キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

アボカドをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

アボカドはメキシコと中央アメリカ原産で、1000以上の種類があると言われています。アボカドはトロッとした果肉が特徴で、コクがあり生でも火を通しても食べられます。クリーミーな味わいが料理にアクセントを加えて、サラダやサンドイッチ、パスタなどによく使われます。アボカドを使った代表料理がメキシコ料理のナチョスやタコスですが、醤油や麺つゆなど日本の調味料ともよく合い色々とアレンジを楽しめる食材です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてアボカドのレシピを紹介しています。アボカドを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

アボカドの栄養素

アボカドは森のバターと言われるほど、脂肪分が豊富です。アボカドの脂肪分はほとんどがリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸で、動脈硬化を予防し悪玉コレステロールを減らす効果があります。その他にも鉄・マグネシウム・カリウムなどのミネラル類、発ガン抑制作用があるビタミンE、脂肪を分解するビタミンB2、妊娠中にかかせない葉酸、食物繊維など豊富な栄養素を含んだバランスのいい食材です。

アボカドの産地

アボカドのほとんどが輸入によるもので、最も多いのはメキシコ産で全体の約98%を占めており、次いでアメリカ、フィリピンになっています。メキシコ産のアボカドは一年を通じて手に入りますが、10~1月頃にかけて出回るのがニュージーランド産です。国内でのアボカドの産地で有名なのが、愛媛県の松山市です。3ヘクタールの栽培面積を誇り、日本アボカドサミットも松山市で開催されています。

アボカドの旬

! /image/〇〇
アボカドは輸入物がほとんどで年間を通して流通していますが、流通量が多くなるのは4月頃です。国産のアボカドを求めるのなら、晩秋から翌年1月頃までが旬になります。主要な輸入元であるメキシコ産のものは通年手に入りますが、最も味がよいアボカドは油分が高い4~6月くらいにかけてと言われています。油分の少ないあっさりとしたアボカドは、8~11月が多くなっています。

アボカドの選び方

アボカドの見た目や触っただけでは食べ頃なのかよく分からない場合は、まずヘタをチェックしてみてください。ヘタを軽く押して少しへこむものは食べ頃で、ヘタがとれていても穴が緑色なら大丈夫です。穴が黒くなっていると中身が傷んでいることがあります。触ってみてほどよい弾力があるものは食べ頃で、黒みがかった濃い緑色の皮をしているものを選びましょう。

アボカドの保存方法

アボカドがまだ硬く未熟な場合は、常温保存で追熟させます。常温で保存する場合は風通しがよく日の当たらない場所に置いておきます。熟したら冷蔵庫の野菜室に入れて、4~5日を目安に使い切りましょう。カットしたアボカドはレモン汁かオリーブオイルをかけてラップをして冷蔵保存し、2日以内には使ってしまいましょう。冷凍する場合はカットしてレモン汁かオリーブオイルをかけてぴったりとラップをし、ジップロックに入れて冷凍庫に入れます。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

アボカドの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

アボカドの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

アボカドの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

アボカドの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

アボカドの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

アボカドをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社