キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

白菜の記事一覧

キッチンブックの「白菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

広告

  • 白菜を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    冬の鍋料理に欠かせない野菜の代表格である白菜。低カロリーで食物繊維やカリウムも豊富で、便秘やむくみ解消に効果がありダイエット中にも最適です。外側の緑色が濃い葉にはカロテンが多くビタミンCも豊富なので風邪予防にも役立ち、アリルイソチオシアネートと呼ばれる抗酸化成分も含まれ、体の老化を防ぐアンチエイジング効果も期待できます。白菜にはビタミンKも含み、ビタミンC・Dと共に丈夫な骨や歯を作るのに欠かせません。成長期の子供や骨粗鬆症の予防にはカルシウムやビタミンDが豊富な食材との組み合わせがおすすめです。白菜に豊富なビタミンCやカリウムは水溶性なので、汁ごと栄養がとれる鍋物やスープ、炒め物など栄養を逃さないおかずレシピを活用して効果的に摂取しましょう。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    冬野菜の代表でもある白菜は、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている淡色野菜です。選ぶときのポイントは、持ってみてずっしりと重量感を感じられる物を選びましょう。また巻きがしっかりとしており、底面を見て切り口がみずみずしい物は新鮮な証拠です。白菜に含まれているビタミンB群は、水溶性なのでスープや鍋料理などに使う時は汁も残さずに食べるようにしましょう。また加熱すると量が減るため、野菜を多く摂取したいときには加熱する調理方法を選んでください。保存方法は丸ごと保存する場合は、新聞紙などで包み涼しいところで保存します。カット済みのものは、ラップで包み冷蔵庫内の野菜室で保存するようにしましょう。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

    チンゲンサイなどのアブラナ属の仲間である白菜。1年中出回っている白菜ですが、旬は11月頃から2月頃で、その時期は甘みを蓄えた物が多いのです。白菜は水分の多い食材ですが、ミネラル類であるカリウム、カルシウムなどを豊富に含んでいます。またビタミン類のバランスが良く含まれています。そしてカロリーが低く、食物繊維も豊富に含んでいるため、ダイエット中にもおすすめです。そんな白菜を選ぶ際、1つ丸ごと購入する場合には、上がしっかり閉まっていて、重く、外の葉が緑色の物がよく。また半分などに切られている場合には、切ってからの時間が経つと断面が膨らんでくるため、切ってある面が平らで、黄色の物がよいのです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:パン】おすすめ10選

    白菜は秋から冬が旬の野菜であり柔らかい品種のものは日持ちがせず、硬めのものは保存性がききます。新鮮な白菜は巻きが強く葉に弾力があります。カットされたものは断面が平らなものを選びます。白菜のおよそ95パーセントは水分であり食物繊維やビタミンCを多く含んでいます。ビタミンCには美肌効果があるので白菜は女性に嬉しい食材と言えます。また、糖質が少ない食材なので糖質制限ダイエットに最適です。煮物、鍋物、炒め物などの料理に活用されている白菜はパンと組み合わせたレシピも多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:おやつ】おすすめ6選

    水分を多く含みクセがなく、低カロリーな白菜は、キャベツや大根と同じアブラナ科の野菜です。白菜は、店頭でよく見かける円筒型の白菜の他、使い切りやすいサイズのミニ白菜、内側の葉がオレンジ色のオレンジ白菜、葉先が開いた山東菜、色鮮やかな紫白菜など、いくつもの品種があります。原産地は中国で、日本では茨城県や長野県で多く生産されています。そんな白菜は、炒め物にしてシャキッとした歯触りを楽しんだり、煮込んで甘みを引き出したり、さまざまな楽しみ方がありますね。冬に旬を迎え、ぎゅっと甘みがつまった白菜をおやつに取り入れて、健康的な毎日を手に入れましょう。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:離乳食】おすすめ10選

    漬物や炒め物、煮物など、調理の幅が広い白菜。シャキッとした食感も、熱が入ってとろっとした食感のどちらも甘みがあって魅力的ですよね。味に癖がないため比較的どんな調味料も合わせやすいのが特徴的です。そんな白菜はアブラナ科の一種で、チンゲン菜などの仲間となり、日本で生産されている量もトップクラスです。最もおいしいと言われている季節は晩秋から冬にかけてで、鍋を食べることの多い季節の11月~2月ころとなります。寒い時期の白菜はぎゅっと結球し、甘みを蓄えているのでより美味しく食べられます。選ぶ際はしっかりと葉の上の部分が閉じていて、ずっしり重いものを選ぶようにしてください。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    白菜は優しい甘みとクセのない味わいで、幅広い料理に活躍する人気の冬野菜です。95%が水分で低カロリー・低糖質なうえに食物繊維も多く便秘解消やダイエットにも最適です。ビタミンCが豊富で免疫力を高めたり、美肌効果、ストレス解消に役立ちます。カリウムも多く体の余分な塩分や老廃物を排出してくれるので、高血圧予防やむくみ解消にも効果的なんです。濃い緑色をした外葉は固めですが、ビタミンCやβ-カロテンが多いので捨てずに利用しましょう。白菜をあんかけなどにしたご飯ものレシピなら、様々な食材との組み合わせで一皿で栄養バランスが整うので忙しい時にもおすすめです。煮ることでカサも減り、たっぷりと栄養補給できますよ。白菜を活用して風邪や寒さに負けずに元気に過ごしましょう。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    鍋料理に欠かせない野菜と言えば白菜ですね。白菜はチンゲンサイと同じアブラナの一種です。淡白な味わいでクセがないため食べやすく、どんな食材とも合わせやすいので料理に重宝する野菜です。白菜は生でも食べられるので、刻んでサラダに入れたりお漬物にもよく使われます。醤油やポン酢といった和食の調味料と相性抜群ですが、バターや生クリームと言った西洋の食材とも合わせやすく幅広い料理に活躍します。白菜はカリウムやカルシウムなどのミネラル類、ビタミン類などバランスよく含んでいるので、野菜不足の時に食べたい野菜です。白菜は丸ごと一個買うとたくさん使えるので、白菜を使ったヘルシーな料理を作ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    冬の風物詩と言えば鍋料理ですが、鍋料理に欠かせない野菜が白菜です。どんな味の鍋にもよく合い、味や臭いにクセがないため他の食材と一緒に入れやすいのも特徴です。炒め物やスープなどによく使われ、カロリーが低いのでダイエット中のかさ増しの食材としても人気があります。白菜には体内の余分なナトリウムを排出するカリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富で、アミノ酸やビタミン類もバランスよく含まれています。和食・洋食・中華とジャンルを問わず幅広い料理に使うことができ、大きさがあるので一つ買うと色々な料理に使うことができます。使い切れない場合は、生のままざく切りにしてジップロックなどの保存袋に入れると冷凍保存もできますよ。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    白菜の旬は秋から冬となり、季節によって価格差はあるもののスーパーでは旬に関係なく購入することができる野菜です。新鮮な白菜は巻きが強く葉に弾力があり切り口が割れていないものを選ぶと良いです。カットされている白菜を選ぶ際は盛り上がりがなく平らなものが良いでしょう。白菜は高血圧を予防するカリウムが含まれていて、他に美容効果が高いビタミンCや便秘改善効果がある食物繊維が豊富に含まれています。糖質が少ない食材なので糖質制限ダイエットをしている方にもおすすめです。白菜は茹でるとよりヘルシーに食べることができるのでぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    白菜はチンゲンサイと同じ仲間で、アブラナの一種です。鍋料理の具材としてよく使われる、冬を代表する野菜です。味や臭いにクセがないため食べやすく、好き嫌いの分かれることが少ない野菜です。生でも食べることができ浅漬けにもよく使われ、炒め物やスープなどにも活躍します。白菜は緑色以外にも、中身がオレンジ色のオレンジ白菜や紫色の紫白菜などもあります。白菜は突出した栄養素はありませんが、カリウムやカルシウムなどのミネラル類やビタミン類など、色々な栄養素がバランスよく含まれています。大きさがあるので一つ買えば色々な料理に使えて、お財布にもやさしい野菜です。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ7選

    鍋料理には欠かせない白菜は冬を代表する野菜の一つです。ほとんどが水分でできている白菜はカリウムやミネラルを豊富に含み、ビタミンもバランスよく含みます。食物繊維も豊富に含まれるため、便秘対策やダイエットにも効果的ですよ。ビタミンやカリウムは水に溶けやすい性質を持っているため、鍋やスープにした時は煮汁までいただきましょう。加熱することで量が減り一度にたくさん食べられて、栄養の吸収率も上がることも嬉しいですね。霜に当たった白菜はより甘みを増して、旬のものは栄養価も高まりおすすめです。ハリとツヤのある白菜を選んでぜひ料理に活用してくださいね。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    11月から2月に旬を迎える白菜。寒い季節に甘みが増し、鍋物に欠かせない野菜の代表格です。くせがなく優しい味わいで、どの食材とも相性がよく様々な料理に大活躍します。がん予防に期待されているイソチオシアネートを含むほかビタミンCも豊富でかぜ予防や美肌にも効果的ですよ。カリウムやカルシウムなどのミネラルもバランスよく含み、食物繊維も多く生活習慣病の予防にも役立つなど美容と健康をサポートしてくれる優秀食材なんです。ビタミンCは熱に弱いので鍋物で余ったらサラダにするなど調理方法を工夫すると効率よく栄養が摂取できます。緑色の濃い外葉はかためですが栄養豊富なので煮物など加熱する料理に。白菜は中心部ほど甘みが強くてやわらかいので生食におすすめです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    白菜は、東洋の料理には欠かせない葉物野菜です。薬膳的には温冷の作用をバランス良く持ち滋養強壮に優れているとされ、大根・豆腐と並んで「養生三宝」に数えられています。そのほとんどが水分で出来ている一方、カリウム・カルシウムなどのミネラルや多種のビタミン・アミノ酸を含んでいるのが特徴です。100gあたり約14kcalと低カロリーの白菜は、ダイエット中の人におすすめの食材でもあります。特筆するべきは白菜に含まれる不飽和脂肪酸の効果。この成分は脂肪細胞の増加を防いでくれるため、特に子どもの頃から多く摂取すると太りづらい体質になると言われていますよ。生で食べても歯触りが良く、炒め物などにして甘みを引き立たせるのもおすすめです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    東洋を代表する葉野菜の「白菜」。やや甘い味ではありますが癖がなく、調理の工夫次第で主役にも脇役にもなりえる万能食材です。白菜を選ぶときは、胴がよく張っていて根のほうに向かって丸みを帯びていること、ずっしりと重量感のありみずみずしいものを選ぶようにするとよいでしょう。また、カットされている場合は葉の部分が乾いているものは避けたほうが良いです。調理のさいは水気が出やすいので、それを考慮して水分調節してください。炒めるときには強火で一気に炒めるのがポイントです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    秋冬に旬を迎え、鍋料理には欠かせない白菜。白菜の95%は水分でできているため、水をたくさん加えなくても白菜から旨味たっぷりの水分が出て美味しく調理することができます。スープごと食べることで栄養も逃さず体内に取り入れることができますよ。ビタミン、食物繊維、ミネラルなどバランスよく様々な栄養を含む白菜は冬の栄養補給にぴったりの野菜です。鍋の場合、組み合わせる具材によって栄養素もアップして健康・美容効果も高まります。冬になると風邪などのウイルスが蔓延するため、まずは体の免疫力を高めて風邪予防の対策をしましょう。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    11月から2月にかけて寒い季節に旬を迎える白菜は、野菜の中でもカロリーが低く、様々な食材と相性の良い淡色野菜の仲間です。緑色の濃い部分はカロテンが多く含まれ、外葉にはビタミンCがより豊富に含まれるので風邪に注意したい季節にぴったりですね。他にも、カリウム、マグネシウム、ミネラルがバランスよく含まれているのも特徴で、鍋料理にたっぷり入れていただきたいです。白菜は煮ることでより甘みを増しますので、鍋はもちろん、煮浸しなどもおすすめです。加熱するとぐっと量が減りますので一度にたくさん食べられ、栄養の吸収率も良くなりますよ。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    鍋ものが恋しくなる冬には欠かせない白菜。白菜の旬は11月~2月で、このころは甘みも増し、身もぎゅっとしまっておいしくなります。産地は茨城県と長野県が有名で、この2県で日本の生産量の半分を担っています。旬は冬ですが、産地を変えて出荷しているので年中食べられます。白菜は味にクセがないため、いろいろな料理に応用できます。ビタミンCが豊富で、風邪予防や疲労回復にも効果的。火を加えると量が減るため、野菜をたっぷり取りたい人にはおすすめの野菜です。白菜は和風、洋風、中華などさまざまなテイストで食べられるので「焼く」という調理法一つでもレシピはです。 この記事では、「白菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 白菜の人気レシピ20選:白菜は鍋以外にも使える!

    白菜は鍋料理や漬物に無くてはならない野菜です。水分を多く含み瑞々しく、癖のない味で子供たちにも大人気です。シャキシャキした歯触りをしていますが、煮込むことでとろけるような柔らかい触感に変わります。旬は10月~2月の秋から冬にかけてで、ちょうど寒い時期なので鍋料理に重宝する野菜です。ただ一株が大きいため、丸々1個買ってきても使い切るのに毎回苦労してしまうという人も多いでしょう。白菜は好きだけど鍋料理にしか使わない、という声もよく聞かれます。そこで今回、簡単に作れるおすすめの白菜レシピをまとめました。煮物や煮込み、サラダ、スープや鍋、丼やうどんと、幅広い料理を紹介します。

広告

運営会社