キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

人参をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

人参の原産地はアフガニスタンと言われ、日本には16世紀に伝来しました。子供が嫌いな野菜によく上げられますが、体にいい栄養素を含んでいるので積極的に取り入れたい野菜です。東洋系人参と西洋系人参があり、スーパーで売られている人参は西洋気人参が主流になっています。きれいな色合いが料理に彩を加え、スープ・サラダ・炒め物・揚げ物・焼き物など、あらゆる料理に使える便利な野菜です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて人参のレシピを紹介しています。人参を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

人参の栄養素

人参は緑黄色野菜のため、βカロテンが豊富です。βカロテンは抗酸化作用があり、がんや動脈硬化、高血圧の予防に効果があるとされています。その他にもβカロテンには呼吸器系統を守る働きや、髪や皮膚の健康維持を助ける役割があります。体内の余分なナトリウムを排出するカリウムや、腸内環境を整えて便秘を解消する食物繊維、肌荒れ防止効果があるビタミンAなどが含まれています。

人参の旬

人参は全国で生産され、産地を代えながら一年を通じて出荷されています。秋から冬の時期にかけてのものが一番おいしいと言われ、甘味があり栄養も豊富になっています。金時人参はお正月のお節料理に多く使われるため、12月~2月の冬が最盛期になっています。金時人参は他の人参のように通年手に入るものではなく、冬場のみ流通しています。

人参の選び方

! /image/〇〇
人参を選ぶ際は色がきれいで鮮やかなもので、表皮がなめらかでみずみずしいものを選びましょう。傷やひび割れがないもので、切り口が茶色や黒っぽくなっているものは鮮度に欠け、甘みが少なく味も落ちます。切り口部分が太いと葉に栄養分を取られていたり育ちすぎているため、芯の部分が硬くなっているものが多いです。切り口が細い方が芯まで柔らかく、甘味があっておいしくなっています。

人参の名産地

人参の生産地のトップは北海道で、全体の約3割を占めています。次いで千葉県、徳島県が多くなっており、金時人参は関西や香川県の生産量が多くなっています。春から夏にかけては徳島県・千葉県・青森県が多く、秋は北海道、冬は千葉県や愛知県で収穫されます。海外では中国の生産量がトップで全体の約4割以上を占めており、その他にはウズベキスタン、ロシア、アメリカが多くなっています。

人参の保存方法

人参を保存する際は、冬場だと新聞紙にくるんで箱に入れて冷暗所においておきます。それ以外の季節では新聞紙に包んで冷蔵庫に入れて保存します。カットしたものはラップに包んで冷蔵庫に入れて、数日以内に使い切ってください。冷凍する場合は使いやすいサイズにカットして、バットに並べて一気に冷凍します。凍ったらジップロックなどの保存袋に入れて、しっかりと空気を抜いて冷凍庫で保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

人参の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

人参の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

人参の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

人参の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

人参の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

人参をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社