キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

煮物・煮込み料理の記事一覧

キッチンブックの「煮物・煮込み料理」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • おつまみにおかずにアレンジ自在!枝豆ダイエットの使えるレシピ20選

    おつまみの定番の枝豆。食物繊維やカリウムなど栄養が豊富で、低カロリーな枝豆は、ダイエットにも最適な食材ですよ。枝豆の旬は夏ですが、それ以外の季節でも冷凍食品で手軽に購入できるのも嬉しいポイントですね。枝豆はそのまま食べても美味しく、様々な料理にも取り入れやすいので、枝豆ダイエットにぜひチャレンジしてみましょう。 この記事では、枝豆ダイエットの基礎知識に加え、おつまみ、おかず、デザートにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クエン酸とアミノ酸のダブルパワー!お酢ダイエットの人気レシピ20選

    米酢や黒酢、バルサミコ酢、リンゴ酢、ワインビネガーなど、様々なお酢が販売されていますよね。お酢は健康に良いとされ、ダイエット効果もあります。お酢ダイエットは、一日に大さじ1~2杯のお酢を摂取する方法で、簡単に始められておすすめです。ドリンクに混ぜて飲むだけでなく、和え物や手作りドレッシング、甘酢炒めなど様々な料理に活用できます。 この記事では、お酢ダイエットの基礎知識に加え、米酢(ドリンク、料理)、黒酢(ドリンク、料理)、バルサミコ酢、ワインビネガーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 甘いけど低カロリー♡ダイエット向きのはちみつレシピ20選

    はちみつは、ミツバチが集めた花の蜜で、甘さが自然界の中で1番と言われています。現在は色々な花の蜜が販売され、香りや色が違ったり、色々と楽しめます。低カロリーな上、栄養素も豊富で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素、ポリフェノールなどが含まれており、老化防止や喉の痛みの緩和、美容など嬉しい効果がいっぱいです。 この記事では、はちみつの基礎知識に加え、はちみつのドリンクレシピ、はちみつのおかずレシピ、はちみつのスイーツレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 彩りよく作ろう♡ダイエットにおすすめの弁当レシピ20選

    日本文化のひとつといっても過言ではないお弁当。その歴史は古く、奈良時代に書かれた「古事記」にお弁当のエピソードがあるほど。しかしお弁当箱という道具が生まれたのは、それから実に800年以上もたった安土桃山時代だと言われています。欧米風の食事に急速に変化していく中、お弁当の文化は失われずに確固とした存在を確立できたのは、そこに日本人らしさと美意識を感じられるからかもしれません。 この記事では、弁当の基礎知識に加え、卵料理のレシピ、野菜のおかずレシピ、肉・魚のおかずレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 体の芯から温まる♡ダイエットにおすすめのおでんレシピ・作り方20選

    寒くなると食べたくなるおでん。大根や卵、こんにゃくや練り物など、色々な具があり、味も入れる食材も地域によって様々です。煮物として、鍋料理として食べるも良し、お酒のおつまみとしてつまむも良し。今はコンビニでも買えたり、家で簡単に作れるので、大人から子どもまで誰もが楽しめる、日本のソウルフードとなっていますね。 この記事では、おでんの基礎知識に加え、基本のおでんレシピ、おでんのアイデアレシピ、おでんを使ったリメイクレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 発酵パワーでダイエット!キムチのおすすめレシピ・作り方20選

    白菜、きゅうり、大根などを唐辛子や魚介の塩辛と一緒に漬物にした、「キムチ」。昔は朝鮮半島独自の漬物でしたが、今は日本でもよく食べられていますね。家庭の冷蔵庫に常備している人も多くなっているようで、発酵食品として、健康のために食べたり、発汗作用などを期待してダイエットに用いられたり、炒め物や鍋に入れるなど、用途はさまざまです。 この記事では、キムチの基礎知識に加え、キムチのおつまみレシピ、キムチのおかずレシピ、キムチの鍋・スープレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 美肌効果も☆トマトジュースのおすすめダイエットレシピ20選

    トマトジュースとは、トマトを砕いて搾ったり裏ごしして皮や種を取り除いて作られるジュースのこと。食塩が添加されているものが一般的で、そのまま飲んだりカクテルの材料として使われます。日本では1933年に愛知トマト(現在のカゴメ)が初めてトマトジュースを発売し、戦後さまざまなメーカーが製造を始めました。 この記事では、トマトジュースの基礎知識に加え、トマトジュースを使ったスープレシピ、トマトジュースを使ったおかずレシピ、トマトジュースを使ったご飯・パスタレシピにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • お家で簡単!おすすめのもつ煮レシピ・作り方を紹介

    もつ煮とは、牛や豚、鶏、馬の内臓を煮込んだ料理です。内臓を臭みが取れるまでショウガなどと一緒にゆでて、大根やごぼうなどの根菜やこんにゃく、豆腐と一緒に煮込んでしょう油やみそで味付けするのが一般的。明治時代に田楽のようにもつをくしに刺してしょう油にみそを混ぜた汁で煮込んだものが最初とされています。 この記事では、もつ煮 の基礎知識に加え、醤油、味噌、アレンジにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ジュワッとジューシー!がんもどきのおすすめレシピ・作り方まとめ

    おでんや煮物に人気のがんもどき。 もとは精進料理だったがんもどきが今の形になったのは江戸時代のことです。当時は油揚げのように豆腐から作る揚げ物の一種として考案されました。今でもお豆腐屋さんで売られていますね。今ではそのまま食べるよりも、煮物やおでんの具として食べることが多いようです。また意外にも手作りもできるんですよ。 この記事では、がんもどきの基礎知識に加え、煮物、焼きもの、アレンジ、手作りにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • レンジで作れるお手軽レシピも!ビーフストロガノフのレシピ・作り方15選

    ビーフストロガノフは一般には細切りの牛肉、玉ねぎ、きのこの煮込みにサワークリームを入れるというレシピが広く知られています。 ロシアの貴族、ストロガノフ家の料理であったとされていますが、考案者や時代については諸説があります。 また、ビーフはロシア語では「ベフ:~風」という意味で、牛肉とは関係がないという説もあるのだそう。 この記事では、ビーフストロガノフの基礎知識に加え、サワークリーム、トマトソース、生クリーム、デミグラスソースにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • お肉と豆腐の絶妙ハーモニー!肉豆腐のレシピおすすめ20選

    「肉豆腐」とは名前の通り、お肉と豆腐をだし汁としょうゆ、みりんなどの調味料で煮込んだ料理です。 お肉と豆腐の他にネギや水菜などの野菜やきのこ類も一緒に入れて煮込むこともあります。甘辛い味付けなのでごはんとの相性もバツグンです。 地域によって牛肉、豚肉の違いや、家庭によって入れる野菜も違うので色々とアレンジができる料理です。 この記事では、肉豆腐の基礎知識に加え、 定番の肉豆腐レシピ、 レンジで作れるお手軽肉豆腐レシピ、ピリ辛肉豆腐レシピ、カレー味の肉豆腐レシピ、そのほかの肉豆腐レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 定番からアレンジまで!真似したい洋食レシピ20選

    洋食と言えば、西洋料理や西洋風の料理のことですね。その中には日本でアレンジされたオムライスやポークカツレツなどがあります。 洋食が日本で生まれたのは、幕末から明治頃と言われています。日本にいる西洋人の元で修業をした日本人が自分の店を持つようになり広まったとされています。 おかげで今となっては日本人の食文化にもすっかり馴染んでいますね。 この記事では、洋食の基礎知識に加え、サラダ、スープ、メイン、おかずにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【お花見】お弁当に欠かせない!みんな大満足のおかずレシピまとめ

    新しい年が始まり寒い冬の終わりが見えてくると、梅・桃・桜など、春を告げる花が咲く季節になります。そう、お花見の季節です。 お花見スポットを調べて、お弁当・飲み物・スイーツなどを準備するだけでも、ワクワクしてきます。 暖かくして、お酒を片手に夜桜を見たり、昼間は陽のあたる場所で、きれいに咲く花を見ながらおいしいものを食べたいですよね。 この記事では、お花見にぴったりなお弁当レシピを、○○、××、△△にカテゴリを分けて紹介。家族・友達・彼氏や彼女が満足してくれるようなレシピを厳選しました。 この機会に手作りお弁当でお花見を楽しんでみませんか。

  • 今日の献立にも使える!野菜たっぷりラタトゥイユのレシピ

    夏野菜がたっぷり入った「ラタトゥイユ」は、簡単にできて栄養も豊富なおすすめの料理です。南フランス発祥のトマトベース煮込み料理で、トマトやズッキーニ、ナスやパプリカ、玉ねぎなどをオリーブオイルで炒め煮にします。野菜の旨味が凝縮され、味付けは塩コショウとシンプル。冷やしても温かいまま食べても美味しいですよ。 この記事では、ラタトゥイユの基礎知識に加え、 基本のラタトゥイユ、パスタのリメイク、ご飯のリメイク、パンのリメイクにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ料理のレパートリーに取り入れてみてくださいね。

  • 家にある調理器具でお手軽に!人気の筑前煮レシピ・作り方20選

    老若男女を問わず、たくさんの人から愛されている和食の定番「筑前煮」。 九州の筑前地方の郷土料理でもある「筑前煮」は、具材に味がしっかりと染み込んでいて、冷めても美味しく食べられる料理の1つです。 便利な作り置きメニューとしても人気なので、お弁当にも入れられ、何かと重宝しますよね。 この記事では、筑前煮の基礎知識に加え、圧力鍋でつくる筑前煮・フライパンでつくる筑前煮・炊飯器でつくる筑前煮・筑前煮でつくるリメイクレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 基本からリメイクまで!美味しいハヤシライスのレシピ・作り方20選

    洋食料理店での定番メニューでありながら、家庭の味としてもなじみ深いハヤシライス。 ハヤシライスの起源は所説ありますが、いずれの説からみても明治初期頃より食べられていたと考えられています。所説ある起源のうち最も有力なのが、丸善創業者の早矢仕有的(はやしゆうてき)氏が友人に振舞ったとされるもの。 この記事では、ハヤシライスの基礎知識に加え、基本のハヤシライス、ご飯を使ったリメイク、パンを使ったリメイク、パスタを使ったリメイクにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 献立に迷ったときにぴったりなロールキャベツレシピ・作り方20選

    メインにも副菜にもなるロールキャベツは家庭料理の定番のひとつですが、実は1世紀頃から現在のトルコ付近で食されていた料理が始まりです。 ぶどうの葉で肉や米を包んだものが世界へと伝わる過程でキャベツを使ったレシピが生まれ、日本に広まりました。冬・春キャベツとこれからの季節ますます活躍する野菜のひとつ。ぜひバリエーション豊かに楽しみたいですね。 この記事では、ロールキャベツの基礎知識に加え、コンソメ味のロールキャベツ、トマト味のロールキャベツ、ホワイトクリームのロールキャベツ、和風のロールキャベツにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おでんのレシピ&作り方まとめ:だしや具をひと工夫!

    なべ料理の代表のひとつでもある「おでん」。寒い時期にはもちろんのこと、最近は1年を通じて食べることができ、「冷やしおでん」などの変わり種も出てきています。出汁で大根やはんぺん、厚揚げなどいろいろな具材をコトコトと煮込んで味が染みた料理で、具材も出汁の味も地域や家庭ごとに違っており同じように見えてバリエーションは豊富なのも特徴ですね。長時間煮込む必要があり手間暇かかる料理ですが、最近は短時間で美味しく作ることができるレシピなどもあり、人気を呼んでいます。今回はそんなおでんの基本レシピ、具レシピ、リメイクレシピ、タレのレシピをカテゴリー別に、おでんについてや調理法と合わせて紹介します。

  • 肉じゃがのレシピ・作り方まとめ:基本からアレンジまで楽しめる

    ほっこりとどこか懐かしく、時々無性に食べたくなる肉じゃがは、「おふくろの味」と聞いて真っ先に思い浮かべる人気料理のひとつですよね。もともと東郷平八郎がイギリス留学中に食べたビーフシチューを再現しようとして作ったのが始まりといわれるメニューで、簡単に作れるのであっという間に日本中の家庭で定着しました。 一般的にお肉、じゃがいも、玉ねぎなどといった基本の材料を使い、甘辛い味付けがされていますが、地方、そして家庭によって様々なアレンジが加えられており、何とも奥深い一品です。今回はそんな肉じゃがのレシピと作り方を紹介します。レシピは基本レシピ、あっさり塩味、変わり種、リメイクと、カテゴリ別にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

広告