キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

あさりをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

手頃に使える貝類として人気なのがあさりです。みそ汁・パスタ・酒蒸し・炊き込みご飯など、さまざまな料理に使うことができます。醤油や酒と言った和食の調味料から、バターやオリーブオイルといった洋食の調味料とも相性がよく使い勝手のいい食材です。あさりはうま味が豊富で、あさりを使うことで料理の味わいにアクセントを加えておいしさをアップします。砂出しなどの下処理に手間がかかりますが、殻から外して下処理されたあさりの水煮缶を使うと簡単に料理に使えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてあさりのレシピを紹介しています。あさりを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。


あさりの栄養素

あさりは鉄分が豊富で、100gあたり約7mg含まれています。鉄分は赤血球を作る上で必要な成分で貧血に効果があり、貧血気味の時にぜひ摂りたい食材です。正常な細胞や赤血球の生成を助けるビタミンB12、血液をさらさらにして二日酔いに効果のあるタウリンが豊富です。その他にも美肌効果や慢性疲労の予防をするビタミンB2、必須ミネラルの1つの亜鉛など、体にいい栄養素を豊富に含んでいます。

あさりの旬

あさりは産地によって旬の時期にずれがありますが、主に海水が温かくなり始める2〜4月の春と、気温が下がってくる9〜10月の秋頃が旬になります。海水の温度が20℃前後があさりの産卵条件に適しているため、海水温度が20度前後にな春と秋があさりの旬になります。この時期になると潮干狩りのシーズンになって賑わいます。春から初夏にかけてのあさりは肉厚でふっくらとしておいしく、関東以南の地域では秋に産卵期となり秋のあさりも味に定評があります。

あさりの種類

! /image/〇〇
あさりは産地によって殻の色調や柄に特徴があります。アメリカ原産のホンビノス貝は、大アサリに似た外見で殻は厚めでクラムチャウダーに向いています。北海道産のものは模様が少なく、少し大きめで殻が厚いのが特徴です。愛知県産のものは殻が薄くて身がふっくらとしていて、千葉県産はブルーなど色が鮮やかのものが多くなっています。その他にもヨーロッパアサリ・ベルギーアサリ・フキアゲアサリ・オニアサリなどたくさんの種類があります。

新鮮なあさりの選び方

野菜や魚は新鮮かどうかを見分けやすいですが、あさりの鮮度は外見から判断しにくいですよね。鮮度が低いあさりで選んでいけないものは、殻が開ききったものです。手でつついて衝撃を与えても全く動かないものは選ばないでください。口をしっかり閉じているものを選び、殻に模様がはっきり浮び出ているものがおすすめです。殻の表面にぬめりがあり、ぎざぎざが深くふっくらしているものを選び、あまり軽いものは避けた方がいいでしょう。

あさりの下処理方法

あさりを料理に使う前に塩抜きをする必要があります。塩抜きをしないと砂が残って、じゃりじゃりとした歯ごたえになってしまいます。水300ml対して9~10gの塩を入れて、20℃位の水温に設定します。バットなどの底が平らな容器にあさりを並べて塩水を入れて、新聞紙を上にかぶせてラップをし冷暗所に数時間置いておきます。スーパーで買ったものは約2~3時間、潮干狩りしたあさりは一晩塩水につけておきます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

あさりの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

あさりの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

あさりの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

あさりの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

あさりの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/


広告

あさりをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社