キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

もやしをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

低価格で色々な料理に使えるもやしは、節約したい主婦の強い味方です。麺類や炒め物などのかさ増しにも使えて、カロリーが低いのでダイエットしたい時にもおすすめの食材です。臭いや味にクセがなく食べやすいので、色々なレシピに使えます。もやしは豆を発芽させたもので、主な原料は大豆や緑豆などになります。昔は薬として大切にされていたほど栄養が豊富で、価格・カロリー・栄養ともに優れています。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてもやしのレシピを紹介しています。もやしを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

もやしの栄養素

ひょろっとした見た目で価格も安いので、もやしは栄養がないのでは?と思われがちですが、さまざまな栄養素を含んだ栄養価の高い野菜です。もやしには疲労回復に効果のあるアスパラギン酸が含まれていて、大豆もやしにはアスパラガスの2倍のアスパラギン酸が含まれています。その他にも鉄分やカリウムなどのミネラル、腸内環境を整える食物繊維・タンパク質・葉酸・ビタミンB群・カルシウム・ビタミンC・カリウムなどが含まれています。

もやしの産地

日本で一番もやしを生産しているのは栃木県です。もやしの栽培に必要なのはきれいな水で、栃木県は日光のきれいな水が流れているためもやしの栽培に適しています。次いで福島県と群馬県が続いていて、もやしの原料豆である緑豆の種子はほぼ100%が中国から輸入されています。その他の原料豆であるブラックマッペはタイやミャンマー、小豆は北海道、大豆はアメリカ、カナダ、中国が主産地になっています。

もやしの旬

! /image/〇〇
もやしは人工的に栽培されるので、特に旬はなく一年を通じて手に入ります。人工栽培でなく露地栽培する場合は、旬は春になります。人工栽培されているもやしは、温度や湿度を春と同じような状態で栽培されています。通年手に入り低価価格で栄養価も高いので、色々な料理に使える便利な野菜です。

もやしの選び方

もやしを選ぶ時は豆が開いているかどうかをまずチェックしましょう。豆が開いているものは味が落ちてしまい、黒ずんでいるものも避けてください。茎が白くてつやがあり、太くてしっかりしているものが新鮮です。根が短く透明感があり、触ってみて硬さがありしまっているものがおすすめです。もやしがしなってみずみずしさに欠けたり、袋の中に水分が溜まっているものは避けましょう。

もやしの保存方法

もやしはシャキシャキ感があったほうがおいしいので、もやしを袋から出して水の入った入れ物につけておくとシャキシャキ感が長持ちします。時々水を変えるとさらに長持ちしますが、栄養分が流れ出るため早めに使いきるのがおすすめです。しばらく使わない場合は、購入した袋のまま冷凍庫に入れて冷凍保存できます。シャキッとした食感がなくなるので、炒め物やスープにおすすめです。1ヶ月を目安に使い切ってください。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

もやしの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

もやしの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

もやしの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

もやしの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

もやしの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

もやしをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社