キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

たけのこをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

日本や中国などのたけのこは食材として使われ、地上に稈が出現する前後のものを使います。竹林がある地域で自生し、季節になるとたけのこ掘りなどの行事が行われるところもあります。たけのこはえぐみが強いため生食はできず、茹でてアク抜きする必要があります。生のタケノコは下処理やアク抜きが必要で調理するのに手間がかかりますが、市販の水煮たけのこなど使い勝手のいいものもあるので利用するといいですね。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてたけのこのレシピを紹介しています。たけのこを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

たけのこの栄養素

たけのこは食物繊維が豊富なので、胃腸の調子が悪い時や便秘気味の時におすすめの食材です。体内の余分なナトリウムを排出するカリウムも含まれていて、むくみの解消や高血圧にも効果があります。グルタミン酸や、アスパラギン酸などのアミノ酸が含まれ、疲れをとる働きがあります。その他にもビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類も含まれています。

たけのこの旬

たけのこの旬は地域によって差があります。鹿児島では早いところでは、11月頃から収穫が始まるところもあります。九州や四国の「早堀たけのこ」という種類は12月中旬が旬で、孟宗竹の旬は3~4月になります。淡竹と真竹は4~6月頃に旬を迎え、根曲がり竹は5月中旬頃が旬になっています。寒山竹は7~8月が旬になります。

たけのこの産地

! /image/〇〇
たけのこの生産が多い県は福岡県で全体の約3割を占めています。次いで鹿児島県・熊本県と多くなっていて、九州のたけのこの生産が全体の7割を占めています。全国的にも暖かい九州での生産量が多くなっています。九州以外では京都府と香川県での生産が多く、九州や西日本の暖地がたけのこの収穫に適しているようです。

たけのこの選び方

たけのこを選ぶ際は皮の部分が乾燥していないもので、薄茶色で穂先が黄色がかったものがおすすめです。持ったときにずっしりと重く、緑色や黒っぽいものはえぐみが強いことがあるので避けましょう。伸びすぎたものはアクが強くなる傾向にあるので、背丈の長いものは避け細いものより太めで短いものを選んでください。根もとの周りに赤いぶつぶつがあるものはアクが強いので、ぶつぶつがあるかどうかもチェックしましょう。

たけのこの保存方法

たけのこは掘った後置いておくとアクが強くなるので、すぐに茹でてしまいましょう。茹でてアク抜きしたたけのこは水を入れた容器に入れて蓋をして、水を変えながら冷蔵庫で保存します。たけのこは冷凍保存もでき、アク抜きした後カットして水気をしっかりと切って、ジップロックなどの保存袋に入れて空気を抜いて冷凍庫で保存します。解凍する場合は冷蔵庫で低温解凍するか、電子レンジで解凍します。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

たけのこの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

たけのこの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

たけのこの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

たけのこの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

たけのこの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

たけのこをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社