キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

カリフラワーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ブロッコリーによく似ているカリフラワーは、キャベツの変種という共通点を持っています。カリフラワーは蕾が一つの塊のようになっていますが、ブロッコリーは伸びた茎の先端に蕾を作るという違いがあります。カリフラワーは味や臭いにクセがなく、あまり主張しない淡白な味わいなのでどんな食材ともよく合います。炒め物、スープ、揚げ物によく使われ、和食から洋食までどんな調味料ともよく合います。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてカリフラワーのレシピを紹介しています。カリフラワーを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

カリフラワーの栄養素

あまり栄養がなさそうなカリフラワーですが、実は体にいい栄養素を豊富に含んでいます。カリフラワーはカリウムが豊富で、体内の余分なナトリウムを排出し高血圧やむくみ防止に効果があります。ビタミンCも含まれ、風邪の予防や疲労回復、コラーゲンを生成しシミやニキビの改善に効果があります。その他にも腸内環境を整え便秘を解消する食物繊維を含み、低カロリーなのでダイエット中にもおすすめの野菜です。

カリフラワーの旬

カリフラワーは真夏以外はほぼ出回っていますが、旬の時期は1月~3月頃までの冬が旬の野菜です。収穫時期を変えながら全国で栽培されており、夏どり・秋どり・冬どりがありますが秋頃から多く出回り始めます。野菜は旬の時期のものが一番おいしいので、1月~3月頃にカリフラワーを料理に取り入れてみてはどうでしょうか。

カリフラワーの選び方

! /image/〇〇
カリフラワーを選ぶ際は手に持って、重さを確認しましょう。ずっしりと重さがあるものがおすすめで、軽いものは切り口に空洞ができてスカスカになっていることがあるので注意しましょう。形が丸く締まりがあって硬いものを選び、斑点が出て色がくすんでいるものは鮮度に欠けます。粉が吹いたようになっているものや、軸の切り口が変色しているものは避けてください。

カリフラワーの下処理方法

カリフラワーはえぐみがあるためアク抜きするために、下茹でするのがおすすめです。普通に塩茹でする以外にも、酢を入れて茹でるとカリフラワーが白く仕上がります。カットせずに丸ごと茹でることで、小房に切り分けると崩れにくくうまみを閉じ込めることができます。丸ごと茹でるときは大きめの鍋にたっぷりと湯を沸かして、かためにさっと茹でましょう。時間がない時は小房に切り分けてから茹でるのも大丈夫ですよ。

カリフラワーの保存方法

カリフラワーを冷蔵保存する場合は、ラップに包むか保存袋に入れて冷蔵庫の野菜庫で立てて保存します。約1週間を目安に使いきりましょう。冷凍保存も可能で、下茹でしてから小房に分けて水気をしっかり切って冷まします。バットなどに広げて凍らせてから保存袋に入れると、食感の劣化を抑えることができます。下茹では固めに茹でるのがコツで、自然解凍か電子レンジで解凍します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

カリフラワーの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

カリフラワーの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

カリフラワーの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

カリフラワーの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

カリフラワーの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

カリフラワーをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社