んでいます。きくらげはカロリーも低く食べ応えがあるので、ダイエット中の食材におおすすめです。

きくらげの種類

きくらげにはいくつか種類があるので紹介します。「あらげきくらげ」は国内で栽培されている主なきくらげで、あらげの意味は表面に毛が密集していることから名づけられました。「きくらげ」は傘が小さめで乾燥保存には向きません。「白きくらげ」透き通るような純白をしていて、中国では高級食材になっています。「乾燥きくらげ」はきくらげを乾燥させたもので、水に戻してから使います。

きくらげの旬

! /image/〇〇
きくらげは地域によって採れる時期に差がありますが、おおむね4月~10月頃に採れます。旬は6~9月の夏になり、栽培されたきくらげや乾燥きくらげは1年を通じて流通しています。乾燥きくらげはいつでも手に入って、保存も効いて水に戻すだけで気軽に使えますが、コリコリの食感は生キクラゲだけで味わえます。ぜひ旬の時期に生きくらげを使った料理を作ってみましょう。

きくらげの産地

きくらげは日本各地で自生していますが、流通しているきくらげはほとんどが栽培ものになります。生きくらげの生産のトップは熊本県で、次いで茨城県、鹿児島県、北海道、新潟県が続いています。乾燥きくらげの生産のトップは北海道で、次いで山口県、大分県、福島県、鹿児島県になっています。きくらげは輸入物も多く、中国からの輸入が一番多くなってます。

きくらげの保存方法

生きくらげを保存する場合は、冷蔵保存が適していて乾燥を防ぐためにビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。きくらげは冷凍保存も可能で、きくらげを水洗いして石突を落として熱湯で30秒ほどさっと茹でます。食べやすいサイズにカットして水気を切って、フリーザーバッグに入れて空気をしっかり抜いて冷凍庫で保存します。解凍しなくても凍ったまま炒め物やスープに入れて使えます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

きくらげの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

きくらげの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

きくらげの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

きくらげの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

きくらげの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

きくらげをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社