キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ゴーヤをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

沖縄を代表する野菜と言えばゴーヤです。ゴーヤはゴーヤチャンプルーが有名で、ゴーヤの天ぷらなどの揚げ物も人気があり色々な料理に使われます。細かいイボに覆われた見た目が特徴で、独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれることがあります。苦みを和らぐためにわたと種を抜いて下処理したり、茹でたり砂糖や塩を使って揉みこむ方法などがあります。苦みが強いため生食には向かず、必ず火を通して食べます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてゴーヤのレシピを紹介しています。ゴーヤを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのゴーヤを使った人気レシピ10選

    沖縄を代表する野菜として知られるゴーヤ。独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれますが、豊富な栄養素を含むのでぜひ料理に取り入れたい野菜です。ゴーヤの苦みを和らげるには、きれいに中のわたを取り塩や砂糖を揉み込んだり、茹でたりすると食べやすくなります。ゴーヤを使った代表的な料理はゴーヤチャンプルーが有名ですが、他にもゴーヤの天ぷらや和え物なども人気があります。ゴーヤの苦みはモルデシンという成分で、血糖値や血圧を下げる効用があります。腸内環境を整え便秘を解消する食物繊維や、しみやそばかすを防ぐビタミンCなどを含み女性にとってもうれしい野菜です。夏が旬の野菜で夏バテにもいいので、暑い夏を乗り切るためにもゴーヤを使った栄養満点の料理を作ってみましょう。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使ったおすすめ定番料理10選!メニューに困ったらまずこれ!

    ゴーヤは夏野菜のひとつで苦みがありますが、しっかりと下処理を行ってから調理をするとおいしく食べることができます。夏に出回るゴーヤはイボが多く濃い緑色でハリとツヤがあるものを選びます。苦み成分の元になっているのが種とワタですが、この種やワタにはモモルデシンという成分が含まれていて胃の粘膜を保護したり、血糖値を下げる働きがあります。また女性に嬉しいビタミンCが豊富に含まれているので美肌作りに効果的です。スライスして水にさらしておくと苦みを軽減することができます。定番料理にはチャンプルーなどがあり、他にも様々なメニューを楽しむことができるのでレシピを参考にしてください。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理器具:オーブン】おすすめ10選

    沖縄を代表する野菜と言えばゴーヤです。独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれますが、栄養たっぷりなのでぜひ料理に積極的に使いたい野菜の1つです。ゴーヤチャンプルー、天ぷら、炒め物、和え物などに使われ、中のワタをきれいに取って茹でたり塩や砂糖を揉み込むと苦みが和らぎ食べやすくなります。ゴーヤの苦みはモモルデシンと言う成分で血糖値や血圧を下げる効用があります。その他にも免疫力を高めて風邪を予防するビタミンC、貧血を予防する鉄分、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムなど豊富な栄養素を含んでいます。ゴーヤを使った栄養満点の料理を作って、夏バテを予防しましょう。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:オーブン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのゴーヤを使った人気レシピ10選

    ウリ科ツルレイシ属、つる性の野菜である「ゴーヤ(ゴーヤー)」。別名では「レイシ」、「苦瓜(にがうり)」とも呼ばれ、その名の通し苦みが強いウリです。ゴーヤはハウス栽培などもあり、1年中販売されていますが、旬は6月から8月の夏です。そんなゴーヤにも種類があり、太くて丸い「あばしゴーヤ」、苦みの少ない「白ゴーヤ」、一般的に販売されていて、細長い「中長ゴーヤ」、イボが無い種類などさまざまなものがあります。そしてゴーヤに含まれる「モモルデシン」が苦みの原因で、夏バテ改善や血糖値を下げる効果があります。またビタミンC、鉄分、食物繊維などの栄養価も含まれているので、朝ごはんで食べるのもおすすめです。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのゴーヤを使った人気レシピ10選

    沖縄料理を代表するゴーヤは、独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれることがあります。できるだけ苦みを感じないようにするためには、ゴーヤの中のわたをきれいに取り、沸騰したお湯で茹でたり塩や砂糖を揉み込むことで苦みが和らぎ食べやすくなります。ゴーヤは熱帯アジア原産の野菜で、江戸時代に日本に伝わったと言われ沖縄県、宮崎県、鹿児島県などで主に栽培されています。夏が旬の野菜で、代表料理はゴーヤチャンプルーやゴーヤの天ぷらになります。ゴーヤに含まれるモモルデシンは、血糖値や血圧を下げる効用があり夏バテの改善に効果があるとされています。その他にも食物繊維やビタミンCなど体に必要な栄養素を豊富に含み、夏バテにおすすめの野菜です。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    ゴツゴツとしたビジュアルと独特の苦味が特徴のゴーヤ。ゴーヤの苦味成分であるモモルデシンには、疲労回復や肝機能を高める働き、血圧や血糖値を下げる効果があり、積極的にとしたい健康野菜です。整腸作用やデトックス効果のある食物繊維、アンチエイジングや美肌に効果があるビタミンC、貧血予防に欠かせない鉄分や、高血圧の予防に役立つカリウムなど、ゴーヤにはさまざまな栄養が含まれています。ゴーヤは鮮やかな緑色でずっしりと重みがあり、ハリのあるものを選ぶのがポイントです。ゴーヤは乾燥に弱いので、新聞紙に包むか、保存袋に入れて、冷蔵庫で立てるようにして保存するのがおすすめです。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    鮮やかな緑色で表面がぼこぼことした見た目をしているゴーヤ。ほろ苦い味わいが特徴的ですよね。炒め物に使ったり、おひたしやサラダなどでも大活躍してくれる野菜です。ゴーヤは熱帯アジア原産の野菜で、なんといっても沖縄の代表格となる野菜です。ビタミンCが豊富に含まれていることから沖縄では夏バテ防止に利用されています。高温多湿の地域が栽培に適しているため、日本では沖縄で昔から栽培されてきました。また、味の特徴である苦みはモモルデシン、チャランチオンと呼ばれ、意外にも食欲を増進させる作用があるのです。夏などの食欲がなくなりやすい季節にはぜひとも食べたいですよね。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ゴーヤ100グラムのビタミンCの含有量はレモンの約3個分も含まれていることはご存知ですか。ビタミンCは紫外線対策や、免疫力アップなど暑い季節に欠かせない栄養素です。ゴーヤのビタミンは熱に強く、動物性タンパク質と一緒に摂取することで抗酸化作用がアップしますよ。ゴーヤ特有の苦味成分には血糖値を下げる働きがあり、糖尿病改善にも効果的です。他にも特に女性にとって欠かせない葉酸や、便秘対策の食物繊維も多く含まれますよ。ゴーヤは塩で揉んだり水にさらすと苦味は和らぎますが栄養成分も流出してしまいます。油で調理すると苦味が感じにくくなるので工夫して料理に取り入れてみてくださいね。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ゴーヤは、鮮やかな緑色で食卓を彩ってくれる夏野菜の1つです。ゴーヤチャンプルや天ぷらなどの料理によく使われています。ゴーヤは独特の苦味があるので、苦手な方も多いのではないでしょうか。ゴーヤは薄く切ったり、マヨネーズ、豆腐、卵などのまろやかな食材と合わせると苦味が抑えられますよ。ゴーヤは油と一緒に調理することで栄養の吸収率が上がるため、炒め物や揚げ物に向いています。おひたしなど、ゴーヤの色味を大切にしたい場合は、ゴーヤをさっとゆでた後冷水にとって色止めします。そうすることでゴーヤの緑色がキレイに残りますよ。太陽をたっぷり浴びて育ったゴーヤには栄養がぎゅっと詰まっています。健康に良いゴーヤを、食べやすいように上手く調理しておいしく食べてくださいね。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    ゴーヤと言えば沖縄を代表する野菜として有名で、ゴーヤチャンプルーやゴーヤの天ぷらなどが人気があります。苦みがあるため好き嫌いが分かれることがありますが、きれいに中のわたを取って塩や砂糖を揉み込んだり、茹でたりすることで苦みが和らぎ食べやすくなります。ゴーヤの苦みの原因はモモルデシンという成分で、血糖値や血圧を下げる効用があり夏バテの改善に効果があります。ゴーヤは白菜の2倍の食物繊維を含み、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを予防するビタミンCなど女性にとってうれしい栄養素が含まれています。貧血を予防する鉄分も豊富で、苦みが苦手な方もしっかりと苦みを取る下処理をして料理に取り入れてみてはどうでしょうか。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    イボに覆われて、少し苦味のあるゴーヤ。「ゴーヤ」は沖縄県で使われている呼び名で、和名では「蔓茘枝(ツルレイシ)」や「苦瓜(ニガウリ)」と言います。ゴーヤは一般的には緑色のものですが、これは未熟な状態です。収穫をしないで放っておくと皮が黄色くなり、さらに熟すと中の種が飛び出します。この種を覆う真っ赤なゼリーには甘みがありますよ。調理する際にゴーヤは縦にカットして中の白いワタと種を取り除きます。ワタには苦味があるので、しっかりとこそぎ落としましょう。厚めに切ると苦味を感じやすいので薄くスライスするだけでも軽減します。それでも苦味が気になる場合は、水でさらしたり、塩もみしてサッと茹でることもおすすめです。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ゴーヤは独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれる野菜ですが、沖縄を代表する野菜としてさまざまな料理に使われます。細かいイボに覆われたインパクトのある見た目が、料理に存在感をプラスします。沖縄料理の代表のゴーヤチャンプルーや、ゴーヤの天ぷらなどが人気があります。ゴーヤの苦みが苦手な方は、わたをきれいに取ってできるだけ薄切りにして塩揉みして下茹ですると苦みが和らぎます。ゴーヤの苦みはモモルデシンという成分で、糖値や血圧を下げて夏バテの改善にも効果があります。ビタミンCも豊富で免疫力を高めて風邪を防止する以外にも、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぐ効果もあります。その他に鉄分も豊富なので、貧血気味の方にもおすすめの野菜です。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    夏に旬を迎えるゴーヤ。独特の苦味が特徴で、和名はその名も「にがうり」です。苦味成分は、モモルデシンで、胃腸の粘膜保護や食欲増進の効果があります。ゴーヤは風邪予防や美肌効果のあるビタミンC、抗酸化作用のあるβカロテンが豊富です。ビタミンCは熱に弱いので、さっと加熱するのがおすすめです。葉酸や食物繊維、ミネラルなどの栄養も多く含み、栄養がバランスよく取れるので、夏バテにもぴったりなスタミナ野菜です。ゴーヤは、わたや種から傷み始めるので、すぐに調理しない場合は、取り除いてから保存するのがポイントです。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    ゴーヤは「苦瓜」とも呼ばれ、その名の通り果肉の味がほろ苦い夏野菜です。その苦さが苦手な方も多いのではないでしょうか。ゴーヤといえば沖縄料理で有名なゴーヤチャンプルですよね。かつおぶしや卵と炒めることでゴーヤの苦味も軽減されて食べやすいので苦手な方にもオススメですよ。沖縄にはゴーヤを乾燥させて焙煎し、細かく刻んで作るゴーヤ茶が売られています。味はほうじ茶に似ており、苦味が少ないのでこちらもオススメです。ゴーヤ1本に含まれるビタミンCの量はなんとレモンの5倍もあります。ゴーヤの苦味の原因である「モモルデシン」という成分には粘膜を保護したり、食欲を増やしてくれる効果がありますよ。夏バテや体の疲れを感じた時にぜひ食べてくださいね。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    ゴーヤは「苦瓜(にがうり)」ともいわれているように、大変苦みの強い野菜です。代表的な料理として沖縄県のゴーヤーチャンプルがよく知られていますね。主な産地はやはり沖縄県で、次いで、宮崎県、鹿児島県と続きます。最もおいしく、栄養価が高くなる旬は夏で、夏野菜の一つですが、通年栽培されているので年中手に入れることができます。ゴーヤにはビタミンCが大変多く含まれ、しかも通常は加熱すると壊れやすいビタミンCも、ゴーヤは炒めても成分が壊れにくいという特徴があります。風邪予防や疲労回復効果があります。また、ゴーヤ独特の苦み成分「モモルデシン」は胃腸の粘膜を保護したり、食欲増進効果など大変体に良いとされています。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    夏野菜の代表格「ゴーヤ」。沖縄でよく食べられていますが、近年では地域に関係なく人気がある野菜です。苦みがある野菜なので好みが分かれますが工夫して調理をすればおいしく食べることができる食材です。ゴーヤにはビタミンCが豊富に含まれているので疲労回復効果や風邪予防効果があります。また、肌荒れの予防効果があり美容に良い野菜なので女性におすすめです。ゴーヤの特徴でもある苦味成分にはモモルデシンという成分が含まれていて胃や腸の粘膜を保護する働きがあります。ゴーヤはワタや種を取り除いて調理をし、レンジを活用するとより簡単に調理ができるのでおすすめです。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    「ゴーヤ」は和名で「にがうり」。今では、沖縄での呼び名「ゴーヤ」として親しまれています。ゴーヤは鮮やかな緑色をしていますが、緑黄色野菜ではなく淡色野菜の一つです。ゴーヤの特徴は、名前の通りに独特の苦みです。皮に含まれているモモルデシンという成分が苦みを作っています。ビタミンCやβ-カロテン、ミネラル、カリウムなど、ゴーヤには多くの栄養が含まれています。苦味には食欲増進の効果があるので、夏バテで食欲がなくなったときにはぜひとも取り入れたい野菜です。苦味が気になる場合は、塩を少々ふって5分程おいたり、熱湯で茹でたりすると和らぎます。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    ゴーヤというと、独特の苦みから敬遠する人も多いと思います。中には、自分は好きだけれども、家族が苦手でなかなか売り場でも手に取れない人もいるでしょう。具沢山の炒め物などにして、味付けを工夫すれば、ゴーヤの苦みも気にならない程度に緩和されます。ゴーヤは健康にとてもよいですし、特に夏場は積極的に採りたい食材です。庭やベランダでゴーヤを栽培している人もいるでしょう。手持ちのレシピが単調になってしまっている人には、是非読んでもらいたいレシピのご提案です。ゴーヤが好きな人も、苦手で敬遠していた人も必読です。ゴーヤの秘められた可能性を感じてください。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    特徴的な苦味が食欲を増進させるゴーヤは「にがうり」とも呼ばれ、夏バテ解消に効果的な南国の野菜です。種とワタはさらに苦味が強いため、苦いものが苦手な場合はスプーンなどでしっかりと取り除いてくださいね。塩もみをしてさっと熱湯をかけることによって苦味を軽減することもできますよ。夏の紫外線から肌を守るビタミンCと大量の汗によって失われがちなカリウムを豊富に含むゴーヤは、暑い季節に積極的に取り入れたい野菜です。ゴーヤを保存する場合は、種とワタを取り除き、キッチンペーパーなどで包んで野菜室で保存をすると長持ちします。ゴーヤは熟すとオレンジ色になり、果肉は甘みを増すため苦味が苦手な方におすすめですよ。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    ゴーヤとは、沖縄地方の方言でにがうりのことを指します。九州地方や沖縄で生産されることが多く、沖縄料理とともに健康野菜としても人気の食材です。鮮やかな緑色の見た目と苦みがあるのが大きな特徴ですが、苦みは果皮に含まれるモルデシンという成分で、食品としてはゴーヤから初めて発見された成分でもあります。また、他の野菜に比べてビタミンCが豊富で、加熱してもほとんど壊れずに残っており他にもℬカロテンやミネラルが含まれているため、夏場で食が細くなったときなどの栄養補給に適しています。ずっしりとしていて濃い緑色をしたものが良品ですので、選ぶ際はこの点に注目してみてくださいね。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    ゴーヤは「にがうり」とも呼ばれており、沖縄ではゴーヤチャンプルなどに使われる身近な食材のひとつです。独特な苦みの成分は、モモルデシンと言われるもので食欲増進作用が知られています。栄養素はビタミンCが豊富に含まれています。このビタミンCには色々な働きがありますが、メラニンの生成を抑えて色素の沈着を防ぐと言われていることから、美容に良いとされています。またゴーヤに含まれるビタミンCは熱で壊れにくいので、加熱調理も大丈夫。選び方のポイントは、こぶに艶があり緑が濃いものが新鮮です。ゴーヤの苦みは水溶性なので、熱湯で茹でたり、水にさらすと苦みを減らすことが出来ますが、栄養成分も水に溶け出るので、あまり長い時間さらさないようにしてください。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    実の表面にいぼがあり、独特の苦みを持っているゴーヤ。ウリ科の植物で、その苦みから、別名で苦瓜(にがうり)と呼ばれます。日本では、沖縄や九州などの温かい地方で多く作られています。ゴーヤにはビタミンCが多く含まれており、風邪の予防や美肌に役立つ野菜の一つ。ビタミンを多く含む野菜は、油を使って調理すると、ビタミンCが壊れにくいのでおすすめですよ。また、ゴーヤの苦み成分は、胃腸の粘膜を保護する作用や、食欲を増進させる作用など、体にうれしい働きをいくつも持っています。まさに、夏の暑さで体が疲れているという時にぴったりの食材です。そんなゴーヤを食べて、健康的で美しく、暑さに負けない体を手に入れましょう。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    表面にいぼがついていて、苦みがある野菜、ゴーヤ。東インドや熱帯アジアが原産地ですが、日本では沖縄や九州南部の暖かい地域で多く作られています。ゴーヤはつる性の植物で、暑くなると旺盛に葉やつるが伸びます。最近では、エコな暑さ対策として、ゴーヤのグリーンカーテンが人気ですね。苦みがあるゴーヤは大人好みの味わいです。ゴーヤに含まれる苦み成分は、実は胃腸を整え、夏バテからの回復をサポートしてくれる働きを持っています。その他にも、ビタミンや食物繊維を含むゴーヤは、日々の食卓に積極的に取り入れたい野菜の1つですね。そんなゴーヤを食べて、暑さに負けない体を手に入れましょう。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ゴーヤは沖縄を代表する野菜で、細かいイボに覆われたインパクトのある見た目が特徴です。沖縄料理ブームの影響で全国的に食べられるようになり、ゴーヤチャンプルーやゴーヤの天ぷらが人気があります。独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれる野菜ですが、ゴーヤの苦みの原因は「モモルデシン」が含まれているためで、血糖値や血圧を下げて夏バテの改善にも効果があります。その他にもビタミンCや鉄分も豊富で、貧血予防にも効果を発揮します。白菜の約2倍の食物繊維が含まれ、便秘解消にも役立つうれしい野菜です。多少の苦みがあっても、豊富な栄養素が含まれているのでぜひ積極的に料理に取り入れたいですね。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    ゴーヤといえば、独特な苦味が特徴的で、苦手な方も多いでしょう。夏が旬のゴーヤは栄養価が高く、特にビタミンCがキウイと同じくらい豊富です。ビタミンCはコラーゲンの生成を助けるので、美肌作りに欠かせません。免疫力を高めたり、ストレスに対する抵抗力も強くしてくれます。ゴーヤの苦味成分には、胃液の分泌を促し、食欲の増進効果があり、食欲の出ない夏にぴったり。ビタミンB1の豊富な豚肉や大豆などの良質なタンパク質を組み合わせたレシピは、夏バテなどの疲労回復にさらに効果的。ゴーヤの苦味が苦手でも、下処理で塩もみや塩茹でをする、油で調理する、旨味の強い肉やダシと一緒に煮ることで、苦味が和らぎ、食べやすくなるんです。ゴーヤのビタミンCは加熱しても壊れにくいので安心です。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ゴーヤを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    夏の強い日差しの下でもぐんぐん大きくなるゴーヤは沖縄を代表する野菜ですが、本州でも主に6月〜8月頃に収穫できる野菜です。ビタミンC、葉酸がたっぷり含まれ、夏バテ予防、美肌効果に期待できます。独特の苦味は食欲増進効果があり、夏バテで食べられない時にもオススメですよ。抗酸化作用のβ-カロテン、血液凝固や骨の形成に欠かせないビタミンKが含まれ、これらは油とあわせることで吸収率を上昇することができるため、ゴーヤチャンプルーは理に適ったメニューですね。ゴーヤは塩もみするだけでも苦味は軽減できるので、食べやすく調理して栄養を逃さず体に取り入れて元気に夏を過ごしたいですね。 この記事では、「ゴーヤ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ニガ旨い!栄養満点ゴーヤチャンプルの人気レシピ20選

    ゴーヤチャンプルとはゴーヤ、豆腐などを炒めた沖縄の家庭料理です。沖縄の方言でチャンプルは「混ぜこぜにしたもの」という意味で、野菜炒めのようなものです。 炒めても崩れにくい島豆腐を使っているのが特徴です。 ゴーヤチャンプルーは最も有名なチャンプルで、ここからゴーヤは全国に広がっていきました。 この記事では、ゴーヤチャンプルの基礎知識に加え、基本のゴーヤチャンプルー・苦くないゴーヤチャンプルー・ゴーヤそうめんチャンプルー・変わり種ゴーヤチャンプルーにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【ゴーヤ料理は色々あります!】ゴーヤが美味しくなるおすすめ人気レシピ厳選20

    夏野菜の主役のひとつである、ゴーヤ。ゴーヤチャンプルーなど沖縄料理によく使われる食材として知られており、夏に食べるべき栄養素が詰まった注目の野菜です。彩りもよくなり料理の主役にぴったり。苦みがあるので苦手な方もいると思いますが、今回は、ゴーヤの苦みをマイルドにするコツや調理方法、相性抜群の食材を使った簡単レシピをたくさん紹介します。火を使わずに作れるレシピや、他の野菜でアレンジできる万能おかず、お酒のアテにしたいおもてない料理など、自分好みの味に作れるレシピばかりですので、気軽にチャレンジしてみてくださいね。

広告

運営会社