キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

人参をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

人参の原産地はアフガニスタンと言われ、日本には16世紀に伝来しました。子供が嫌いな野菜によく上げられますが、体にいい栄養素を含んでいるので積極的に取り入れたい野菜です。東洋系人参と西洋系人参があり、スーパーで売られている人参は西洋気人参が主流になっています。きれいな色合いが料理に彩を加え、スープ・サラダ・炒め物・揚げ物・焼き物など、あらゆる料理に使える便利な野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて人参のレシピを紹介しています。人参を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメの人参を使った人気レシピ10選

    料理によく使われる野菜の1つが人参で、家に常備しておくと幅広い料理に使える便利な野菜です。人参には西洋人参と東洋人参があり、スーパーなどで売られているのはほとんどが西洋人参になります。西洋人参は色がオレンジ色で東洋人参に比べると味や臭いにクセがないため食べやすく、生食もできるためサラダなどにも使われます。東洋人参は細長くて色身が赤に近く甘みが強いのが特徴です。子供の嫌いな野菜によく挙げられますが、人参に含まれるカロテンは体の免疫力を高めてがんを抑制する働きがあり、便秘を解消する食物繊維や体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。カレーやシチューなど子供が好きなメニューに入れて食べやすくするなど、できるだけ人参を料理に取り入れてみましょう。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理器具:フライパン】おすすめ10選

    緑黄色野菜の代表格である人参。秋から冬にかけて旬を迎えます。通年を通して楽しめる野菜ですが、旬の人参は甘みがアップするので特に美味しくなります。人参にはβカロテンが豊富で、皮膚や粘膜、髪や目の健康を維持し、アンチエイジングやがん予防に効果があります。Βカロテンは油との相性が抜群で、油と一緒に調理をすると、体内への吸収率がアップします。人参は乾燥に弱いので、新聞紙などに包んで冷倉庫で保存するのがおすすめ。切り口は傷みやすいので、すぐに使わない場合は、好みの大きさや形に切って冷凍庫で保存をすると、すぐに使えて便利です。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライパン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ9選

    栄養が豊富で、鮮やかなオレンジ色が料理の色合いを豊かにしてくれる人参。サラダや炒め物、煮物やスープの具など、さまざまな料理で活躍する万能野菜です。人参には抗酸化力のあるβカロテンが豊富で、粘膜や皮膚、髪の毛や目の健康を維持し、がん予防やアンチエイジングにも効果があります。高血圧やむくみの予防と改善に役立つカリウム、整腸作用があり便秘の解消に効果がある食物繊維も豊富です。βカロテンは油と一緒に摂取すると体内への吸収率が高まるので、オリーブオイルやドレッシングとの相性も抜群です。和食や洋食、エスニックなどさまざまな料理で大活躍の人参。ぜひ、積極的に取り入れて、健康生活に役立ててくださいね。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの人参を使った人気レシピ10選

    人参は旬に関係なく販売されている緑黄色野菜のひとつで、子供に好き嫌いが分かれる食材ですが大変栄養価が高い食材です。人参にはベータカロテンが豊富に含まれてがんを予防する働きや免疫力を高める働きがあります。油との相性が良く炒め物や煮物を作る際は油と併せて調理をすることでベータカロテンの吸収率をアップさせることができます。人参はひげ根が少なくツヤがあり根の切り口が小さいものを選ぶと良いでしょう。朝ごはんにぴったりな人参を使ったサラダ、サンドイッチ、おかずなどのレシピが紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • オススメの人参を使った定番人気レシピ10選

    きれいなオレンジ色が料理に彩を加える人参。人参には東洋人参と西洋人参があり、スーパーなどで流通しているものはほとんどが西洋人参になります。西洋人参は東洋人参より味にクセがないため食べやすく、生食もできます。炒め物・揚げ物・煮物・汁物・和え物・サラダなど幅広い料理に使えて、家に常備しておきたい野菜の1つです。和洋中問わずどんなジャンルの料理にも使えて、切り方次第で違った歯ごたえや見た目を楽しめます。人参は緑黄色野菜に属すためβカロテンが豊富で、抗酸化作用がありアンチエイジングも期待できます。その他にも食物繊維や体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、ビタミンA、食物繊維など体にいい栄養素を含んでいます。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの定番人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの人参を使った人気レシピ10選

    独特の味わいがあるため嫌いな野菜によく上がる人参ですが、緑黄色野菜に属すため栄養豊富なので積極的に摂りたい野菜の1つです。人参は抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、心筋梗塞や動脈硬化と言った生活習慣病を予防する働きがあります。その他にも便秘を解消する食物繊維や体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなどが含まれています。東洋人参と西洋人参があり、スーパーなどで売られているものは西洋人参が主流になっています。鮮やかなオレンジ色が料理に彩を加えて、炒め物・サラダ・スープ・和え物・麺類の具材など幅広い料理に使えます。おかず類以外にも、すりおろしてケーキやマフィン、パンケーキに入れるなどお菓子類にも使うことができます。にんじん嫌いな子供でも、お菓子に入れると食べやすくなるのでおすすめですよ。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    カレーやシチューのなどの煮込み料理をはじめ、焼く、揚げる、蒸すなど様々な調理方法ができる人参は常備野菜として欠かせない食材のひとつです。免疫力アップや肌の老化防止には欠かせないβカロテンを非常に多く含み、特に皮付近に多く含まれています。カロテンは油に溶けやすい栄養素のため、油と一緒に取り入れることで吸収率がアップするためきんぴらやグラッセ、天ぷらなどおすすめな料理ですよ。捨ててしまいがちな葉っぱにも栄養がたっぷり含まれ、カロテン、ビタミン、カルシウム、鉄分などをバランスよく含みます。少し苦味がありますが、お浸しや天ぷら、炒め物にすると食べやすく仕上がるのでぜひ試してみてくださいね。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    人参は一年中いつでも安定した値段で手に入ります。カレー、煮物、炒め物、サラダなど使える料理のバリエーションも多く、家庭料理には欠かせない存在です。玉ねぎ、じゃがいもと一緒に常備しておく方も多いのではないでしょうか。人参はほどよい甘みがあり、クセがないので子供にも安心して食べさせられます。人参はオレンジ色が鮮やかで型抜きでくり抜いて飾り付ければ、料理が可愛く仕上がります。人参にはβカロテン、カリウム、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。オリーブオイルなどの油と一緒に調理することで、栄養の吸収率が高まるため、がっつり系のお肉と一緒に炒め物にするのがオススメですよ。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    人参はオレンジ色が鮮やかで、甘みのある緑黄色野菜です。人参はβカロテン、カリウム、ミネラル類などの栄養が豊富に含まれています。βカロテンには免疫力を高めてくれる効果や、高い抗酸化作用で活性化酸素の働きを防ぎ、老化や生活習慣病を予防してくれる働きなどがあります。栄養価の高い人参は赤ちゃんの離乳食初期から食べられるので、赤ちゃんの初めての野菜として使われることも多い食材です。人参は、サラダ、煮物、揚げ物、炒め物などさまざまな料理に幅広く使える万能な野菜です。使い勝手が良く、一年中いつでも安定して買える人参、玉ねぎ、じゃがいもは家庭常用3野菜とも呼ばれています。人参を使ったヘルシーなレシピで、体の中から健康を作りましょう。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    一年中お店で見かける身近な野菜の人参。緑黄色野菜の中でもカロテンの含有量が比較的多いのが特徴です。カロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜、髪の健康を維持したり、視力を通常に保ったりする働きがあります。効率よく体内に取り込むには、加熱調理がおすすめです。カロテンは加熱すると吸収率が上がり、特に油で調理するとビタミンAの効果が上がるとされています。人参を食べてカロテンを摂取したい場合は、揚げ物や炒め物などのレシピにするのも一つの方法です。人参の糖質は、100gあたり6.5gと野菜の中では高めです。人参のグラッセなど、甘めの調理は控え、砂糖を使用しないレシピにするなどして工夫すれば糖質オフになります。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    カレーやシチューなどには欠かせない人参は、炒め物、漬物、サラダ、スープ、ジュース、ケーキなど、特有の甘さを活かして様々な料理に活用できる万能野菜です。鮮やかなオレンジ色にはβカロテンを豊富に含みます。免疫力を高め、がんや生活習慣病予防に効果的です。βカロテンは皮の近くに多く含まれるので、綺麗に洗って皮ごと調理するか、できるだけ薄く剥いて調理することがおすすめです。かつては、子供が苦手な野菜として名前の上がる人参でしたが、今では特有のにおいや風味を抑えた品種が増えて食べやすく改良されてい流ので、野菜が苦手な子供にもおすすめですよ。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    人参はなじみのある食材ですが、原産は中東のアフガニスタンと言われています。その後に、ヨーロッパの西洋系とアジアの東洋系に分類されました。見かける5寸人参は西洋系の人参です。また栄養素を豊富に含み、風邪やがん予防、高血圧などにも効果があります。βカロテンを豊富に含む野菜として有名ですが、皮の近くに多く含まれているためしっかりと洗って皮ごと食べるか、薄く皮を剥くなど工夫することで栄養を効率的に吸収できます。以前は香りが強く苦手な方もいたと思いますが、品種が改良され香りが少なく食べやすい物が増えました。オレンジや黄、紫などさまざまな品種があるためサラダなどの色を活かす料理に使うと食卓を華やかにできます。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    家庭料理には欠かせない人参は、常備しておきたい野菜の一つです。免疫力を高める効果や、抗酸化作用により生活習慣病やがんの予防に効果的なβカロテンを多く含みます。βカロテンは体内でビタミンAに変換されて、粘膜の維持や視力の保持にも有効ですよ。川の近くに多く含まれているので、よく洗って皮ごと調理するか、できるだけ薄く剥くことがおすすめです。人参にはトマトにも多く含まれる「リコピン」を含み、こちらも抗酸化作用があります。また、アンチエイジング効果にも期待できるので女性におすすめですよ。水気があると傷みやすので、表面の水気はよく拭き取ってから保存してくださいね。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    緑黄色野菜の代表格、人参。秋から冬にかけて旬を迎えます。人参に豊富なビタミンAは、体内でβカロテンに変わります。βカロテンは、皮膚や粘膜、目の健康を維持するために必要不可欠な栄養です。抗酸化作用があり、がん予防やアンチエイジングに効果があります。βカロテンは油との相性が良く、一緒に調理をすると吸収率が高まります。高血圧の予防に効果的なカリウムや、便秘解消に役立つ食物繊維も豊富です。和洋中、さまざまな料理に向く人参。いちょう切りや輪切り、千切りやスライスなど、下ごしらえをして冷凍庫で保存をすれば、時短料理にも活躍します。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    子供が嫌いな野菜の1つとしてよく上げられる人参ですが、鮮やかな色合いで料理に使うと彩を加えます。人参には東洋系人参と西洋系人参があり、東洋系人参よりも西洋系人参の方が味や臭いにクセがなく食べやすくなっています。今日ではスーパーなどで売られている人参は、ほとんど西洋系人参が占めています。西洋系人参は生で食べられ、サラダ・和え物・煮物・揚げ物・炒め物など幅広い料理に使われます。人参を使うだけで彩がきれいになり色々な料理に使えるので、家に常備しておきたい野菜の1つになっています。人参は緑黄野菜なのでβカロテン豊富で、抗酸化作用があり心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ効果があります。その他にも体の余分なナトリウムを排出するカリウムや、食物繊維などの栄養素を含んでいます。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    にんじんは玉ねぎ、じゃがいもと合わせて「家庭常用3野菜」と言われるほど、私たちの生活に欠かせない存在です。カレーやきんぴらなど、和洋中さまざまな料理に使われ、世界中で愛されている野菜です。そのほかにもスープのダシ、お菓子、ジュースにもなる万能な食材です。にんじんはラテン語名で「カロテン」に由来するほど、カロテンが豊富に含まれています。中くらいのにんじんの半分の量で1日分の野菜ビタミンAがとれてしまうほど栄養価の高い食材です。にんじんに含まれるβカロテンはリコピンが含まれているトマトと一緒に食べるとガン予防にもなりますよ。にんじん料理のレパートリーを増やして毎日の健康に繋げてくださいね。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    人参は様々な料理に使われている食材で老若男女問わず人気がある野菜です。旬の時期は秋となりますが、季節に関係なくスーパーでいつでも購入ができる身近な食材といえます。人参にはベーターカロテンが豊富に含まれていて、野菜の中では最も含まれている食材。ベーターカロテンを体内に効率よく吸収する方法は油と一緒に調理をするということです。炒め物や煮物を作る際は油で人参を炒めて調理をすると良いでしょう。栄養豊富な人参はご飯のおかずやおつまみ、お弁当のおかずなどレシピが数多く紹介されているのでおすすめの食材です。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    人参は生のままでも加熱しても食べられるため、レシピのバリエーションが豊富です。人参を使ったおかずは、酢豚、煮物、ツナ和えなど和洋中さまざまなレシピがあります。人参は加熱すると甘みが増すため、料理に甘みを加えたい時におすすめ。しかし、その甘さが苦手という人も多いでしょう。そんな時は、塩気の多いレシピを試してみてくださいね。また、人参をみじん切りにしたり他の具材と合わせることで、風味が気にならなくなります。人参はβカロテンやビタミン、カルシウムなどが含まれていて、美容や健康を意識する人にとっては欠かせません。ぜひ積極的に摂取してきれいな女性を目指してみましょう。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    煮物やカレー、シチューなど、和洋問わずに様々な料理と相性の良い人参。色も橙色で料理に色を付けたいときにはもってこいの野菜ですよね。原産は中央アジアのアフガニスタンで、ヒンドゥークシュ山麓(さんろく)で栽培されたことが始まりと言われています。現在の人参が日本に渡ってきたのは江戸時代後期になってからと言われています。そんな人参ですが、全体がなめらかな橙色で、皮にハリがあるものをおすすめします。肩の部分が緑がかっているものは避けたほうが良いでしょう。また、葉の切り口の軸が小さいほうが果肉が柔らかい傾向にあります。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    家に常備している野菜の1つが人参ですが、子供の嫌いな野菜としてもよく上げられます。独特の味わいが苦手という方もいますが、人参には豊富な栄養素が含まれているのでぜひ料理に取り入れたい野菜です。人参に含まれるカロテンには、体の免疫力を高めてがんを抑制する働きがあると言われています。カロテンは体内でビタミンAに変換され、髪・視力・粘膜・皮膚などの健康維持に効果があります。その他にも体の余分なナトリウムを排出するカリウムや食物繊維などが含まれています。人参は火を通して食べることが多いですが、オレンジ色の西洋人参は生でも食べることができます。サラダ・スープ・炒め物・スープ・煮物など幅広い料理に使えて、独特の色合いが料理に彩を加えます。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    緑黄色野菜のひとつでもある人参は、サラダに入れ生で食べたり、煮る・焼く・炒めるなどの調理方法にも適しています。人参の原産地はアフガニスタンと言われており、主にスーパーなどで見かける人参は西洋系のものです。人参はβ-カロテンを多く含み、この栄養素は体内に入るとビタミンAに変わります。ビタミンAは視力の維持や抗酸化作用の働きをもちます。β-カロテンは人参の皮の内側に多く存在しているので、なるべく皮を剥かずに食べた方がβ-カロテンを多く摂ることが出来ます。また脂溶性ビタミンなので、油との相性が良いことから揚げ物・炒め物などで調理方法や油入りのドレッシングをかけて食べて下さいね。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    色鮮やかな人参は、緑黄色野菜に分類されます。人参にはビタミンが豊富に含まれており、中でもβ-カロテンが多く含まれています。これは体内でビタミンAに変わり、体の抵抗力を高める働きがあることから風邪予防に役立つと考えられています。ビタミンAは脂溶性ビタミンのため、油に溶けやすい特性をもっています。そのため、油を使った炒め物や揚げ物にして食べると効率よく摂取できますよ。選ぶときのポイントは、色が濃くでこぼこしていない物を選びましょう。人参は冷凍保存できる野菜です。冷凍する場合、適当な形に切ってから密閉できる保存袋に入れて冷凍して下さいね。人参を使った料理を食べて、免疫力をアップしましょう。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    人参は根や葉を食用とする野菜ですが、一般的に、にんじんといえば根の部分を指します。人参は緑黄色野菜であり、カロテンを非常に多く含んでいます。カロテンには抗発がん作用や免疫をつける作用があるとしてしられていますが、そのほかに体内でビタミンAに変換されるため髪の健康維持や視力の維持などに働きかけてくれるとも言われています。油との相性が良く、揚げ物や油炒めなどのように、共に摂取することでビタミンAの効果が増します。また、皮がついてはいますが、皮をむいてもむかなくても食べられるところはとても魅力的ですよね。茹でるときには、にんじんは根菜なので水から茹でると均一に火が通りやすくなりますよ。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    家に必ず常備していると言ってもいいほど、よく使う野菜の人参。子どもの嫌いな野菜の1つによく挙げられますが、生でも火を通しても食べることができる便利な野菜です。サラダやピクルスにして生で食べたり、スープや炒め物、蒸し物、煮物などに入れたりとあらゆる料理に活躍します。独特の味わいがあるため好き嫌いが分かれることもありますが、彩がきれいで料理のアクセントにもなります。人参はカロテンを多く含み、体の免疫力を高めてがんを抑制する働きがあります。その他にも体の余分なナトリウムを排出するカリウムや食物繊維など体にいい栄養素を含んでいるので、積極的に料理に取り入れたい野菜です。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    子どもの嫌いな野菜の1つによく挙げられるのが人参。独特な味わいがあるため好き嫌いが分かれる野菜ですが、生でも食べることができサラダ・スープ・煮物・炒め物など色々な調理法ができる便利な野菜です。色鮮やかなため料理に使うとアクセントになって、彩がきれいになるのも特徴です。人参は原産地がアフガニスタンで、日本には16世紀に伝来しました。人参は東洋系人参と西洋系人参があり、東洋系人参は甘みが強く特有の臭いが強くなっています。現在は西洋系人参が主流となっており、スーパーなどでも西洋系人参が主に売られています。好き嫌いの別れる人参ですが、人参に含まれるカロテンは体の免疫力を高めてがんを抑制する働きがあり、細菌感染を防ぐのにも効果もあるので料理にぜひ取り入れたいですね。今回は人参を使った蒸すレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    どんな料理にも大活躍の人参。鮮やかなオレンジ色が彩りを添えてくれます。根菜である人参は体を温めてくれる作用があるので寒い時期に嬉しい食材です。人参は、β-カロテン、カリウム、カルシウム、食物繊維などが含まれ、栄養が豊富です。β-カロテンは野菜の中でも特に多く、体の中でビタミンAに変化して、免疫力を高めてくれる効果があり、風邪予防に最適です。脂溶性ビタミンのβ-カロテンは、生よりも、油で調理することで、多く摂取できるんです。人参自体にも、わずかな脂分が含まれるので、煮るなど、加熱するだけでも体への吸収率がアップします。秋から冬にかけての人参は、味も濃く、甘みも増して美味しくなります。ぜひ煮るレシピを参考に、煮物やスープにして美味しく栄養摂取しましょう。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 人参を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    鮮やかなオレンジ色で食卓が華やかになる人参。1年を通してスーパーで見かけ、様々な料理に使える便利な食材です。人参に含まれるβ-カロテンは野菜のなかでトップクラスです。β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、特に女性には嬉しいアンチエイジングや免疫力を高める効果があります。ビタミンAを体内にうまく取り入れられる方法は「油で加熱すること」ということはご存知でしょうか。生の人参ではβ-カロテンの吸収率が8%程度に対し、加熱すると2倍ほど上がり、油で加熱することで70%に上昇します。加熱することで甘みも増し、料理のアレンジも広がりますね。皮付近に最も多くの栄養が詰まっているので、皮ごと調理するか、薄く皮をむいて無駄なく栄養を取り入れてくださいね。 この記事では、「人参」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【りんごとにんじんを使ったスムージー】おすすめで人気のレシピ20選

    野菜嫌いの方でも美味しく摂取できるスムージー。様々な野菜や果物を生のまま摂取でき、栄養バランスもばっちり。胃腸にも負担がかかりません。ダイエットで飲む方も多く、レシピも簡単です。にんじんとりんごはどちらも抗酸化作用があり、美肌効果やアンチエイジングの効果が期待できます。スーパーで手に入りやすい食材なので、気軽に作ることができますよ。 この記事では、りんごとにんじんを使ったスムージーの効果や栄養に加え、りんごとにんじんを使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【人参を使ったおすすめレシピ】人気の作り方のみ20選まとめ:サラダからジュースまで紹介

    人参は栄養価が高い野菜の代表格ですが、苦手な野菜の代名詞ともなっており、大人になっても食べられないという人も少なくありません。β-カロテンをはじめとした栄養素も豊富に含まれており、最近ではアンチエイジング食材として話題になることも多いので、日々の食生活に上手に取り入れたい野菜です。年間を通して流通していますが、甘味が増す美味しい旬の時期は秋から冬にかけて。きんぴらやしりしりなどの作り置きおかずから、ヘルシーなスイーツ、免疫力アップの人参ジュースなど、料理ジャンルを問わずに簡単に作れるバリエーションの豊富さも魅力のひとつです。人参の人気料理の中からおすすめのレシピを、サラダ・ジュース・おかず・スープ・スイーツのカテゴリに分けて紹介します。

広告

運営会社