キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

長芋の記事一覧

キッチンブックの「長芋」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 長芋を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    長芋はヤマノイモ科ヤマノイモ属に属し、独特のぬめりがあるのが特徴です。そのまま切って生で食べられるお芋は世界でもめずらしく、長芋を切って醤油やポン酢で和えるだけで一品が作れる便利な野菜です。すりおろして揚げ物の生地や溶き卵に入れるなど、アレンジが自由自在なので料理の幅が広がります。長芋のぬめりには、胃腸機能の回復やたんぱく質の消化を助ける効果があります。その他にも鉄・亜鉛・カリウムなどのミネラルが含まれ、便秘の解消に役立つ食物繊維も豊富です。長芋は栄養価が高いだけでなく、長芋100gのカロリーは65kcalと芋類の中では低いためダイエット中におすすめの野菜です。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 長芋を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    長芋は、中国が原産地で、日本国内では北海道と青森県で生産量の8割以上を占めています。長芋の収穫時期は、春堀りと秋掘りの2回です。秋掘りの長芋は水分が多く、皮が薄いため、ひげ根をあぶって処理すれば皮ごと食べられます。春掘りの長芋は土の中でじっくりと熟成されるので、うま味が濃いのが特徴です。また、長芋に含まれるね、ムチンと呼ばれるばねば成分は、私たちの体の粘膜を保護する働きを持っています。そのため、胃腸を整えてくれるだけではなく、鼻の粘膜を保護してバリア機能を高めてくれる力を持っています。そんな長芋を日々の献立に取り入れて、元気な毎日を過ごしましょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 山芋を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    山芋は長いもや大和芋などの総称で、すりおろしてとろろにしたりカットして炒め物に使うなど色々な使い方ができます。独特のぬめり成分はタンパク質の消化吸収を助ける働きがあり、疲労回復に役立つビタミンB群も豊富で疲れがたまっている時などに積極的に取り入れたい食材です。山芋に含まれる食物繊維のマンナンには便秘予防の他、コレステロールや血糖値の上昇をおさえる作用を持ち、高血圧の予防に効果的なカリウムやマグネシウムも多く生活習慣病の予防にもつながります。生で食べるとシャキシャキとした歯ごたえを楽しめる山芋ですが、熱を加えていくとサクサクからホクホクへと食感が変わります。炒める時間や切り方によって歯ざわりが変わるので、さまざまな食感を楽しめるのも魅力です。「この記事では、「山芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 長芋を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    そのまま食べるとサクサク、すりおろすとトロトロの食感が楽しい長芋。中国が原産の芋で、日本では北海道と青森県で多く作られています。長芋の旬は1年に2回。11~1月に収穫されるみずみずしい秋堀りと、3~5月に収穫されるうま味が熟成された春堀りがあります。長芋はムチンという粘りのもととなる成分を含んでおり、胃の粘膜を保護する力を持っています。また、長芋は消化酵素を含んでいるため、食事に含まれるでんぷんの消化を助けるだけではなく、芋の一種でありながら、生で食べられるのです。長芋はとろろのように生で食べられる他、焼く、揚げるといった加熱調理に向いています。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 長芋を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    長芋は、ヤマノイモ科に含まれる食品です。栄養素はカリウムを多く含み、粘り気が有るのが特徴です。この粘り気は、胃の粘膜を保護してくれる作用を持っていることが知られています。長芋の主な産地は、北海道や青森県が挙げられます。選ぶときのポイントは、皮に張りがあり艶がる物を選ぶようにして下さい。既に切られた状態で販売されているものは、断面が白い物を選ぶようにしましょう。長芋を触るとかゆくなる場合は、調理する前に酢水を手に付けることをおすすめします。また長芋は時間が経つと変色するので、直ぐに調理しない場合は酢水につけてあく抜きして下さいね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 長芋を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    長芋は、すりおろして「とろろ」として食べることが多いですが、様々な健康効果を持つ食材なんです。消化を助ける酵素を持ち、ぬめり成分が胃の粘膜を保護し、胃もたれや胸焼けを防ぐので、胃腸が弱っている時にも最適です。長芋はレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)が多く、食物繊維と同様に働き、便秘を改善したり、食後の血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果的です。ディオスコリンAは、試験管内の実験で、インフルエンザウイルスの活性を抑える作用がわかっています。消化酵素やディオスコリンAは熱に弱く、生で摂取をおすすめしますが、レジスタントスターチは煮ても効果が得られるので、時には煮るレシピで違った長芋の食感、味を楽しんでみてはいかがでしょう。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 長芋を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ネバネバに栄養がたっぷり詰まった長芋は、通称「ヤマノイモ」まとめられ、地方によって呼び方が異なり、自然薯、大和芋、長芋などを総まとめして「山芋」と呼ばれます。長芋には、亜鉛・カリウム・鉄・ビタミンB群、ビタミンCが多く含まれ、むくみや貧血対策、美容など女性には嬉しい栄養がたっぷり含まれています。独特のぬめりには胃腸機能の回復や粘膜を保護をする働きがあり、消化にいいため、体調の優れないときにも口当たりがよく取り入れやすいため、体力回復に期待できますね。またダイエット中の方にも失いやすい栄養を補ってくれるので積極的に摂りたいです。生のままでも加熱しても美味しく食べられる長芋を様々な料理にアレンジして積極的に取り入れたいですね。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【長芋の人気レシピ】おすすめの作り方厳選20まとめ!定番からアイデア料理も

    長芋(ながいも)は、日本で縄文時代からすでに食べられていたことが知られている山芋の一種。 年間を通して手に入りますが、旬は7月頃。青森県と北海道で全体の70%ほどの山芋が作られています。すりおろした時の強い粘り気が特徴で「とろろ」として食べることが多いですね。 短冊切りにした時のシャキシャキの食感も独特で、サラダや酢の物などの料理に重宝されます。すりおろしてお好み焼きやまんじゅうのつなぎに入れるなど、縁の下の力持ち的な使い方もできる万能選手です。 そんな長芋をとろろ以外にも幅広く味わうためのレシピをまとめました。長芋のサラダ・長芋のおかずのカテゴリに分けて紹介します。

広告

運営会社