キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

黒豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

黒豆は大豆の品種の1つで、栄養成分は普通の大豆とほぼ同じです。種皮にアントシアニン系の色素を含むため、見た目が黒くなっています。黒豆はお正月のお節料理の定番で、「まめ」に働く「まめ」に暮らすという意味があります。「まめ」には元気・丈夫・健康という縁起のよい意味があります。黒豆の煮豆は江戸時代にお正月向けに考案されたと言われており、一年を元気に健康に暮らせるようにという想いが込められています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて黒豆のレシピを紹介しています。黒豆を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

黒豆の栄養素

黒豆は大豆の一種なので、栄養素も大豆とほぼ変わりません。大豆は良質なたんぱく質を含み、骨や歯の形成に欠かせないカルシウム、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラル類も含んでいます。その他にもビタミンB1、ビタミンB2などのビタミン類や、食物繊維が含まれています。黒大豆はサポニンを含んでおり、コレストロールや脂肪の蓄積を予防する効果があります。イソフラボンも豊富で、女性ホルモンの働きに似ているため更年期の症状を和らげる効果があります。

黒豆の栽培方法

黒豆を栽培する際は、最初に畑の土を2週間前から準備します。1㎡あたり100gの苦土石灰を混ぜて土を耕し、1週間寝かせます。堆肥と有機質肥料を加えて混ぜ、セルトレーに種まき用の土を入れて種をまいて水をやります。苗が十分育ったら40~80cm空けながら畑に植え替え、栽培しはじめの頃は水は少なめに与えて花が咲いたら土が乾くたびに水やりします。

黒豆の収穫時期

! /image/〇〇
大豆の種まきは関東以南の地域はは3~5月下旬、関東より北の地域は5~6月に種まきします。種まきのタイミングが早すぎると茎葉が育ちすぎてしまうので気を付けてください。収穫は茎が黄色に変わって、鞘がよく乾いて褐色になったタイミングでします。おおむね11月下旬頃が黒豆の収穫時期と言えます。

黒豆の下ごしらえ方法

黒豆の下ごしらえは黒豆の重さに対して6倍の量の水を鍋に入れ、黒豆を加えて一晩戻します。2〜3倍の大きさに戻ったら、砂糖を加えて戻し汁ごと火にかけます。炊いている間に煮汁から豆が飛び出て空気に触れるとシワができやすいので、落とし蓋と外蓋をして弱火で煮ます。煮汁が沸いたら蓋をとってアクを取り、蓋をして弱火のまま3~4時間煮たら醤油小さじ1を加えて、キッチンペーパーなどをかぶせて粗熱を取ったら完成です。

黒豆の保存方法

乾燥黒豆を保存する場合は、通気性のいい紙袋に入れて冷蔵庫で保存します。黒豆煮にしたものは、タッパーに入れて蓋をして冷蔵庫で保存して5日~1週間を目安に使い切りましょう。冷凍保存する場合は黒豆の煮汁を切って、フリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて冷凍庫に入れます。煮汁ごと冷凍する場合は黒豆が煮汁から出ないようにタッパーに入れて、上からラップをかけて密封してから蓋をして冷凍庫に入れて保存します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

黒豆の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

黒豆の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

黒豆の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

黒豆の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

黒豆の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

黒豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社