キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ゴーヤをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

沖縄を代表する野菜と言えばゴーヤです。ゴーヤはゴーヤチャンプルーが有名で、ゴーヤの天ぷらなどの揚げ物も人気があり色々な料理に使われます。細かいイボに覆われた見た目が特徴で、独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれることがあります。苦みを和らぐためにわたと種を抜いて下処理したり、茹でたり砂糖や塩を使って揉みこむ方法などがあります。苦みが強いため生食には向かず、必ず火を通して食べます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてゴーヤのレシピを紹介しています。ゴーヤを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ゴーヤの栄養素

ゴーヤはビタミンCが豊富な野菜です。ゴーヤのビタミンCはトマトの5倍以上含まれています。その他にも貧血予防に役立つ鉄分、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなどが含まれています。食物繊維も豊富で白菜の約2倍含まれているので、便秘の解消に効果があります。ゴーヤの苦みにはモモルデシンという成分が含まれ、血糖値や血圧を下げて夏バテの改善に効果があるとされています。

ゴーヤの産地

ゴーヤの生産量の1位はなんといっても沖縄県で、全体の約3割以上を占めています。2014年の統計では次に多いのが鹿児島県で、宮崎県と熊本県が続いています。これを見てわかる通りゴーヤは暖かい土地での栽培が向いています。本州では群馬県の生産量が多くなっています。沖縄県のゴーヤは苦みが他の物と比べると控えめと言われており、九州のゴーヤは苦味が強いと言われ産地によって苦みに違いがあるようです。

ゴーヤの旬

! /image/〇〇
ゴーヤはきゅうりやナスなど同じ、夏を代表する野菜の1つです。ハウス栽培もされているので一年を通じて手に入りますが、流通量が最も多いのは7~9月の夏になります。夏野菜なので夏に出回るゴーヤは栄養価が高く、価格も安定しています。ゴーヤは夏バテの予防にも効果があるとされているので、夏にゴーヤを使ったスタミナ料理を作って、夏バテ対策してみてはどうでしょうか。

ゴーヤの選び方

ゴーヤはイボが特徴的な野菜ですが、選ぶ時もイボをまずチェックするのがおすすめです。イボにハリがあってみずみずしいものがよく、イボが大きく色が薄いと苦みが弱く、イボが密集して小さめの物は苦みが強いと言われています。鮮やかなきれいな緑色で表面につやがあり、硬めでしっかりとハリのあるものが新鮮です。手に持ったときにずっしりと重みのあるものを選びましょう。

ゴーヤの保存方法

ゴーヤは常温保存すると黄色く変色しやすくなるので、冷蔵か冷凍保存がおすすめです。冷蔵の場合は種とワタがついたままだと傷みやすいので、種とワタを取りキッチンペーパーにくるんでラップに包み野菜室で保存します。冷凍保存する場合は種とワタを取って使いやすいサイズに切って軽く茹でて水気を拭いた後、小分けして保存袋に入れて冷凍庫に入れます。茹でずにそのままカットしたものを、水にさらして水気を拭いて保存袋に入れて保存することもできます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ゴーヤの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ゴーヤの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ゴーヤの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/
#ゴーヤ の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集
! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

ゴーヤの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

ゴーヤをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社