キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ふきのとうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ふきのとうは縄文時代から食べられていたと言われている、歴史の長い山菜です。全国の山野に自生しているため山菜採りとしても人気で、旬の時期になるとふきのとう採りが季節の風物詩になっています。アクが強いため生食はできず、必ずアク抜きをする必要があります。和え物やお浸しなど和食によく合い、それ以外にも油と相性がよく揚げ物にするのも人気があります。「ふきのとう」にひっかけて、2月10日はふきのとうの日になっています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてふきのとうのレシピを紹介しています。ふきのとうを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのふきのとうを使った人気レシピ10選

    春の訪れを告げる山菜のふきのとうは、ほろ苦さとほくっとした食感が特徴です。キク科の「蕗(フキ)」のつぼみで、花が咲く前に収穫されるため収穫時期がほんのわずかで貴重な食材です。特有の苦味や香りには新陳代謝を活発にする働きがあり、冬眠から目覚めたクマが最初に口にするとも言われています。苦味には「フキノール酸」「ケンフェロール」「アルカロイド」などの成分が含まれ、咳止めや花粉症予防に効果があるとされ注目されています。香りは「フキノリド」と呼ばれる成分が含まれ、消化を促進し、胃を丈夫にして腸の働きを整える作用があると言われていますよ。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使ったおすすめ定番料理10選!まずはコレをマスターしよう

    ほろ苦い味わいと、鮮やかな緑色が特徴的なふきのとう。葉が重なっているかのような見た目が特徴的ですね。美味しいふきのとうのポイントは、締まりがあり、つぼみが硬く閉じていて、周りの葉で花芽が見え始める位までの物です。大きくなり過ぎた物は苦味も強すぎて美味しくないので、できれば小ぶりの物を選んだほうが良いでしょう。保存方法としては、乾燥しやすいので、ポリ袋に入れて冷蔵庫に入れておきます。それでも早めに食べる方が美味しいので早目に食べることをお勧めします。冷凍する場合は、下茹でし、アクを抜いた状態で冷凍しましょう。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのふきのとうを使った人気レシピ10選

    2月10日はふきのとうの日というのをご存知ですか?冬眠から目覚めたクマが口にする食べ物とも言われ、山菜取りでも人気の1つになっています。全国の野山に自生していますが、地方によって旬の時期が異なり本州では主に初春が旬になっています。ブーケのような見た目の可愛らしさが存在感を発揮して、料理に使うとアクセントをプラスします。ほどよい苦みがあるため、大人向けの料理によく使われますがパスタや揚げ物などに使うと子供にも食べやすくなります。ふきのとうは栄養価の高い山菜で、消化を促進するフキノリド、脈硬化を予防するケンフェロール、体内の有害物質を排出するアルカロイド、動脈硬化を予防するケンフェロール、ビタミン類などを含んでいます。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのふきのとうを使った人気レシピ10選

    春の山菜取りでも人気のふきのとうは、ふきの花の部分のことを指し全国の野山に自生しています。独特の苦みがあるため和え物やお浸しなど大人向けの料理に向いてますが、天ぷらにすると苦みが和らいで食べやすくなります。花束のような愛らしい見た目ですが、根っこ部分には毒性があるため根っこは食べないようにしましょう。ふき同様にアクがあるため、必ずアク抜きをしてから料理に使います。アク抜きの方法はふきのとうを沸騰したお湯で茹でて、冷水でさらすだけで簡単にできます。冷水にさらす時間が長いほど苦みが和らぐため、苦みが苦手な方は長めに冷水に漬けて苦みを残したい場合は短めにさっと冷水にさらしましょう。ユニークな見た目がアクセントになって、春の味覚を味わうのにぴったりの食材ですよ。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    雪解けが始まる頃にいっせいに芽を出すふきのとうは「春の使者」と呼ばれ、独特のほろ苦さと香りが特徴です。ふきのとうの収穫時期はほんのわずかで、早春にしか撮れないため春を感じる食材として重宝されています。ふきのとうの苦みはポリフェノールの一種によるもので、咳止めや花粉症予防に効果的として注目を集めています。香りには消化を促進して腸の働きを整える働きがありますよ。ミネラルやビタミンを豊富に含み、体内の余分な塩分を体外に排出するカリウムを豊富に含み、足や顔のむくみの軽減や、高血圧対策にも効果的です。他にも抗酸化作用があるビタミンEや便秘対策には欠かせない食物繊維が豊富なため美と健康を維持するために最適な食材です。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    春の山菜取りでも人気のふきのとうは、ふきの花の部分のことで花が咲いた後にふきが出てきます。縄文時代から食べられていた歴史の長い山菜で、日本全国に自生して春の風物詩にもなっています。2月10日はふきのとうの日になっていて、初春が旬になっています。まるでブーケのような見た目が可愛らしいふきのとうですが、根っこには毒性を含むため根を食べないようしましょう。アクがあるためアク抜きも必要になり、お湯でさっと塩茹でして水にさらしてから使います。ふきのとうは消化を促進するフキノリド、動脈硬化を予防するケンフェロール、ビタミンB1・B2・E・Kなどのビタミン類など豊富な栄養素を含む山菜としても知られています。揚げ物・炒め物・和え物・お浸しなどに使われ、春を感じさせる料理を作りたい時に活躍します。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ8選

    ふきのとうは春を代表する食材のひとつです。ほろ苦い味わいが特徴的な食材でそのほろ苦さを活かしたレシピが多数紹介されています。ふきのとうはアクが強い食材なのでアク抜きをしてから料理に使います。アク抜きの方法は、水と塩を少々入れて沸騰させてふきのとうを入れて下茹でをします。冷水に放ってさらしそのまま冷ますとアクが抜けます。ふきのとう味噌が人気ですが他におひたし、和え物、揚げ物など春を感じることができるレシピが幅広くあります。春の食材のふきのとうを使ったレシピをピックアップしているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ふきのとうは日本原産の山菜で、特有の香りと苦みが特徴です。ふきのとうの旬は初春で、春先になると一斉に芽を吹き出すため、春を告げる食材といってよいでしょう。大きくなりすぎたふきのとうは、苦みが強くなっておいしく食べられないため、選ぶ際は小ぶりのものを選ぶようにしましょう。また、アクが強い山菜であるため、おひたしやあえ物を作る際は必ず熱湯でゆでてアク抜きしてから調理しましょう。栄養面ではカリウムが多く含まれ、血圧の上昇を抑えたり、むくみを解消するはたらきがあります。また、ふきのとう特有の苦み成分であるアルカノイドとケンフェールには、それぞれ新陳代謝を促す効果と発がん物質を抑制する効果があります。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    ふきのとうは春に出回る食材で独特な香りと苦みがあるのが特徴的です。天ぷらなどメインとして使ったり、香辛料としても使われている食材です。新鮮なふきのとうはつぼみが硬く閉じていています。育ちすぎたふきのとうは大きくなり苦みが増しているのでなるべく小ぶりのものを選びましょう。ふきのとうはアクがあるので茹でて冷水にさらしてから料理に使います。ふきのとうはパスタ、和え物、炒め物などレシピが沢山紹介されています。ご飯との相性が良くチャーハンなどにも使うことができ、お弁当のおかずにもおすすめなのでぜひ料理に活用してください。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ふきのとうは雪解けと共に顔を出す、春野菜です。ふきのとうは山菜の中でも栄養価が高く、体によい栄養が詰まっています。天ぷら、ふき味噌、パスタの具材などに使って美味しく調理してください。ふきのとうの苦味には、免疫力を高めてくれる効果があります。花粉症対策にも役に立つのでまさに春にぴったりな山菜なんですよ。ふきのとうは蕾が開いているものや、花が咲いているものは苦味が強いので、苦味が苦手な方は蕾のしっかり締まったものを選ぶようにしてくださいね。下ゆでした後、水を数回入れ替えてアク抜きをすると苦味が和らぎますよ。ゆですぎは色が悪くなるので気をつけてくださいね。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ3選

    ほろ苦い味が持ち味のふきのとうは、キク科フキ属の多年草です。ふきのとうの苦みは、ピロリジジンアルカロイド類とケンフェールという成分によるものです。ピロリジジンアルカロイド類は植物に含まれる天然毒素でもありますが、これは茹でこぼしや水にさらすなどを行えば、減らせることがわかっています。最も良いのは茹でこぼしてから水にさらすことで、生のふきのとうに含まれていた量の1/3~1/10に減らすことができます。そのためピロリジジンアルカロイド類による健康被害は、日本での報告はありません。またケンフェールは発ガン物質を抑制する効果があるとされています。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ふきのとうは春の山菜で旬は2月~3月です。蕾の部分であり、比較的小ぶりのものの方が苦みが少なくて食べやすいものが多いです。独特な香りが特徴的で日本料理には欠かすことができない食材です。苦味や香りを活かし香辛料としても活用されています。ふきのとうはアクが強いので塩を少々加えた湯の中に入れて下茹でをし、冷水にとってさらし冷ましてから料理に使います。ふきのとうはあえ物や天ぷら、おひたし等ご飯のおかずにもぴったりな食材です。ふきのとうが沢山手に入った時はふきのとう味噌がおすすめです。ご飯のお供にぴったりなおかずなのでぜひお試しください。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:おつまみ】おすすめ10選

    ふきのとうは雪解けと共に顔を出す春の山菜です。春先にふきの地下茎から出る花のつぼみがふきのとうです。地下茎から花が咲いたあと、そこから葉が伸びるとふきになります。ふきのとうは独特の苦味があることが特徴ですが、この苦味に栄養があります。苦味の成分である「アルカノイド」は肝臓の機能を高めたり、体の有害物質を排出してくれる働きがあります。「ケンフェール」には免疫力をアップする効果があります。どちらもポリフェノールの一種です。ふきのとうはアクが強いので食べるときはゆでたり、揚げたりして加熱することがオススメです。日本に欠かせない春の味覚を天ぷらやふきのとう味噌にして美味しく調理してくださいね。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ6選

    ふきのとうはふきの花の部分のことをいい、花が咲いた後にふきが出てきます。日本原産の山菜で全国の山野に自生しており、縄文時代から食べられていた歴史の長い山菜です。雪が解けて冬眠から目覚めたクマが口にする食べ物とも言われています。2月10日はふきのとうの日になっており、初春が旬になっています。山菜取りでも人気の1つで、和え物やお浸し、揚げ物によく使われます。アクが強いため生食はできず、必ずアク抜きをする必要があります。ふきのとうを塩ゆでして冷水に入れ、しばらくさらしておくとアクが抜けます。栄養価の高い山菜として知られ、体内の有害物質を排出するアルカロイド、消化を促進するフキノリド、体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、動脈硬化を予防するケンフェロール、ビタミンB1・B2・E・Kなどのビタミン類などが含まれています。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    雪解けの季節に出始め春にかけて旬を迎えるふきのとう。春の訪れを知らせる山菜で、天ぷらやおひたし、和え物などが定番メニューですね。ふきのとうは苦味があるため、苦手な人もいるでしょう。しかし、しっかりとアク抜きをして調理すれば苦味は軽減されるため、おいしくたべられますよ。ふきのとうの主な栄養成分は、ビタミンやカリウム、食物繊維など。美肌に近づけたり、むくみの改善をしたり、便秘の解消などにも役立つ栄養素です。また、アンチエイジングやデトックス効果もあるとされています。旬の時期を迎えるとスーパーなどでも手に入るため、ぜひ手に取って大人の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    春の訪れを感じさせてくれるふきのとうは、「春の使者」とも呼ばれています。独特の苦みと香りそのものが春の味覚となっています。日ごろから習慣的に食べる食材ではありませんが、冬から春にかけての旬の時期には、春の味覚として楽しみたいものです。天ぷらやあえ物などおかずとして食べることが多いですが、混ぜご飯やちらし寿司、炒飯、リゾットなどご飯と組み合わせて食べるのもおすすめですよ。和風、中華風、洋風とさまざまな味を楽しむことができますよ。たけのこや菜の花、たらの芽など他の春野菜と組み合わせれば、見た目にも春をたっぷり感じられ、この時期にしか味わえない料理を堪能できます。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    天ぷらや和え物などに使用されているふきのとう。キク科フキ属の植物で、地域によって収穫時期がずれますが初春が旬の食材です。ふきのとうにはカリウムが多く含まれています。アルカノイドとケンフェールと言うのが、ふきのとうの苦味成分です。アルカノイドは新陳代謝を促し、ケンフェールは発がん物質を抑える作用があります。またふきのとうの香り成分はフキノリドと言うもので、胃腸の働きを良くする作用があるのです。そんなふきのとうは、つぼみがしっかり締まっているものがよく、小ぶりの物がおすすめです。袋に入れて、冷蔵庫で保存するのですが、早めに食べてください。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:サラダ】おすすめ8選

    ふきのとうは春を代表する山菜で雪が溶け始めるころに出始めます。ふきのとうはフキノリドという香り成分が含まれていて、胃腸の働きを良くする働きがあります。また、カリウムが豊富に含まれているのでむくみを取る作用があります。新鮮なふきのとうは小ぶりで、つぼみが閉じていて硬く締りがあります。ふきのとうは乾燥に弱い食材なので、ラップでしっかりと包みポリ袋に入れて冷蔵庫で保存をすると良いでしょう。ふきのとうはアクが強い食材なので塩が入ったお湯でゆで冷水にさらしてから、サラダや天ぷら、お浸し、和え物等に使います。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    春の山菜のひとつであるふきのとうはほろ苦さと香りが特徴的で、天ぷらやお浸しなどとして私たちの食卓に並びます。冬の間に体内に蓄積された老廃物を排出するデトックス効果があるふきのとうは、豊富なビタミン類、食物繊維、葉酸、カリウムなどの栄養を含み、アンチエイジング、抗酸化作用、便秘予防など、特に女性の悩みを解決してくれますよ。ふきのとうの苦みが気になる方は、丁寧に汚れを洗い流し、花の部分を取り除くことで独特な苦みを軽減することができます。天ぷらなど揚げ物にする場合は油はね防止や、カリッと仕上げるため水分をしっかりと拭き取ってから衣をつけて揚げてくださいね。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    「春の使者」とも呼ばれるふきのとうは、雪解けとともに顔を出す山菜です。語呂合わせで2月10日は「ふきのとうの日」と宮城県古川市が制定し、実際ふきのとうが芽を出す季節と重なるため覚えやすいですね。特徴的な苦味と香りの成分には、免疫力をアップして特新陳代謝を活発にする働きや、咳止め、花粉症対策、消化を助ける作用など、春先にかけて嬉しい効果が期待できます。陽に当たってなくて黄色っぽいふきのとうは苦味が少ないためそのまま天ぷらにしたりしていただくことができますが、陽に当たって緑っぽくなったものは苦味とアクが出てくるため、沸騰した湯で茹でるなどして下処理を行ってから調理してくださいね。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「揚げる」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ふきのとうは「春の使者」とも呼ばれ、2月から3月頃が旬になります。ふきのとう独特の風味と苦みが特徴です。アンチエイジングや冷え性の改善、更年期障害の予防などの効果があるビタミンEが多く含まれています。また、骨粗しょう症を予防するビタミンK、むくみの改善に効果があるカリウムなども豊富に含まれています。食物繊維も多いので、便秘の解消や満腹感を得られるため、ダイエット中の人は積極的に食べたいですね。ふきのとうの食べ方としては、おひたしやてんぷらが浮かびますが、炒めてもおいしくいただけますよ。塩味やみそだれ、甘辛味など味付けを変えたり、一緒に炒め合わせる具材を変えるなどすればアレンジも広がります。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ4選

    春の訪れとともに旬を迎えるふきのとう。雪が解けると一斉に顔を出すことから「春の使者」とも呼ばれています。新陳代謝を活性化する作用があるとされ、冬眠から目覚めたクマが最初に口にする食べ物とも言われ程の栄養価が高いふきのとうは、ビタミン、カリウム、食物繊維、鉄などを豊富に含み、冬よりも活動的に行動する春には欠かせない食材の一つです。天ぷらとして食すことが主な調理方法ですが、ふきのとうの独特の苦味を活かして蒸し料理もおすすめです。少し大人向けな仕上がりでお酒のお供にぴったりですよ。食べられる期間が限られたふきのとうを様々な料理に活用してアレンジを楽しんでくださいね。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ7選

    ふきのとうは、春を感じさせてくれる野菜の一つであり、キク科に属します。苦味が特徴的なふきのとうは、フキの蕾の部分です。それに対し、ふきは地下茎から伸びてくる葉の部分です。選ぶときのポイントは、蕾が閉じているものを選んで下さい。ふきのとうは乾燥を嫌います。そのため冷蔵庫で保存する場合は、湿らせたペーパーなどで包み袋に入れてください。独特の苦みが苦手な方は少量の塩を加えた湯で茹で、冷水にさらし灰汁抜きをすることをおすすめします。今回ご紹介するふきのとうを使ったレシピは、煮るをテーマにしたものを集めています。春の味覚であるふきのとうを使った料理を楽しんで下さい。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ8選

    春の訪れを感じさせてくれるふきのとうは、ふきのつぼみを収穫したもので、ほんのわずかな時期にしか味わえない貴重な山菜です。独特なほろ苦さと爽やかな香りが魅力ですが、女性に嬉しい栄養がたっぷり含まれているんです。ふきのとうは、ビタミンEが豊富で、肌の老化防止などのアンチエイジング効果が期待できます。カリウムや食物繊維も多く、余分な老廃物や水分を排出する、デトックス作用があり、むくみ防止に効果的です。その他、鉄やカルシウムなどのミネラル類も豊富に含まれています。ふきのとうの料理といえば、てんぷらやふき味噌が定番ですが、紹介する焼くレシピでは、風味と香りを生かした、お酒に合うおつまみから、メイン料理まで大活躍。一味違ったふきのとうを味わってみませんか。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ふきはキク科フキ属の多年草で、日本原産の野菜です。山や川岸、河川の土手などに自生し、栽培種としてスーパーなどで買えるフキは愛知早生という品種になります。その他に水ふき・山蕗・秋田ふきなどの種類があります。天然物は春から初夏にかけてが旬で、栽培では10月~翌年の5月頃まで出荷されています。平安時代から野菜として栽培され、古くから民間療法で咳を止める薬用として使われていました。ふきには食物繊維が豊富で、便秘解消に効果があります。煮物や佃煮によく使われますが、今回はふきを使った焼くレシピに注目して紹介します。ぜひレシピを参考にして、ふきを使ったおいしい料理を作ってください。 この記事では、「ふき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【ふきを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社