キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

チンゲン菜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

チンゲンサイはアブラナ科の白菜の仲間で、中国から伝わりました。中華料理には欠かせない野菜で、オイスターソースやごま油と相性抜群です。炒め物・和え物・煮物などに使われ、和食や中華以外でもベーコンやバターなど洋食の素材ともよく合いクリーム煮などにも使われます。チンゲンサイは生でも食べられますが、加熱して食べることのほうが多いです。火を通してもシャキシャキとした歯ごたえを楽しめるのが魅力です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてチンゲン菜のレシピを紹介しています。チンゲンサイを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

チンゲンサイの栄養素

チンゲンサイは緑黄色野菜なので、βカロテンが豊富に含まれています。βカロテンは抗酸化作用があり、ガン・心筋梗塞・動脈硬化などを防ぐ効果があります。ビタミンCも豊富に含まれ、免疫力を高め風邪の予防に効果があります。メラニンの生成を抑えて日焼けを防ぎ、しみ・そばかすを予防する効果があるので女性にとってうれしい野菜です。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウム、歯や骨の形成に欠かせないカルシウム、ビタミンE、ビタミンK、鉄分などが含まれています。

チンゲンサイの旬

チンゲンサイはハウス栽培のものが通年出回っていますが、年に2回旬があり春と秋が最盛期になります。春と秋の穏やかな気候の時期に、露地栽培されたチンゲンサイが出荷されます。チンゲンサイは種まきから収穫までの期間が短く、気温の変化に対応しやすい野菜なのでハウス栽培に向いています。露地栽培のものは晩秋の気温が下がる時期に、おいしくなると言われています。

チンゲンサイの産地

! /image/〇〇
チンゲンサイは日本各地で栽培されていますが、出荷量のトップは茨城県になっています。次いで静岡県、群馬県、愛知県、埼玉県が続いています。関東地方での栽培が多く、茨城県と静岡県の二県が全体の半分以上を占めています。静岡県では昭和50年からチンゲンサイの栽培が始まり、浜北市や浜松市、北遠地域に生産地が拡大しました。

チンゲンサイ選び方

チンゲンサイを選ぶ際は、密に葉がついていてきれいな緑色をしたものがおすすめです。葉の軸が短く太くて幅広いものが良品で、株の根元がふっくらとしているものが甘みがあっておいしくなっています。葉が黄味がかった色合いのものは鮮度に欠け、葉先までしっかりとしたみずみずしさがあり、厚みのあるものを選びましょう。葉の緑色が濃すぎると、成長しすぎてアクが強い場合があります。

チンゲンサイの保存方法

チンゲンサイは濡らした新聞紙やキッチンペーパーに包んで、乾燥しないようにビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。チンゲンサイは立てて入れるのがポイントで、4~5日間保存できます。冷凍保存も可能で、お湯でさっと固めに塩ゆでして、冷水にとります。水気をしっかりと切って、使う量に合わせて小分けしてラップで空気ができるだけ入らないようにぴっちりと包みます。ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫で保存し、2~3週間を目安に使い切りましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

チンゲンサイの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

チンゲンサイの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

チンゲンの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /tチンゲンサイチンゲンサイopic/
! /topic/

チンゲンサイの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

チンゲン菜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社