キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

鶏肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

豚肉や牛肉に比べると味にクセがなく食べやすいのが鶏肉です。胸肉・もも肉・手羽先・手羽元・ささみなどたくさんの部位があり、食感や形などの違いを楽しめるのが魅力です。焼く・煮る・蒸す・揚げる・炒めるなどさまざまな調理法ができ、和食から洋食まで幅広い調味料と相性がよくアレンジが効くお肉です。特にささみは離乳食から食べられる低脂肪で高たんぱくな部位で、ヘルシーなお肉を食べたい方には鶏肉がおすすめです。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて鶏肉のレシピを紹介しています。鶏肉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

鶏肉の栄養素

鶏肉はたんぱく質が豊富で、たんぱく質は三大栄養素の1つで筋肉・皮膚・内臓・髪などの体の組織をつくるのに欠かせない栄養素です。ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンKなどのビタミン類も豊富で、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。手羽先にはコラーゲンが豊富で、コラーゲンは血管や皮膚を丈夫にする働きがあり、美肌にも効果がある女性に嬉しい栄養素なので積極的に料理に取り入れたいですね。

ブランド鶏

地鶏とブランド鶏を混同してしまう方が多いですが、地鶏は全体のわずか1%で、日本農林規格ではっきり決められていて厳しい基準を満たす必要があります。ブランド鶏は地鶏のように厳密な規定はなく、一般のブロイラーよりも飼育期間を長くしたり良質なエサを与えて味を高めた鶏にことを言います。ブランド鶏には房総ハーブ鶏・赤鶏さつま・大山どり・三河赤鶏などがあります。

鶏肉の選び方

! /image/〇〇
鶏肉の選び方は、部位に問わずピンクがかった肌色に近いものを選ぶようにしましょう。鮮度が落ちると色があせて黒っぽく変色してくるので、透明感がありきれいなピンク色かどうかをチェックしましょう。新鮮だと水分をしっかり含んでいるので、ハリがあって弾力があります。鮮度が落ちると肉からドリップが出てくるため、パック内にドリップが多いものは鮮度に欠けるのでドリップの量にも注目してください。

鶏肉の下処理方法

鶏肉の下処理の方法は、まず水気は臭みの原因になるためキッチンペーパーなどでしっかりと水気を取ります。鶏肉の余分な脂肪を取ることで肉の臭みが消えて、おいしく仕上がります。余分な脂肪はカロリーアップにもつながるので、できるだけきれいに切り取りましょう。お肉を柔らかく仕上げるには切り込みを入れると火の通りが均一になり、皮にフォークなどで穴をあけることで焼いて肉が縮んでしまうのを防ぎます。

鶏肉の保存方法

鶏肉を保存するのは冷凍保存がおすすめです。鶏肉の水気をキッチンペーパーできれいに拭き取り、空気ができるだけ入らないように一個ずつラップできっちりと巻いてジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫に入れます。解凍したらすぐに使えるように一口大にカットしたり、下味をつけて冷凍するのもおすすめです。用途に合わせて使いやすいように冷凍保存するといいですね。冷凍保存したら3~4週間を目安に使い切るようにしましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

鶏肉の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

鶏肉の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

鶏肉の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

鶏肉の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

鶏肉の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

鶏肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社