キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ごぼうの記事一覧

キッチンブックの「ごぼう」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

広告

  • ごぼうを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    食物繊維が豊富なごぼう。ごぼうは皮の近くに食物繊維やうまみ成分が多いので、包丁の背でこそいだり、たわしでこすり洗いをしたり、薄くむくのがおすすめです。皮には、アンチエイジングに効果的なポリフェノールも含まれています。ごぼうはあくが強く、空気に触れると変色するので、切ったらすぐに水にさらします。酢水にさらすとさらに変色を防げます。あくの成分はポリフェノールで、水にさらすと流れ出てしまうため、長くつけすぎないようにするのがポイントです。ごぼうは泥を落とすと風味が落ちやすいので、泥つきのまま新聞紙などに包んで保存します。土がついていないごぼうは、保存袋に入れて冷蔵庫で保存します。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    ごぼうは独特の風味と、シャキシャキした食感が特徴です。世界中で見ると、ごぼうを食べるのは、日本や韓国、台湾といった一部の国だけなんですよ。ごぼうといえば食物繊維が豊富なのが有名で、便秘の時にはすすめられる食材の一つです。また、ごぼうの茶色い成分はポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」で、抗酸化作用のはたらきがあるため、老化やがんを防いでくれると言われています。ごぼうはどんな味付けでも合うため、下茹でさえすればいろいろな調理法、味付けで楽しむことができます。食感を生かしたサラダは人気で、マヨネーズや、ごまドレッシングはごぼうにとても合うので、メニューに困ったときはおすすめです。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

    食物繊維が多く含まれているごぼう。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含み、食事に上手に取り入れれば便通を整えてくれるので、デトックスに役立つ食材です。独特の香りがあり、ぽりぽり、カリカリとした食感が特徴的なごぼうは、日本の食生活になじみが深く、青森県や茨城県、北海道で食用として多く生産されています。産地や品種によって旬の時期が異なるため、一年を通してスーパーで手に入り、いつもの食卓を彩ってくれます。一方で海外に目を向けると、ごぼうは食用というよりも、薬用として利用されています。そんなごぼうを食べて、健康的な毎日を手に入れましょう。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

    シャキっとした食感に独特な味わいのごぼう。天ぷらや炒め物、サラダなど、調理の方法によって味わいや食感が変わるため、飽きずに食べられますよね。こげ茶のものがイメージに浮かぶと思いますが、茶色い部分だけでなく、葉の部分も食べられています。もともは中国やヨーロッパでは薬用として用いられてきましたが、日本では食材として使われてきたと言われています。そんなごぼうですが、なんといっても食物繊維が豊富に含まれています。腸内の健康を保ってくれるとともに、大腸がんの原因になる物質を吸着してくれて、優れものです。食べて美味しい、体にも嬉しい食材ですね。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:離乳食】おすすめ10選

    ごぼうは食物繊維が豊富な食材で、根の部分をきんぴらやかきあげ、煮物などの料理に使われます。ごぼうの新三大調理法として「皮をむかない」「長時間水にさらしておかない」「ゴロゴロと大きめに切る」ことが挙げられています。これはごぼうに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールを壊すことなく摂取するためです。ごぼうを洗う時は包丁の背でこそいだり、たわしなどでこすると時短になります。土をしっかり落とすように洗うのがポイントですが、栄養価の高い皮をそぎ落としすぎないように注意しましょう。また、ごぼうはアクが強いので赤ちゃんに与える時は離乳食完了期からがオススメです。初めて食べさせる時は小さじ一杯から様子を見ましょう。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ごぼうは食物繊維が豊富で、便秘解消に役立つ食材です。また、アルギニンというアミノ酸やカリウムも含まれていて、栄養価が高いのが特徴。ごぼうを使ったレシピと言えば、煮物や炒め物などが一般的です。しかし、実はおやつにも使われることをご存じでしょうか。ごぼうをスライスしてカリッと揚げ、塩や砂糖をかけるだけでもおやつになります。そのほかにも、ごぼうをミキサーにかけて粉々にして使う、クッキーやケーキなどのレシピもあります。焼き菓子にすることでごぼうのクセがなくなり、ナッツのような香ばしさも味わえます。ごぼうが苦手なお子さまには、このようなおやつを作ってみるのも良いでしょう。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

    子供の嫌いな野菜によく上げられるごぼうですが、ごぼうには豊富な栄養素が含まれています。ごぼうにはビフィズス菌の成長を促し整腸効果があるイヌリン、カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル類、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなどが含まれています。生薬や漢方薬にも用いられ、利尿・発汗・湿疹などに効くとされているので、ぜひ料理に積極的取り入れたい野菜です。ごぼうはえぐみがあるため生食はできず、必ずあく抜きをして火を通して食べます。醤油・みりん・味噌などの和食の調味料と相性抜群で、煮物・炊き込みご飯・味噌汁・炒め物などによく使われます。好き嫌いが分かれることが多いですが、しゃきしゃきとした歯ごたえと独特の味わいが料理を引き立てます。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    歯ごたえがよく香りが良い「ごぼう」。ごぼうの皮には抗酸化作用があるポリフェノールなどの栄養素が豊富に含まれているので、しっかりと剥かずに包丁などで軽くこそぎ落とす程度にして調理をします。アクがある食材なので酢水につけておくと変色するのも防ぐことができるのでおすすめです。常温で保存をする際は新聞紙で包み冷暗所で立てて保存をします。またごぼうは薄めに切り水けを拭きとってザルに広げ、三日ほど干すとうま味がアップします。炒め物や煮物、おつまみにも活用することができる食材なのでぜひ料理に活用してみて下さい。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    独特の風味と歯ごたえが特徴の「ごぼう」。出荷量は断トツで青森県が日本一、冬が旬の根菜です。あくが強く、空気に触れる切り口部分が茶色く変色するので、切ったらすぐ水にさらしてあく抜きをしましょう。ただし、長時間水につけると風味が損なわれ、栄養も逃げるので注意する必要があります。ごぼうを白く仕上げたいときは、酢水につけてください。食物繊維が豊富なため便秘に効果があり、また、固さがあってかみごたえもあるので、食べすぎを防ぎ、ダイエットにも役立ちます。煮物や炒め物、揚げ物などいろいろな食べ方ができますが、ごぼうをさっぱりと食べたいなら冷たくしてもおいしいあえ物がおすすめですよ。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ごぼうは香りが特徴的な食材で、セルロースやリグニン、イヌリンといった食物繊維が豊富に含まれていて整腸作用や便秘解消効果があるので女性におすすめの食材です。ごぼうは湿気や乾燥に弱い食材なので、保存をする際は泥つきのごぼうは新聞紙で包みポリ袋に入れ、洗いごぼうはラップで包むかポリ袋に入れともに立てて保存をします。泥つきの丸ごとのごぼうは冷暗所で1か月程保存が可能です。歯ごたえや香りが特徴的なごぼうはレンジを使うとより簡単に調理をすることができ洗い物を減らすことができるので手軽です。ぜひ料理に取り入れてみてください。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    ごぼうは11月~1月が旬の野菜であり、香りが良く食感が特徴的な食材です。新鮮なごぼうは太さが均一でひび割れがなくひげ根がないものを選び、洗いごぼうより泥つきのものがおすすめです。ごぼうの皮にはサポニンやポリフェノールといった栄養が豊富に含まれていて抗酸化作用があるため、包丁の背やたわしで表面をこそぎ落とす程度にします。また、酢水につけておくことで農薬やアクを取り除くことができ、変色を防止することができます。ごぼうは炒め物や汁物、揚げ物など幅広く活用することができる食材でご飯のおかずにもぴったりです。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    根菜類であるごぼうは、食物繊維が豊富な食材です。シャキシャキした食感と香りに特徴があり、日本人にはなじみ深く、根菜類の中では口にすることも多い野菜ですね。食物繊維だけでなく、美肌に効果的なアルギニンや血圧を下げるはたらきのあるカリウムなども豊富に含まれます。ごぼうを使った料理としては、きんぴらごぼうや煮物、炊き込みご飯、かき揚げなどが代表的ですが、ごぼうのサラダもヘルシーでおすすめです。青じそドレッシングやポン酢といった酸味のあるドレッシングやコクのあるマヨネーズやゴマダレの味付けなど、どんな味付けも、ごぼうにはよく合います。味に変化をつければ、バリエーションも広がり、飽きずに食べられますよ。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    独特の歯ごたえと香りが特徴的なごぼう。特に食物繊維は他の野菜と比べてもトップクラスです。野菜の食物繊維は水に溶けやすい性質を持っていますが、ごぼうの食物繊維は水に溶けやすいものと溶けにくいものの両方が含まれることも特徴です。皮にも繊維がたっぷりと含まれているので綺麗に剥くのではなく、たわしなどでこすり洗いしたり、包丁の背でこそげとることがおすすめです。ごぼうはアクが強いため、空気に触れると色が悪くなってしまうため切ったらすぐに水にさらしてくださいね。水に酢を少しプラスすると白く綺麗に仕上がりますよ。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    しゃきっとした歯ごたえが特徴のごぼうは、和食によく合う野菜としてよく使われます。子供が嫌いな野菜の1つによく挙げられますが、ごぼうには豊富な栄養素を含んでいるのでぜひ料理に取り入れたい野菜です。ごぼうにはビフィズス菌の成長を促して整腸効果のあるイヌリン、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが含まれています。その他にもカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを含む栄養価の高い野菜です。えぐみが強いため灰汁抜きする必要があり、ほとんどの場合は火を通してから食べます。煮物・スープ・みそ汁の具・炒め物・炊き込みご飯・きんぴらごぼうなど、さまざまな料理に使えて料理に風味をプラスします。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    独特の香りと歯ごたえが特徴で好き嫌いが分かれやすい、ごぼう。ごぼうはユーラシア大陸原産で、縄文時代か平安時代に日本に伝わったと言われています。ごぼうはえぐみが強いため、灰汁抜きする必要がありほとんどの場合は火を通してから食べます。ゴボウは生薬や漢方薬にも用いられ、利尿・発汗・ニキビ・湿疹などに効くとされています。ごぼうはカリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルを含み、ビフィズス菌の成長を促し整腸効果があるイヌリンも含まれています。クセがあって食べにくいというイメージがありますが、体にいい栄養素を含んでいるので、積極的に料理に取り入れたいですね。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    シャキシャキとした歯ごたえと独特な香りが特徴のごぼう。食物繊維が豊富に含まれる野菜として人気です。ごぼうには食物繊維をはじめ、疲労回復効果が期待されるアルギニン、むくみ予防のカリウムなどの栄養が豊富に含まれています。ごぼうと言えばきんぴらなどの煮物のイメージが強いですが、子供や男性も食べやすく調理するには揚げるレシピもおすすめです。独特の香りが気になりにくくなり、スナックのように食べられますよ。ごぼうは洗ったり、切ったりするとそこから栄養が出ていきますので、買う場合は土がついている状態のごぼうを選んでくださいね。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ごぼうは秋から冬が旬の野菜です。また初夏から出回る新ごぼうは柔らかく香りが良いのが特徴です。若ごぼうは色が綺麗です。ごぼうには食物繊維やミネラルが豊富に含まれています。便秘解消の効果がありますので便秘に悩んでいる方におすすめです。食物繊維のリグニンは大腸がんの予防効果があるとされています。またイヌリンは食物繊維に含まれている炭水化物の一種でコレステロールや血糖値を下げる働きがあります。主な料理ではきんぴらごぼうが代表的です。またごぼうは鶏肉との相性が良いです。煮物や、炒め物はもちろんサラダにしてもおいしく食べることができます。ごぼうは栄養がありますし、レシピも沢山ありますので積極的に摂りたい食材です。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ごぼうを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    和食によく合う野菜としてよく使われるのがごぼう。ごぼうは独特の香りや食感があり、好き嫌いが分かれることもあります。ごぼうは元々中国から薬として伝来したほど、体にいい栄養素が含まれています。ごぼうにはコレステロールを減らす働きがあるリグニン・3大栄養素の1つと言われるたんぱく質・便秘解消に役立つ食物繊維などが含まれており、ぜひ料理に取り入れたい野菜の1つです。ごぼうが苦手なお子さまも多いと思いますが、お子さまも喜んで食べてくれるレシピもあるのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ごぼう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • お茶で痩せよう!ごぼう茶ダイエットの方法&レシピまとめ

    ごぼう茶とは、ごぼうをスライスして乾燥させたものを急須に入れて飲むお茶の事です。ごぼうは日本では食物繊維が豊富な野菜として、きんぴらや天ぷら、煮物として食べることが多いですね。一方海外、とくに欧米では、ハーブとして使用され、中国などでは、漢方として用いられるので、体に良く、お茶として注目されるのも納得です。 この記事では、ごぼう茶の基礎知識に加え、手作りごぼう茶のレシピ、ごぼう茶の飲み物レシピ、ごぼう茶の料理レシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ごぼうのレシピ】人気で美味しい作り方のみ20選まとめ:食物繊維たっぷりのごぼうをたくさん食べよう

    食物繊維豊富な野菜としてや、体を温めてくれる根菜の代表として知られる、土の香りがたまらない「ごぼう」。日本では青森や北海道などで多く生産され、晩秋から冬に旬を迎える滝野川ごぼうや、春先に旬を迎える「若ごぼう」など様々な品種があります。 ごぼうのうまみを楽しめるレシピを自宅で手軽に作れたら、毎日のご飯作りが楽しくなりますね。パスタや煮物など作ってみたいと思える定番料理から、斬新なアイディアが光る個性派料理まで、カテゴリーに分けてわかりやすく紹介していきます。忙しい日にパパッと作れるレシピもたくさんあるので、要チェックです。

広告

運営会社