キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

チンゲン菜をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

チンゲンサイはアブラナ科の白菜の仲間で、中国から伝わりました。中華料理には欠かせない野菜で、オイスターソースやごま油と相性抜群です。炒め物・和え物・煮物などに使われ、和食や中華以外でもベーコンやバターなど洋食の素材ともよく合いクリーム煮などにも使われます。チンゲンサイは生でも食べられますが、加熱して食べることのほうが多いです。火を通してもシャキシャキとした歯ごたえを楽しめるのが魅力です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてチンゲン菜のレシピを紹介しています。チンゲンサイを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • チンゲンサイを使ったおすすめ定番料理10選

    チンゲンサイは八宝菜、皿うどんなどの中華料理の定番の食材です。チンゲンサイはシャキシャキとした歯触りのよい食感があります。アクも少ないため、炒めものやスープにそのまま使えるので、使いやすさも魅力的です。葉の部分は柔らかく、火が通りやすいので加熱する時は茎から調理するようにしてくださいね。チンゲンサイには骨を丈夫にするカルシウム、生活習慣病やがんの予防に効果のあるビタミンE、βカロテン鉄分などが豊富に含まれており、栄養も満点です。カリウムなどの栄養素は水に溶けやすいため、スープにする場合は残さず飲むのがオススメです。また、水溶き片栗粉であんにすれば栄養を逃さず摂取できます。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのチンゲンサイを使った人気レシピ10選

    チンゲンサイはシャキシャキとした食感が楽しめる青菜の一種です。チンゲンサイは芯の部分がしっかりしているため、調理しても崩れにくく炒め料理から煮込み料理までさまざまな調理法でおいしく食べられます。チンゲンサイは八宝菜、焼きそば、中華スープなど、主に中華料理で使われる中華野菜です。チンゲンサイはβカロテンやビタミンEなどのビタミン類が豊富に含まれています。他にも骨を丈夫にするのに欠かせないカルシウムが含まれており、育ち盛りの子供から骨粗鬆症が気になるお年寄りまで幅広い年代の方にオススメです。チンゲンサイは熱で栄養が溶け出してしまうので、汁物にする場合は汁まで飲み干してくださいね。芯の部分は繊維に沿って縦に切ると、チンゲンサイの食感を生かせますよ。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのチンゲンサイを使った人気レシピ10選

    白菜の仲間でアブラナ科アブラナ属である「青梗菜(チンゲンサイ)」中国から伝わって来た野菜の1つで、和名は「体菜(たいさい)」といいます。軸が青色なのはチンゲンサイで、白軸なものを「パクチョイ」といいますが、日本では白菜と区別するために「しろ菜」とも書かれます。1年中各地から販売されているチンゲンサイですが、露地物の旬は春の3月から5月、秋の10月から11月です。そんなチンゲンサイの栄養価にはβカロテン、カリウム、カルシウムを豊富に含んでいて、ビタミンCも含んでいます。そしてチンゲンサイは葉や茎がシャキシャキした食感が特徴で、この夜ごはんレシピでも、炒め物やスープなどに使用しています。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのチンゲンサイを使った人気レシピ10選

    チンゲンサイは秋~冬が旬の野菜で、シャキシャキとした食感を楽しむことができる食材です。チンゲンサイには風邪予防効果や眼精疲労に効果があるビタミンCやベータカロテンが豊富に含まれています。チンゲンサイは油との相性が良く油と組み合わせて調理をするとベータカロテンの吸収率をアップさせることができます。また、強火で手早く炒めるとビタミンCの流出を抑えることができます。チンゲンサイはヘルシーで朝ごはんのメニューにもおすすめの野菜で、炒め物やスープなど幅広く使うことができる食材なのでレシピが多く紹介されています。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    大きなスプーンが重なったような形をしたチンゲンサイは、中華料理の炒め物や煮物をはじめ、和食ではお浸しや和え物に、洋食ではバターソテーやパスタなど様々な料理に活用される万能野菜です。加熱してもシャキシャキの食感は損なわず、鮮やかな緑色は料理のアクセントにもなっておすすめですよ。βカロテンを豊富に含むチンゲンサイは、油との相性も非常に良く、アクが少ないため下茹でも不要なので炒め物に適しています。炒める場合は、ビタミンCの損失を防ぐため、強火で手早く炒めることがポイントですよ。根の部分と葉の部分では厚さが異なるため火の通りが変わってきます。先に根の部分を加熱して、仕上げに葉を加えてくださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    中国野菜の一つのチンゲンサイは、まろやかな甘みとシャキシャキの食感が特徴で、炒め物やスープ、煮物などに適し、様々な料理に使われています。色鮮やかで食感も良く、加熱するときは厚い茎の部分を先に加熱して後から葉の部分を加えるようにしましょう。葉物野菜の中では日持ちする方ですが、5日程を目安に食べ切るように意識し、湿らせた新聞紙に包んでポリ袋に入れ、野菜室に立てて保存しましょう。長期保存の場合は軽く茹でて水気をしっかりと切り、小分けして冷凍保存してくださいね。根本にかけて丸みがあり艶のあるものがおすすめです。変色や枯れのないものを選んでくださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    白菜の中までシャキシャキの食感と甘みが特徴のチンゲンサイには、煮崩れしないのが特徴です。中華料理の食材として中国から輸入されたチンゲンサイは、当初は「パクチョイ」などと呼ばれていましたが、農林水産省によって青い軸のものを「チンゲンサイ(青梗菜)」と呼び、白い軸のものを「パクチョイ(白菜)」と呼ぶように定められました。強い抗酸化作用があるため、がんや生活習慣病の予防に効果的です。他にもβカロテン、葉酸、ビタミン、カルシウム、てつ、カリウムなど栄養を豊富に含み、アクやクセがないことからレンジ調理にも向いています。炒める場合は、栄養分の流出を防ぐため塩を振って油で炒めましょう。色鮮やかに仕上がりおすすめです。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    シャキシャキ食感が特徴のチンゲンサイ。チンゲンサイにはβカロテンが豊富で、健康な髪や視力の維持をサポートする働きや、がん予防、風邪予防などに効果があります。体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるカリウムも多く含まれており、高血圧やむくみの改善に役立ちます。骨や歯を丈夫にしたり、イライラを解消してくれるカルシウムや、シミ予防や美肌効果に欠かせないビタミンCも豊富です。チンゲンサイは油と相性が良く、一緒に調理をすることで、鮮やかな緑色になります。また、ビタミンの吸収が良くなるので、炒め物には最適な食材です。ビタミンCは熱に弱いので、高温でさっと調理するのがポイントです。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    シャキッとした食感とほのかに苦みのあるチンゲンサイ。炒め物やスープ、野菜ジュースなど、様々な料理に使うことのできる便利な食材です。もともとチンゲンサイとは中国から伝わった食材で、不結球タイプに分類されます。通年各地から出荷されており、際立つ旬はありませんが関東で取引量が多いのは春や秋頃となります。そんなチンゲンサイですが、ℬカロテンやカリウム、カルシウムを豊富に含んでいるため、髪や皮膚の健康維持や、塩分を体外に排出してくれるような働きがあります。また、ビタミンCも多く含まれているため、風邪の予防や疲労回復、肌荒れにも効果的です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    中華料理に欠かせない青梗菜(チンゲンサイ)。青軸なのがチンゲンサイの特徴で、白軸のものは「パクチョイ」といいます。旬は気温の低くなる晩秋です。チンゲンサイは茹でて調理するのも合いますが、このお弁当レシピでは、蒸し煮や炒めて使用しています。そんなチンゲンサイを選ぶ際には、濃緑色の葉で、軸が短め、葉が密集しているものが良く、また甘みがあるのは、根元がふっくらしていて、葉に厚みがるものです。そしてチンゲンサイを保存する時は、濡れた新聞紙で包み、袋に入れ、野菜室で立てます。鮮度が落ちると黄色くなるので、早めに食べてください。また軽く茹で、冷やして、絞ってから袋に入れて、冷凍保存することも可能です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    チンゲンサイは中国から日本に伝わり、中華料理によく使われる野菜として知られています。根の部分が丸く太さがあり、歯も肉厚で食べ応えがあります。炒め物・和え物・煮物などによく合い、オイスターソースと相性抜群です。中華以外でも和食の調味料ともよく合い、洋食ではバター炒めやクリーム煮などに使われます。きれいな緑色としゃきっとした歯ごたえが特徴で、料理にアクセントを加えます。チンゲンサイは緑黄色野菜に属すため、βカロテンが豊富で心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣業を防ぐ効果があります。ビタミンCも豊富で免疫力を高めて風邪を予防するので、風邪を引きやすい時期に料理に使いたい野菜です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ6選

    アブラナ科アブラナ属で中国から伝わった野菜、青梗菜(チンゲンサイ)。和名は体菜(たいさい)といい、青い軸のものです。チンゲンサイはハウス栽培により、1年中販売されていますが、旬は秋です。そんなチンゲンサイの栄養価は、ビタミンAに変換もされ、抗発ガン作用のあるβカロテンが豊富に含まれています。またミネラルも含まれ、なかでもナトリウムを排泄する役割のある、カリウム、骨を生成する成分の一つである、カルシウムを豊富に含んでいます。チンゲンサイは茹でて、おひたしや、漬け物でも合いますが、このパンレシピでは、炒めてから使用しています。チンゲンサイの選び方は、葉が濃緑色、軸が短めのものが良いのです。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    肉厚な軸と緑色が鮮やかな葉、シャキシャキとした食感が楽しめるチンゲンサイは中国から伝えられた野菜で、日本では茨城県や静岡県、群馬県をはじめ全国各地で生産されています。地域によって収穫時期が少しずつずれているため、1年を通してスーパーなどの店頭に並んでいますね。がんの予防や免疫アップが期待できるβカロテンや、余分な塩分の排出をサポートしてくれるカリウム、骨の健康やイライラの予防に役立つカルシウム、疲労回復や肌荒れの予防に一役買ってくれるビタミンCを含み、美容と健康に役立つ野菜として注目を集めています。そんなチンゲンサイは毎日の食卓に積極的に取り入れたい食材の一つですね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    シャキシャキ食感が特徴のチンゲンサイ。日中国交回復をきっかけに日本でも親しまれるようになった中国野菜です。抗酸化作用のあるβカロテンや、美肌効果のあるビタミンC、骨粗しょう症の予防に効果的なビタミンKやカルシウムなどが豊富に含まれています。油との相性が良く、一緒に調理をすることで鮮やかな緑色になり、ビタミンやミネラルの吸収もアップします。チンゲンサイは下茹でせずに使えるため、手軽に調理でき、忙しい日にもおすすめです。チンゲンサイの根元には土が付いていることがあるので、よく洗うのがポイント。食べやすい大きさに切って冷凍庫で保存をすれば、そのまま使える便利な食材です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    チンゲンサイはアブラナ科の野菜で中国が原産の野菜であることから中国料理には欠かせない食材です。スーパーでは一年中売られていますが、春から夏が旬となります。チンゲンサイにはビタミンCを豊富に含んでいるので、シミやそばかすを防ぎ美肌作りに最適な野菜です。他にはカルシウムや鉄分、食物繊維なども含まれているので丈夫な骨を作る働きや貧血予防、便秘解消効果があります。このようにチンゲンサイは女性に嬉しい野菜でもあるので積極的に取り入れたい食材です。炒め物や焼き物などの料理に使われ、おつまみにもぴったりなのでおすすめです。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    チンゲンサイはビタミンやベータカロテンが豊富に含まれている野菜です。油との相性が良いのでさっと炒めるとビタミンCの流出を最低限に留めることができます。チンゲンサイは冷蔵庫で保存をする際キッチンペーパーで包みポリ袋に入れて立てて保存をすると1週間程度持ちます。また冷凍保存をする際は食べやすい大きさに切り油で軽く炒めて冷まし、ラップに包んで保存袋に入れて冷凍室に入れます。冷凍したチンゲンサイは自然解凍で使うことができるので冷凍ストックをしておくと便利です。チンゲンサイは炒め物やあえ物など料理に幅広く使うことができる食材です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    秋から冬が旬の野菜でシャキシャキとした食感が特徴的のチンゲンサイ。葉が色鮮やかな緑色で葉茎ともに肉厚なもの、どっしりとしているもの、切り口が変色していないものが新鮮です。ビタミンCが豊富に含まれているので風邪の予防効果があります。ベータカロテンが豊富に含まれていますが油で調理をするとベータカロテンの吸収率がアップするので調理の際は油と組み合わせると良いでしょう。またビタミンCの流出を最低限に留めるため、強火でさっと炒めます。根元部分に農薬が残っている場合があるので根元をそぎ落として使用すると安心ですよ。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    中国の華中地区で作られていたチンゲンサイは、最も日本に広まった中国野菜の一つです。白菜の仲間でシャキシャキの食感とほのかな甘みがあり、煮崩れをしないため中華料理はもちろん、西洋料理との相性も抜群です。チンゲンサイには強い抗酸化作用があるβカロテンを豊富に含み、ガンや生活習慣病の予防に期待できます。他にも特に女性に嬉しい葉酸や鉄、ビタミンや、成長期の子供には欠かせないカルシウムもバランスよく含みますよ。アクも出ないので加熱調理は栄養素の損失が比較的少ない電子レンジがおすすめです。炒め物をする場合は、βカロテンは油と一緒に摂取するとより吸収率がアップしますよ。料理に合わせて調理方法を工夫してくださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    チンゲンサイは春と秋が旬の野菜で最も味が良くなる時期は気温が下がる前の晩秋です。チンゲンサイにはベータカロテンが含まれていて体内でビタミンAに変換されるため皮膚や髪を健康に保つ作用や視力維持、呼吸器系を守る働きがあります。他には高血圧予防に効果があるカリウム、骨を丈夫にするカルシウム、肌荒れや風邪予防に効果があるビタミンCが豊富に含まれています。根元付近がふっくらとしていて葉に厚みがあるものは甘みがあります。乾燥に弱い野菜なので湿らせたキッチンペーパーで包んでから袋に入れ立てて野菜室で保存します。炒めるなどの調理がおすすめなのでぜひ活用してください。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ8選

    チンゲンサイは中国から伝わってきた野菜で、白菜などの仲間です。シャキシャキした歯ざわりがよく、中華料理ではよく使われる上に欠かせない食事ですが、洋食でもよく使われるようになりました。そんなチンゲンサイは抗ガン作用や免疫賦活作用や体内でビタミンAに変換してくれる効果もあります。髪の健康維持や、視力維持にも働きかけてくれるため、日々取り入れていきたい野菜ですよね。美味しいチンゲンサイを選ぶコツは、葉の色が濃い緑色で葉の軸が短めのもの。また、密に葉がついているものが良いでしょう。株の根元付近がふっくらとしているものは甘みが強いのでおすすめです。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ7選

    中華料理では定番のシャキシャキとした食感と加熱することでほのかな甘みが出るチンゲンサイ。もともとは中国の野菜ですが、現在では全国各地で栽培されて通年流通していますが、最も栄養価が高まる旬は9月〜翌1月頃です。緑の濃い野菜にしては珍しくアクが少ないため下茹でをしなくてもそのまま炒め物などに加えることができ、色鮮やかなまま食卓に並べられます。また、油と一緒に摂ることでビタミンなどの吸収率が高まる嬉しい特徴がありますよ。さらにタンパク質と組み合わせることでβカロテンやカルシウムの吸収率が高まります。どんな食材とも相性が良いため、様々な料理に加えてアレンジしてくださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    シャキシャキとした食感が特長のチンゲンサイ。全国各地で栽培されており一年中手に入れることが出来ますが、特に美味しくなるのは10~11月と言われています。チンゲンサイに含まれるβカロテンはガンを予防し免疫力を高める他、体内でビタミンAに変換され、粘膜や呼吸器系統などを守ってくれます。塩分の排泄を助けるカリウムや肌荒れを抑えるビタミンCも多く含まれており、健康だけでなく美容にも嬉しい効果が期待できますよ。特に中華料理には欠かせない食材で炒め物のイメージが強いですが、お浸しに付け合わせに揚げ物と、幅広いレシピに活用しやすい野菜です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【焼く編】おすすめ10選

    どんな料理に添えても嫌味のないチンゲン菜は、中華料理に添えられることが代表です。中国出身のチンゲン菜は和名では「たいさい」と呼ばれ、味が淡白で白菜の仲間です。チンゲン菜は秋〜冬にかけて旬を迎え、軸の部分は肉厚でシャキッとした食感は、煮込んでも炒めても煮崩れることなく美味しく調理ができます。βカロテン、カリウム、カルシウム、ビタミンを豊富に含み、油との相性も良く、油で調理することでビタミンやミネラルの吸収率がアップすることも特徴です。鮮やかな緑色はどの料理にも彩りを加え、添えることでパッと華やかになります。中華料理だけでなく、様々な料理に活用くださいね。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • チンゲンサイを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    シャキシャキした食感が人気のチンゲンサイ。1970年ごろ中国から伝わった野菜ですが、今ではすっかり日本に定着しており、適応力が高く、生育が早いため北海道から沖縄まで、全国各地で栽培されている身近な野菜です。チンゲンサイは白菜の仲間の緑黄色野菜。一年中出回っているので旬を感じにくいですが、9~12月頃が旬と言われています。ほうれん草のようにアクがないので、下ゆでしないでそのまま料理できるのが便利ですね。味にクセがないので、いろいろな食材と合わせることができ、ゆでたり炒めたりすると色味が良くなるので料理にも使いやすい野菜です。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 低カロリーで栄養満点!チンゲン菜のスムージーレシピ・作り方

    チンゲン菜は日中との国交が回復した1972年、日本に来たと言われています。癖のない味や食感が日本人の好みに合い、いまやすっかり日本に定着しました。アクがないので、ほうれん草のように下茹での必要がないのも便利ですね。スムージーのレシピはたくさんありますが、その中でもチンゲン菜は人気の野菜。よりおいしく食べられる作り方がわかれば言うことないですね。 この記事では、チンゲン菜のダイエット効果や栄養に加え、フルーツベースのチンゲン菜スムージー、野菜ベースのチンゲン菜スムージー、豆乳ベースのチンゲン菜スムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。ぜひお試しください!

  • ごはんに合う絶品チンゲン菜料理のレシピまとめ

    チンゲン菜は、中国野菜の中でも特によく使われている野菜の一つです。 日本には1970年代の日中国交回復の頃に入って来たと言われていますので、日本での歴史はそんなに古くありません。 露地ものの旬は秋ですが、ハウス栽培がされているので、一年中手に入ります。 中華料理でおなじみの野菜ですが、煮崩れないので、炒めもののほかに、煮込み料理にも用いられます。 この記事では、チンゲン菜の基礎知識に加え、チンゲン菜の炒め物レシピ、煮込み・スープレシピ、和え物レシピ、ごはん・麺レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社