キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

ビーツをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本ではあまりなじみのないビーツですが、欧米では料理によく疲れる野菜です。原産地は地中海沿岸で、ロシアのボルシチに欠かせない野菜です。その他にもサラダやサンドイッチにも使われ、濃い赤紫色が料理のアクセントになって彩をプラスします。ビーツはアカザ科のサトウダイコンの一種で、砂糖の原料となるテンサイと同じ仲間に属します。生の野菜以外にも缶詰が便利でよく使われ、日本でも輸入食品店などで手に入ります。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてビーツのレシピを紹介しています。ビーツを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

ビーツの栄養素

ビーツには豊富なカリウムが含まれいて、ビーツ1個で920mgのカリウムを摂ることができます。カリウムは体内の余分なナトリウムを排出して、高血圧やむくみ防止に効果を発揮します。その他にも悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の予防にも効果があるとパントテン酸、カルシウムをサポートするマグネシウムなどが含まれています。ビーツの赤い色素であるベタシアニンは、高い抗酸化作用を持っています。

ビーツの産地

ビーツは国産よりも輸入が多く、ニュージーランド・オーストラリア・オランダからの輸入が多くなっています。夏の時期はニュージーランドとオーストラリア、冬の時期にはオランダから輸入されるためほぼ一年を通じて輸入されています。日本国内では長野県・茨城県・北海道・熊本県が産地になっています。

ビーツの旬

ビーツは都市に2回収穫期があり、6月~7月にかけてと11月~12月になっています。6月~7月にかけては主に露地栽培になっていて、3月~5月に種をまき2ヶ月~3ヶ月後に収穫します。ビーツの生育適温は15℃~21℃と言われており、暑さに弱いため寒い地域の方が栽培に適していますが、寒暖差を利用することで温暖な地域でも栽培が可能になっています。

ビーツの選び方

おいしいビーツの選び方は、赤ビーツの場合は濃い赤紫色をして丸みがあるものを選んでください。大きすぎず小さすぎないサイズのものがおすすめで、中くらいのサイズのものはまんべんに栄養が行き届いています。硬さがあってしっかりと重みのあるものを選び、根っこが付いているものは乾燥し過ぎていないかチェックしましょう。葉が付いているものは、みずみずしさのあるものが新鮮です。

ビーツの保存方法

ビーツの保存方法は葉付きのものはすぐに葉を切り落として、冷蔵庫の野菜室で保存します。根っこ部分は5日を目安に、葉の部分は2日を目安に使い切りましょう。ビーツは暑さに弱いため常温保存には向かないため、必ず冷蔵保存にします。茹でたビーツをお酢に漬け込んで瓶詰めにしたり、生のビーツを浅漬けにする方法もあります。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

ビーツの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

ビーツを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

赤い色が食卓に映えるビーツ。日本ではあまりなじみのない野菜ですが、「食べる輸血」と言われるほど、栄養素が豊富に含まれており、アスリートも注目している野菜なんですよ。日本では百貨店などに行かないと、なかなか手に入りにくい野菜ですが、健康にいいということで近年食事に取り入れている人も増えてきているようです。サラダから煮込み料理、スイーツとさまざまな料理に使うことができ、レシピを覚えれば料理の幅も広がります。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

鮮やかできれいな色が印象的なビーツは、ボルシチを代表とされるヨーロッパの料理によく使われます。切るときつい色が出るため生では食べにくく、主に火を通して食べられます。色鮮やかなため特にスープの材料として人気で、食卓に彩をプラスします。ビーツはアカザ科のサトウダイコンの一種でかぶに似ていますが、ホウレン草と同じ科に属します。見た目の鮮やかさに比べると味にクセがなく淡白な味わいで、どんな料理にも合わせやすいです。ビーツはスーパーフードと言われるほど豊富な栄養素が含まれていて、ビーツの色素には高い抗酸化作用があります。その他にもナトリウム・カルシウム・ナイアシン・ビタミンB類・食物繊維などが含まれた健康にいい野菜なので、これから積極的に取り入れてみましょう。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

赤紫の色合いがとってもきれいなビーツ。日本では比較的手に入りにくい野菜で、ボルシチなどのヨーロッパ料理に使われます。ビーツはアカザ科のサトウダイコンの一種で、見た目の鮮やかさに比べると味にクセがなく淡白な味わいです。ビーツは生の野菜以外でも缶詰でも売られていて、輸入食品店などで手に入ります。切るときつい色が出るため生では食べにくく、主に火を通して食べられます。色が鮮やかできれいなので、スープや煮込み料理、肉料理の付け合わせなどによく使われます。ビーツには豊富なカリウムが含まれ、むくみ防止に効果を発揮します。ビーツに含まれるパントテン酸は悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の予防にも効果があると言われています。今までビーツを料理に使ったことがない、という方はぜひビーツを料理に使ってみてください。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

色鮮やかな赤い色をしているビーツ。日本ではあまりなじみのない野菜かもしれませんね。ビーツは地中海原産で、見た目は「赤かぶ」に似ていますが、実はほうれん草の仲間、という不思議な野菜。ロシア料理の「ボルシチ」には欠かせない野菜なんですよ。ビーツの旬は1年に2回あり、6~7月と11~12月ごろですが、日本では海外輸入スーパーで缶詰で買えるので、年中料理に利用できます。サラダなど生で食べられますが、火を通して食べるのが一般的です。基本的にビーツは固いので、一度ゆでてから切って使いますが、缶詰を使えば簡単に調理できますよね。 この記事では、ビーツとはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

ビーツを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ7選

ビーツはアカザ科のサトウダイコンの一種で、鮮やかな赤紫色が特徴です。色のわりに味にクセはなく、かぶとよく似た味わいです。色が出るため生では食べにくく、煮物やスープなどによく使われます。特にイギリスやオーストラリアでは広く知られ、サンドイッチやハンバーガーの具材として用いられています。日本では輸入食品店などで手に入ります。ビーツには豊富なカリウムが含まれ、血圧を下げる働きやむくみ防止に効果を発揮します。ビーツに含まれるパントテン酸は悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の予防にも効果があると言われています。彩もきれいで体にもいいビーツをぜひ料理に使ってみましょう。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

日本ではまだよく知られていない野菜、ビーツ。見た目はカブのような形で、赤い色が特ちょう的です。優しい甘さが独特ですが、これはショ糖が多く含まれているからです。固くそのままでは調理しにくいので、一度ゆでてから切りましょう。ビーツの栄養価は高く、今注目されている野菜の一つです。サラダやスープ、ローストなどでもおいしく食べられますが、もちろん「ボルシチ」のように煮込み料理もおすすめです。洋風・欧風の煮物だけでなく、和野菜と合わせた和風の煮物にも合いますよ。ビーツを使った煮物料理のレシピを覚えたら、料理の幅もぐんと広がります。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ8選

ウクライナ料理のボルシチなどに入っている赤い野菜がビーツ。その強い色素が持ち味で、日本では「火焔菜」とも呼ばれます。見た目はかぶや大根と似ていますが、実はほうれん草の仲間。栄養価の高さは「食べる輸血」と言われるほどです。血管を柔らかくして血液循環を助け、血栓の予防や疲労回復にも役立ってくれるそう。家族の健康のため、ぜひ食卓に取り入れたくなりますよね。ビーツの旬は6~7月又は11~12月頃ですが、最近は輸入食材専門店などで缶詰も販売されており、手に入りやすくなっていますよ。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

鮮やかな赤紫色をした赤カブのような見た目の野菜「ビーツ」。食べる輸血と言われるほど鉄やカルシウム、カリウムなどのミネラルやビタミンが豊富です。鮮やかな色はポリフェノールの一種、ベタシアニンによるもので細胞の老化を防ぎ、がん予防にも期待されています。ビーツに豊富な NO3は体内でNOとなり、血流を良くするため基礎代謝もアップし美肌や疲労回復、血管の健康にも役立つアンチエイジング食材なんです。美容と健康をサポートしてくれるビーツ。茹でると甘みが増すため酢と和えてサラダにしたり、レモン汁を加えてスムージーにすると独特の土臭さも和らぎおすすめです。ビーツの鮮やかな色を活かしたニョッキやゆで卵などの茹でるレシピは見た目にも楽しめる華やかな料理に変身します。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

赤カブのように見えるビーツですが、実はほうれん草の仲間なのです。ビーツの中に含まれる「NO(エヌオー)」といわれる一酸化窒素は血液の流れを良くし、血栓の予防効果もあります。また疲労回復させるパワーもアップします。イギリスやアメリカなどでビーツは体によい野菜とされているので、おかずレシピとして取り入れたいものです。ビーツの選び方は大根などと同じで水分がたくさん入ってる物で、葉の部分がしなびていると根の状態も良くないので注意が必要です。保存方法は基本的に冷蔵庫で、購入後できるだけ早く葉の部分を切り落とします。また購入後、葉の部分は2日以内に、根の部分は5日以内には食べるようにしてください。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

食べる輸血と言われている奇跡の野菜、ビーツ。ロシア料理の代表料理「ボルシチ」に使われている野菜です。見た目はカブのようですが、ほうれん草の仲間です。ビーツには血液の流れをよくする効果があるため、基礎代謝を上げることができ、疲労回復にもってこいの食材です。最近では運動選手がその効果に注目しているという話もあります。日本ではよく見かける野菜とまでは言えませんが、最近では取り扱っているお店が増えてきました。また、生野菜は販売していなくても缶詰や粉末で販売しているところもあります。インターネットにも色々な商品があるのでぜひ探してみてください。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

奇跡の野菜と言われるビーツは食べる輸血と呼ばれるほど栄養素が豊富です。ビーツを摂取することによって一酸化炭素が体内で生成されます。この働きは血管をやわらかくする働きがあり、血管の中の血栓を防ぐと言われており、動脈硬化の予防につながります。また、血管拡張作用を誘発するために血行がよくなり、持久力アップや疲労回復効果も発揮します。カリウムも豊富に含まれているため、むくみ防止や腸内環境を整える効果もあり、健康にも美容にも効果てきめんなのです。味は甘みが強く生でも加熱しても食べられる野菜なのでレシピの幅も広がりますよね。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ7選

色鮮やかで食卓を華やかにしてくれるビーツ。いまいち調理法がわからなく、敬遠しがちな方もいらっしゃるのではないでしょうか。ビーツは地中海絵沿岸地方原産のサトウダイコンの一種です。見た目はカブや大根に似ているようにも見えますが、実はほうれん草と同じ科に属しています。味の特徴としては生だと少し生臭さもありますが、火を通すと甘くなります。食感は大根と芋の間くらいで少し柔らかいです。生ではサラダやピクルスにして、調理する場合はスープにするのがおすすめです。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

色鮮やかな赤紫色が特徴のビーツ。他の野菜にはない色合いが華やかで、料理にプラスすると彩がきれいになり食卓を華やかに見せてくれます。和食にはあまりビーツは使われませんが、ボルシチを代表とするヨーロッパ料理によく使われます。色が出るため生では使いにくく、主に火を通して料理に使うことが多いです。ビーツの缶詰はサラダやサンドイッチに手軽に使えるので、ヨーロッパでよく使われます。ビーツに含まれるパントテン酸は悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の予防にも効果があると言われています。カリウムも豊富でむくみ防止に効果をがあるので、今までビーツを料理に使ったことがないという方は、ぜひビーツを料理に使ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

色鮮やかな野菜の代表格と言えばビーツ。日本ではスーパーなどではあまり売っていませんが、輸入食料品店などでビーツの缶詰も売られています。ビーツはアカザ科のサトウダイコンの一種で、かぶのような味わいで見た目の鮮やかさに比べると味にクセがありません。ビーツを使った代表料理がロシアのボルシチで、よくスープや煮込み料理に使われます。ビーツをサラダに入れると彩がきれいになって、アクセントになります。その他にもイギリスやオーストラリアではビーツをサンドイッチやハンバーガーに入れて食べるのが人気で、さまざまな料理に使うことができます。少しプラスするだけで料理が華やかに見えるので、色合いが寂しい時などにぜひ使ってみてはどうでしょうか。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ10選

食べる輸血と言われている奇跡の野菜、ビーツ。分類としては、ほうれん草と同じアカザ科の野菜です。色鮮やかで食卓を華やかにしてくれるビーツですが、見た目の華やかさに加えて栄養も豊富に含まれています。赤紫の色素にはポリフェノールの一種であるベタシアニンという成分があり、ビタミンB群の一種である葉酸を多く含みます。葉酸は胎児の発育に欠かせない栄養素のため妊娠の可能性のある方や妊娠初期に摂取することを推奨されています。美味しいビーツは直径が7~8センチくらいで皮に凹凸がなく、きれいな丸形のものです。選ぶときは注目してみてください。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:「パン」】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

奇跡の野菜と言われるビーツは食べる輸血と呼ばれるほど栄養素が豊富です。栄養豊富で鮮やかな赤色のビーツは料理に使うことで映えますが、発色良く茹でるにはコツがあります。下茹でする際には湯にレモン汁や酢など、酸性の成分を加えることで赤色がより一層鮮やかになります。反対に、塩には減色させる作用があるため、使用するときには調理の最後に使うのが好ましいです。また、ビーツは火を通すと甘くなります。食感は大根と芋の間くらいで少し柔らかいです。生でも食べられるので、生で食べる際には皮を厚めに切り薄切りしましょう。色鮮やかなビーツのレシピで食卓にいろどりを加えてみませんか。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

まだ日本では珍しい野菜、ビーツ。カブのように丸く、赤い色をしています。ビーツの原産地は、地中海沿岸から西アジアで、日本では長野県、茨城県などで栽培されています。甘みがあり、生のままサラダにしたり、煮込んでスープにしたり、さまざまな料理に使えますよ。ビーツの特徴は、なんといっても、この鮮やかな赤色。ビーツの赤色にはベタシアニンという色素が含まれています。ベタシアニンは、実は、抗酸化力を持っていることで有名なポリフェノールの一種なのです。鮮やかな赤色が見た目にたのしいだけではなく、体にうれしい成分が含まれています。ビーツを使って、健康的で美しい体を手に入れましょう。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

ほうれん草と同じアカザ科の野菜である、ビーツ。カブのような形をしていて、鮮やかな赤色のものが有名ですね。輪切りにした時に赤と白の年輪のような模様が見えることから、日本名では火焔菜(カエンサイ)と呼ばれます。地中海沿岸から西アジアが原産で、日本では長野県や茨城県で栽培されています。そんなビーツは、実はさまざまな栄養素が含まれています。塩分の排出を助けてくれるカリウムや、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしてくれるパントテン酸、抗酸化力を持つポリフェノーツの一種ベタシアニン、おなかの調子を整えてくれるラフィノース、肝臓の機能を助けてくれるベタイン。ビーツを使って、健康的な暮らしを手に入れましょう。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

ビーツを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ1選

ボルシチなどに欠かせないビーツ。お洒落な野菜という印象も強いですが、実は見かけ以上のスーパーフードなんですよ。特徴的な赤色の元はベタライン色素と呼ばれ、高い抗酸化作用を持っています。カリウム・ナトリウム・カルシウム・ナイアシン・パントテン酸・食物繊維などの栄養を豊富に含んでいる他、血管を柔らかし血流を助ける成分も注目されています。それでいて味に癖がないので、小さい子どもにも抵抗なく食べてもらいやすい野菜です。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

ビーツをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社