キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ブルーベリーの記事一覧

キッチンブックの「ブルーベリー」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 昼ごはんにオススメのブルーベリーを使った人気レシピ10選

    鮮やかなパープルが美しいブルーベリー。小さな粒を口の中に入れるとプチっと甘酸っぱいジューシーな果汁が弾けます。ほどよい酸味と甘さがクセになり、ついついパクパクとつまんでしまいますよね。ブルーベリーはチーズケーキ、ベーグル、ジャムなどのお菓子作りによく登場します。ブルーベリーは天然できれいな紫色が出せる貴重な食材として、料理の飾り付けで重宝されています。お菓子作り以外にも、肉料理にブルーベリーソースを合わせたり、ブルーベリーの実をパスタに使ったりと、おかず系の料理にも多く利用されています。フルーティーな香りと甘みが楽しめるので、お菓子作り以外でもブルーベリーを使って料理の幅を広げましょう。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのブルーベリーを使った人気レシピ10選

    6月から8月にかけて旬を迎えるブルーベリー。さわやかな香りと甘酸っぱい味わいが特徴です。ブルーベリーには眼精疲労や視力の改善に効果があるアントシアニンが豊富に含まれています。また、美肌やアンチエイジングなどに有効なビタミンCやビタミンEなども多く含まれています。ブルーベリーはハリがあり、乾燥を防ぐ役割があるブルームと呼ばれる白い粉が表面にあるものを選ぶのがポイント。乾燥しやすいので、保存容器や袋に入れて、冷蔵庫で保存します。冷凍保存もおすすめです。そのまま生で食べるのはもちろん、野菜や肉と一緒に煮込んだり炒めたり、サラダに入れたりとアレンジの仕方はいろいろ。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ほのかな酸味と甘みが口いっぱいに広がるブルーベリー。ケーキやお菓子に使われたり、ヨーグルトに入れて食べたりと、比較的お菓子などによく使われる果実です。輸入しているものは通年手に入りますが、国産は夏に旬を迎え、6月~8月ころに出回っています。旬の時期にはブルーベリー狩りを開催しているところも多く、楽しみながら食べることができるのはとても嬉しいですよね。そんなブルーベリーですが、栄養価が高い果実で、特に視力を向上させるアントシアニンという成分が豊富に含まれています。目の網膜視細胞で光の伝達をしているロドプシンの再合成を促進してくれる作用があると言われます。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのブルーベリーを使った人気レシピ10選

    ブルーベリーは夏が旬の果物でスーパーでは海外産や国産のものが販売されています。ブルーベリーはポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富に含まれているので視力を向上させる働きがあります。また、アントシアニンはがんの原因でもある活性酸素を抑制する働きや骨粗しょう症を予防する働きがあるとされています。ブルーベリーは生のまま食べることができますし、デザートにも最適です。ヨーグルトにもぴったりの食材なので朝ごはんにもおすすめです。ブルーベリーを使ったアレンジレシピが多く紹介されているのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ブルーベリーは青紫色がきれいな、甘酸っぱい果物です。ブルーベリーは栽培しやすいので、個人で栽培している方もいます。園芸や家庭菜園に興味ある方は自分で栽培してみても楽しいですよ。ブルーベリーは追熟しないため、購入後はすぐ使い切るようにしてください。日持ちのするジャムに加工するのもオススメですよ。ブルーベリーはジャムにしたり、ケーキのデコレーションに使われたりと、お菓子作りに利用されるイメージが強いですよね。ブルーベリーの甘酸っぱさは、豚肉や鶏肉などのがっつり系の料理との相性も良いんですよ。ブルーベリーを料理に使うことで味に深みが出て、フルーティーな甘みに仕上がります。ぜひ、いつもと違う味付けを楽しんでみてくださいね。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    ケーキやジャムなどの材料としても人気のあるブルーベリーは、小さな粒に甘酸っぱさが詰まった果物です。栽培がしやすく、園芸用の小果樹としても人気があってしっかり管理すれば農薬を使わずに栽培できることも魅力的ですね。ブルーベリーに豊富に含まれる「アントシアニン」は眼精疲労の改善に期待できる他、抗酸化作用によるガン予防にも有効と言われています。血液の循環を良くするビタミンEも含むため、高血圧や動脈硬化の予防にも効果的ですよ。ブルーベリーの周りにつく白い粉を「ブルーム」と呼び、ブルームがついているものは新鮮な証拠です。鮮度を保つ働きがあるため、ブルームは食べる直前まで洗い落とさないようにしてくださいね。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ブルーベリーを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    アントシアニンを豊富に含むことから眼精疲労や視野を広げる効果に注目されているブルーベリーは、他にもビタミンEを豊富に含み、細胞の老化を防止したり、血液の循環を促すなどの抗酸化作用があります。新鮮なブルーベリーの表面には、ブルームと呼ばれる白い粉がついていて、これは雨や朝露などの水分を弾いて果実の病気を防ぎ、新鮮さを保つ働きがあり、鮮度の良い証拠です。密閉容器に入れて冷蔵庫の野菜室で保管すると2〜3日ほど保存できますが、食べきれない場合はジャムやジュースなどに加工するか冷凍保存することがおすすめです。皮にハリがあって大粒で、表面に白い粉がついているものを選んでくださいね。 この記事では、「ブルーベリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 見た目も華やか!パーティーにもおすすめ【ブルーベリーの人気レシピ10選】

    ブルーベリーといえば、「青くて甘酸っぱい」というイメージでしょうか。ブルーベリーには上品な甘さがあり、酸味とのほど良いバランス、ブルーベリー特有の風味が特徴です。皮をむかず、まるごと食べられるので「ブルーベリー狩り」も人気ですね。ジャムにしたり、ヨーグルトやケーキにトッピングしたりといろいろな食べ方があります。輸入物はさまざまな産地から一年中入荷されてきますが、国産ブルーベリーは夏が旬です。ブルーベリーの濃い青紫色はアントシアニンという成分のため。このアントシアニンは目の疲労を和らげ、視力低下予防、視力向上に効果があります。ほかにも、がん、生活習慣病の予防や老化防止などブルーベリーパワーはあなどれません。 この記事では、「ブルーべリー」とはどういう食材なのか紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のおすすめレシピのみをまとめました!ぜひ参考にしてくださいね。

広告

運営会社