キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

そら豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

そら豆は地中海と西南アジアが原産地とされている豆で、古代エジプトやローマでも食べられた記録があり古くから人間に食べられていた歴史の長い豆です。さやから出すとコロンとした丸いフォルムとぷっくりとした厚みが愛嬌があり、ホクホクとした味わいが特徴です。そのまま茹でるだけでもおいしく食べられ、臭いや味にクセがなく食べやすいです。炒め物・揚げ物・煮物・グリル料理など幅広い料理に使えて、きれいな黄緑色が料理に彩を加えます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてそら豆のレシピを紹介しています。そら豆を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

そら豆の栄養素

そら豆は豊富な栄養素を含んでいる豆です。血圧を調整する働きのあるマグネシウム・リン・貧血予防に効果のある鉄分などのミネラル類を含んでいます。その他にも疲労回復に効果のあるビタミンB1、血行を促進する効能のあるビタミンB2、3大栄養素の1つのたんぱく質、体の余分なナトリウムを排出するカリウム、エネルギーの代謝を促すナイアシンなどたくさんの栄養素を含んでいます。妊娠中にかかせない葉酸は、そら豆100gあたりに対し250μgを含んでいます。

そら豆の旬

そら豆の旬は梅雨が空ける前の4~6月が旬で、市場に多く出回る最盛期になります。鹿児島などの温かい地域では年末ごろには出荷されることもあり、遅くても3月~4月には獲れたてが市場に出回ります。関東以南の地域では4~6月、関東地方周辺や関東以北の地域では6~7月に旬を迎えます。そら豆の旬は半年ほどかけて、南から北へと移動していくのが特徴です。

そら豆の産地

! /image/〇〇
そら豆の産地は鹿児島県がトップで、全国の約4分の1を占めています。次に千葉県が多く、次いで茨城県、愛媛県が続いています。九州地方や四国地方などの温暖な地域で比較的多く栽培されています。海外では中国の生産量が一番多く、次いでエチオピア、オーストラリア、イギリスが続いています。

そら豆の選び方

そら豆は表面の白いうぶ毛が取れていないものが新鮮で、さやがきれいな濃い緑色のものを選びましょう。さやがふっくらと膨らみ豆の形が見えているもので、手に持ったときに重みのあるものがおすすめです。筋の部分が茶色くなっているものは鮮度に欠けて、触った時に弾力のあるものがおすすめです。さやにツヤがあり粒が揃っているものを選びましょう。さやが黒く変色しているものは避けてください。

そら豆の保存方法

そら豆を冷蔵保存する場合は、乾燥を防ぐためにさやつきのままビニール袋に入れて、野菜室に保存します。冷凍保存する場合は茹でたそらまめを金属製のバットに並べ、急速冷凍します。凍ったらジップロックなどの保存袋に入れて、しっかり空気を抜いて口を閉じて冷凍庫に保存します。生のまま冷凍する場合は、さやつきのままでもさやから出して豆だけでも冷凍でき、保存袋に入れて空気を抜いてしっかりと口を閉じて冷凍庫に入れます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

そら豆の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

そら豆の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/
#そら豆 の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

そら豆の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

そら豆の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

そら豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社