キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

豆類の記事一覧

キッチンブックの「豆類」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    豆類、さつまいも、栗など砂糖と一緒に加工したものを「餡子(あんこ)」といいます。あんこには種類があり、小豆、白いんげん豆と原材料の違いや、こしあんなど製造方法の違いがあります。このおやつレシピでは、小豆のあんこを使用しています。小豆の旬は10月から翌2月頃です。小豆あんこの栄養価は、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、むくみに効果のあるサポニン、ポリフェノール、亜鉛や鉄やカリウムといったミネラルを豊富に含んでいます。そんなあんこを保存する際には、冷蔵庫であれば容器を移し替え、フタをして、手作り餡子は翌日に食べきるのがおすすめです。冷凍庫で1ヵ月から3ヵ月は保存でき、小分けがおすすめです。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    イチョウが色づく頃に旬を迎えるぎんなん。銀杏といえば黄色いイメージが強いですが、新鮮な銀杏は緑色でもちもちとした食感が特徴です。銀杏にはβ-カロテンやビタミンC・Eが含まれるほか、カリウムやマグネシウム、リン、鉄分などのミネラル類も豊富に含まれています。銀杏の下処理方法としては殻ごと炒る方法と殻を割ってからゆでる方法などがありますが、電子レンジを使うと手軽に食べられます。銀杏の殻にペンチなどでひびを入れたら茶封筒や紙袋に入れてレンジで1分ほど加熱してポンポンとはじけたらOKです。銀杏は食べ過ぎるとめまいや嘔吐、痙攣などの中毒症状が起こることがあります。食べ過ぎには注意しながら、銀杏を使ったおやつレシピを活用して旬の美味しさを楽しみましょう。この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ9選

    ぎんなんは、「生きた化石」と呼ばれるイチョウの木になる実の中のさらに殻で包まれた胚乳種と呼ばれる部分を食べます。品種はいくつかありますが、人気があるのは「藤九郎」と呼ばれる大きめの実が特徴の品種です。ぎんなんは秋の味覚の一つで、旬はもちろん秋。9月頃から採れはじめ、11月半ばくらいまで収穫できます。主な生産地は愛知県で、全体の3割を占めています。ぎんなんは殻のままであれば保存がきき、日持ちします。それでも2週間以内には食べるようにしましょう。金づちなどで殻を割り、茶封筒に入れてレンジで1分少々加熱すれば、簡単に火が通り洗い物もいらないため大変楽です。秋にはお弁当のおかずにして、味わいたいですね。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    黒豆は大豆の一種で黒大豆とも呼ばれています。黒豆にはポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素成分が含まれている為黒い色をしています。このアントシアニンにはいろいろな効果があり、体内に蓄積される脂肪を防いだり、抗酸化作用があるためシミやしわを防ぎアンチエイジング効果があるとされています。また、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。黒豆は美容に良いので、女性に嬉しい食材と言えます。卵料理やご飯などと合わせてアレンジするのも楽しい食材です。毎日のご飯やお弁当にもぜひ取り入れてみてください。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    大豆は日本人には欠かすことができない食材です。人気がある豆腐や納豆も原材料は大豆です。大豆には良質なたんぱく質を豊富に含み、食物繊維なども含まれている為便秘を解消する効果があります。また、大豆イソフラボンが含まれているので、女性に嬉しい美肌効果や骨粗しょう症の予防効果があるとされています。スーパーでは大豆の水煮が売られているので手軽に料理に使うことができます。煮物やサラダなどの他に、蒸した大豆をつぶしてハンバーグに加えるとカロリーを抑えることもできます。ご飯のおかずやお弁当のおかずにもぴったりの食材なので取り入れてみてください。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    小豆が原料のあんこ。小豆には、糖質の代謝をサポートし、疲労回復に効果のあるビタミンB1や、皮膚や髪などの細胞の再生を促す働きがあるビタミンB2、貧血や肌荒れを予防するビタミンB6が多く含まれています。小豆はコレステロールの上昇を抑えるポリフェノール、骨や歯を健康に保つカルシウム、便秘改善に役立つ食物繊維、更年期障害の予防と改善に効果的なイソフラボンなどの栄養素も含まれている健康食材です。和菓子にはもちろん、ホイップクリームとあんこの組み合わせなど、洋菓子にも合うあんこ。最近では、うどんやそうめんなどをお餅風にアレンジしたレシピなども注目を集めています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    畠の肉と言われるほど優れた栄養成分が含まれる、黒豆。お正月の節句料理などでは甘い煮豆が振舞われますが、関東では「黒豆にしわが寄るまでまめに達者に」との願いがこめられ、黒豆にしわが寄るほどしっかり煮込んでいたとも言われています。黒豆は古く昔には薬として使われることもあり、主に中国では漢方としても重宝されていました。そんな黒豆ですが、黒大豆に含まれる12種類のイソフラボンが含まれており。更年期障害の軽減や、女性の乳がん、男性の前立腺がんの予防にも効果があると言われています。また、たんぱく質も豊富に含まれているため、健康を保つためにはぜひ積極的に摂りたい食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    古くから親しまれている食材である、大豆。そのまま料理に使われることはもちろんのこと、豆乳や豆腐、納豆など、様々な形に変化して私たちの健康を支えてくれています。大豆は「畑の肉」とも言われるほど、肉に匹敵するほど大量のたんぱく質が含まれています。たんぱく質は人間の筋肉や内臓などの体を作るために必要な成分であり、生命維持には欠かせません。また、ビフィズス菌を増殖させる作用のあるオリゴ糖や、骨粗しょう症の予防や更年期の不調を改善するとも言われる大豆イソフラボンも豊富に含まれています。良いところばかりの大豆、いつも以上に積極的に摂ってみませんか。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    そら豆は地中海や西南アジアが原産地とされ、新石器時代の遺跡からも出土しているほど昔から食べられている歴史の長い豆です。日本へは8世紀頃にインド僧によって伝わったと言われています。実が空に向けて実るため「そら豆」と名付けられたと言われ、ぷっくりとした愛嬌のある見た目が特徴です。乾燥したそら豆を素揚げしたいかり豆は、ビールのおつまみとしても定番になっています。そら豆は葉酸を豊富に含み、100gあたりに対し250μgの葉酸を含んでいます。葉酸は妊娠中に欠かせない栄養素なので、ぜひ積極的に摂りたいですね。ホクホクとした食感とやさしい味わいで、そら豆ご飯・スープ・揚げ物・炒め物など幅広い料理に使われます。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ8選

    優しい甘さを持つ「あんこ」。あんこには砂糖が含まれ、甘くて太るイメージが強いですが、原材料である小豆には美容と健康に役立つ栄養がたっぷり含まれているんです。小豆にはワインよりもポリフェノールが豊富で、老化の原因となる活性酸素から体を守るアンチエイジング効果や美肌効果があるほか、サポニンにはコレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあり生活習慣病の予防に役立ちます。糖質をエネルギーに変える代謝を促すビタミンB1やむくみ解消に効果的なカリウム、皮には豊富な食物繊維を含むなど、体の中からキレイをサポートしてくれますよ。鉄分やタンパク質も多いので貧血予防にも効果的です。紹介するレシピでは、あんこを使った絶品スイーツが満載です。この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    マメ科ソラマメ属で6大食用豆と呼ばれるそら豆。「天豆(てんまめ)」、「蚕豆(そらまめ)」、「空豆(そらまめ)」とさまざまな呼び方、書かれ方があります。旬は4月から6月の初夏がそら豆の時期です。そら豆の栄養価は、植物性たんぱく質、高血圧に効果のあるカリウム、疲労回復に効果のあるビタミンC、ナイアシンなどのビタミンB群やイライラの解消に効果のあるミネラルと豊富に含まれています。そしてそら豆の調理方法もさまざま、このお弁当レシピでも、そのまま焼いたり、茹でてから混ぜたりしています。そんなそら豆の選び方は、鮮やかな緑色で、膨らみ、弾力、重みがあるものがおすすめです。袋に入れて、野菜室で保存してください。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ6選

    銀杏は銀杏の樹になる殻に包まれた胚乳種のことで、雄の木と雌の木があり雌の木のみに実がなります。活きた化石とも呼ばれる歴史の長い樹木で、秋に紅葉すると葉がきれいな黄色になり秋の風物詩にもなっています。銀杏は日本中に自生していますが、愛知県は銀杏の生産地として知られ生産量の3割を占めています。昔から薬として使われておりせきや痰に効果があるとされていますが、メチルビリドキシンという物質が含まれ食べ過ぎるとけいれんなどの中毒が起きるため食べすぎには注意が必要です。銀杏はカリウム・鉄分・リン・マグネシウムなどのミネラル類、免疫力を高めて風邪を予防するビタミンCなどが含まれています。茶わん蒸し・炊き込みご飯・炒め物などに使われ、秋の味覚を楽しみたい時におすすめの食材です。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ5選

    お正月のお節料理の定番と言えば黒豆で、甘めの味付けで子供にも食べやすい一品です。「まめ」には元気・丈夫・健康という縁起のよい意味があり、黒豆を使った煮豆が江戸時代にお正月向けに考案されたと言われています。黒豆は大豆の一種で栄養素も大豆とほぼ同じで、良質なたんぱく質を含み爪・血液・毛髪・皮膚などを形成するのに必要な三大栄養素の1つです。黒豆は種皮にアントシアニン系の色素を含むため見た目が黒くなっており、大豆同様イソフラボンも豊富です。女性ホルモンの働きに似ているため更年期の症状を和らげる効果があり、女性にとってうれしい食材です。その他にもコレストロールや脂肪の蓄積を予防するサポニン、ビタミンB1、ビタミンB2など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    醤油、味噌、納豆、豆腐、きなこなど、大豆から作られた食品は数多く、そしてどれも日本人にとって結びつきの強い食材です。大豆は「畑のステーキ」と呼ばれるほど栄養価が高く、良質なタンパク質を含んでいます。水で戻すと、肉のような食感になる「大豆ミート」という大豆加工品も作られています。大豆ミートは、ヘルシーでありながら、ミネラルや食物繊維がたっぷり含まれています。便秘の改善に役立つので、ダイエット中の方に嬉しいアイテムです。ミンチにしたものや、バラ肉タイプなど、さまざまな形態で売られているので、料理のバリエーションも豊富です。スーパーなどで見かけた際にはぜひ使ってみてくださいね。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    和菓子の定番のあんこ。洋菓子に比べてカロリーが低いため、ヘルシーなスイーツでもあります。洋菓子はバターや生クリームが使われることが多く、脂質が高めです。例えば大福もち1個で0.5~1g程度、ケーキ1個で25~30g程度の脂質が含まれていると言われていて、カロリーはケーキの方が2倍くらい高くなります。甘いものが食べたいときは、あんこを使った和菓子を選ぶとカロリーも脂質も抑えられるため、ダイエットにおすすめ。そもそもあんこは小豆で作られているものが一般的。小豆は食物繊維やビタミンB群、たんぱく質が豊富に含まれていて、栄養価が高い食材です。白あんは白いんげん豆、うぐいすあんはグリーンピース、ずんだあんは枝豆と、どのあんこも豆が原料になっているため、ヘルシーです。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    そら豆は春から夏が旬の夏野菜のひとつです。そら豆はビタミンB群が豊富に含まれていて代謝を良くする働きや糖質を分解する働きがあります。他にたんぱく質、ビタミンC、鉄分などのミネラル成分が豊富に含まれていて、貧血予防に効果があります。新鮮なそら豆は鮮やかな緑色でツヤがあります。また、豆が3個入っていて形がそろっているものを選びます。冷蔵保存をする際は新聞紙に包んでからポリ袋に入れて保存し、冷凍の際は塩ゆでしてから保存します。そら豆は様々な食材と相性が良く、特に麺料理に使うのがおすすめなのでぜひ参考にしてください。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    古くから日本食に取り入れられてきた大豆は、たんぱく質が豊富な食品のひとつです。この大豆に含まれる大豆たんぱく質には、コレステロールの低下や肥満改善の効果があると考えられています。また大豆には炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルなどの栄養も多く含んでいるのが特徴です。大豆の機能成分には、善玉菌を増加させる「オリゴ糖」、抗酸化作用や血中の脂質を下げる「大豆サポニン」、総コレステロールを下げる「大豆レシチン」などがあります。またアメリカではガン予防に効果があると考えられています。健康面からも様々な効果をもたらす大豆を日々の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ3選

    イチョウ科イチョウ属で、イチョウの樹になる実の中に包まれている、種である銀杏(ぎんなん)。果肉は黄色いサクランボみたいなものですが、臭いが強いため、食べられません。旬は9月頃から11月中旬ごろです。ぎんなんは殻を剥いて調理に使用します。このパンレシピでは、ぎんなんの水煮缶を使用しているレシピもあります。そんなぎんなんは、栄養価が高く、デンプン、ビタミンCなどを含み、カリウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含んでいます。ただし、ぎんなんには「メチルビリドキシン」という中毒性のある成分も含まれているので、食べすぎには注意が必要です。ぎんなんの選び方は、表面が白くてツヤのあるものが、よいのです。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    和菓子に欠かせない材料の1つがあんこです。あんこは小豆を煮て砂糖と一緒に練って作ります。あんこを使ったお菓子は、最中・お団子・饅頭・羊羹・おはぎなどがあります。聖徳太子の時代に中国から伝来したと言われ、鎌倉時代に小豆を使った小豆あんが作られました。小倉あん・白あん・ずんだあん・うぐいすあんなどがありますが、ずんだあんは枝豆が原料で、うぐいすあんは青えんどうを使って作られています。和菓子以外にもあんこをトーストにのせた小倉トーストやあんこをのせた抹茶パフェなど、西洋の食材ともよく合います。小豆が原料なのでたんぱく質が豊富で、食物繊維も多く含まれています。その他にも糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1や、コレステロールや中性脂肪を抑えるサポニンなどが含まれています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    和菓子を作るのに欠かせない材料があんこで、羊羹・最中・お団子・おはぎ・どら焼きなどに使われます。あんこは主にこしあん・粒あん・小倉あんがあり、こしあん派、粒あん派と好みが分かれることもあります。あんこのカロリーは粒あんが100gで約250kcalとなっています。砂糖が入っているのでカロリーが多めに思えますが、栄養価が豊富なので洋菓子を食べるよりは和菓子がおすすめです。あんこは小倉が原料なのでたんぱく質が豊富で、毛髪・爪・皮膚などを作るのに欠かせない栄養素です。便秘を解消する食物繊維、代謝を促進するビタミンB群、中性脂肪を抑える働きがあるサポニン、活性酸素を除去する働きのあるポリフェノールなど、女性にとってうれしい美容にいい栄養素が豊富に含まれています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    ぎんなんはイチョウの木になる種の胚乳で、秋になると出回る食材です。炊き込みご飯や茶わん蒸しなどのレシピに使われています。新鮮なぎんなんは緑色をしていて、もちもちとした食感で扱いやすいのが特徴的です。ぎんなんには抗酸化作用があるカロテンやビタミンC、カリウムなど多くの栄養素を含んでいる食材です。注意したいのがぎんなんには中毒性があるというところです。ぎんなんを食べすぎてしまうと嘔吐、めまい、痙攣などの症状が現れます。これはビタミンB6を阻害し神経伝達物質のバランスが崩れるためです。適切な量は子供は5粒程度、大人で10粒程度なので注意して摂取しましょう。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    そら豆は3月から6月が旬の、風味豊かな食材です。そら豆に付いている黒いツメは、豆とさやと繋がっていた部分です。「おはぐろ」と呼ばれ、熟度の目安になります。おはぐろが黒い方がより熟しており、若い場合は緑色をしています。ゆでる時はおはぐろが黒いものを先にゆでることで固さのムラがなくなりますよ。豆をさやから取り出すと風味が薄れていくので、さや付きを買うことをオススメします。さやごと焼くとふっくら、ホクホクになり、ビールに合いますよね。さっと茹でれば色んな料理に使える万能な食材です。そら豆はゆで過ぎたり、加熱しすぎたりすると食感が損なわれる上、色も悪くなります。料理に使う時はさっとゆで、最後に加えると鮮やかな緑色がキープできますよ。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    おせち料理には欠かせない黒豆。「まめ」に働けますように、「まめ」に元気に暮らせますように、といった健康や長寿の願いが込められています。黒豆は大豆の一種で、含まれる栄養素も大豆とほぼ変わりません。黒豆のたんぱく質は、体内で作れない必須アミノ酸がバランスよく含まれていて、良質のたんぱく質であるといえます。他にも、抗酸化作用のあるアントシアニンや、大豆イソフラボン、カルシウムなども含まれ、大変体に良い食品といえます。普段の料理にはあまり使わない食材ですが、おせち料理の余りや市販の黒豆煮を使って、さまざまな料理を作ることができます。意外な組み合わせですが、パンにもよく合うので、ぜひお試しください。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    生活の身近にある大豆。そのまま食べることも加工された煮豆や、豆腐、豆乳、納豆委など、さまざまな形で摂取しています。もはや日本で生活するうえでは欠かせない食材です。そんな大豆ですが、栄養価がとても高く、健康や美容を意識する人々には特におすすめ。主な成分はたんぱく質ですが、大豆たんぱく質には必須アミノ酸がバランス良く含まれておる、血中コレステロールの低下作用、肥満お改善効果などの生理的機能があると言われています。そして、コレステロールを下げる大豆レシチン、抗酸化作用のある大豆サポニンなど、健康のためにぜひ摂りたい成分がつまっています。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    独特の風味とほくほくとした食感が特徴のそら豆。4月から6月に旬を迎えます。そら豆の主な栄養素は、体の組織を作るのに欠かせないたんぱく質で、肉や魚などの動物性たんぱく質に比べて脂質が少なくヘルシーです。糖質やエネルギー代謝をサポートするビタミンB1やビタミンB2、風邪予防や美肌に効果的なビタミンCも豊富です。カリウムや亜鉛などのミネラルも多く含む健康野菜です。そら豆は鮮度が落ちやすいため、さや付きのまま保存し、使う直前にさやから出すことで、そら豆特有の風味を保つことができます。そら豆は、沸騰しない程度の湯で茹でるのがポイント。甘味が引き立ち、やわらかく仕上がります。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    あんこには、小豆から作られる粒あんやこしあんのほかに、白いんげん豆から作られる白あん、エンドウ豆から作られるうぐいすあん、枝豆やさつまいも、かぼちゃなどから作られるずんだあんや芋あん、かぼちゃあんなど、さまざまな種類があります。やわらかく煮た原料に砂糖と塩を加えて煮詰めながら作るあんこは、手間と時間がかかりますが、市販のあんこを使えば、日々の料理に手軽に取り入れることができます。あんこは原料によりさまざまな栄養を含んでおり、粒あんやこしあんには、小豆に含まれるイソフラボンや食物繊維、ポリフェノールやミネラルなどの栄養がギュッと詰まっています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ9選

    黒豆は「畑の肉」とも呼ばれている大豆の一種であり、皮が黒色の大豆です。正式な名称は「黒大豆」。お正月の定番料理でもある黒豆は、日常の食生活に取り入れることで女性に嬉しい効果も期待できる健康的に役立つ食材です。例えば大豆に含まれる「大豆サポニン」は、コレステロールを下げる効果があると考えられており、イソフラボンは更年期障害や骨粗鬆症を予防することが知られています。また黒豆の皮にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、目の機能回復などの効果が期待できます。色々なレシピに黒豆を入れ、オリジナルの黒豆料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    独特な風味とまろやかな味わいのあるぎんなん。そのまま揚げたり、炒めたり、茶わん蒸しの中に入っているなど、和食によく使われていますよね。銀杏はいちょうの木になる実の中の、さらに殻に包まれた胚乳種の言われる部分で、雌の木にだけできます。果肉は黄色く丸い形をしてはいますが、臭いが強烈なため、使用されることはほとんどありません。そんなぎんなんですが、でんぷんやカロテン、ビタミンC、ミネラルなどを豊富に含んでおり、古くから薬として活躍してきたほど体に良いとされています。食べる機会を増やしてさらに健康になりましょう。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    黒豆はおせち料理には欠かせない、大豆の一種です。おせち料理の黒豆の「まめ」には「体が丈夫」「健康」という意味があります。大豆とほぼ成分は変わりませんが、黒豆の黒い皮には栄養がたくさん詰まっていることをご存知でしたか?黒豆の黒い皮は「アントシアニン」というポリフェノールが含まれています。このアントシアニンは血液をサラサラにしたり、内臓脂肪の吸収を抑える効果があります。黒豆はスーパーなどで手頃な量や価格で年中売られているので、時間をかけて黒豆を作らずとも、簡単に手に入るようになりました。そのままの黒豆は食べ飽きた、という方にもオススメなおつまみのレシピをたくさんご紹介します。正月以外でも、健康に良い黒豆を積極的に食べてくださいね。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    日本食に欠かせない大豆には、美容や健康をサポートする栄養がたっぷり含まれているます。良質なタンパク質に加えて、糖質の代謝を促すビタミンB1やカリウム・カルシウム・鉄分などのミネラルも豊富です。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持ち、美肌効果や骨粗しょう症の予防・更年期障害の改善に効果があります。体を老化(酸化)から守る抗酸化作用を持つ大豆サポニンやコレステロールの上昇を抑えるレシチンは生活習慣病の予防に効果的で、不溶性食物繊維と整腸作用のあるオリゴ糖は便秘を解消して腸内環境を改善する効果があるなど、大豆は健康維持に役立つ優秀食材です。大豆は淡白な味わいでどんな食材とも合わせやすいので、炒め物やサラダ、揚げ物にするなど、おつまみにも積極的に活用しましょう。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社