キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

もやしの記事一覧

キッチンブックの「もやし」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • もやしを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    いつもお値打ちなもやしは家計の強い味方です。食費を抑えたいな、と思ったときはとても役に立つ野菜ですね。1袋当たりのカロリーは約35kcalと、とても低カロリーなので、栄養価はあまり高くないように思われがちですが、もやしにはたんぱく質やビタミン、ミネラルがバランスよく含まれているんです。ただ、ビタミンやミネラルは熱に弱いので、ゆでたり炒めたりするときは短時間で仕上げるようにしましょう。シャキシャキした食感が特徴で、味にクセがないので、さまざまな料理に使うことができます。もやしはあまり日持ちしないので、使わないときは冷凍することをおすすめします。袋ごと冷凍して、使う時は凍ったまま熱湯でゆでて使いましょう。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • もやしを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    季節に関係なく比較的低価格で手に入れることのできるもやしは、価格も安定しているため家庭の強い味方です。もやしは料理のカサ増しをしてくれるだけではなく、葉酸やビタミン、食物繊維、カルシウム、必須アミノ酸などが豊富に含まれています。そのため美肌やダイエット、骨粗鬆症や生活習慣病の予防、子供の健康的な発育など、大人から子供まで様々な健康効果が期待されます。もやしの90%は水分でできているためあまり日持ちしないため、使うときに購入して食べきることがおすすめです。未開封の場合は包装のまま冷凍可能ですが、シャキシャキの食感は失われているのでスープなどに使用してくださいね。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • もやしを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    もやしは豆を発芽させたもので、主な原料は大豆や緑豆などになります。ダイエットの食材にも人気で、低カロリーでかさがあるのでボリュームを増やしたい時にも活躍します。しゃきしゃきとした食感が特徴で、スープ・炒め物・鍋・麺類などさまざまな料理に使える便利な食材です。日本でも古くから栽培されていましたが、食品よりも薬として大切にされていたほど、栄養が豊富な野菜です。もやしにはタンパク質・ビタミンB群・カルシウム・ビタミンC・鉄分やカリウムなどのミネラル・食物繊維などを含んでいます。低価格でお財布にもやさしいので、ぜひ料理に積極的に取り入れましょう。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • もやしを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    もやしはスーパーなどでいつでも低価格で購入することができる、家計に大変嬉しい食材です。もやしは低価格でありながら栄養値が高いのが魅力的な野菜です。もやしにはアスパラギン酸が豊富に含まれていて疲労回復に効果的です。他には食物繊維やビタミンCがバランスよく含まれていますので整腸作用、美肌効果があります。もやしに含まれているビタミンCは長い時間加熱をすると流出してしまうので、加熱調理は手早くすると良いでしょう。もやしは鍋、サラダ、炒め物等幅広く使われている人気の食材です。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • もやしを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    本格も手頃でシャキシャキとした歯ごたえの良さが魅力の「もやし」。もやしは豆類や穀類を暗所で発芽させた若芽の総称で、一般的なもやしには、けつるあずきから作るブラックマッペ、緑豆からつくる緑豆もやし、大豆からつくる豆もやしがあります。発芽させる事で豆にはほぼ含まれないビタミンCが増え、ビタミンB群、疲労回復に効果的なアスパラギン酸、カリウム、鉄、食物繊維などを含む栄養価の高い野菜なんです。低カロリーでダイエットの味方としても大活躍です。炒め物やお鍋などによく使われるもやしですが、他の野菜と一緒にひき肉や魚のすり身に混ぜたり、肉巻きにして揚げる事で、もやしの食感が楽しめるボリューム満点なおかずに変身します。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • もやしを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    もやしは人工栽培が可能な野菜なので旬がありません。スーパーでは通年中売られていますのでいつでも購入することができます。また低価格ですので節約にもなります。低カロリーでヘルシーな食材ですのでダイエット中の方にもおすすめの野菜です。もやしは食物繊維、ミネラルなど健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。毎日摂取したい食材の一つです。煮る、炒める、ゆでるなどあらゆるレシピで使われています。他の食材との相性がよくアレンジがしやすい食材です。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • もやしを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    料理のかさ増しや、ダイエット中の食材にもよく使われるもやし。低カロリーでしゃきしゃきとした歯ごたえで、よく噛む必要があることから満腹感を得られてダイエットメニューによく取り入れられます。もやしはカルシウム・カリウム・ビタミンB1・食物繊維などの栄養素が含まれており、便秘の解消や糖尿病の予防や改善に役立つと言われています。もやしは1年を通じて食べられて、低価格なのでお財布にやさしいのもうれしいですね。もやしはスープや炒め物によく使われますが、今回はもやしを焼くレシピに注目して紹介しています。ダイエット中の方や、食費を節約したい方はぜひ参考にして下さい。 この記事では、「もやし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ローカロリー&コスパ最強☆もやしのダイエットレシピ20選

    もやしとは主に、穀類や豆類の種子を暗い場所で水に浸して発芽させたものをいいます。ビタミンや食物繊維などの栄養が豊富で低カロリーのためダイエット食品としても人気があります。作り方や合わせる食材次第でメイン料理やサラダ、おつまみなどいろんなもやし料理のレシピを楽しむことができるでしょう。 この記事では、もやしのダイエット効果や栄養に加え、もやしのサラダレシピ、もやしのスープレシピ、もやしのおかずレシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • もやしの人気レシピまとめ:安いのに万能なもやしレシピ

    もやしは、安価に手に入る節約食材のトップに君臨するマメ科の野菜。 植物の種子を水に浸け、日光を当てずに人発芽させたもので、1年を通して手軽に手に入ります。 一言で「もやし」と言っても、実はいくつか種類があるのをご存知でしょうか。緑豆を発芽させた「緑豆もやし」は、日本で一番生産量が多いもやし。 大豆を発芽させた「大豆もやし」は、ナムルやチゲ、ビビンバなどによく使われます。「ブラックマッペもやし」はほのかな甘みがあるのが特徴です。 ラーメンや焼きそば、味噌汁、野菜炒めなど、幅広い料理に入る名脇役のもやしですが、サラダなどで主役を張ることもできます。そんな万能食材、もやしを活かす簡単レシピを紹介します。

広告

運営会社