キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

チンゲン菜の記事一覧

キッチンブックの「チンゲン菜」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    チンゲンサイは春と秋が旬の野菜で最も味が良くなる時期は気温が下がる前の晩秋です。チンゲンサイにはベータカロテンが含まれていて体内でビタミンAに変換されるため皮膚や髪を健康に保つ作用や視力維持、呼吸器系を守る働きがあります。他には高血圧予防に効果があるカリウム、骨を丈夫にするカルシウム、肌荒れや風邪予防に効果があるビタミンCが豊富に含まれています。根元付近がふっくらとしていて葉に厚みがあるものは甘みがあります。乾燥に弱い野菜なので湿らせたキッチンペーパーで包んでから袋に入れ立てて野菜室で保存します。炒めるなどの調理がおすすめなのでぜひ活用してください。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ8選

    チンゲンサイは中国から伝わってきた野菜で、白菜などの仲間です。シャキシャキした歯ざわりがよく、中華料理ではよく使われる上に欠かせない食事ですが、洋食でもよく使われるようになりました。そんなチンゲンサイは抗ガン作用や免疫賦活作用や体内でビタミンAに変換してくれる効果もあります。髪の健康維持や、視力維持にも働きかけてくれるため、日々取り入れていきたい野菜ですよね。美味しいチンゲンサイを選ぶコツは、葉の色が濃い緑色で葉の軸が短めのもの。また、密に葉がついているものが良いでしょう。株の根元付近がふっくらとしているものは甘みが強いのでおすすめです。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ7選

    中華料理では定番のシャキシャキとした食感と加熱することでほのかな甘みが出るチンゲンサイ。もともとは中国の野菜ですが、現在では全国各地で栽培されて通年流通していますが、最も栄養価が高まる旬は9月〜翌1月頃です。緑の濃い野菜にしては珍しくアクが少ないため下茹でをしなくてもそのまま炒め物などに加えることができ、色鮮やかなまま食卓に並べられます。また、油と一緒に摂ることでビタミンなどの吸収率が高まる嬉しい特徴がありますよ。さらにタンパク質と組み合わせることでβカロテンやカルシウムの吸収率が高まります。どんな食材とも相性が良いため、様々な料理に加えてアレンジしてくださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    シャキシャキとした食感が特長のチンゲンサイ。全国各地で栽培されており一年中手に入れることが出来ますが、特に美味しくなるのは10~11月と言われています。チンゲンサイに含まれるβカロテンはガンを予防し免疫力を高める他、体内でビタミンAに変換され、粘膜や呼吸器系統などを守ってくれます。塩分の排泄を助けるカリウムや肌荒れを抑えるビタミンCも多く含まれており、健康だけでなく美容にも嬉しい効果が期待できますよ。特に中華料理には欠かせない食材で炒め物のイメージが強いですが、お浸しに付け合わせに揚げ物と、幅広いレシピに活用しやすい野菜です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    どんな料理に添えても嫌味のないチンゲン菜は、中華料理に添えられることが代表です。中国出身のチンゲン菜は和名では「たいさい」と呼ばれ、味が淡白で白菜の仲間です。チンゲン菜は秋〜冬にかけて旬を迎え、軸の部分は肉厚でシャキッとした食感は、煮込んでも炒めても煮崩れることなく美味しく調理ができます。βカロテン、カリウム、カルシウム、ビタミンを豊富に含み、油との相性も良く、油で調理することでビタミンやミネラルの吸収率がアップすることも特徴です。鮮やかな緑色はどの料理にも彩りを加え、添えることでパッと華やかになります。中華料理だけでなく、様々な料理に活用くださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    シャキシャキした食感が人気のチンゲンサイ。1970年ごろ中国から伝わった野菜ですが、今ではすっかり日本に定着しており、適応力が高く、生育が早いため北海道から沖縄まで、全国各地で栽培されている身近な野菜です。チンゲンサイは白菜の仲間の緑黄色野菜。一年中出回っているので旬を感じにくいですが、9~12月頃が旬と言われています。ほうれん草のようにアクがないので、下ゆでしないでそのまま料理できるのが便利ですね。味にクセがないので、いろいろな食材と合わせることができ、ゆでたり炒めたりすると色味が良くなるので料理にも使いやすい野菜です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 低カロリーで栄養満点!チンゲン菜のスムージーレシピ・作り方

    チンゲン菜は日中との国交が回復した1972年、日本に来たと言われています。癖のない味や食感が日本人の好みに合い、いまやすっかり日本に定着しました。アクがないので、ほうれん草のように下茹での必要がないのも便利ですね。スムージーのレシピはたくさんありますが、その中でもチンゲン菜は人気の野菜。よりおいしく食べられる作り方がわかれば言うことないですね。 この記事では、チンゲン菜のダイエット効果や栄養に加え、フルーツベースのチンゲン菜スムージー、野菜ベースのチンゲン菜スムージー、豆乳ベースのチンゲン菜スムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。ぜひお試しください!

  • ごはんに合う絶品チンゲン菜料理のレシピまとめ

    チンゲン菜は、中国野菜の中でも特によく使われている野菜の一つです。 日本には1970年代の日中国交回復の頃に入って来たと言われていますので、日本での歴史はそんなに古くありません。 露地ものの旬は秋ですが、ハウス栽培がされているので、一年中手に入ります。 中華料理でおなじみの野菜ですが、煮崩れないので、炒めもののほかに、煮込み料理にも用いられます。 この記事では、チンゲン菜の基礎知識に加え、チンゲン菜の炒め物レシピ、煮込み・スープレシピ、和え物レシピ、ごはん・麺レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社