キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

バナナの記事一覧

キッチンブックの「バナナ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • 昼ごはんにオススメのバナナを使った人気レシピ10選

    バナナはねっとりとした濃厚な甘みが特徴の南国のフルーツです。バナナはビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養を豊富に含んでいます。カロリーが高く、一本食べるだけでエネルギー源としても充分に活躍してくれます。バナナは皮をむくだけで手軽に食べられる上に、スーパーで一年中いつでも安く手に入るバランスの良い栄養源として、家に常備している方も多いのではないでしょうか。バナナは追熟する果物なので、すぐに食べない方は皮が青い色のバナナを選ぶのがオススメです。バナナは果肉が柔らかく、直にテーブルに置くと傷みやすくなるので、S字フックなどに下げて保存しましょう。皮に、シュガースポットと呼ばれる黒い斑点が出てきたら、一本ずつ分けて袋に入れて冷蔵庫で保存するのがオススメです。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    南国のフルーツのバナナ。日本ではフィリピン、エクアドル、グアテマラからの輸入品が市場に出回っています。ねっとりとした食感で甘みがあるバナナは、皮を手でむくだけで手軽に食べられるフルーツです。バナナは100gあたり21.4gほどの糖質が含まれていて、フルーツの中ではやや高め。バナナを使った糖質オフのメニューにするなら、糖質の少ない食品と組み合わせるのがおすすめです。バナナは腹持ちがよくエネルギー源になるため、水泳やジョギングなど、持続的なスポーツをする場合に最適と言われています。ほかにも、食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を整え、便秘の解消にも役立ちます。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのバナナを使った人気レシピ10選

    甘くて味にくせの少ないバナナ。そのままでも十分美味しく食べられますし、お菓子などではよく使われるので、日常的にたべる人も多くいるのではないでしょうか。温暖な地域で栽培され、今では種類も多く存在しています。主な栄養素としてはエネルギーを持続的に算出するでんぷんやブドウ糖、果糖などが多く含まれています。また、カリウムも多く含んでいるため、運動をする人やスポーツ選手には特におすすめの食材となります。また、免疫活性力や抗酸化力に非常に優れており、がんの予防や生活習慣病の予防にも期待できます。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:朝ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    朝食やおやつに最適なバナナは、皮をむくだけで食べられる身近で便利な食材です。バナナにはエネルギー源となる糖質がたっぷり含まれ、果糖、ショ糖、でんぷんがバランスよく含まれます。これらの糖質はそれぞれ消化吸収される時間が異なり、食べてすぐパワーになるものから長時間かけてパワーになるものまであるためエネルギーが持続します。他にも、カリウム、マグネシウム、ビタミンB群を含むので疲労回復や筋肉の痙攣を防ぐためバナナはスポーツにぴったりな食材です。腸内環境を改善するフラクトオリゴ糖も含むため便秘や下痢などにも効果的でダイエット中にも最適ですよ。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    バショウ科の植物になる実、の総称であるバナナ。通年通して輸入されるバナナは、旬がありませんが、国内で生産されるバナナは5月下旬から10月頃です。輸入のバナナは日本に害虫の侵入を防ぐために、青い状態で運ばれます。そしてバナナの栄養価には、ビタミンB群が豊富に含まれていて、またブドウ糖、果糖などさまざまな糖質が含まれているため、持続的にエネルギーを補給できます。塩分を排泄する効果のあるカリウムや、イライラを解消する効果のあるマグネシウム、セロトニンも豊富に含んでいるのです。そんなバナナをそのまま食べてもよいのですが、チョコレートをかけたり、このパーティー料理レシピでも、ケーキに入れたりしています。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    程よい甘さで、様々な料理に使われるバナナ。安価な為手に入りやすく、デザートなどにも良く使われていますよね。バナナには、でんぷん、ブドウ糖、果糖、ショ糖など、いろいろな糖質が含まれており、それぞれ体内に吸収される時間が異なるのでエネルギー補給が長時間持続するところがポイントです。ですので、スポーツ選手など長時間動き続ける人にはとてもオススメの食材です。また、カリウムを非常に多く含んでおり、ナトリウムを排泄する働きがあります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもありますので、きちんと食事が取れないときにはバナナを食べておくと安心です。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • バナナを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    皮を剥くだけですぐに食べられるバナナは、手頃な子どものおやつとしても人気があります。ほどよい甘味で食べ応えがあり、持ち運びしやすいので小さなお子さまがいる家庭ではとても重宝される果物になっています。そのまま食べるのはもちろん、カットしてヨーグルトやアイスクリームに入れたり、ミキサーで混ぜてスムージーにしたり、焼き菓子に使ったりとアレンジが効きやすいのも魅力です。バナナはカリウムを多く含み、むくみ防止に効果があります。イライラの解消に役立つマグネシウムや、エネルギーの代謝を促すナイアシンも豊富です。食物繊維も多く腹持ちもいいので、ダイエット中のおやつや朝食などにも人気があります。今回はたくさんあるバナナを使ったレシピの中でも、バナナを使った焼くレシピに注目して紹介します。 この記事では、「バナナ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 美肌効果♡【小松菜とバナナ】を使った人気スムージーレシピ20選

    スムージーの定番ともいえる小松菜とバナナのスムージーは健康にも美容にも効果抜群です。ちょっと苦味のある小松菜もバナナと一緒だと飲みやすくなるのも嬉しいポイントです。手軽にスーパーで買える食材ですので一年中いつでも簡単に作れ、アレンジレシピもたくさんあります。この記事では、小松菜とバナナを使ったスムージーの基礎知識に加え、小松菜とバナナを使ったスムージーの栄養素、小松菜とバナナを使ったスムージーの効果、小松菜とバナナを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・豆乳やヨーグルトの入ったスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 【バナナとヨーグルト】を使ったおすすめ簡単スムージーレシピ厳選20選

    ヘルシーな朝食や間食として人気のスムージー。中でもバナナやヨーグルトを使ったスムージーは美容や健康の意識の高い女性に大人気です。バナナもヨーグルトも一年中スーパーで手に入る食材ですのでスムージー初心者にもおすすめ。作り方も簡単で基本的にはブレンダーやミキサーでかき混ぜるでけです。 この記事では、バナナとヨーグルトを使ったスムージーの基礎知識に加え、バナナとヨーグルトを使ったスムージーの栄養素、バナナとヨーグルトを使ったスムージーの効果、バナナとヨーグルトを使ったスムージーのレシピを緑色系・赤色系・白色系の色別にカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 栄養満点・バナナでダイエット☆おすすめのレシピ20選

    バナナは、アジアやラテンアメリカの熱帯地域で栽培されるバショウ科の果物です。バナナの実は下へ成長しますが、後に上に向かって成長しようとするため湾曲しています。2008年にテレビで紹介された朝バナナダイエットがブームとなったこともあり、健康的に痩せる食材としてバナナを使ったレシピが多く登場しています。 この記事では、バナナのダイエット効果や栄養に加え、バナナのドリンクレシピ、バナナのデザートレシピ、バナナの朝食レシピにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 朝から栄養ばっちりバナナのレシピ20選

    バナナは、甘くておいしく、手軽に食べられる果物ですね。バナナの原産地はマレーシアで、バナナの木は成長すると高さ数メートルにもなるそうです。バナナに含まれる多くの栄養素からも、強い生命力を感じさせられますね。そのまま食べても、ケーキやジュースにしてもおいしいこの便利な食材を上手に使いこなしたいですね。 この記事では、バナナの基礎知識に加え、ドリンク、和菓子、洋菓子、トーストにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社