キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

つるむらさきの記事一覧

キッチンブックの「つるむらさき」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

    最近、スーパーで見かけるようになったつるむらさき。まだなじみの薄い野菜ですが、栄養価が高く、じわじわと人気を集めています。緑黄色野菜であるつるむらさきは、免疫を高めてくれるβカロテン、ビタミンCなどのビタミン類や、骨を丈夫にしてくれるカリウム、マグネシウムなどのミネラルを含んでいます。そして、つるむらさきの特徴といえば、独特のぬめりがあることです。ムチンというネバネバ成分が胃を保護してくれたり、タンパク質の吸収を助けてくれたり、体にうれしい野菜です。夏が旬のつるむらさきで、暑さに負けない体を手に入れましょう。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ編】おすすめ10選

    つるむらさきは6月から8月が旬の夏野菜です。全国の約6割が東北で生産されています。保存方法はむき出しのままにして置いておくと、すぐにしなびてしまいますので、ぬらした新聞紙などでくるんで袋に入れて野菜室に入れますが、その際にも根の部分を下にして立てて入れることにより、もちをよくするのです。つるむらさきは油との相性がいいので揚げ物などに向いていますが、おやつとしても食べられます。栄養価が高い緑黄色野菜でカルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルやβ-カロテンやビタミンCも豊富です。健康を意識したおやつにつるむらさきは合います。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:あえる編】おすすめ10選

    ツルの部分が紫色で、ネバネなとした食感が特徴的なつるむらさき。近年、栄養価の高い野菜として注目されていて、6月から8月の旬を迎えると店頭でも並ぶのを見かけますね。ビタミン、カルシウム、マグネシウムがバランスよく含まれ、さらにつるむらさき独特のネバネバには、オクラや山芋にも含まれる「ムチン」が多く含まれます。ムチンには胃や腸の粘膜を守り、胃腸の負担を軽減してくれて栄養を効率よく消化・吸収してくれる働きがあるので食欲の落ちる夏にぴったりです。少しクセのあるつるむらさきは、さっと茹でて和え物にすることがおすすめです。鮮やかな緑色は食卓を華やかにし、簡単で美味しい一品ができますよ。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:パン編】おすすめ2選

    ねばねば食材の1種、つるむらさきは、独特のぬめりと香りを持っています。つるむらさきはβカロテンなどのビタミン類を豊富に含む緑黄色野菜で、夏に旬を迎えます。もともとは熱帯アジアが原産地で、中国南部や東南アジアで広く栽培されていました。スーパーで見かけるつるむらさきは、原種に近い茎が紫色のものではなく、茎が緑色のものが多いですね。日本国内では、福島県や宮城県、山形県などの東北地方で多く栽培されています。近年ではハウス栽培が行われるようになり、夏以外でも店頭に並んでいるつるむらさき。つるむらさきが持つねばねばパワーを取り入れて、元気な毎日を過ごしましょう。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:離乳食編】おすすめ9選

    βカロテンやビタミンミネラルがとても豊富なつるむらさき。ほうれん草などと同じ緑黄色野菜ですが、栄養価の高さは頭ひとつ抜けています。髪・粘膜・皮膚などの健康維持や呼吸器系統を守る効用があり骨も丈夫にしてくれるため、大人はもちろんのこと、これから成長していく赤ちゃんの離乳食にもうってつけの食材です。加熱すると発生する特有のネバネバには、胃や腸の粘膜を守ってくれる働きもありますよ。土壌を選ばず強く育つ野菜なので家庭菜園にも取り入れやすく、おひたし・炒め物・汁物の具材など様々な料理に活用しやすいのが嬉しいですね。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:離乳食】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯編】おすすめ10選

    夏が旬のつるむらさき。やわらかい葉と茎が食べられます。もともとは、東南アジアが原産地で、日本では福島県や宮城県、岩手県などの東北地方で多く栽培されています。緑黄色野菜の一種で、ビタミンA(βカロテン)などのビタミン類を多く含みます。ムチンという成分が含まれているため、加熱調理をすると、独特のぬめりが出るのが特徴です。ムチンというのは胃腸の粘膜など、私たちの体を構成している成分と同じものなんですよ。最近はハウス栽培が行われるようになったため、スーパーでよく見かけるようになったつるむらさき。ねばねば食材の力で、美しく健康的な体を目指しましょう。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:麺編】おすすめ10選

    つるむらさきはほうれん草によく似ている野菜ですが、独特のぬめりがあり火を通してもそのぬめりが残るため、ほうれん草とはかなり違った食感です。つるむらさきは緑黄色野菜の中でも豊富な栄養素を含み、抗酸化作用のあるβカロテンや粘膜を丈夫にするビタミンA、骨を健康に保ち止血の作用があるビタミンKなどが含まれています。つるむらさきにはほうれん草の2倍のビタミンCが含まれ、βカロテンには抗酸化作用の他にも活性酵素を除去する働きがあり、アンチエイジングに効果があると言われています。健康と美容に効果のあるつるむらさきを、ぜひ料理に使いましょう。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ編】おすすめ10選

    夏になると、つい食べたくなるネバネバ食材。いつもとはひと味変えて、つるむらさきのおつまみを食べてみませんか?つるむらさきは、葉と茎を加熱調理するとぬめりが出ます。緑黄色野菜の一種で、ビタミンA(βカロテン)や葉酸などのビタミン類を多く含みます。独特な風味があって、くせになる味わいです。栽培の歴史は長く、約2000年以上とも言われています。最近スーパーで見かけるつるむらさきは茎も葉も緑色のものが多い印象ですが、原種は名前の通り、茎やつるが紫色です。現在はハウス栽培が行われているので1年を通して店頭に並んでいますね。夏になると露地栽培のものが手に入るので、旬の味を楽しんでくださいね。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:茹でる編】おすすめ10選

    夏に旬を迎えるつるむらさきは、ビタミン、カルシウム、カリウム、鉄など栄養が豊富に含まれ、独特の粘り気には胃腸の負担を軽減する作用があり夏バテなど体調がすぐれない時に消化・吸収を助けてくれるため積極的に取り入れたい夏野菜です。新鮮なつるむらさきは生でも食すことはできますが、厚めな葉としっかりとした茎で、独特の香りや味のクセが強いのも特徴なので、加熱してから料理にアレンジすることをお勧めします。葉と茎で火の通る時間が違うので分けて茹でると美味しくできますよ。茹ですぎると色や食感が悪くなるので、多めの熱湯でさっと茹でることがポイントですよ。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:レンジ編】おすすめ10選

    ほうれん草や小松菜に匹敵するほど高い栄養価を持つ「つるむらさき」。ほうれん草に似ていますが茎は太く、葉も肉厚で独特の風味とぬめりを持つ夏野菜です。β-カロテンをはじめとしたビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷり。ビタミンCとビタミンEも多く、からだの免疫力を高めたり美肌作りにも効果的です。カルシウムは小松菜と同じくらい豊富なんです。骨を作るのに必要なビタミンKやマグネシウムも多く、お子さんの成長を助けたり更年期の骨粗鬆症の予防に役立ちます。健康維持に最適なつるむらさき、お浸しや和え物にすることでつるんとした食感が食欲の出ない夏にぴったり。加熱に電子レンジを使えば栄養素を逃さずに手軽に調理できます。余分な油も使わないのでヘルシーに仕上がりますよ。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:おかず編】おすすめ10選

    葉物野菜が不足する夏に旬を迎えるつるむらさき。モロヘイヤのように独特のぬめりを持つ食材で、ほうれん草や小松菜に負けない栄養価をもつ野菜なんです。つるむらさきのぬめり成分は胃の粘膜を保護し、栄養の消化吸収を助けてくれるので夏バテ対策に最適です。抗酸化作用を持つβ-カロテンやビタミンCやEも豊富に含み、夏の強い紫外線によるシミ・シワの予防、美肌の維持にも役立ちます。ミネラルも豊富で特にカルシウムはほうれん草の3倍も多く、骨の形成に関わるビタミンKやマグネシウムも含み骨や歯の健康維持にも効果的です。つるむらさきは和え物やおひたしなどのおかずはもちろん、葉が肉厚で油との相性も良いので炒め物のおかずにも使える万能食材なんです。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    つるむらさきはほうれん草によく似た野菜で、独特のぬめりがあるのが特徴です。葉と茎を食用に使い、紫色と緑色の品種があります。つるむらさきは通年流通していますが、収穫最盛期は6~8月で夏が旬の野菜です。つるむらさきに含まれるβカロテンは、抗発ガン作用があり喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあります。その他にもβカロテンは活性酵素を除去する働きがあり、アンチエイジングに効果があるため特に女性におすすめの野菜です。骨を生成する上で欠かせないマグネシウムやむくみ防止に効果があるカリウム、ビタミンCなど体に必要な栄養素が含まれています。独特のぬめりがあるため、スープやみそ汁に入れるとつるっと飲みやすくなり、炒め物などにもよく合います。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ6選

    つるむらさきはほうれん草によく似ていますが、葉が肉厚で葉と茎を食用に使います。東南アジア原産で、2000年も前から食べられていた歴史のある野菜です。生食には向いておらず、茹でたり炒めたり必ず火を通して使います。独特のぬめりがあるのが特徴で、納豆やおくらなど粘りのある食材と一緒に使われることが多く、スープに使うとつるっとした食感で飲みやすくなります。つるむらさきは緑黄色野菜の中でも栄養価が高く、抗酸化作用やアンチエイジングに効果があるβカロテンや、骨や歯に生成に欠かせないマグネシウムなどが含まれています。ビタミンCはほうれん草の約2倍含まれており、健康と美容の両方に効果があります。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ編】おすすめ10選

    夏になると店頭に出回るつるむらさきは、名前の由来にもなっている薄いむらさき色の茎と、加熱するとモロヘイヤのようなヌルヌルの食感になることが特徴です。葉物が少なくなる夏に旬を迎えることから注目を集め、古くから薬草として使われていたと言われるほどの豊富な栄養をたっぷりと含んでいます。葉の形はほうれん草とよく似ていますが、ほうれん草と比較してもカルシウムは約3倍含まれています。ビタミンCも豊富に含み、夏の厳しい紫外線から肌を守るために必要な栄養ですね。独特の粘りは、オクラやナメコにも含まれる「ムチン」という栄養からで、胃壁の保護や、免疫強化などの効果に期待できます。暑さに負けない体づくりに取り入れてみてくださいね。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:炊く編】おすすめ3選

    つるむらさきは東南アジア原産の野菜で、紫色と緑色の品種があります。ほうれん草によく似ていますが葉がほうれん草よりも肉厚で、独特のぬめりがあります。炒め物や煮物、みそ汁やスープによく使われ、夏を代表する緑黄色野菜です。つるむらさきには抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、活性酵素を除去する働きがありアンチエイジングに効果があると言われています。粘膜を丈夫にするビタミンA、骨を健康に保ち止血の作用があるビタミンK、ほうれん草の2倍のビタミンCも含まれています。美容にも健康にも効果があるつるむらさきは、積極的に摂りたい野菜です。今まであまりつるむらさきを料理に使ったことがない、という方もぜひ使ってみましょう。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炊く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ7選

    つるむらさきは東南アジア原産の野菜で、2000年も以前から食用にされていたと言われている歴史のある野菜です。ほうれん草によく似ていますが葉がほうれん草よりも肉厚で、独特のぬめりがあります。つるむらさきは緑黄色野菜の中でも栄養価の高い野菜で、豊富な栄養素が含まれています。特に抗酸化作用のあるβカロテンが豊富で、活性酵素を除去する働きがありアンチエイジングに効果があると言われています。その他にも骨を健康に保ち止血の作用があるビタミンKや、ほうれん草の2倍のビタミンCが含まれています。ぬめりがあるためスープやみそ汁に入れるとほどよいぬめりが出て飲みやすくなり、炒め物にも向いていてさまざまな料理に使うことができます。今まであまりつるむらさきを料理に使ったことがない、という方もぜひ使ってみましょう。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:炒める編】おすすめ10選

    つるむらさきの旬は6月~10月となっています。独特のねばりと香りが特徴の野菜です。つるむらさきは栄養価が高い野菜です。アンチエイジングや肌の健康維持に最適なビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが豊富に含まれていますので女性に大変嬉しい野菜です。また骨を丈夫にするカリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。つるむらさきは濃い緑色で肉厚のものを選びましょう。油との相性が良いので炒め物や揚げ物にするのがおすすめです。また豚肉、パスタとの相性も良いです。つるむらさきを使った様々なレシピが紹介されています。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    夏を代表する葉物野菜が「つるむらさき」です。モロヘイヤのような独特のぬめりや粘り気があり、ほうれん草に似ていますが茎が太く葉が肉厚で食べ応えがあります。つるむらさきのぬめりは「ムチン」で、粘膜を保護する作用があり免疫力を高めてくれます。強い抗酸化作用があるβカロテン、貧血予防に効果がある葉酸、骨を健康に保つ効果があるビタミンKなど、体にいい栄養素を豊富に含んでいます。夏が旬の野菜なので他の夏野菜と一緒に合わせて食べると、さらに栄養バランスがよくなりますよ。緑の色どりもきれいなので、ぜひ料理に取り入れたいですね。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    栄養価の高い緑黄色野菜として知られる「つるむらさき」。つるむらさきは紫色のものと緑色の品種があり、紫色のものは花が美しく観賞用に栽培されることが多いです。独特のぬめりや粘り気があり、味はほうれん草に似ていますが栄養価はほうれん草より優れています。骨を丈夫にするカリウムとマグネシウム・抗発ガン作用のあるβ-タカロテンの他、ビタミンA・ビタミンCも豊富に含まれており、ぜひ料理に取り入れたい野菜です。つるむらさきは通年流通していますが、旬は夏で最盛期は6~8月になっています。緑の色どりがきれいで、炒めものや味噌汁に入れる具材として使われることが多いですが、今回はつるむらさきを使った煮るレシピをご紹介します。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社