キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

牛肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

鶏肉と豚肉と並んでよく料理に使われる肉が牛肉です。ロース肉・バラ肉・サーロインなど部位によって、歯ごたえや味わいが異なり色々な味わいを楽しめます。神戸ビーフや松阪牛など、質にこだわったブランド牛も多く存在します。ステーキやすき焼き、牛丼など和食から洋食まで幅広い料理に使えて、育ち盛りの子供にかかせない栄養素を豊富に含んでいます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けて牛肉のレシピを紹介しています。牛肉を使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

牛肉の栄養素

牛肉には皮膚・内臓・血液などを作るのに欠かせない栄養素である、たんぱく質が豊富です。牛肉に含まれるヘム鉄は野菜に含まれる鉄分よりも吸収率が高く、貧血予防にも役立ちます。皮膚や髪の細胞を再生するビタミンB2は、美容ビタミンとも呼ばれていて脂肪の燃焼に欠かせない栄養素で、食べ物をエネルギーに変えて脂肪をため込まない体質にします。牛肉に含まれるアラキドン酸には、身体や脳を活性化させる効果があると言われています。

ブランド牛の紹介

日本の日本三大和牛は松阪牛・神戸牛・米沢牛です。米沢牛は山形県米沢市で肥育された和牛で、霜降りがとてもきめ細かいのが特徴です。神戸牛は神戸ビーフとも呼ばれ、外国でも神戸ビーフと言えばすぐに通用するほど有名です。霜降りが筋肉に細かく入り込んで細かく交わり、口の中でとろける食感を楽しめます。松阪牛は三重県松阪市で肥育された牛で、柔らかな肉質と舌ざわりがよくキメの細かい霜降りが特徴です。

おいしい牛肉の選び方

! /image/〇〇
牛肉のやわらかさは脂ののりで決まるので、脂肪が白色か乳白色でつやのあるものを選びましょう。乳白色の脂は風味と旨味があり牛肉をおいしくします。脂身が黄色味がかったものは、酸化が進んでいるので避けてください。次にチェックすべきなのが霜降りで、霜降りがたくさん細かく入っているものはおいしい牛肉です。

牛肉の選び方

新鮮な牛肉を選ぶ方法は、まず肉の色をチェックします。つやのある鮮赤色が新鮮な牛肉で、あまり色が濃いものは鮮度が欠けます。脂身と赤身の境目がはっきり分かれてメリハリのあるものが新鮮で、はっきりしないものは古くなっています。肉は古くなってくると肉から出るドリップが増えるので、パック内のドリップの量にも注目してください。

牛肉の消費期限の目安

スーパーなどで牛肉を買うと消費期限が記されていますが、少し消費期限を過ぎたお肉は食べて大丈夫なの?と疑問に思いますよね。消費期限は菌の増体量を見定めて決められているので、消費期限を過ぎたお肉は食べないのが無難です。腐っているかどうかは、臭いやドリップの濁り、色などで判断できます。変な臭いがしたり触ると粘りがある場合は食べないようにしましょう。牛肉を買ったら早めに調理するか、冷凍庫で保存しましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

牛肉の【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

牛肉の【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

牛肉の【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

牛肉の【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

牛肉の【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

牛肉をおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社