キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

豆類の記事一覧

キッチンブックの「豆類」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 夜ごはんにオススメの大豆を使った人気レシピ10選

    納豆や豆腐、味噌などの加工食品に使われる大豆。マメ科ダイズ属に分類される豆類で東アジアが原産国とされています。国内では北海道、秋田、宮城などが主な産地ですが、沖縄を除いた全国各地で栽培されています。10月から12月ごろに旬を迎える大豆は、畑の肉と呼ばれるほど高い栄養価を持つ豆です。主な栄養素は食物繊維やタンパク質、マグネシウムなど。特にタンパク質は牛肉の3倍ほどの含有量があり、タンパク質を構成するアミノ酸バランスが良いため、良質なタンパク質と言われています。骨粗しょう症や更年期障害の予防に効果があるとされる大豆イソフラボンも豊富に含まれているのも特徴の1つです。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメの黒豆を使った人気レシピ10選

    大豆の一種である黒豆は、お正月の定番料理としておなじみの食材ですが、おせち料理のひとつとして食べ出したのは室町時代からです。「まめ」という言葉には、元気・丈夫などの意味があり、「まめに働く」などの語呂合わせからおせち料理には欠かせない料理となりました。黒豆に含まれている栄養素には、たんぱく質・アントシアニン・カルシウム・イソフラボン・鉄分・食物繊維が含まれています。例えばたんぱく質は体を作る上で主成分のひとつであり、黒豆に含まれる必須アミノ酸のをバランスよく含んでいるため、「畑の肉」とも呼ばれています。その他の栄養素もそれぞれの役割を果たすことで健康維持に役立つことが知られています。栄養豊富な黒豆を使って色々なレシピを楽しんでください。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、夜ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのそら豆を使った人気レシピ10選

    鮮やかな緑色をし、ちょっぴり独特な味わいのあるそら豆。さやが空を仰ぐように上に伸びる為、この名が付いたといわれます。大きめのさやの中には豆が2~4個入っていて、豆が未熟なうちに食べるものが青果店に並びます。ヨーロッパでは昔から食べられていて、労働者がさやごとポケットに入れて、休憩時に食べていたのも言われているそうです。そんなそら豆ですが、さやがきれいな緑色で均一にふくらんでいるものがおすすめです。また、新鮮なものはうっすらとうぶ毛がついています。さやが黒ずんでいるもの、張りのないものは避けたほうがよいでしょう。そして、さやから豆を出すと風味が落ちてしまうので、さやつきのほうがおすすめです。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんでおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのぎんなんを使った人気レシピ10選

    ぎんなんはイチョウになる木の実です。独特の香りと苦味があり、料理のアクセントとして使われます。茶碗蒸しになどの和食に欠かせない食材の一つです。ぎんなんは料理に添えるだけで見た目もきれいに仕上がります。ぎんなんは漢方もしても利用されており、あの小さい実の中には栄養がたっぷり詰まっています。カロリーも高く、優秀なエネルギー源になります。炊き込みご飯、天ぷら、塩焼きなど、和食のイメージが強いですが、クリーム系との相性も良いので洋食にアレンジしてみてもおいしいですよ。ぎんなんを使った洋食メニューもこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのそら豆を使った人気レシピ10選

    そら豆は春から夏にかけてが旬の野菜です。そら豆はたんぱく質、鉄分、ビタミンB群、ビタミンCを豊富に含んでいて貧血を予防する効果や血栓を予防する働きがあります。旬のそら豆には食物繊維が豊富に含まれているので便秘に悩んでいる方にもおすすめの食材です。新鮮なそら豆はツヤがあり鮮やかな緑色をしています。また、豆が3個で形が整っているものを選ぶと良いでしょう。そら豆はサヤから出して茹でて料理に使います。炒め物や揚げ物などのレシピに多く使われています。彩りも良く朝ごはんにぴったりのレシピが紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの黒豆を使った人気レシピ10選

    黒豆は大豆の一種なので、大豆とほぼ同じ栄養素を含んでいます。黒豆の黒い色素には、アントシアニンというポリフェノールが含まれています。アントシアニンはブルーベリーにも多く含まれている成分で、目にいい効果があり花粉症を予防する効果もあります。黒豆と言えばお正月のお節料理に黒豆の煮物が必ず出されますが、豆には元気・丈夫・健康という縁起のよい意味があるため江戸時代にお正月用の料理に考案されたと言われています。大豆とほぼ同じ栄養素のためイソフラボンが豊富で、更年期障害の症状を緩和する効果があります。良質な植物性たんぱく質の他に、カルシウム・マグネシウム・銅・亜鉛・マンガンなどのミネラル類を含み栄養価に優れた食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメの大豆を使った人気レシピ10選

    大豆はしょう油、納豆、味噌、豆腐など日本人の食卓に欠かすことができない食材です。大豆は大変栄養価が高くスーパーフードや畑の肉とも呼ばれています。特に女性に嬉しい美容効果やアンチエイジング効果、ダイエット効果があり注目されています。大豆に含まれている大豆オリゴ糖には腸内環境をきれいに整える働きがあり、免疫力をアップさせ美肌に導きます。大豆は煮物、炒め物、スープ、サラダなど様々な料理に使われています。またお菓子にも使われているので摂取しやすい食材です。昼ごはんにおすすめの大豆を使ったレシピが数多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの黒豆を使った人気レシピ10選

    黒豆は大豆の品種の1つで、アントシアニン系の色素を含むため黒色になっています。黒豆の煮物はお正月の定番料理になっていますが、「まめ」には元気・丈夫・健康という縁起のよい意味があるため江戸時代にお正月向けに考案されたと言われています。子供向け料理の少ないお節料理の中で甘みがあって食べやすく、余っても色々なリメイク料理に使えます。黒豆の煮物を大福に入れたり、ケーキやマフィンに使うなどおいしく食べきれるのも魅力です。乾燥黒豆を使った料理ではカレーや黒豆ご飯などがあります。黒豆は大豆と栄養素がほぼ同じで、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類、ビタミン類、食物繊維などが含まれています。女性ホルモンの働きに似たイソフラボンも豊富で、女性にとってうれしい食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    あんみつやぜんざい、大福など、和菓子には欠かすことのできない存在であるあんこ。日本では古くから多くの人々に親しまれてきました。あんこは小豆を原料としているものが主流ですが、小豆だけでなく、白いんげん豆やえんどう豆、枝豆など、様々な豆から作られているので、飽きずに食べられます。また、しょっかんも粒の存在感を残したつぶあんと、粒などをできる限り除いて滑らかな食感に仕上げたこしあんがあるので、その時々の気分で選ぶことができるところが嬉しいですよね。また、最近ではラムネ味やきな粉味など、子供から大人まで楽しめるような種類も豊富にあるので、ぜひいろいろなあんこを試してみてください。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのぎんなんを使った人気レシピ10選

    薄茶色の殻に入っており、黄緑~黄色をした胚乳種であるぎんなん。イチョウの木からなり、落ちた実からする独特なにおいが印象的な人も多くいるのではないでしょうか。ぎんなんの胚乳種は実ほど強烈な香りはしません。ですが、食べたときの味わいや鼻に抜ける香りは独特なので、子供よりは大人の味わいなのかもしれません。生きた化石とも言われ、大昔からある樹木とも言われている古くから歴史のある食材です。そんなぎんなんですが、とても栄養価の高い食材です。カロテンやビタミンCを多く含み、マグネシウムやリンなどの尾根を作るのに欠かせないミネラルを多く含んでいます。また、古くから薬としても活躍しており、せきや淡などに効くと言われています。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    和菓子屋ぜんざいには欠かせないあんこは、一般的に小豆を煮て砂糖を加えて練ったものです。あんこには様々な種類があり、白いんげんや白小豆を原料にした淡白であっさりとした「白あん」や、青エンドウ豆を使った鮮やかな緑色の「うぐいすあん」があります。作り方によっても呼び名が変わり、煮た小豆の形をなくさないように作った「粒あん」は豆のつぶつぶ食感を残して大福やどら焼きなどにぴったりです。粒あんに対して「こしあん」は、豆を潰して裏ごしし、滑らかな舌触りが特徴ですよ。豆は潰しますが、皮を残した粒あんとこしあんの中間をとった「つぶしあん」も人気を高めています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    味噌や醤油、納豆、豆腐きな粉など様々な調味料や食材の材料となる大豆。私たちの日常の食には欠かせない食材で、お正月や節分などの伝統行事にも取り入れられていますよ。大豆は豆の中でも特にタンパク質をたっぷり含むため「畑の肉」とも呼ばれ、実際に大豆を使った肉の代用品もダイエットや健康を気にする方を中心に注目されています。タンパク質の他に、ビタミンやミネラルをバランスよく含み、疲労回復や肌荒れの改善など体調面の回復や、便秘、月経トラブル、むくみなど女性に多い悩みの改善にも適しています。脂肪も含まれますが、動物性脂肪とは違ってコレステロールが低いためダイエット中の方にもおすすめですよ。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    大豆には、「大豆ペプチド」と呼ばれるアミノ酸とタンパク質の中間の性質を持つ作用が含まれ、肉体や筋肉の疲労回復に効果的です。アミノ酸は免疫力アップにも役立ち風邪やインフルエンザ対策にも有効ですが、筋肉増強の効果も期待されるため運動をする際にも注目されています。また、「大豆イソフラボン」も注目され、イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似た構造を持つ成分が含まれることから月経トラブルの軽減にも効果的です。エストロゲンには骨にカルシウムを蓄えておく働きもあるため、閉経後に骨粗鬆症のリスクが上がる女性にもおすすめですよ。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメの大豆を使った人気レシピ10選

    種子を食べる大豆。大豆にも種類があり、一般的なのが黄色い「黄大豆」、黒い「黒大豆」、淡黄緑色の「青大豆」です。大豆の旬は収穫時期である10月から12月です。そんな大豆は加工すると、みそ、納豆、豆腐などになるのです。大豆は食物繊維が、豊富に含まれているため、朝ごはんで食べると腸の調子がよくなり、便秘が解消されます。また腹持ちもよい食材なので、しっかり噛んで食べることをおすすめします。そして大豆には豊富なたんぱく質、カルシウム、イソフラボンなどの栄養価が含まれていますが、ビタミンA、ビタミンCを含んでいないので、トマトなどの他の食材も食べるとOKです。この朝ごはんレシピでも一緒に調理しています。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    ホクホクな食感と甘みが特徴のそら豆は、日本では初夏に楽しまれる食材のひとつです。そら豆の主成分は糖質とタンパク質で、糖やタンパク質の燃焼には欠かせないビタミンB1やB2などのビタミンB群を豊富に含むためエネルギー補給に最適です。さらに、ビタミンB1にはアルコールの分解を助ける作用もあるため、お酒のお供にもぴったりですよ。ミネラルも豊富に含まれ、特に女性に必要な鉄や葉酸もたっぷり含まれます。ビタミンCや動物性タンパク質と一緒に食べることで吸収率がアップするので、料理の際に工夫して取り入れてみてくださいね。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ6選

    お正月のお節料理の定番になっている黒豆。栄養成分は普通の大豆とほぼ同じで、良質な植物性たんぱく質を含み毛髪・筋肉・爪・皮膚などを形成するのに欠かせない栄養素になっています。カルシウム・マグネシウム・銅・亜鉛・マンガンなどのミネラル類や、食物繊維、ビタミン類など豊富な栄養素を含んでいます。女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンも豊富で、更年期障害を緩和する働きがあり女性にとってうれしい食材です。お正月に食べられる黒豆の甘煮は甘さがあるため子供に食べやすく、余ってもケーキやクッキー、大福に入れるなどおいしくリメイクできるのも魅力です。甘煮以外にもスープやカレーにも使うことができ、幅広い料理に活躍する優秀な食材です。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    ぎんなんは茶わん蒸しの定番食材になっていますが、その他にも炊き込みご飯や炒め物、ビールのおつまみにもよく使われます。銀杏の樹になる殻に包まれた実で、秋が旬で日本全国に自生しています。ぎんなんを食べるには殻から外す必要がありますが、簡単な方法は封筒の中にぎんなんを入れて口を閉じレンジで加熱すると簡単に剥けます。昔からせきや痰に効果があるとされ、薬として利用されていたほど栄養価が豊富です。マグネシウム・リン・鉄分などのミネラル類や、風邪の予防に効果のあるビタミンCを含んでいます。ぎんなんはメチルビリドキシンという成分を含み、食べすぎるとけいれんなどの中毒を起こすことがあるため食べすぎには注意しましょう。 秋の味覚を楽しみたい時にぎんなんをプラスするだけで、秋らしい料理が作れますよ。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    黒豆といえばまずおせちを連想する方も多いのではないでしょうか。黒豆のおせちには長寿や厄除けなどの願いが込められています。黒豆は黒大豆とも呼ばれ、大豆と同様、栄養が豊富に含まれている優秀な食材です。シミやシワを防き、アンチエイジング効果のあるポリフェノールや、食物繊維、カリウム、ビタミン類のなどがバランスよく含まれています。黒豆の煮汁にも血液をサラサラにする効果などがあるので、ぜひ捨てずに料理に取り入れてくださいね。黒豆の煮汁をそのまま飲むと甘すぎるという方は、お茶と混ぜたり、パウンドケーキなどの生地に練りこむことで美味しく活用できます。ぜひ黒豆をおせち料理以外でも積極的に食べてくださいね。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    マメ科ダイズ属で種子を食べる大豆。未成熟で収穫したものは枝豆です。大豆の旬は秋から冬の、10月から12月です。大豆はさまざまな加工食品になり、煮豆、乾燥大豆と原型があるものや、豆乳、豆腐、しょうゆ、みそなど搾ったり、砕いたりしたものがあります。この糖質オフレシピでも、しょうゆ、みそ、煮豆などの使用をしています。そんな大豆には、植物性タンパク質を豊富に含み、またアミノ酸をバランスよく含んでいます。そして骨を丈夫にし、骨折を予防するマグネシウムやカルシウム、骨粗しょう症の予防効果がある大豆イソフラボン、動脈硬化予防の効果があるサポニン、身体の細胞膜に働くレシチンといった栄養価が含まれているのです。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 大豆を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    「畑の肉」とも呼ばれる大豆。大豆には臓器や筋肉、血液などの体を構成するうえで必要不可欠なたんぱく質が豊富です。また、ビタミンB1やビタミンE、葉酸、カリウム、カルシウム、リン、鉄など多くの栄養素を含んでいます。大豆には、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や、細胞の構成に役立つレシチン、抗酸化作用のあるサポニン、乳がんや前立腺がんの予防に効果があるイソフラボンなども豊富で、積極的に取りたい健康食材です。最近は、大豆パウダーや、お肉の代わりに使える大豆ミートなど、大豆を大豆としてだけでなく、さまざまな食材の代用として使える商品も数多く出ています。 この記事では、「大豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    お正月のお節料理の定番になっている黒豆は、「まめ」に働く「まめ」に暮らす、元気、健康という縁起のよい意味があり江戸時代に正月向けの料理に考案されたと言われています。ホクホクとした食感に甘い味付けが子供にも食べやすく、余った黒豆は色々なアレンジ料理にも使える便利な食材です。黒豆は大豆の一種で良質なたんぱく質を含んでいます。たんぱく質は毛髪・爪・皮膚などを形成するのに欠かせない栄養素で、三大栄養素の1つになっています。女性ホルモンの働きに似ているイソフラボンが豊富で、更年期障害を緩和する効果があります。コレストロールや脂肪の蓄積を予防する効果のあるサポニンや、ビタミン類やカルシウム、マグネシウム、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラル類など豊富な栄養素を含んでいます。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    ほろ苦くて、ホクホクとした食感の銀杏は、イチョウの木の実の空に包まれた胚乳部分です。イチョウの木は「生きた化石」とも呼ばれ、2億年前からあるとも言われており、雄と雌の木があって実がなるのは雌の木のみです。イチョウの実にはアレルギー物質が含まれるため、素手では触らずにビニール袋などをつけて扱うようにしましょう。銀杏の旬は秋ですが、新物は8月頃から出回り始め、11月頃まで楽しめます。殻にツヤがあって、粒が大きくよく乾燥しているものが良質の証拠です。脂質、たんぱく質、ビタミン、糖質、ミネラルをバランスよく含む銀杏を、季節を楽しむ料理に加えてみてくださいね。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    そら豆は地中海と西南アジアが原産地の豆で、ホクホクとした味わいときれいな黄緑色が料理にアクセントを加えます。新石器時代の遺跡からも出土し、古代エジプトやローマでも食べられていた歴史のある野菜の1つです。実が空に向けて実るため「そら豆」と名付けられたと言われ、日本へは8世紀頃に伝わったと言われています。塩茹でしてそのまま食べるのもおいしいですが、炒め物・和え物・サラダ・揚げ物など様々な料理に使えるアレンジの効く食材です。そら豆は葉酸を豊富に含み、100gあたりに対し250μgの葉酸を含んでいるため妊娠中の方にぜひおすすめの豆です。その他にも胃腸を調え便秘を解消する食物繊維、ビタミンB1・ビタミンB2・カリウムなど体にいい栄養素を豊富に含んでいます。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    そら豆は8世紀頃にインド僧によって伝わったと言われる歴史の長い豆で、地中海と西南アジアが原産地とされています。実が空に向けて実るため「そら豆」と名付けられたと言われており、旬は4月~6月になっています。料理と言うよりビールのおつまみという印象が強いですが、スープ・炒め物・揚げ物などにもよく使われます。春巻きやサラダに入れるなど色々とアレンジが効くのも魅力で、きれいな黄緑色が料理に彩を加えます。ほくほくとしたやさしい味わいで、バター・チーズ・醤油・味噌などどんな調味料とも合わせやすいです。そら豆は葉酸を豊富に含み、100gあたりに対し250μgの葉酸を含んでいます。葉酸は妊娠中に欠かせない栄養素なので、妊婦さんにぜひおすすめの豆です。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ5選

    あんこと言うと、小豆から作られるものをイメージする方が多いと思いますが、小豆以外の豆からも作られています。まず、あんこには赤あんと白あんがあり、赤あんは大納言小豆や赤いんげんなどの赤色の豆を原料としたものを示します。それに対して白あんは、白いんげん豆・白小豆などから作られます。これらに含まれる栄養素は、半分以上がでんぷんを主体とする炭水化物です。たんぱく質は約20%含まれており、脂質は約2パーセント含まれているため、「高たんぱく質、低脂肪食品」ということができます。その他の栄養素としては、ミネラルやビタミンも含んでいるため、健康を維持する方の強い味方になりますよ。この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 黒豆を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    大豆の一種である黒豆。おせちなどでは定番のメニューですよね。また、関東の方では、昔から「黒豆」に「しわが寄るまでまめに達者に」との願いをこめ、黒豆をしわが寄るほど硬く煮ていました。煮る手順としては、豆を柔らかく煮てから調味料を入れます。また、昔の人はこの黒豆の煮汁を喉の薬として飲んでいたこともあるそうです。そして何と言っても「畑のお肉」とも言われるように、タンパク質が豊富に含まれています。必須アミノ酸11種類を含む良質なタンパク質で、コレステロールや中性脂肪に働きかけてくれます。 この記事では、「黒豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    ぷっくりとした大きな豆が特徴のそら豆。エジプトでは4000年も昔から食べられてきた豆と言われ、ヨーロッパでは身近な豆として食べられています。日本では奈良時代に伝来したという説もありますが、江戸時代の書物には「蚕豆(そらまめ)」という記載で記録されています。そら豆は大豆と同じように、植物性たんぱく質が豊富です。肉類と比べて脂質が少ないため、カロリーが抑えられるのがポイントです。カリウムやビタミンB群、ビタミンCも豊富に含んでいるため、体内のナトリウムの量を適切にする働きやエネルギー代謝の促進、免疫力の向上などが望めます。少量でも食べ応えがあり、満腹感を感じられる豆なので、糖質オフダイエットに取り入れてみるのもおすすめです。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ぎんなんを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ぎんなんはイチョウの木になる実で、秋の食材のひとつです。ぎんなんにはビタミンC、カロテン、カリウムなどの栄養が豊富に含まれているので紹介します。ビタミンCは抗酸化作用があり、免疫を高める働きがあります。カロテンも同じように抗酸化作用があり、ビタミンAに変換し粘膜を保護します。カリウムは体内の老廃物を輩出する働きがあります。パワーがある食材ではありますがギンコトキシンという物質の影響で中毒症状が引き起こすことがあるので食べすぎには注意が必要です。ぎんなんを使ったレシピは沢山紹介されています。秋の味覚をがっつりと楽しみたい方におすすめです。 この記事では、「ぎんなん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    あんこは煮た小豆に砂糖を加えて練り合わせて作る、日本伝統の和菓子です。小豆を使って作るあんこは作り方の違いによってこしあん、つぶあんなどに分かれます。小豆をつぶして裏ごしして作るこしあんは、なめらかな口当たりが特徴です。小豆の質感を残して作るつぶあんは、小豆そのままの美味しさが感じられます。あんこは上品な甘みがあり、だんごやどら焼き、羊羹などに利用され、和菓子作りには欠かせない材料です。小豆の他にも、枝豆を使って作るずんだ餡、青えんどうを使ったうぐいす餡などがあり、色や味の種類も豊富です。こうしたカラフルなあんこを使うことで見た目も美しい練り切りなどが作られています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    豆類、さつまいも、栗など砂糖と一緒に加工したものを「餡子(あんこ)」といいます。あんこには種類があり、小豆、白いんげん豆と原材料の違いや、こしあんなど製造方法の違いがあります。このおやつレシピでは、小豆のあんこを使用しています。小豆の旬は10月から翌2月頃です。小豆あんこの栄養価は、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、むくみに効果のあるサポニン、ポリフェノール、亜鉛や鉄やカリウムといったミネラルを豊富に含んでいます。そんなあんこを保存する際には、冷蔵庫であれば容器を移し替え、フタをして、手作り餡子は翌日に食べきるのがおすすめです。冷凍庫で1ヵ月から3ヵ月は保存でき、小分けがおすすめです。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社