キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

牛肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

鶏肉と豚肉と並んでよく料理に使われる肉が牛肉です。ロース肉・バラ肉・サーロインなど部位によって、歯ごたえや味わいが異なり色々な味わいを楽しめます。神戸ビーフや松阪牛など、質にこだわったブランド牛も多く存在します。ステーキやすき焼き、牛丼など和食から洋食まで幅広い料理に使えて、育ち盛りの子供にかかせない栄養素を豊富に含んでいます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて牛肉のレシピを紹介しています。牛肉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

牛肉の栄養素

牛肉には皮膚・内臓・血液などを作るのに欠かせない栄養素である、たんぱく質が豊富です。牛肉に含まれるヘム鉄は野菜に含まれる鉄分よりも吸収率が高く、貧血予防にも役立ちます。皮膚や髪の細胞を再生するビタミンB2は、美容ビタミンとも呼ばれていて脂肪の燃焼に欠かせない栄養素で、食べ物をエネルギーに変えて脂肪をため込まない体質にします。牛肉に含まれるアラキドン酸には、身体や脳を活性化させる効果があると言われています。

ブランド牛の紹介

日本の日本三大和牛は松阪牛・神戸牛・米沢牛です。米沢牛は山形県米沢市で肥育された和牛で、霜降りがとてもきめ細かいのが特徴です。神戸牛は神戸ビーフとも呼ばれ、外国でも神戸ビーフと言えばすぐに通用するほど有名です。霜降りが筋肉に細かく入り込んで細かく交わり、口の中でとろける食感を楽しめます。松阪牛は三重県松阪市で肥育された牛で、柔らかな肉質と舌ざわりがよくキメの細かい霜降りが特徴です。

おいしい牛肉の選び方

牛肉のやわらかさは脂ののりで決まるので、脂肪が白色か乳白色でつやのあるものを選びましょう。乳白色の脂は風味と旨味があり牛肉をおいしくします。脂身が黄色味がかったものは、酸化が進んでいるので避けてください。次にチェックすべきなのが霜降りで、霜降りがたくさん細かく入っているものはおいしい牛肉です。

牛肉の選び方

新鮮な牛肉を選ぶ方法は、まず肉の色をチェックします。つやのある鮮赤色が新鮮な牛肉で、あまり色が濃いものは鮮度が欠けます。脂身と赤身の境目がはっきり分かれてメリハリのあるものが新鮮で、はっきりしないものは古くなっています。肉は古くなってくると肉から出るドリップが増えるので、パック内のドリップの量にも注目してください。

牛肉の消費期限の目安

スーパーなどで牛肉を買うと消費期限が記されていますが、少し消費期限を過ぎたお肉は食べて大丈夫なの?と疑問に思いますよね。消費期限は菌の増体量を見定めて決められているので、消費期限を過ぎたお肉は食べないのが無難です。腐っているかどうかは、臭いやドリップの濁り、色などで判断できます。変な臭いがしたり触ると粘りがある場合は食べないようにしましょう。牛肉を買ったら早めに調理するか、冷凍庫で保存しましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

牛肉の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

牛肉を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

ダイエット中の方はお肉を疎遠にしがちですが、牛の赤身肉に多く含まれるL-カルニチンには生活習慣病予防、疲労回復、脂肪燃焼の効果があり、年齢とともに低下してく代謝を補うためにも積極的に摂りたいですね。ビタミンや鉄分も多く含むので、髪や肌の美容や貧血対策にも効果が期待され、健康・美容の維持のために欠かせない食材です。お肉の焼き具合や付け合わせの工夫で消化を助け、吸収率が上昇することはご存知でしょうか。生のわさびや大根おろしを添えると、消化酵素が豊富なので消化を助けてくれますよ。肉の内部を55〜65度以上にならないよう「レア」の状態で焼くことで柔らかい状態を保ち、消化吸収が上がりますので、様々な料理で工夫してみてくださいね。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

うま味が濃く、やわらかな肉質と甘みのある脂が人気の牛肉。最近では比較的安価な牛肉が輸入されているため、食卓に登場する機会が増えました。日本では神戸牛や松阪牛などのブランド牛が有名です。牛肉の赤身に含まれる動物性タンパク質には、私たちの体に必要な必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。それだけではなく、赤身の部分に鉄分を含むため、貧血を予防する働きを持っています。皮膚や筋肉を作るもととなり、代謝アップや貧血予防に役立つ力を持っている牛肉は、日々の食卓に積極的に取り入れたい食材の一つですね。体にうれしい効果をもっている牛肉を食べて、健康的な体を手に入れましょう。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

高級なイメージがある牛肉。スーパーへ行くと、他の肉に比べて値が張ることがありますね。それは、飼料をたっぷりと与えてじっくり時間をかけて育てるためです。鶏の生育期間が55日程度なのに対して、牛の生育期間は約2年、手間暇かけて育てられるのです。牛肉は、部位によってヒレ、サーロイン、バラ、カルビなど、さまざまな呼び名があります。部位ごとに赤身と脂肪の割合や、肉質が異なるので、さまざまな味わいが楽しめます。牛肉は、良質なタンパク質を豊富に含み、私たちの体に必要な必須アミノ酸がバランス良く摂取できます。そんな牛肉を、毎日の食卓に取り入れて、健康的な体を手に入れましょう。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

鶏肉・豚肉と共に、料理に欠かせない食材としてよく使われるのが牛肉です。牛肉はロース肉・バラ肉・タン・サーロインなど部位によって食感や味わいが異なります。調理によく使われるのが薄切り肉や切り落とし肉で、炒め物などの具材に活躍します。すき焼き・ステーキ・焼き肉など料理に合わせて使う部位を選べ、使う調味料で違った味わいを楽しめるのも魅力です。神戸ビーフ・松阪牛・飛騨牛・米沢牛など世界に通用するブランド牛が多くあり、各県や地方にそれぞれのブランド牛が存在します。牛肉には3大栄養素の1つであるたんぱく質が豊富で、皮膚・内臓・血液などを作るのに欠かせない栄養素です。牛肉はヘム鉄が豊富で、野菜に含まれる鉄分よりも吸収率が高いため貧血予防にも役立ちます。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

牛肉を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

ステーキをはじめ、炒め物や煮物などの調理方法が楽しめる牛肉は、スーパーで購入するとき、国産牛、輸入牛などという表示がされています。国産牛は、日本で飼育された牛を示します。輸入牛とは、海外で食肉用に加工して輸入された肉のことを言い、主にアメリカやオーストラリアから輸入されています。選ぶときのポイントは、赤身の部分が色鮮やかで弾力があるものを選んで下さい。脂肪部位は、白色のものが選びましょう。保存方法は、ラップなどで包みなるべく早めに調理してください。牛肉はたんぱく質、脂質、鉄などの栄養素を含んでいます。部位の中でもすね肉は、コラーゲンが豊富に含まれています。この部位は、スープなど煮込み料理に向いていますよ。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

牛肉は、私たちの体を作る上で欠かせない良質なタンパク質を持っています。タンパク質は20種類のアミノ酸から成り、牛肉は、体内で作ることのできない必須アミノ酸が豊富です。子供の成長に必要なアルギニンも含み、成長ホルモンの分泌を促す作用があり、リジンも成長促進、免疫力を高めるため、成長期のお子さんに積極的に食べて欲しい食材なんです。また、脂肪燃焼を助けてくれるカルニチンを含み、運動と組み合わせて適量を食べることでダイエットのサポートにもなります。焼肉も美味しいですが、様々な野菜やキノコ類を組み合わせて煮ることで牛肉に足りないビタミン・ミネラルを補給できるので、栄養バランスが整います。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

牛肉はたんぱく質や鉄、脂質などの栄養素を豊富に含んでいる食材です。赤身部分にはカルニチンという成分が含まれていて脂肪を燃焼させエネルギーに変換させる働きがあるのでダイエットに向いている食材と言えます。スーパーでは牛こま切れ肉、牛薄切り肉、牛角切り肉、牛タン、味付けされた牛カルビ肉や牛サガリ肉が売られています。スーパーでは鮮やかな赤色で脂身は白く、きめが細かくてツヤがあるものを選びます。ドリップが出ているものは鮮度が落ちているので注意が必要です。焼く、煮る、茹でるなどの調理法のメニューが多数あるのでぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

牛肉を使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

部位によって味わいが異なる牛肉。肉に含まれる動物性たんぱく質というものには人間が体内で作ることのできない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。3大栄養素の一つであるたんぱく質は血液や皮膚、内臓など体を作るうえで欠かせない栄養です。たんぱく質が不足してしまうと免疫力も低下し、健康に悪影響を及ぼすこともあるので牛肉は積極的に摂取したい食材です。そんな、健康維持には欠かせない牛肉ですが、ビタミンB2も多く含まれています。ビタミンB2には脂肪の燃焼を高める効果や、皮膚の油分を均等に保ってくれるため、美容にも効果が期待できる食材です。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

料理に欠かせない食材としてよく使われる肉が牛肉です。牛肉は部位によって味や食感が異なり、サーロインはステーキ、ヒレはローストビーフ、タンは焼き肉というように使う料理も異なります。牛肉には松阪牛・飛騨牛・米沢牛・神戸牛などの、味と品質にこだわったブランド牛も多く存在します。神戸牛は世界的にも有名で、和牛のおいしさは世界でも認められています。牛肉には皮膚・内臓・血液などを作るのに欠かせない栄養素であるたんぱく質が豊富で、その他にもビタミンB群や鉄分が含まれています。牛肉に含まれる鉄分は野菜に含まれる鉄分よりも吸収率が高く、貧血予防に役立つので貧血気味の時は牛肉を食べるようにするといいですね。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

食事によく使われる肉で、高級感を感じるのは牛肉ではないでしょうか。牛肉にはサーロイン・ロース・ヒレなど部位によって味わいや食感が異なり、品質の高いブランド牛が多いこともあって鶏肉や豚肉よりも一歩リードした存在と言えます。牛肉はハンバーグ・すき焼き・ステーキ・焼き肉など、さまざまな料理に使われアレンジが効きやすいのも魅力です。西洋料理であるステーキでも醤油やみりんといった和食の調味料ともよく合い、アレンジ次第で違った味わいを楽しめます。牛肉は動物性たんぱく質が豊富で、牛肉に含まれるヘム鉄は貧血予防に効果があります。その他にもマグネシウム・リン・亜鉛などのミネラル類や、脂質などの体に必要な栄養素が豊富に含まれています。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

牛肉は肉の中でも少し高価なイメージがありますが、多くの人に好んで食べられる食材でもあります。牛肉に含まれる栄養は、主にたんぱく質、ビタミンB2、ヘム鉄が挙げられます。たんぱく質は筋肉のもととなり、ヘム鉄は血液を作り出し、疲れにくい体を作るはたらきがありますよ。また、ビタミンB2は食べ物をエネルギーに変えて、脂肪の蓄積を防ぐはたらきをします。総じて牛肉は、ダイエットに効果のある食材といえるためダイエット中の人は意識して食べるといいですね。牛肉は部位によって、旨味や脂の乗り方が違うため、部位に合った調理方法をすることが大切です。他の肉と同様に、加熱しすぎると固くなるため、調理の際は気をつけましょう。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

牛肉を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

高級感のある牛肉。豚肉や鶏肉に比べて価格が高めなのは、飼料の必要量が多く飼育期間も長いためです。そんな牛肉はさまざまな部位がありローストビーフ、炒め料理、ハンバーグ、焼肉など、部位によっても調理方法もいろいろあります。また国内外と品種もたくさんあります。牛肉に含まれる主な栄養は、タンパク質、ヘム鉄、ビタミンB2です。牛肉に含まれるタンパク質は動物性タンパク質で、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。ヘム鉄は血液を作る役割があり、野菜に含まれる鉄分より吸収率がよく、冷え性などの予防によいのです。またビタミンB2には皮膚などの細胞を再生する効果があるので、おつまみにもよい食材です。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:ご飯】おすすめ10選

牛肉は煮たり焼いたりしてさまざまな食べ方ができ、和風、洋風といろんなテイストで味わうことができます。牛肉の持つ栄養素はたくさんありますが、特に多く含まれる「鉄分」は豚肉や鶏肉と比べて3~4倍も多く含まれ、なかでも牛肉に含まれる鉄分は「ヘム鉄」といって体への吸収率が大変優れています。そのため、貧血になりやすい妊婦さんにはおすすめしたい食材です。その他にも、美容やダイエットに効果的なビタミンB2や血圧を下げるはたらきのあるカリウム、新陳代謝を活発にする亜鉛などが含まれています。おかずにするほどの量はない、でも牛肉が余ってしまった、そんなときはご飯と組み合わせたメイン料理にしてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

牛肉には動物性のタンパク質が豊富に含まれており、わたしたちの体内で作り出すことができない必須アミノ酸を、バランス良く含んでいます。牛肉に含まれるタンパク質は、ハリのあるお肌や髪を作り出すだけではなく、免疫を作り出し健康的な生活に役立つ成分です。また、牛肉の赤身には鉄分の中でも効率よく吸収できるヘム鉄が含まれており、貧血や冷えの予防に役立ちます。美容成分や脂肪燃焼を助ける成分として有名なビタミン類や、ホルモンのもとになるコレステロールを程よく含む牛肉は、適度な量を食べればダイエットの味方になってくれる食材です。そんな牛肉を食べて、健康的な美しさを手に入れましょう。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:パン】おすすめ10選

牛肉はそのまま焼いて食べたり、様々な料理に使うことができる食材で年齢問わず人気の食材です。たんぱく質や鉄分、脂質などの栄養成分が豊富に含まれていて貧血予防の効果があります。また必須アミノ酸も含まれているので丈夫な体を作るためには欠かすことができない食材です。他には牛肉の赤身の部分に生理活性物質であるカルニチンが含まれています。このカルニチンは脂肪を燃焼させてエネルギーに変換する効果があることから、ダイエットに適した食材と言えます。ご飯はもちろんパンとの組み合わせも良いので活用してみてください。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

牛肉を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

コクとうま味たっぷりの牛肉は特別な日のごちそうに欠かせない食材です。牛肉は良質なタンパク源で、カラダを作るのに必要な必須アミノ酸が豊富に含まれています。吸収率の良い鉄分や新しい細胞を作るのに欠かせない亜鉛も多く、子供の成長や健康維持にも最適なんです。赤身にはカルニチンが豊富で、脂肪を燃焼しやすい体にしてくれるのでダイエットもサポートしてくれますよ。牛肉の脂質は体の重要なエネルギー源ですが、摂りすぎは肥満などの原因に。肉類だけに偏らず、魚に豊富なDHAやEPA、植物油などに含まれる必須脂肪酸もバランスよく摂取しましょう。紹介するおやつレシピでは、手頃なひき肉やこま切れ肉などを野菜と合わせてボリュームも満点。牛肉のうま味が加わった満足度の高いレシピが満載ですよ。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【調理法:お弁当】おすすめ10選

焼肉や炒め物、スープなど幅広い調理法にて食べられている牛肉。スーパーにも数多くありどれを選ぼうか迷ってしまいますよね。部位によって味わいも全く変わるため、食の好みや作るレシピによって手にとるものも変わってきます。そんな牛肉ですが、アミノ酸組成が人の筋肉に近く、すぐれたたんぱく源となっています。たんぱく質を筆頭に脂質や鉄、亜鉛をはじめとするミネラルも豊富で、ビタミンBの一種であるナイアシンも含まれています。これらの成分は血液をはじめ体の各部を作るとともに、ホルモンや免疫など、健康を維持するためにも必要な成分となります。そのため、子供から大人まで、積極的に摂取したい食材です。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

牛肉を使った人気レシピ【料理の種類:離乳食】おすすめ10選

おいしくて栄養たっぷりの牛肉。口に入れた瞬間に濃厚なコクとうま味が広がります。牛肉は良質なタンパク源で、体内で合成できない必須アミノ酸のバランスが良く成長期の子供に最適な食材なんです。タンパク質は20種類のアミノ酸の組み合わせで私たちの身体を作っており、成長を促したり、免疫を高めるなど健康維持にも欠かせません。牛肉には体に吸収されやすいヘム鉄が豊富で、母親からもらった貯蔵鉄が不足してくる離乳食後期からの鉄分補給に役立ちます。離乳食に使う際は胃の負担になる脂身は除いて赤身の部分を使い、食べやすいように細かく刻んで使いましょう。ボソボソとした牛肉の食感が苦手でも、とろみをつけたり、喉ごしの良いうどんや素麺などと合わせると食べやすくなりますよ。 この記事では、「牛肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

牛肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社