キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ささみをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

鶏肉のたくさんある部位の中でも、低脂肪でヘルシーなのがささみです。ささみは胸肉の一部で、胸部の奥にある小さな部位です。肉質は柔らかできめ細やかなので、離乳食で一番おすすめとされる肉がささみです。高たんぱくで低脂肪のため赤ちゃんでも消化しやすく、離乳食全般で活躍します。100gあたり105kcalとカロリーも低いので、ダイエット中の方にもおすすめです。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてささみのレシピを紹介しています。ささみを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ささみの栄養素

ささみは高たんぱくで低脂肪のヘルシーな部位です。三大栄養素である炭水化物・脂質・たんぱく質の代謝を促す、ナイアシン・パントテンといったビタミンB群が豊富に含まれています。皮膚や髪を健やかに保ち、善玉コレステロールを増やす働きがあります。コレステロールを減少させる不飽和脂肪酸と、エネルギー源になる飽和脂肪酸のバランスがよく含まれ、食べやすさ・栄養・カロリーの三拍子が揃っている優秀なお肉です。

ささみの選び方

ささみに限らず鶏肉は、見た目がピンク色のものを選ぶのが大切です。肌色にピンクが指したような色合いで、透明感や艶があるものを選ぶようにしましょう。鮮度が悪いものは色が白っぽく、パックにドリップが多いものは鮮度がよくないので気を付けましょう。表面にハリがあり、指で押したときに弾力があるものは新鮮なささみです。

ささみの下処理方法

栄養があってカロリーが低いささみは鶏肉の中でも申し分のない部位ですが、難を言えば筋があることです。筋を取らないと調理した時に筋が残って、ささみの柔らかい食感を楽しめません。調理する前には必ずささみの筋を取り除きましょう。方法は筋のついた面を上にし、筋の先端部分に切り込みを入れます。身を裏返して筋を下にして筋の先を指で持ち、包丁で押さえながらゆっくりと引いて筋を取り除きます。

ささみの保存方法

ささみは冷凍保存がおすすめです。生のささみを冷凍保存する場合は、筋を取ってささみを1本ずつラップに包み、ジップロックなどの保存袋に入れて空気をしっかりと抜いてから冷凍庫に入れます。加熱してから冷凍保存する場合は、酒と塩で茹でて繊維に沿ってほぐしてジップロックなどの保存袋に入れて平らにして冷凍庫で保存でします。生のささみを冷凍保存したものは2~3週間、加熱したささみは3~4週間で使い切るようにしましょう。

ささみを調理する際のコツ

ささみは脂肪分が少ないので、仕上がりがパサパサになってしまうことがあります。茹でてサンドイッチやサラダに使う場合は茹でて使いますが、茹でる時はお湯の中でしばらく放置しておくのがおすすめです。茹でるお湯の温度が高すぎるとパサパサの仕上がりになるので、沸騰後に火を止めたお湯にささみを入れて予熱で火を通します。塩を入れてお湯を沸かしてすぐに火を消して、ささみを入れて5分ほど置いておくとしっとりと仕上がります。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ささみの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

ささみを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

ささみはたんぱく質を多く含んでいる食品です。また低カロリーですのでダイエットをしている方にもおすすめです。ささみは低価格で購入することができますので家計にも優しいです。ささみは淡いピンク色のもの、ツヤがあり弾力があるものを選ぶと良いです。ささみは調理をするとパサついてしまいますが、酒をもみ込んで調理をするとパサつきを防止することができます。またジューシーに仕上げることができます。ささみは淡白な味わいですので他の食材との相性が良い食材です。中でも焼くレシピをおすすめしていますのでぜひ参考にしてくださいね。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

料理によく使われる鶏肉の部位は、主に胸肉・もも肉・手羽先・手羽元・ささみになります。ささみは胸肉の中にある一部のことを言い、笹の葉の形に似ているためささみと呼ばれます。ささみは鶏肉の部位の中でもたんぱく質が多く、脂質が少ないためダイエット中によく食べられる人気の部位です。胸肉と違って柔らかくて食べやすいため、離乳食にも使われます。サラダや炒め物、スープや揚げ物などさまざまな料理に使うことができ、和食から洋食まで違うスタイルの料理にも使いやすいです。たんぱく質以外にも鶏肉にはコレステロールを減少させる不飽和脂肪酸と、エネルギー源になる飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。クセがなくアレンジが効きやすい優秀な食材で、料理に欠かせません。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

ささみに含まれるタンパク質の量は、様々な肉の中でもトップクラスの優秀な食材です。筋肉のもととなるタンパク質はダイエット中はもちろん、筋トレの効果を最大限に高めるためには欠かせないですね。よりヘルシーに食べるには茹でてサラダにトッピングすることをお勧めしますが、淡白な味わいのささみはフライにしても相性抜群です。チーズとの相性も良く、チーズに含まれるビタミンB2は糖質や脂質をエネルギーに変える働きがあるため併せて摂ることをおすすめします。少し手間のかかる衣液の行程もマヨネーズを使えば簡単に、そしてジューシーに仕上げることができますよ。忙しい朝でも簡単なのでお弁当のおかずにもぴったりです。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

ささみは笹の葉に似ていることから「ささみ」と呼ばれています。ささみは胸肉の中にあり部位としてはとても少なく、高たんぱくで脂質が少ないためヘルシーなたんぱく質の代表になっています。胸肉と違ってパサつかず、火を通しても硬くなりにくく、しっとりとした食感が魅力です。クセのない味わいが料理に使いやすく、サラダや炒め物、揚げ物などさまざまな料理に使われます。和風から洋風までどんな調味料とも合わせやすく、アレンジが効きやすいのも魅力です。ささみはたんぱく質が豊富に含まれており、たんぱく質が消化されて生成されるペプチドには、病気の予防効果やカルシウムの吸収促進作用があり。骨粗鬆症の予防にも効果があると言われています。ささみは体にいい栄養素を含んだ優秀な食材です。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみの【蒸す】【煮る】【茹でる】レシピ特集

ささみを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

ささみは高たんぱくで低脂質なお肉として、ヘルシーな食材の代表格として人気があります。クセのない淡白な味わいが食べやすく、火を通してもパサつかずしっとりとした仕上がりのため離乳食にもよく使われます。胸肉は茹でたり火を通すと硬くなってしまいますが、ささみは柔らくて食べやすいのでサラダや蒸し料理の食材として人気があります。どんな調味料にも合わせやすく、和風・洋風・中華風などさまざまな料理や調理法に使うことができ、アレンジしやすいのが特徴です。たんぱく質以外にも鶏肉に含まれるアステアリン酸は、善玉コレステロールの生成を助けると言われており、体によくダイエットにも適した食材なので料理にぜひ使いましょう。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

脂肪をほとんど含まないささみはヘルシーなお肉代表で、ダイエットの強い味方です。タンパク質が非常に多く、消化・吸収が良いため、赤ちゃんの離乳食にも使えます。ビタミンB群やナイアシンも豊富に含み、炭水化物や脂質の代謝を促したり、皮膚や髪を健やかに保つ働きに期待されます。ささみの筋が少し硬くて食べるときに気になりますが、筋の主成分はコラーゲンなので食べても問題はありません。一緒に柔らかくなるまで煮込んで栄養を丸ごと体に取り込んでくださいね。弱火でじっくりと加熱することでパサつきを防ぎ、ふっくらと柔らかく仕上げられますよ。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

鶏肉の中でも低カロリー高タンパクでダイエット食としても人気のささみ。消化吸収が良く胃腸の弱い方などのタンパク源にも最適です。離乳食に使われるほど脂質が少なく、胃に優しい食材なんです。ささみはスジを取り除いて料理に使うことで格段に口当たりが良くなり、余熱を利用して茹でるなど工夫次第でしっとりとした仕上がりに。ささみは良質なタンパク質を摂取できる優れた食材ですが、脂質や糖質はほとんど含まないため、他の食材との組み合わせが重要です。脂質や糖質は不足すると疲れやすくなり、お肌はカサカサになるなど体の不調をきたすことも。ささみと野菜だけに偏らず、適量の主食も合わせ、良質な脂を持つ魚類など他のタンパク質も摂取しながらバランス良く取り入れると良いでしょう。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

低カロリーで高たんぱくの「ささみ」はとてもヘルシーでダイエットに効果的な食材です。肉の中では比較的安価なのも、主婦にとってはうれしいですね。加熱しすぎるとかたくなったり、パサパサになったりと欠点もありますが、電子レンジを使ったり、弱火でじっくり調理するなど工夫すればカバーできます。味がたんぱくなので、味付けしやすく、バリエーションも広がりますね。きのこや野菜と組み合わせれば、カロリーも抑えられ、ダイエット中のおかずにぴったりです。特に、ささみはレンジを使うと簡単に調理できるので、時短レシピも可能。ささみは、時間のないときやおかずに困ったときにとっても役立つお助け食材です。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

皮もなく、硬い筋を取り除けばどんな調理方法にも相性抜群なささみは、脂質が低くカロリーが控えめな一方で良質なタンパク質を豊富に含む嬉しい食材です。比較的安価で手に入れることもでき、お財布にも優しいところも嬉しいポイントですね。硬い筋はコラーゲンなので食べても問題はありませんが、サラダなど茹でたささみを使用するときには少し気になるところです。すでに取り除いたものも売られていますが、自分で取る場合は、割っていない割り箸に筋を挟んで押さえながら引っ張ると簡単に取れます。いつものサラダにささみをプラスするだけでタンパク質が摂れて栄養バランスが整い、食べ応えも出るのでダイエット中やスポーツで体を作るときにもおすすめですよ。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

肉類の中でもトップの高タンパク・低脂肪であるささみ。ダイエット食材として人気ですが、糖尿病や肥満などの生活習慣病の予防にも効果的です。赤身肉やハム・ソーセージなどの加工肉を食べ過ぎると糖尿病の発症リスクが上昇する事が分かっており、脂肪の少ないささみや魚介類、大豆などの植物性タンパク質も取り入れることで糖尿病のリスクを減らす事につながります。近年ではお子さんにも糖尿病の原因となる肥満が増えており、家族の健康維持に積極的に取り入れたい食材です。ささみを茹でて手でさけば、余分な油を使わずヘルシーな和えるレシピに大活躍。淡白な味がどんな食材とも好相性、サラダからおかずまで様々なバリエーションのレシピがあります。一緒に野菜も摂取できて野菜不足にも役立ちますよ。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

鶏ささみは、高たんぱくで低カロリーな食材でダイエット向きの食材と言われています。ささみ1本のカロリーは、約45キロカロリーと肉の中でもかなり低カロリーなのが分かります。また、脂質が少ないのもダイエット向きの理由の一つ。そんなささみを、簡単でヘルシーに調理するなら電子レンジを利用するのがおすすめです。ささみならレンジでチンして加熱すれば、簡単に手で割いて調理に活用できますよ。油を使わないのでとてもヘルシー。さらに洗い物も少なくなって一石二鳥ですね。サラダやバンバンジー、蒸し料理などレンジで作れるレシピは意外にたくさんありますよ。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

低脂肪、低カロリーなのに、しっかりたんぱく質がとれる鶏ささみ。ダイエット中にはしっかり取りたい食材ですよね。そんなダイエット中でも、時にはお酒を飲みたいもの。そんな時には、ささみを使って、ヘルシーなおつまみを作ってみましょう。ささみは調理時間も短く、安いので、ダイエット中でなくても料理に使いたいお助け食材です。にんにく、青しそ、梅、チーズ、塩だれなどの濃い目の味付けを意識すると、お酒にも合うおつまみができます。その上で、野菜やキノコなどと組み合わせるとカロリー控えめのレシピに。サラダ一つにしても味付けを変えることで、バリエーションが広がりますよ。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

高タンパク、低脂質でヘルシーなささみは、ダイエット中の強い味方ですね。ささみは鶏の胸肉の中でも奥の方にある希少部位。1羽の鶏からたった2本しかとれません。あっさりとした味わいは、赤ちゃんが初めて食べるお肉として、離乳食に使えるほど。やわらかな肉質と細かく裂けるような食感が食べやすく、人気を集めています。加熱する時にちょっとした工夫をすることで、固くならずにふっくらと仕上がります。サラダや揚げ物、ソテー、蒸し料理というようにさまざまなお料理に合うので、毎日の献立作りに取り入れやすい食材の1つです。ささみを使って、健康的な体を目指しましょう。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

鶏の胸肉の仲間で、1羽の鶏からたった2本しかとれないささみ。笹の葉に似た形をしていることから、ささみと呼ばれるようになったと言われています。肉質はやわらかく、きめ細かい食感が特徴です。脂肪分が少ないため、あっさりとした味わいがさまざまな料理に合わせやすく、人気を集めています。クセがないので、子供から大人まで皆で楽しめます。低脂質、高タンパクなささみは、ヘルシーなイメージがありますね。実は、生のささみ100gあたり105kcalなんですよ。他の肉類と比較して低カロリーですね。そんなささみは、ダイエット中や体力をつけたい時に積極的に取り入れたい食材の1つです。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

様々な料理に合う、ささみ。鶏肉から2本しか取れないささみは、間に竜骨突起と言われる骨の横についています。ささみ1本に対して1本ある筋を下準備で取る場合、割れていない割り箸、フォークなどで取り除けますよ。ささみのカロリーは100gあたり105キロカロリーです。鶏肉は他のお肉に比べると、もともとカロリーが低いですがその中でもささみは最も低カロリーです。また、タンパク質やいろいろなビタミンも豊富に含まれています。温かい麺の上にのせてもよし。冷たい麺の上にのせてサッパリさせるのもよしの万能食材です。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

鶏肉で胸肉の一部のことを指す、ささみ(笹身)。ささの葉に形が似ていることからそう呼ばれています。鶏の筋肉の一部なのですがほとんど筋肉として使われていません。そのため脂肪が少なくやわらかいのでおやつに使っても良いですね。ささみは焼き加減が難しく、焼きすぎるとパサパサになってしまうのでおやつレシピなどで調理する場合には注意が必要です。タンパク質は23%と多く、105キロカロリーと低カロリーなささみはおやつで食べてもヘルシーです。ささみには1本の筋があるので筋を取ってから調理してくださいね。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

ささ身とは、むね肉と隣接した部位の鶏肉です。形が笹の葉に似ているので「笹身」と呼ばれ始めたのだそうですよ。ささ身自体の味は淡白ですが、濃いめの味付けや揚げ物と相性抜群で、お弁当のおかずとしても大活躍してくれますね。むね肉よりも更に低脂肪でヘルシーなささ身は、減量中のたんぱく質補給にももってこい。ビタミンが豊富で、消化吸収にも優れています。ダイエット中や部活前にも安心して食べてもらえますね。調理前の鶏肉は傷みやすいため、しわしわでくすんだものやパックに肉汁が出ているものは避けて使いましょう。大量に買った場合はラップに包んで冷凍保存しておきましょう。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ささみを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

低脂質のヘルシーな肉として知られる鶏ささみ。むね肉の内側にある小さな2本の肉を指し、笹の葉に似た形なので「ささ身」と呼ばれているそう。ささ身をはじめとした鶏肉のたんぱく質にはメチオニンという必須アミノ酸が含まれていて、肝機能の強化を助けてくれます。消化吸収にもすぐれているので、体調の悪い人や子どもにも安心して食べてもらえるのが嬉しいポイント。更にビタミン豊富で、粘膜・消火器系を守ってくれる効果や血流を促す作用なども期待できますよ。イメージ以上の健康食材であるささみ、積極的に摂り入れていきたいですね。 この記事では、「ささみ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

ささみをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社