キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ふきのとうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

ふきのとうは縄文時代から食べられていたと言われている、歴史の長い山菜です。全国の山野に自生しているため山菜採りとしても人気で、旬の時期になるとふきのとう採りが季節の風物詩になっています。アクが強いため生食はできず、必ずアク抜きをする必要があります。和え物やお浸しなど和食によく合い、それ以外にも油と相性がよく揚げ物にするのも人気があります。「ふきのとう」にひっかけて、2月10日はふきのとうの日になっています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてふきのとうのレシピを紹介しています。ふきのとうを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ふきのとうの栄養素

ふきのとうは山菜の中でも栄養価が高く、体内の有害物質を排出するアルカロイド、消化を促進して胃腸の働きを整えるフキノリドが含まれています。体内の余分なナトリウムを排出するカリウムを含み、高血圧やむくみ防止にも効果があります。その他にも食物繊維、動脈硬化を予防して免疫力を高めるケンフェロールや、ビタミンB1・B2・E・Kなどのビタミン類などが含まれています。

ふきのとうの旬

ふきのとうの旬は地域によって差がありますが、3~5月頃が一番の旬の時期と言えます。雪解けとともに顔を出すため1~3月頃には見られますが、これも地域によって異なります。関東では2~3月頃が旬で、1月ごろから徐々に増えていき3月にピークを迎えます。ふきのとうは、雪が解けて冬眠から目覚めたクマが口にする食べ物とも言われていて、まさに春の訪れを表す山菜と言えます。

ふきのとう産地

! /image/〇〇
2017年の統計ではふきのとうの生産量のトップは4,350トンの愛知県で、47%と全体の約半分近くを占めています。次いで群馬県、大阪府、徳島県、福岡県が続いています。その他に山形県・岩手県・新潟県・秋田県と、東北地方も多くなっています。群馬県では中之条町と東吾妻町が主な産地として知られ、12月下旬から3月下旬頃にかけて群馬県産のものが出荷されています。

ふきのとうの選び方

ふきのとうは蕾が開きかかっていたり、花が咲いているものは苦みが強いたしっかりと蕾が閉じたものがおすすめです。あまり大きいものは避けて、小ぶりのものを選びます。きれいな緑色をしていて、茶色や黒く変色しているものはさけてください。全体にハリがあってみずみずしいものが新鮮で、しんなりとして乾燥したものは選ばないようにしましょう。固く葉を閉ざしているものがおいしいので、蕾をしっかりとチェックしてください。

ふきのとうの保存方法

ふきのとうを冷蔵保存する時は、乾燥を防ぐために新聞紙やキッチンペーパーを湿らしてビニール袋に入れて保存します。冷凍保存する場合はアク抜きをしてから冷凍庫に保存します。かために塩ゆでしてキッチンペーパーで水気をふき取り、保存袋に入れてしっかりと空気を抜いて冷凍庫に入れます。その他にも塩漬けやふきのとう味噌にして保存する方法もあります。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ふきのとうの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ふきのとうの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ふきのとうの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ふきのとうの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ふきのとうの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ふきのとうをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社