キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ししゃもをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ししゃもは北海道の太平洋沿岸の一部でしか獲れない魚で、ししゃもという名称はアイヌ語の「スサム」に由来しています。北海道では古くから食べられていて、アイヌ民族の間ではししゃもに関する伝説が存在します。お酒のおつまみにも人気で、小さくて頭からしっぽまで骨ごと食べることができます。そのため魚の栄養を丸ごと摂ることができるのが魅力です。低カロリーで噛み応えがあるので、ダイエット中の方にもおすすめです。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてししゃものレシピを紹介しています。ししゃもを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

ししゃもの栄養素

ししゃもはカルシウムが豊富で、歯と骨の形成に欠かせない栄養素で100g中のカルシウム含有量は350mgもあります。青魚に多く含まれるEPAも含まれ、アレルギーの症状を抑える効果があります。脳を活性化させるDHAも含み、コレステロール値や血圧を下げる効用もあります。酵素の働きを助けるマグネシウム、新陳代謝を促す作用のある亜鉛、妊娠中に欠かせない葉酸、コラーゲンなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。

ししゃもの産地

ししゃもは北海道の一部でしか獲れない魚で、北海道南部の太平洋沿岸、釧路や十勝、八雲町で水揚げされます。獲れたししゃもを吊るして天日干しにする光景は、釧路や鵡川の風物詩になっています。ししゃもの漁獲量は少なくなっており、スーパーなどで売られているのは「からふとししゃも」と呼ばれるししゃもに似た魚です。よく似ていますがししゃもではなく、カナダ産やノルウェー産になっています。

ししゃもの旬

! /image/〇〇
ししゃもは10月~11月の間だけで水揚げされ、期間としてはとても短く近年では漁獲量はとても少なくなっています。ししゃもを獲る方法を「ししゃもこぎ網漁業」と言い、産卵の時期に川を上るところを漁獲されます。卵を蓄えた産卵の頃が旬となり、北海道の秋の風物詩とも言えます。ししゃもは産卵期でも味が落ちないためとてもおいしく、オスは産卵期は黒色に変色しますがメスは変色しません。

ししゃもの選び方

ししゃもは大きい方がおいしいと言われていて、肉厚で大きめのものがおすすめです。魚を選ぶ時は目がチェックポイントで、新鮮なものは目が透き通っていて鮮度にかけるものは目が濁っています。身の色はピンク色ぽいものが鮮度がよく、黄色っぽいものは鮮度が落ちているので避けましょう。色鮮やかな見た目で、ぷりっとした感じのものは脂がのっているのでおすすめです。メスのししゃもは卵がたっぷり入ってふっくらとしたものを選びましょう。

ししゃもの保存方法

ししゃもを冷蔵保存する場合は、ししゃもの内臓を取り除いて切り身にしてジップロックなどの保存袋に入れてチルド室で保存して、できるだけ早く食べましょう。ししゃもは冷凍保存も可能で、内臓を取って切り身にして余分なしっかり水分を拭き、ぴっちりとラップで包んでフリーザーバッグに入れて金属製のバットに入れて急速冷凍し約1ヶ月保存できます。解凍は冷蔵庫で冷温解凍するか、冷凍のまま調理するのがおすすめです。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ししゃもの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ししゃもの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ししゃも【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ししゃもの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ししゃもの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ししゃもをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社