キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ブロッコリーの記事一覧

キッチンブックの「ブロッコリー」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    ブロッコリーはアブラナ科アブラナ属の野菜で、栄養豊富な緑黄色野菜です。食用とする部分は、花蕾と茎の部分になります。小さな蕾の塊が特徴的なブロッコリーは、味にクセが無いことから和・洋・中の料理に幅広く活躍します。選ぶときのポイントは、花蕾が変色しておらず実が詰まっているものを選んでください。保存方法は数日間なら冷蔵庫内での保存が可能です。使い切れない場合は、食べやすい大きさに切り茹でて冷凍保存も可能ですよ。ブロッコリーには、美肌に役立つビタミンCと血液の凝固に関わるビタミンKが豊富に含まれています。年間を通して手軽に入るブロッコリーを使い、レシピを参考に料理を作ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    木のようなシルエットが特徴のブロッコリー。ビタミンCが非常に豊富で、グラム当たりで見るとレモンよりも多く、食べる量で考えると、ブロッコリーはとても効率よく栄養を摂れる野菜となります。ビタミンCには疲労回復や風邪の予防、老化防止に効果的です。また、葉酸もたくさん含まれていて、葉酸にはDNAの合成や調整に深く関わっているため、正常な細胞の繁殖を助ける働きがあります。妊娠前後の女性にとっては特に必要不可欠な栄養素もブロッコリーにはたっぷり入っています。そんなブロッコリーですが、購入する際にはつぼみが小さくて粒がきっちり詰まっているものが良品とされているので、そのようなブロッコリーを選ぶようにしてみてくださいね。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    まるで小さな木のような形をしているブロッコリーですが、私たちが食べている部分は主に花芽とあわれる成長しては花になる部分です。遡るとローマ時代から日常的に食べられていたという記録が残っており、日本には明治時代になってカリフラワーと共に入ってきました。料理に使う際はつぼみが小さく、粒がそろっていてきっちり詰まっているもの、色は鮮やかで濃い緑色をしているものを選ぶと新鮮でおいしいものとなります。また、新鮮であれば花芽の部分から芯の部分まで、余すことなくとても優秀です。芯や茎の部分を柔らかく似て混ぜこんだり、あえて食感を楽しむレシピも料理のレパートリーに加えてみてください。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ブロッコリーはアブラナ科アブラナ属の野菜で、地中海沿岸が原産です。花蕾と茎を食用として使い、生食には向かず茹でたり蒸したりしてから料理に使用します。サラダ・スープ・シチュー・揚げ物・炒め物などに使われ、独特の丸みのある形が料理にアクセントをプラスしますよ。子供が嫌いな野菜にもよく挙げられますが、ブロッコリーは栄養価が高いのでぜひ料理に取り入れたい野菜です。ブロッコリーはビタミンCが豊富で、ビタミンCは抗酸化作用があり動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ効果があります。その他にもカルシウム・カリウム・鉄分・亜鉛などのミネラルや、胎児の成長に欠かせない葉酸など、体に必要な栄養素が豊富に含まれているスーパーフードです。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    子どもの嫌いな野菜に挙げられることが多いブロッコリー。ユニークな形が印象的ですが、独特の味わいがあるため好き嫌いが分かれる野菜です。生食はできず、蒸したり茹でたりして火を通して食べる必要があります。ブロッコリーは緑黄色野菜の中でも、トップクラスの栄養素が含まれています。ビタミンC、抵抗力をアップさせるビタミンA、鉄分・カルシウム・亜鉛・カリウムなどのミネラル類、葉酸、ポリフェノール、食物繊維など、体に必要な栄養素がとても豊富です。好き嫌いが分かれるブロッコリーですが、ぜひ料理に積極的に取り入れたい食材です。ブロッコリーは長時間茹でると栄養素が流失しやすいため、さっと茹でるようにしましょう。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    1年を通して、いつでも手に入りやすいブロッコリーですが、12〜3月に旬を迎え、冬の健康維持に適した食材なんです。何と言ってもビタミンCはレモンよりも多く、体内でビタミンAとなるβ-カロテン、ビタミンEも豊富で、全て抗酸化作用を持ち、体の免疫力を高める働きがあります。ビタミンA・C・Eは3つ同時に摂取する事で効果が高まるため、ブロッコリーはかぜ予防に効果的なんです。また、ビタミンCは、タンパク質と合わせて摂取すると、体に吸収されやすくなるので、煮る調理法で効率よく栄養が摂取できます。水溶性のビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいため、短時間でさっと茹でましょう。電子レンジで加熱するのもオススメです。ブロッコリーは、茎にも栄養が豊富。煮込むとほくほくの食感が楽しめますよ。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ブロッコリーには、美肌効果、体の抵抗力を高める「ビタミンC」、糖質をエネルギーに変える「ビタミンB1」、皮膚や粘膜を健康維持する「ビタミンB2」、DNAの合成や赤血球の細胞の形成を助けるため妊娠初期には必須の「葉酸」の含有量は野菜の中でもトップクラスです。抗酸化作用と解毒効果のある「スルフォラファン」も含まれ、ガン予防に期待できるとの研究も進められています。ブロッコリーは花蕾(からい)と茎の部分に分かれ、柔らかい部分の花蕾は食べやすいですが、茎にも同様の栄養+食物繊維が含まれるため、捨てずに上手に取り入れたいですね。茎の中側は柔らかいので固い部分を剥いてから加熱してください。ビタミンの流出を防ぐために蒸し調理かレンジ加熱がおすすめですよ。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 話題のスーパーフード♪ブロッコリーのダイエットレシピ20選

    毎日の料理に、欠かせない緑の野菜、ブロッコリー。彩をよくするためにお弁当に入れたり、サラダに入れたり、炒めたり、色々な使い方ができる万能の野菜です。緑黄色野菜なので栄養豊富、免疫力アップや肌の調子を整える効果があります。冷凍食品としても販売しており、生でもほぼ1年中スーパーで買えるので、いつでも食べられます。 この記事では、ブロッコリーの基礎知識に加え、ブロッコリーのサラダレシピ、ブロッコリーのスープレシピ、ブロッコリーのおかずレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • トップクラスの栄養価が健活をサポート!ブロッコリースムージーの人気レシピ20選

    緑黄色野菜の中でも栄養価が高いと人気の「ブロッコリー」。サラダやメイン料理の彩りでもよく使われ、レシピも多数あります。そんなブロッコリーですが、ミキサーで手軽に作れる「スムージー」なら、ブロッコリーを生で使うこともでき、加熱すると失われやすいビタミンも効率よく摂り入れられるんです。 この記事では、ブロッコリースムージーの栄養に加え、果物・野菜、牛乳・豆乳、ヨーグルト、その他にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社