キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

キャベツをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

キャベツのおすすめレシピを厳選!

キャベツの旬

キャベツの旬は品種によって異なり、一年を通して美味しく味わうことができます。葉が硬く煮崩れしにくい「冬キャベツ」は11月から2月、柔らかくサラダにぴったりの「春キャベツ」は、3月から5月、長野県の高原などで栽培される「高原キャベツ」は6月から9月、甘みがあり栄養価の高い「グリーンボール」は2月から9月が目安です。それぞれの特色を生かした料理で旬のキャベツを楽しみましょう。

キャベツの栄養素

キャベツは風邪予防や疲労回復、肌荒れに効くビタミンCや骨の形成などに役立つビタミンKが豊富。また別名“キャベジン”と呼ばれ、胃腸の調子を整えるビタミンUや、消化を助けるジアスターゼも豊富に含まれているので、脂っぽい料理と併せて摂ると胃もたれの予防に役立ちます。ビタミンUやジアスターゼは熱に弱いので、効率的に取り入れるには生食か加熱時間を短くするのがおすすめです。

キャベツの産地

農林水産省の発表によると、生産量が最も多いのは愛知県で、次いで群馬県、千葉県などが続きます。生育適温は15~20度。比較的涼しい気候を好むキャベツは季節によって主な産地が異なり、冬は愛知県(渥美半島など)、春は千葉県(銚子市など)、夏は群馬県(嬬恋村など)や長野県の高原地帯、北海道や岩手県などで栽培されたキャベツが出回ります。

キャベツの選び方

春キャベツは芯の切り口が小さく、ふんわりと巻きのゆるいものがベスト。逆に冬キャベツは巻きがしっかり詰まっていてずっしり重みのあるものを選びましょう。また、みずみずしくしっかりとした外葉が付いているか、芯の切り口が変色していないかも新鮮なキャベツを見分けるポイント。葉が鮮やかな緑色で、全体にハリとツヤがあるものが栄養価も高くおすすめです。

キャベツの保存方法

ポリ袋に入れて口を緩く閉じ、冷蔵庫で保存を。さらに芯の部分をくり抜き、そこに水を含ませたキッチンペーパーを詰めておくと1カ月程度保存することができます。その際キッチンペーパーはマメに取り替えましょう。また切り口から変色してしまうので、なるべくカットせず外側の葉から剥がして使うのがベスト。切ったキャベツは水にさらし、水気をよく切ってポリ袋に入れて冷蔵保存し、早めに食べきりましょう。

調理法別【キャベツ】のおすすめレシピ

キャベツを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

生のままでも、火を通してもおいしく食べられるキャベツは常に常備しておくと便利な野菜の一つです。サラダはもちろん、炒め物や蒸し物、スープなどいろいろな食べ方ができ、さまざまな料理に合わせやすいのでレシピも豊富です。通年で出回っていますが、春に出回る「春キャベツ」は鮮やかな緑色をしており、葉の巻きがゆるくてやわらかく、甘みがあるのが特ちょうで、サラダなど生のまま食べるのがおすすめです。一方「冬キャベツ」は葉の巻きがつまっていて固さがあり、火を通しても形が崩れにくい特ちょうがあります。キャベツの葉のシャキシャキ感も楽しめます。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

手軽に使える野菜として食卓に上がることの多い「キャベツ」。キャベツは1年を通じて手に入れられる野菜で、1個買うとボリュームがあるので色々な料理に使えるのが魅力です。生で刻んでサラダにしたり、焼いたり炒めたりと火を通してもおいしく食べられます。和食・洋食・中華とどんな料理も合わせやすく、しゃきしゃきとした歯ごたえが特徴的で料理を引き立てます。キャベツは栄養バランスのいい野菜としても知られ、たくさんのビタミンCが含まれており、血液の凝固促進や骨の形成に効果のあるビタミンK、抗潰瘍作用があるキャベジンなどが含まれています。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

生でも火を通しても食べられるキャベツは、料理に使いやすい野菜として重宝されています。生で食べるとしゃきしゃきとした歯ごたえがあり、揚げものの付け合わせとしてよく食べられます。炒めものやスープにもよく使われ、カットして食べる以外にもロールキャベツのように中に具材を入れて包み込んだり色々なアレンジを楽しめます。キャベツは1年を通して食べられ、手に入れやすくボリュームがあるので1個買うと色々な料理に使えるのが便利です。キャベツにはキャベジンと呼ばれるビタミンUが豊富で、胃酸の過剰分泌を抑え胃の粘膜を保護して修復する作用があります。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

常に家に常備していないと不安になる野菜の一つ、キャベツ。シャキシャキの歯ざわりが特徴で、炒めたり煮たりすると甘みがぐんと増して食べやすく、サラダなど生のままはもちろんのこと、火を通せばさらにアレンジは広がり、バリエーションの豊かなレシピがたくさん存在しますよね。揚げ物の付け合わせのようなわき役から、メイン料理の主役にもなれるキャベツは、いわば困ったときのお助け野菜でもあります。さまざまな調理法で食べられるので、献立を考えやすく、主婦の強い味方です。しかし、意外に思いつかないのがキャベツ自体を「揚げる」レシピです。これを知れば、ますますおいしくキャベツが食べられますよ。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

キャベツは強力な抗酸化作用がある食材です。また、ビタミンCが豊富に含まれていて体の錆つきを防ぐ効果があります。胃の粘膜を保護するビタミンUも含まれています。キャベツを一玉購入したけど食べきれないという場合は冷凍保存をすることができます。切って生のまま保存袋に入れて空気を抜いて冷凍したり、塩もみをしてよく絞って水気を取ってから冷凍、さっと塩ゆでしてから冷凍するのもおすすめです。使う時は自然解凍でOKです。炒め物や和え物に使うことができるので便利です。炒める料理のレシピが色々ございますので紹介します。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

あまりクセのない味わいで食べやすいキャベツ。生でも火を通しても食べられる野菜で、さまざまな料理に使うことができます。和食・洋食・中華とどんなスタイルの料理にも合わせやすく、使う調味料で味のアレンジがしやすいのも魅力です。刻んでサラダにしたり、パスタや焼きそばの具材やスープ、丸ごと葉を使ったロールキャベツなどキャベツが主役の料理も作れて、冷蔵庫に常備しておきたいマストな野菜です。大きさがあるのでかさ増し料理にも活躍して、ダイエット中の食材としても人気があります。キャベツにはカルシウム・ビタミンK・ビタミンC・ビタミンUなど、体にいい栄養素がたくさん含んでいる優秀な野菜です。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

キャベツはサラダに欠かせない食材の一つです。千切りにしてドレッシングをかけて食べるという方が多いのではないでしょうか。春に出回る春キャベツは水分が多く柔らかいのでなるべく加熱せずに生で食べるのがおすすめです。切った断面からビタミンCなどの栄養素が出てしまうので水に浸すのは5分ほどにするとよいでしょう。農薬が散布されていますので、外葉は1~2枚捨ててから使ってください。生で食べる場合は切って水に5分程つけておくとより安全にいただくことができます。キャベツを使ったサラダのレシピが沢山ありますので紹介します。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

キャベツは、和風、洋風、中華などの料理に使える万能食材です。キャベツを選ぶときのポイントは、春キャベツは場合、芯の切り口が小さく、葉の巻きがゆるいものを選びましょう。冬キャベツは、葉の巻き具合がギュッとしっかり詰まっているものを選んで下さい。重量感のあるものがおすすめです。栄養素は、ビタミンU、ビタミンCなどが豊富に含まれています。ビタミンUはキャベジンとも言われており、胃液の分泌を抑える働きがあります。美肌効果のあるビタミンCは、水溶性なので水に溶け出します。サラダなどで食べる時は、サッと洗いし水気を切ってくださいね。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ10選

炒め物、煮物、サラダなど幅広く使えるキャベツは、アブラナ科の野菜です。一年中キャベツは出回っていますが、春に出回る物を春キャベツ、夏に出回る物は高原キャベツ、冬に出回る物は冬キャベツと言います。この春キャベツは冬に出回るキャベツよりも葉が柔らかいため、サラダなどの生で食べる料理に向いています。それに対し冬キャベツは、煮物などの加熱料理に向いています。保存は芯をくり抜き、濡れたキッチンペーパーなどを詰め、袋詰めした状態で冷蔵庫内に入れます。芯も生では固いですが加熱調理などすれば美味しく食べられます。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ9選

キャベツは春、秋~冬が旬の野菜です。スーパーでは旬にかかわらず一年を通して販売されていますのでいつでも購入することができます。キャベツは外葉の緑色がはっきりしているもの、持った時に重く感じるもの、芯の切り口が変色していないものを選ぶと良いでしょう。保存方法についてですが包丁で芯をくり抜き、濡らしたティッシュを詰めます。新聞紙にくるんで、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存をすると長持ちします。キャベツは生で食べるのも良いですが、茹でて食べるのもおすすめです。茹でるレシピが豊富にありますのでご紹介します。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

キャベツは生で食べるとしゃきしゃきとした歯ごたえがあり、火を通すとしんなりとした食感になります。サラダに入れたり、炒め物や麺類の具、スープやお好み焼きに使うなどさまざまな料理に使うことができます。醤油や味噌などの和風の調味料から、バターやブイヨンなどの洋風の調味料にもよく合います。大きさがあるのでかさ増し料理にも使える便利な食材です。キャベツはコスパの良さだけでなく、胃酸の過剰分泌をおさえて胃の粘膜を保護する効果のあるキャベジンと呼ばれるビタミンUが含まれています。脂っこい料理にキャベツの千切りが付け合わせで出されるのはそのためです。ビタミンCやカルシウム、食物繊維など美容と健康にいい栄養素を豊富に含んでいるので、料理に積極的に使いましょう。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

キャベツは大きさがあるので1つ買うと1品だけでなく、さまざまな料理に使うことができる便利な食材です。生でも火を通してもおいしく食べられて、特に揚げ物や肉料理によくキャベツの千切りが添えられます。キャベツにはキャベジンと呼ばれるビタミンUが含まれ、胃酸の過剰分泌をおさえて胃の粘膜を保護する効果があります。そのためキャベツの千切りを脂っこい料理と一緒に食べることで、胃を保護してくれます。その他にもビタミンCや血液を凝固させる役割のあるビタミンKなど体にいい栄養素が豊富に含まれています。キャベツはカットして炒めたり煮たり、スープに入れる以外にも、ロールキャベツのように葉を1枚丸ごと使ったレシピもありアレンジが効くのも魅力です。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

揚げ物や肉料理の脇に添えられていたり、お好み焼きに入っていたり、サラダでメインとして使われていたりと、私たちの日々の食卓に並ぶキャベツは一年中手に入れることのできる万能野菜です。キャベツに含まれる食物繊維は、油分の吸収を抑えてくれ、ビタミンU(キャベジン)が胃腸の粘膜を助けてくれて胃もたれを予防する働きがあることから、脂っこい肉料理や揚げ物などに添えることはとても理に適った食べ方です。キャベツは加熱することにより量がぐっと減り、生のままよりも一度でたくさん食べることができます。加熱方法も蒸し料理にすることで栄養素が汁に溶け出すこともないのでおすすめです。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

年間を通して身近に手に入れることの出来るキャベツ。加熱することで生よりも量が減るため、空腹を我慢しがちのダイエット中には心強い食材の一つです。ダイエット中に避けがちのご飯と組み合わせると、少ないご飯の量でもボリュームアップすることができますよ。美容やアンチエイジングに欠かせないビタミンC、胃や腸を労わるビタミンU(キャベジン)、むくみを解消するカリウム、消化を助けるジアスターゼなど豊富な栄養を含みますが、ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすい特性があるため、加熱する場合はスープごと食べるのがオススメです。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

どんな食材や調理方法とも良く合う万能野菜のキャベツは、忙しい毎日の食事のレシピに大助かりです。キャベツを組み合わせるだけでヘルシーだけど簡単にボリュームアップすることもでき、健康と美容を気にする方にとっては嬉しいですよね。朝食やランチにぴったりなパンにプラスすると、ビタミンなどの豊富な栄養素が簡単に摂ることができるため栄養バランスも整いおすすめです。キャベツに含まれるビタミンCは水に溶けやすいため調理方法に注意が必要ですが、炒める・焼くといった加熱調理の場合はそのままの栄養を摂ることができます。賢く調理し、栄養をそのまま体に取り入れましょうね。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

毎日の料理に活躍する身近な野菜「キャベツ」。春キャベツは柔らかく冬キャベツは甘みが増し、旬のものは特に美味しくなります。キャベツはビタミンU(キャベジン)が豊富で胃腸薬に使われるほど胃に優しい野菜です。胃粘膜を守り胃酸の分泌を抑え、胃壁の修復を助ける働きがあります。キャベツを食べ続けることで胃が丈夫になり、胃炎や胃潰瘍の予防に効果的です。骨や歯を作る材料となるカルシウムやビタミンK、マグネシウムも多く骨粗鬆症の予防にも役立ちます。キャベツのイソチオシアネートは強いがん抑制効果があることも分かっています。麺レシピを参考に、肉類や卵などのタンパク質と合わせると一皿で栄養バランスの良い食事に。さっと手軽にできるので忙しい時の夕食やランチにぴったりです。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

生でサラダとしても、料理の具材にも大活躍の「キャベツ」。冷蔵庫に常備されている方も多いでしょう。キャベツには健康維持に役立つビタミンが豊富で、特にビタミンCは淡色野菜の中でトップクラスの含有量です。ビタミンCは免疫を高める効果を持ち、かぜ予防に効くのはもちろん、肌に大切なコラーゲンを作るのに欠かせないので肌の健康維持にも役立ちます。造血ビタミンと呼ばれる葉酸も豊富で妊娠されている方に特に大切な栄養素です。骨を作るのに必要なカルシウムやビタミン・ミネラルも多く成長期のお子さんも積極的に取り入れたい食材です。お好み焼きなど細かく切ったキャベツを中に入れて焼くおやつレシピならお子さんも食べやすく、楽しみながら栄養が摂取できますよ。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

キャベツは、常備野菜としてさまざまな料理に活用でき、あらゆる場面で活躍してくれるお助け野菜と言えるでしょう。生食はもちろんのこと、火の通りも早いので和えものや炒めもの、レンジや蒸し器を使って調理するなど料理や料理の種類の幅も広いのが特長です。肉や魚、加工品など、キャベツと合う食材の種類が多いのは、主婦にとって強い味方。キャベツと冷蔵庫の残り物を使っての簡単レシピやスピードメニューもたくさんあるので、忙しい朝のお弁当作りに大活躍です。キャベツには栄養もたっぷり。お弁当にキャベツレシピを一品加えるだけで、栄養的にもバランスが取りやすいですね。作り置きおかずにも重宝するキャベツ。ぜひお弁当に活用しましょう。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

キャベツを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ10選

常備野菜としてポピュラーな野菜、キャベツ。キャベツは火を通すと甘みが増し、クセも少ないので食べやすく、離乳食にはうってつけの野菜です。キャベツの葉先はやわらかいので、ミキサーなどを使えば裏ごしもしやすく、ゆでてペーストにすれば離乳食初期から食べられますよ。しかもキャベツのゆで汁は、だしとして使えるのでとても便利。栄養も豊富で、風邪予防のビタミンC、胃や腸にやさしいビタミンU、便秘に効果的な食物繊維などが含まれています。ただ、食物繊維が多いので、消化器官が未発達な赤ちゃんが一度にたくさん食べると下痢をすることも。少しずつ様子を見ながらあげてくださいね。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社