キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

黒豆をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

黒豆は大豆の品種の1つで、栄養成分は普通の大豆とほぼ同じです。種皮にアントシアニン系の色素を含むため、見た目が黒くなっています。黒豆はお正月のお節料理の定番で、「まめ」に働く「まめ」に暮らすという意味があります。「まめ」には元気・丈夫・健康という縁起のよい意味があります。黒豆の煮豆は江戸時代にお正月向けに考案されたと言われており、一年を元気に健康に暮らせるようにという想いが込められています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて黒豆のレシピを紹介しています。黒豆を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 黒豆を使ったおすすめ定番料理10選!まずはコレをマスターしておこう

    おせち料理などで使われる黒豆。黒大豆、ぶどう豆とも呼ばれ、マメ科ダイズ属に分類される豆です。兵庫県や京都府、岡山県などが主な産地で、9月から10月ごろまでにかけての秋に旬を迎えます。主な栄養素は、ポリフェノール、イソフラボン、ビタミンEなどです。黒豆に含まれるポリフェノールは、眼精疲労にも効果があると言われているアントシアニンという成分です。ポリフェノールは強い抗酸化作用がある栄養素で、老化防止の効果があるとされています。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあるとされ、更年期障害や骨粗しょう症予防に効果的です。ビタミンEは、老化防止のほか、血行促進の効果があるため、冷え性予防にもなるとされています。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの黒豆を使った人気レシピ10選

    大豆の一種である黒豆は、お正月の定番料理としておなじみの食材ですが、おせち料理のひとつとして食べ出したのは室町時代からです。「まめ」という言葉には、元気・丈夫などの意味があり、「まめに働く」などの語呂合わせからおせち料理には欠かせない料理となりました。黒豆に含まれている栄養素には、たんぱく質・アントシアニン・カルシウム・イソフラボン・鉄分・食物繊維が含まれています。例えばたんぱく質は体を作る上で主成分のひとつであり、黒豆に含まれる必須アミノ酸のをバランスよく含んでいるため、「畑の肉」とも呼ばれています。その他の栄養素もそれぞれの役割を果たすことで健康維持に役立つことが知られています。栄養豊富な黒豆を使って色々なレシピを楽しんでください。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの黒豆を使った人気レシピ10選

    黒豆は大豆の一種なので、大豆とほぼ同じ栄養素を含んでいます。黒豆の黒い色素には、アントシアニンというポリフェノールが含まれています。アントシアニンはブルーベリーにも多く含まれている成分で、目にいい効果があり花粉症を予防する効果もあります。黒豆と言えばお正月のお節料理に黒豆の煮物が必ず出されますが、豆には元気・丈夫・健康という縁起のよい意味があるため江戸時代にお正月用の料理に考案されたと言われています。大豆とほぼ同じ栄養素のためイソフラボンが豊富で、更年期障害の症状を緩和する効果があります。良質な植物性たんぱく質の他に、カルシウム・マグネシウム・銅・亜鉛・マンガンなどのミネラル類を含み栄養価に優れた食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの黒豆を使った人気レシピ10選

    黒豆は大豆の品種の1つで、アントシアニン系の色素を含むため黒色になっています。黒豆の煮物はお正月の定番料理になっていますが、「まめ」には元気・丈夫・健康という縁起のよい意味があるため江戸時代にお正月向けに考案されたと言われています。子供向け料理の少ないお節料理の中で甘みがあって食べやすく、余っても色々なリメイク料理に使えます。黒豆の煮物を大福に入れたり、ケーキやマフィンに使うなどおいしく食べきれるのも魅力です。乾燥黒豆を使った料理ではカレーや黒豆ご飯などがあります。黒豆は大豆と栄養素がほぼ同じで、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類、ビタミン類、食物繊維などが含まれています。女性ホルモンの働きに似たイソフラボンも豊富で、女性にとってうれしい食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ6選

    お正月のお節料理の定番になっている黒豆。栄養成分は普通の大豆とほぼ同じで、良質な植物性たんぱく質を含み毛髪・筋肉・爪・皮膚などを形成するのに欠かせない栄養素になっています。カルシウム・マグネシウム・銅・亜鉛・マンガンなどのミネラル類や、食物繊維、ビタミン類など豊富な栄養素を含んでいます。女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンも豊富で、更年期障害を緩和する働きがあり女性にとってうれしい食材です。お正月に食べられる黒豆の甘煮は甘さがあるため子供に食べやすく、余ってもケーキやクッキー、大福に入れるなどおいしくリメイクできるのも魅力です。甘煮以外にもスープやカレーにも使うことができ、幅広い料理に活躍する優秀な食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    黒豆といえばまずおせちを連想する方も多いのではないでしょうか。黒豆のおせちには長寿や厄除けなどの願いが込められています。黒豆は黒大豆とも呼ばれ、大豆と同様、栄養が豊富に含まれている優秀な食材です。シミやシワを防き、アンチエイジング効果のあるポリフェノールや、食物繊維、カリウム、ビタミン類のなどがバランスよく含まれています。黒豆の煮汁にも血液をサラサラにする効果などがあるので、ぜひ捨てずに料理に取り入れてくださいね。黒豆の煮汁をそのまま飲むと甘すぎるという方は、お茶と混ぜたり、パウンドケーキなどの生地に練りこむことで美味しく活用できます。ぜひ黒豆をおせち料理以外でも積極的に食べてくださいね。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    お正月のお節料理の定番になっている黒豆は、「まめ」に働く「まめ」に暮らす、元気、健康という縁起のよい意味があり江戸時代に正月向けの料理に考案されたと言われています。ホクホクとした食感に甘い味付けが子供にも食べやすく、余った黒豆は色々なアレンジ料理にも使える便利な食材です。黒豆は大豆の一種で良質なたんぱく質を含んでいます。たんぱく質は毛髪・爪・皮膚などを形成するのに欠かせない栄養素で、三大栄養素の1つになっています。女性ホルモンの働きに似ているイソフラボンが豊富で、更年期障害を緩和する効果があります。コレストロールや脂肪の蓄積を予防する効果のあるサポニンや、ビタミン類やカルシウム、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラル類など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    大豆の一種である黒豆。おせちなどでは定番のメニューですよね。また、関東の方では、昔から「黒豆」に「しわが寄るまでまめに達者に」との願いをこめ、黒豆をしわが寄るほど硬く煮ていました。煮る手順としては、豆を柔らかく煮てから調味料を入れます。また、昔の人はこの黒豆の煮汁を喉の薬として飲んでいたこともあるそうです。そして何と言っても「畑のお肉」とも言われるように、タンパク質が豊富に含まれています。必須アミノ酸11種類を含む良質なタンパク質で、コレステロールや中性脂肪に働きかけてくれます。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    黒豆は大豆の一種で黒大豆とも呼ばれています。黒豆にはポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素成分が含まれている為黒い色をしています。このアントシアニンにはいろいろな効果があり、体内に蓄積される脂肪を防いだり、抗酸化作用があるためシミやしわを防ぎアンチエイジング効果があるとされています。また、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。黒豆は美容に良いので、女性に嬉しい食材と言えます。卵料理やご飯などと合わせてアレンジするのも楽しい食材です。毎日のご飯やお弁当にもぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    畠の肉と言われるほど優れた栄養成分が含まれる、黒豆。お正月の節句料理などでは甘い煮豆が振舞われますが、関東では「黒豆にしわが寄るまでまめに達者に」との願いがこめられ、黒豆にしわが寄るほどしっかり煮込んでいたとも言われています。黒豆は古く昔には薬として使われることもあり、主に中国では漢方としても重宝されていました。そんな黒豆ですが、黒大豆に含まれる12種類のイソフラボンが含まれており。更年期障害の軽減や、女性の乳がん、男性の前立腺がんの予防にも効果があると言われています。また、たんぱく質も豊富に含まれているため、健康を保つためにはぜひ積極的に摂りたい食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ5選

    お正月のお節料理の定番と言えば黒豆で、甘めの味付けで子供にも食べやすい一品です。「まめ」には元気・丈夫・健康という縁起のよい意味があり、黒豆を使った煮豆が江戸時代にお正月向けに考案されたと言われています。黒豆は大豆の一種で栄養素も大豆とほぼ同じで、良質なたんぱく質を含み爪・血液・毛髪・皮膚などを形成するのに必要な三大栄養素の1つです。黒豆は種皮にアントシアニン系の色素を含むため見た目が黒くなっており、大豆同様イソフラボンも豊富です。女性ホルモンの働きに似ているため更年期の症状を和らげる効果があり、女性にとってうれしい食材です。その他にもコレストロールや脂肪の蓄積を予防するサポニン、ビタミンB1、ビタミンB2など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    おせち料理には欠かせない黒豆。「まめ」に働けますように、「まめ」に元気に暮らせますように、といった健康や長寿の願いが込められています。黒豆は大豆の一種で、含まれる栄養素も大豆とほぼ変わりません。黒豆のたんぱく質は、体内で作れない必須アミノ酸がバランスよく含まれていて、良質のたんぱく質であるといえます。他にも、抗酸化作用のあるアントシアニンや、大豆イソフラボン、カルシウムなども含まれ、大変体に良い食品といえます。普段の料理にはあまり使わない食材ですが、おせち料理の余りや市販の黒豆煮を使って、さまざまな料理を作ることができます。意外な組み合わせですが、パンにもよく合うので、ぜひお試しください。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ9選

    黒豆は「畑の肉」とも呼ばれている大豆の一種であり、皮が黒色の大豆です。正式な名称は「黒大豆」。お正月の定番料理でもある黒豆は、日常の食生活に取り入れることで女性に嬉しい効果も期待できる健康的に役立つ食材です。例えば大豆に含まれる「大豆サポニン」は、コレステロールを下げる効果があると考えられており、イソフラボンは更年期障害や骨粗鬆症を予防することが知られています。また黒豆の皮にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、目の機能回復などの効果が期待できます。色々なレシピに黒豆を入れ、オリジナルの黒豆料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    黒豆はおせち料理には欠かせない、大豆の一種です。おせち料理の黒豆の「まめ」には「体が丈夫」「健康」という意味があります。大豆とほぼ成分は変わりませんが、黒豆の黒い皮には栄養がたくさん詰まっていることをご存知でしたか?黒豆の黒い皮は「アントシアニン」というポリフェノールが含まれています。このアントシアニンは血液をサラサラにしたり、内臓脂肪の吸収を抑える効果があります。黒豆はスーパーなどで手頃な量や価格で年中売られているので、時間をかけて黒豆を作らずとも、簡単に手に入るようになりました。そのままの黒豆は食べ飽きた、という方にもオススメなおつまみのレシピをたくさんご紹介します。正月以外でも、健康に良い黒豆を積極的に食べてくださいね。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    大豆の一種である黒豆は、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」を含むため黒色をしています。アントシアニンには強い抗酸化作用があり、肥満、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病予防や、紫外線などから肌を守る美白作用や老化防止など、健康や美容を維持するために役立ちます。大豆と同様、黒豆にもイソフラボンを豊富に含み、イソフラボンの女性ホルモンと似た働きによって更年期障害や骨粗しょう症などの予防に期待できますよ。お節料理の定番の黒豆の甘煮は、アイスやケーキ、プリン、大福などのスイーツにアレンジしたり、サラダや和え物に加えてもおすすめです。余ってしまった場合などぜひお試しくださいね。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    黒豆はおせち料理の定番の具材で、煮豆として食べられることが多いですよね。豆は「まめに働く」などの語呂合わせから縁起の良い食べ物とされています。しかし、縁起が良いだけでなく栄養もたっぷり。例えば、タンパク質やイソフラボンが豊富で、ダイエット食にも向いています。また、ポリフェノールの1つであるアントシアニンも含まれていて、脂肪の吸収を抑えてくれる効果が期待できます。カルシウム、鉄分などの女性に不足しがちな栄養素も含まれているため、積極的に食べたい食材です。黒豆はおかずだけでなく、サラダやスイーツ、炊き込みご飯などにも使えます。クセのない味なので、味付けが自在なところもポイントですよ。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    黒豆は砂糖と醤油で煮豆にするのが一般的です。黒豆に含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、老化防止に効果があります。この成分は水に溶けやすいので黒豆茶として飲むのが効果的です。おせち料理に欠かせない食材。黒豆には「まめに暮らせますように」という無病息災、長寿の願いを込められています。また、「まめ」という言葉には「健康、丈夫」という意味合いや黒色は悪魔払いの色とされており、黒豆は厄除けとしての意味も含んでいます。最近はスーパーなどで市販の黒豆も売られていますが、自宅で簡単に作ることが出来るので、縁起物である黒豆を一度自分で作ってみてはいかがでしょうか。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    黒豆は健康な体作りに欠かすことができない様々な栄養素を含んだ大豆食品のひとつです。血液や筋肉を作る主成分である良質なたんぱく質を豊富に含んでいるため、黒豆は畑の肉とも呼ばれています。また、黒い色素の皮にはポリフェノールの一種であるアントシアニンも含まれています。他には便秘解消効果がある食物繊維や肌の老化防止の効果揚がるイソフラボン、カルシウムや鉄分なども含まれているので女性に嬉しい食材です。黒豆は煮物やご飯、スイーツなど幅広いレシピに活用されています。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    黒豆には女性に嬉しい栄養成分が豊富に含まれており、美容効果があるとされているため積極的に摂取したい食材です。黒豆には肌にハリを与えるイソフラボンやシワを改善する大豆ペプチドが含まれています。また、サポニンやアントシアニンという成分が含まれているので脂肪の吸収を抑制する働きがあるためダイエット効果があります。その他、食物繊維やオリゴ糖が含まれているので便秘解消効果があり、色の元になっているアントシアニンにはアンチエイジング効果があります。このように黒豆には美容効果の高い成分を含んでいるのでぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    黒豆は大豆の一種で、おせちに入っている黒豆煮をイメージする方が多いのではないでしょうか。黒豆煮は黒豆を代表する人気メニューのひとつですが、他にプリン、ケーキ、大福等のお菓子や炊き込みご飯、おこわ等にも使われています。この他にも黒豆を使ってアレンジをしたフライのレシピが紹介されています。黒豆にはアントシアニンという色素成分が含まれていて老化を予防する効果や免疫力を高める効果があるとされています。他に疲労回復効果や肌荒れにも効果があるとされているので女性に嬉しいです。黒豆は栄養豊富ですので毎日少しずつでも取り入れていきたい食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    黒豆にはたんぱく質が豊富に含まれていて他に炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も含まれています。黒豆には色素成分であるアントシアニンが含まれていますので目の機能保持や疲労回復効果があります。大豆と同様に黒豆にも大豆オリゴ糖が含まれていますので腸内の善玉菌を増殖させ活性化し腸内を調える効果があります。また食物繊維やカリウムなどの栄養素も含まれていますので老廃物を体外に出す働きがありダイエットをしている方にもおすすめの食材です。黒豆というと煮豆が代表的ですが、蒸す料理などにも活用されていますので紹介します。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:「蒸す」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    黒豆は黒大豆とも呼ばれ、畑の肉と言われるほど優れた栄養素が含まれています。お正月にはおせち料理の材料として古くから使われていますが、しわが寄るまでまめに達者にとの願いがこめられいるんですよ。作り方は豆を柔らかく煮てから調味料をいれて甘く仕上げています。黒豆の効能としては大豆にも多く含まれるイソフラボンに、更年期障害の軽減などのホルモンバランスに呼び掛けてくれる働きがある食材です。レシチンにはコレステロールの吸収を抑制してくれるので老化防止の効果も期待できますよ。栄養豊富でヘルシーな黒豆、健康を維持するにぜひとも摂取したい食材ですね。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    黒豆は大豆の種類の一つです。「黒大豆」や「ぶどう豆」とも呼ばれ、栄養がとても豊富です。お正月のおせち料理には欠かせない黒豆には「厄除け」「長寿」「健康」の3つの願いが込められています。日本では平安時代から栽培されていたと言われ、古くから人々の健康を手助けしてきた食品の一つ。黒豆には栄養素が多く、ビタミンB群やビタミンE、ミネラルなどがバランスよく含まれています。生活習慣病の改善、がん予防、コレステロール値を下げるなどさまざまな効能がありますが、なかでも貧血や便秘、生理不順や更年期症状といった女性特有の症状の改善にも効果があるので、特に女性は意識して食べると良いでしょう。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【煮る編】おすすめ10選

    黒豆はお正月に食べるイメージがありますが栄養がたっぷりとありますのでお正月以外にも食べたい食材です。黒豆に含まれるアントシアニンはポリフェノールの一種でシミやシワなど老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。また眼精疲労の予防、血行促進など、美意識の高い女性にピッタリの食材です。また黒豆の煮汁には血圧を下げたり、血液をサラサラにする働きがあります。煮汁は捨てずに摂取することをおすすめします。煮汁を活用したレシピは沢山紹介されています。黒豆、煮汁はシフォンケーキやマフィンなどのスイーツにも使われています。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    黒豆は栄養が豊富に含まれていますので大変優秀な食材です。黒豆には食物繊維が多く含まれています。食物繊維は腸内環境を整えてくれる働きがあります。腸が綺麗になり代謝がアップしてエネルギーが消費されやすくなります。カロリーが低いのでダイエット効果があるとされています。また黒豆にはイソフラボンが含まれているため美肌作りに効果があります。ニキビの予防、健康な美肌作りに効果がありますので女性に嬉しい食材です。黒豆はおせち料理のイメージがありますが他のお料理にも幅広く使われています。煮るのはもちろん、焼くレシピなどにもお使いいただけます。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社