キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ごぼうの記事一覧

キッチンブックの「ごぼう」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ごぼうを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    根菜類であるごぼうは、食物繊維が豊富な食材です。シャキシャキした食感と香りに特徴があり、日本人にはなじみ深く、根菜類の中では口にすることも多い野菜ですね。食物繊維だけでなく、美肌に効果的なアルギニンや血圧を下げるはたらきのあるカリウムなども豊富に含まれます。ごぼうを使った料理としては、きんぴらごぼうや煮物、炊き込みご飯、かき揚げなどが代表的ですが、ごぼうのサラダもヘルシーでおすすめです。青じそドレッシングやポン酢といった酸味のあるドレッシングやコクのあるマヨネーズやゴマダレの味付けなど、どんな味付けも、ごぼうにはよく合います。味に変化をつければ、バリエーションも広がり、飽きずに食べられますよ。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    独特の歯ごたえと香りが特徴的なごぼう。特に食物繊維は他の野菜と比べてもトップクラスです。野菜の食物繊維は水に溶けやすい性質を持っていますが、ごぼうの食物繊維は水に溶けやすいものと溶けにくいものの両方が含まれることも特徴です。皮にも繊維がたっぷりと含まれているので綺麗に剥くのではなく、たわしなどでこすり洗いしたり、包丁の背でこそげとることがおすすめです。ごぼうはアクが強いため、空気に触れると色が悪くなってしまうため切ったらすぐに水にさらしてくださいね。水に酢を少しプラスすると白く綺麗に仕上がりますよ。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    しゃきっとした歯ごたえが特徴のごぼうは、和食によく合う野菜としてよく使われます。子供が嫌いな野菜の1つによく挙げられますが、ごぼうには豊富な栄養素を含んでいるのでぜひ料理に取り入れたい野菜です。ごぼうにはビフィズス菌の成長を促して整腸効果のあるイヌリン、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが含まれています。その他にもカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを含む栄養価の高い野菜です。えぐみが強いため灰汁抜きする必要があり、ほとんどの場合は火を通してから食べます。煮物・スープ・みそ汁の具・炒め物・炊き込みご飯・きんぴらごぼうなど、さまざまな料理に使えて料理に風味をプラスします。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    独特の香りと歯ごたえが特徴で好き嫌いが分かれやすい、ごぼう。ごぼうはユーラシア大陸原産で、縄文時代か平安時代に日本に伝わったと言われています。ごぼうはえぐみが強いため、灰汁抜きする必要がありほとんどの場合は火を通してから食べます。ゴボウは生薬や漢方薬にも用いられ、利尿・発汗・ニキビ・湿疹などに効くとされています。ごぼうはカリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルを含み、ビフィズス菌の成長を促し整腸効果があるイヌリンも含まれています。クセがあって食べにくいというイメージがありますが、体にいい栄養素を含んでいるので、積極的に料理に取り入れたいですね。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    シャキシャキとした歯ごたえと独特な香りが特徴のごぼう。食物繊維が豊富に含まれる野菜として人気です。ごぼうには食物繊維をはじめ、疲労回復効果が期待されるアルギニン、むくみ予防のカリウムなどの栄養が豊富に含まれています。ごぼうと言えばきんぴらなどの煮物のイメージが強いですが、子供や男性も食べやすく調理するには揚げるレシピもおすすめです。独特の香りが気になりにくくなり、スナックのように食べられますよ。ごぼうは洗ったり、切ったりするとそこから栄養が出ていきますので、買う場合は土がついている状態のごぼうを選んでくださいね。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ごぼうは秋から冬が旬の野菜です。また初夏から出回る新ごぼうは柔らかく香りが良いのが特徴です。若ごぼうは色が綺麗です。ごぼうには食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。便秘解消の効果がありますので便秘に悩んでいる方におすすめです。食物繊維のリグニンは大腸がんの予防効果があるとされています。またイヌリンは食物繊維に含まれている炭水化物の一種でコレステロールや血糖値を下げる働きがあります。主な料理ではきんぴらごぼうが代表的です。またごぼうは鶏肉との相性が良いです。煮物や、炒め物はもちろんサラダにしてもおいしく食べることができます。ごぼうは栄養がありますし、レシピも沢山ありますので積極的に摂りたい食材です。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    和食によく合う野菜としてよく使われるのがごぼう。ごぼうは独特の香りや食感があり、好き嫌いが分かれることもあります。ごぼうは元々中国から薬として伝来したほど、体にいい栄養素が含まれています。ごぼうにはコレステロールを減らす働きがあるリグニン・3大栄養素の1つと言われるたんぱく質・便秘解消に役立つ食物繊維などが含まれており、ぜひ料理に取り入れたい野菜の1つです。ごぼうが苦手なお子さまも多いと思いますが、お子さまも喜んで食べてくれるレシピもあるのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • お茶で痩せよう!ごぼう茶ダイエットの方法&レシピまとめ

    ごぼう茶とは、ごぼうをスライスして乾燥させたものを急須に入れて飲むお茶の事です。ごぼうは日本では食物繊維が豊富な野菜として、きんぴらや天ぷら、煮物として食べることが多いですね。一方海外、とくに欧米では、ハーブとして使用され、中国などでは、漢方として用いられるので、体に良く、お茶として注目されるのも納得です。 この記事では、ごぼう茶の基礎知識に加え、手作りごぼう茶のレシピ、ごぼう茶の飲み物レシピ、ごぼう茶の料理レシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ごぼうのレシピ】人気で美味しい作り方のみ20選まとめ:食物繊維たっぷりのごぼうをたくさん食べよう

    食物繊維豊富な野菜としてや、体を温めてくれる根菜の代表として知られる、土の香りがたまらない「ごぼう」。日本では青森や北海道などで多く生産され、晩秋から冬に旬を迎える滝野川ごぼうや、春先に旬を迎える「若ごぼう」など様々な品種があります。 ごぼうのうまみを楽しめるレシピを自宅で手軽に作れたら、毎日のご飯作りが楽しくなりますね。パスタや煮物など作ってみたいと思える定番料理から、斬新なアイディアが光る個性派料理まで、カテゴリーに分けてわかりやすく紹介していきます。忙しい日にパパッと作れるレシピもたくさんあるので、要チェックです。

広告

運営会社