キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

白菜の記事一覧

キッチンブックの「白菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ7選

    鍋料理には欠かせない白菜は冬を代表する野菜の一つです。ほとんどが水分でできている白菜はカリウムやミネラルを豊富に含み、ビタミンもバランスよく含みます。食物繊維も豊富に含まれるため、便秘対策やダイエットにも効果的ですよ。ビタミンやカリウムは水に溶けやすい性質を持っているため、鍋やスープにした時は煮汁までいただきましょう。加熱することで量が減り一度にたくさん食べられて、栄養の吸収率も上がることも嬉しいですね。霜に当たった白菜はより甘みを増して、旬のものは栄養価も高まりおすすめです。ハリとツヤのある白菜を選んでぜひ料理に活用してくださいね。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    11月から2月に旬を迎える白菜。寒い季節に甘みが増し、鍋物に欠かせない野菜の代表格です。くせがなく優しい味わいで、どの食材とも相性がよく様々な料理に大活躍します。がん予防に期待されているイソチオシアネートを含むほかビタミンCも豊富でかぜ予防や美肌にも効果的ですよ。カリウムやカルシウムなどのミネラルもバランスよく含み、食物繊維も多く生活習慣病の予防にも役立つなど美容と健康をサポートしてくれる優秀食材なんです。ビタミンCは熱に弱いので鍋物で余ったらサラダにするなど調理方法を工夫すると効率よく栄養が摂取できます。緑色の濃い外葉はかためですが栄養豊富なので煮物など加熱する料理に。白菜は中心部ほど甘みが強くてやわらかいので生食におすすめです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    白菜は、東洋の料理には欠かせない葉物野菜です。薬膳的には温冷の作用をバランス良く持ち滋養強壮に優れているとされ、大根・豆腐と並んで「養生三宝」に数えられています。そのほとんどが水分で出来ている一方、カリウム・カルシウムなどのミネラルや多種のビタミン・アミノ酸を含んでいるのが特徴です。100gあたり約14kcalと低カロリーの白菜は、ダイエット中の人におすすめの食材でもあります。特筆するべきは白菜に含まれる不飽和脂肪酸の効果。この成分は脂肪細胞の増加を防いでくれるため、特に子どもの頃から多く摂取すると太りづらい体質になると言われていますよ。生で食べても歯触りが良く、炒め物などにして甘みを引き立たせるのもおすすめです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    東洋を代表する葉野菜の「白菜」。やや甘い味ではありますが癖がなく、調理の工夫次第で主役にも脇役にもなりえる万能食材です。白菜を選ぶときは、胴がよく張っていて根のほうに向かって丸みを帯びていること、ずっしりと重量感のありみずみずしいものを選ぶようにするとよいでしょう。また、カットされている場合は葉の部分が乾いているものは避けたほうが良いです。調理のさいは水気が出やすいので、それを考慮して水分調節してください。炒めるときには強火で一気に炒めるのがポイントです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    秋冬に旬を迎え、鍋料理には欠かせない白菜。白菜の95%は水分でできているため、水をたくさん加えなくても白菜から旨味たっぷりの水分が出て美味しく調理することができます。スープごと食べることで栄養も逃さず体内に取り入れることができますよ。ビタミン、食物繊維、ミネラルなどバランスよく様々な栄養を含む白菜は冬の栄養補給にぴったりの野菜です。鍋の場合、組み合わせる具材によって栄養素もアップして健康・美容効果も高まります。冬になると風邪などのウイルスが蔓延するため、まずは体の免疫力を高めて風邪予防の対策をしましょう。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    11月から2月にかけて寒い季節に旬を迎える白菜は、野菜の中でもカロリーが低く、様々な食材と相性の良い淡色野菜の仲間です。緑色の濃い部分はカロテンが多く含まれ、外葉にはビタミンCがより豊富に含まれるので風邪に注意したい季節にぴったりですね。他にも、カリウム、マグネシウム、ミネラルがバランスよく含まれているのも特徴で、鍋料理にたっぷり入れていただきたいです。白菜は煮ることでより甘みを増しますので、鍋はもちろん、煮浸しなどもおすすめです。加熱するとぐっと量が減りますので一度にたくさん食べられ、栄養の吸収率も良くなりますよ。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    鍋ものが恋しくなる冬には欠かせない白菜。白菜の旬は11月~2月で、このころは甘みも増し、身もぎゅっとしまっておいしくなります。産地は茨城県と長野県が有名で、この2県で日本の生産量の半分を担っています。旬は冬ですが、産地を変えて出荷しているので年中食べられます。白菜は味にクセがないため、いろいろな料理に応用できます。ビタミンCが豊富で、風邪予防や疲労回復にも効果的。火を加えると量が減るため、野菜をたっぷり取りたい人にはおすすめの野菜です。白菜は和風、洋風、中華などさまざまなテイストで食べられるので「焼く」という調理法一つでもレシピはです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜の人気レシピ20選:白菜は鍋以外にも使える!

    白菜は鍋料理や漬物に無くてはならない野菜です。水分を多く含み瑞々しく、癖のない味で子供たちにも大人気です。シャキシャキした歯触りをしていますが、煮込むことでとろけるような柔らかい触感に変わります。旬は10月~2月の秋から冬にかけてで、ちょうど寒い時期なので鍋料理に重宝する野菜です。ただ一株が大きいため、丸々1個買ってきても使い切るのに毎回苦労してしまうという人も多いでしょう。白菜は好きだけど鍋料理にしか使わない、という声もよく聞かれます。そこで今回、簡単に作れるおすすめの白菜レシピをまとめました。煮物や煮込み、サラダ、スープや鍋、丼やうどんと、幅広い料理を紹介します。

広告

運営会社