キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

アスパラの記事一覧

キッチンブックの「アスパラ」に関するレシピ・キッチン用品の記事をまとめています。家にある食材や料理別レシピ・キッチン用品の使い方など、目的にあった記事に絞り込むことが可能です。旬の材料を使ったレシピや話題のキッチン用品など毎日の料理を便利にする情報をぜひチェックしてみてください。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    アスパラは春から夏が旬の野菜ですが、スーパーでは一年中売られているため身近な食材です。茎の太さが均一でシワがないもの、穂先の蕾が締まっているもの、茎の切り口が変色していないものが新鮮ですよ。アスパラに含まれているアスパラギン酸には疲労回復に効果的。他にはがんの抑制効果やアンチエイジングにも効果的なので積極的に取り入れたい食材です。また、水溶性のビタミンCやルチンが含まれている為茹でる際は流出を最低限にするためさっと短時間で茹でます。アスパラは炒め物やサラダなど幅広く使うことができる食材なのでおすすめですよ。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    春から初夏にかけて旬を迎えるアスパラ。ゆでてマヨネーズであえるだけでもおいしく食べられますよね。そのほかにも、チーズやだししょうゆなどで和えたり、ごま和えにするのもおすすめです。アスパラは加熱すると甘みが出るため、おかずにぴったりの食材。苦味がないため、野菜が苦手な人でも食べやすいのではないでしょうか。アスパラには、ビタミンや食物繊維、カリウム、カルシウムなどが含まれていて、健康に良い食材とされています。また、アスパラギン酸という成分も含まれていて、疲労回復や新陳代謝を促す効果もあると言われています。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アボカドを使った人気レシピ【調理法:麺】おすすめ10選

    「森のバター」と呼ばれるほど栄養価の高いアボカド。女性が積極的に採りたい食材です。半分に切っただけのアボカドを食べる人も多いでしょう。中には苦手意識を持った人もいると思います。みんなが大好きな麺にアボカドを入れると美味しくて栄養たっぷりです。ほかの食材と混ざっているので、苦手な人でも問題なく食べることができるでしょう。自分はアボカドが好きだけれども、家族が苦手でなかなか食べられなかった人も、麺レシピなら大丈夫です。麺と一緒に、つるつるっとアボカドが食べられてしまいます。アボカド好きな人も、そうでない人も必読の麺レシピです。 この記事では、「アボカド」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    鮮かな緑色と独特の歯ざわりが魅力のアスパラはサラダや炒め物などに人気の野菜です。名前の由来にもなっているアスパラギン酸が豊富で、新陳代謝を活発にして疲労回復やスタミナ増強に役立ちます。アンチエイジングに効果的なβ-カロテン・ビタミンC・EやビタミンB群、葉酸、カリウムなどのミネラルも多く栄養バランスに優れた食材です。グリーンアスパラの穂先に含まれるポリフェノールの一種ルチンは高血圧や動脈硬化の予防にも役立ちます。アスパラは鮮度が落ちやすいので一度に使いきれない場合は、早めに固めに茹でて冷蔵か冷凍で保存します。冷凍しておくと1ヶ月ほど持つのでそのままいつでも料理に使えて便利です。旬を迎える5〜6月のアスパラは柔らかく甘みや栄養もグッと増しますよ。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    茹でてサラダや料理の付け合せに用いるほか、焼いたり、炒めてもおいしい「アスパラ」。鮮やかな緑色が料理に彩りを添えてくれます。名前の由来にもなっているアスパラギン酸が豊富で、疲労回復やスタミナアップに役立ちます。アンチエイジングに効果的なβ-カロテン・ビタミンB2・C・Eや体内の余分な塩分を排出するカリウム、抗酸化作用を持つポリフェノールの一種ルチンを含み、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防や美肌効果、免疫力向上にも役立つ優秀野菜です。心地よいシャキッとした歯ざわりが魅力のアスパラ。4月から6月の旬のものは、みずみずしくて甘みも増し、栄養もたっぷり含まれているので旬の時期にたくさん食べたいですね。この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    シャキッとした食感とみずみずしい味わいが特徴のアスパラ。ユリ科の植物で地中海東部が原産とされています。地上に伸びてくる新芽の茎を食用とし、種を植えてから2、3年たたないと収穫できない野菜です。普段見かけるアスパラには緑色や白色のアスパラがありますが、両方とも品種は同じで栽培方法が異なります。その他にもミニアスパラやパープルアスパラなど、大きさや色が異なるものも流通しています。そんなアスパラですが、選ぶ際は穂先に注目するようにしてください。穂先が締まっているものは新鮮です。また、根元のあたりまで張りがあるもののほうが良品ですのでおすすめです。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    アスパラはオランダ原産の野菜で、正式な和名をアスパラガスといいます。アスパラは約90%が水分で出来ていますが、他の食材ではなかなか摂ることのできない成分を含む野菜です。疲労回復効果があり旨味の素でもあるアスパラギン酸・血管を丈夫にするルチンなどがその代表。ぜひ積極的にレシピに取り入れていきましょう。一般的なグリーンアスパラは表面の一部が固いことが多いため、調理前の下ごしらえがポイントになります。茎の根元から1/4程度や茎の途中についている三角形のハカマは、折り取る・包丁で剥くなどして取り除くのがおすすめですよ。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    食感が特徴的なアスパラ。独特の味わいがあり好き嫌いが分かれることがありますが、体にいい栄養素が含まれているのでぜひ積極的に料理に取り入れたい野菜です。アスパラに多く含まれるアスパラギン酸は疲労回復に効果があり、その他にもビタミンB1、B2・ビタミンCなどのビタミン類が豊富です。細長い形が印象的で、そのまま1本使ったりカットしたりとアレンジが効くのも魅力です。生食することはあまりなく、ほとんどの場合火を通して使います。鮮やかな緑色がきれいで、サラダや炒め物、揚げ物などさまざまな料理に使うことができます。醤油やポン酢などの和食の調味料から、チーズやハーブなどの洋風の食材ともよく合います。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    鮮やかな緑が映えるアスパラガス。旬は春から初夏ですが、輸入物が入ってくるので、通年食べられる野菜です。おいしいアスパラガスを選ぶには、みずみずしく濃い緑色をしていて、しっかりした重量感があり、穂先がしまったものにしましょう。アスパラガスの90%は水分ですが、ビタミンやミネラルがたくさん含まれています。疲労回復に効果があるアスパラギン酸や、胃痛をやわらげるメチルメチオニン、高血圧や動脈硬化を予防するルチンなども含まれる栄養価の高い食材です。胎児の発育に必要な葉酸も含まれているので、妊娠中の方には積極的に食べるといいですね。アスパラギン酸は熱に弱いので、フライにするときは短時間でサッと揚げるようにしましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    シャキシャキした歯ごたえと、色鮮やかな緑色が特徴のアスパラガス。旬の時期は地域によって差があり、九州や本州で収穫されたアスパラガスは4~5月、北海道で収穫されたアスパラガスは6~7月です。アスパラガスといえば白色の品種もありますが、旬の時期は緑のものと一緒。きれいな緑色を生かして、卵やトマトと合わせると彩りがよく、料理の見ばえも良くなります。普段の料理にはもちろん、お弁当のおかずに合わせるのもおすすめ。さまざまな食べ方ができますが、炒めて食べるときはそのまま炒めてもいいですが、やわらかいのが好きな人は下ゆでしてから炒めるといいですよ。シャキシャキの食感を残すと料理の満足感もアップします。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ユリ科の植物であるアスパラガスの旬は春から初夏にかけてと時期が長いのです。また、アスパラガスにはグリーンアスパラガス、ミニアスパラガスとありますが、栽培方法が違うだけで栄養価に大きな違いはありません。アスパラガスを選ぶ際、穂先が締まっていて切り口が新しい物を選ぶことがおすすめです。アスパラガスには炭水化物、タンパク質、脂質などはほとんど含まれていませんが、ビタミンやカリウムなどのミネラルは豊富に含まれています。またアスパラガスに含まれる栄養は加熱してもほとんど逃げないので、ゆで料理や蒸し料理に向いています。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    細長い形が特徴的な野菜、アスパラ。厳密にはアスパラガスという名前で、現在の日本では緑色のグリーンアスパラガスが主流ですが、日光を当てずに収穫するホワイトアスパラガスも流通しています。アミノ酸の一種であるアスパラギン酸は、アスパラから発見されたことがその名の由来。ミネラルを体内に運ぶ・アンモニアを排出して肝臓を守るなどの健康効果が期待できる他、旨味成分としての役割も持っています。ビタミン類や葉酸などの栄養素も豊富です。アスパラの旬は春先から夏にかけて。スーパーでは、穂先が締まって全体的に太めのものを選びましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    細長い独特の形が印象的なアスパラガス。ほどよい苦みがあり子供の嫌いな野菜にランクインすることも多いですが、アスパラガスには豊富な栄養素が含まれています。ビタミンA・ビタミンB1、B2・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類や、カルシウム・食物繊維・鉄分など、体にいい栄養素が豊富なのでぜひ食べたい野菜です。アスパラガスに多く含まれるアスパラギン酸は、疲労回復や美肌にも効果があり女性にうれしい野菜なのでぜひ料理に取り入れたいですね。アスパラガスは硬さがありえぐみがあるため、生で食べることはほとんどなく主に茹でるか蒸すなど火を通してから食べます。サラダや炒め物、麺類の具材などによく使われ、緑の彩がよく独特の形が料理のアクセントにもなります。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    アスパラは3月から6月が旬の食材です。アスパラにはアスパラギン酸が豊富に含まれています。疲労回復、がん抑制、アンチエイジングに効果的です。また抗酸化作用があるルチンやビタミンC、ビタミンEも豊富です。ルチンやビタミンCは水に溶けやすいのでさっとゆでるのがおすすめです。アスパラはしわがなく茎の太さが均一で穂先が締まっているもの、切り口が変色していないものを選んでください。アスパラはキッチンペーパーで包みポリ袋に入れて立てて冷蔵庫で保存をすると良いです。アスパラは炒め物によく使われていますが蒸すレシピもレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    シャキシャキした歯ごたえ、鮮やかな緑色が特徴のアスパラガス。料理に使うと彩りが良くなりますね。スーパーでは通年出回っている野菜ですが、旬は4~6月。4、5月は本州産、6月は北海道産と産地が変わります。旬のアスパラガスは、ほのかな苦みと甘みがあり、歯ごたえも良し。油との相性がいいので、オリーブオイルやごま油で炒めると風味も良く、アスパラガスにコクも出ます。アスパラギン酸が豊富で疲労回復に効果があります。代謝をサポートする役割のあるビタミンB群も豊富なので、ダイエットにも効果的。しかし、ビタミンB群は水溶性なので、ゆですぎには注意してくださいね。購入する際は太くて穂先が開いていないものを選びましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    お弁当のおかずで代表的な「アスパラベーコン」など、焼いても煮ても色鮮やかなアスパラは様々な料理に色を加えます。春から初夏にかけて旬を迎えますが、輸入物も多くあり、通年を通して私たちの食卓に並びます。定番のグリーンアスパラガス、地中で育ったホワイトアスパラガスなど種類も複数あり、ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、中でもアミノ酸の一種の「アスパラギン酸」には疲労回復や、免疫力アップ、新陳代謝の促進など元気な身体を保つためには必須な栄養素が含まれます。血液中のアルコール濃度を抑制し、肝機能改善効果が期待されるGABAも含まれ、お酒のお供にも最適ですよ。繊維が多く筋っぽさが気になるので、子供には薄切りして繊維を断ち、食べやすく工夫しましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    アスパラガスは3月から6月が旬になります。国内の産地としては北海道、長崎県、長野県などが有名です。選び方は、太さが均一で穂がしまっているものを選ぶようにしましょう。保存方法は、袋に入れたてた状態で冷蔵庫へ入れてください。購入後に茹でて冷凍保存しておくのもおすすめです。アスパラガスは、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスが出回っていますが、これらは同じ品種になります。グリーンアスパラガスの栄養成分は、ビタミンA、B1、B2、Cを多く含んでいます。ホワイトアスパラガスは、日光に当てずに育てるためグリーンアスパラガスよりも栄養価が低いですが、グリーンアスパラガスにはない食感を楽しむことができます。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    通年店頭に並ぶアスパラガスですが、春のものと冬のものとでは栄養価に違いがあることをご存知でしょうか。春に収穫されるアスパラには血流改善に効果的なルチンが、冬のハウス栽培のアスパラに比べて7倍も高く、β-カロテンは3倍も高くなります。栄養ドリンクにも多く含まれる疲労回復に効果が期待される「アスパラギン酸」や、ビタミンC、カリウムを多く含むアスパラは茹でても栄養が流出しにくいですが、加熱のしすぎはビタミンの減少の原因になるのでサッと茹でることをお勧めします。葉先のみではなく、茎にも栄養はたっぷり含まれるので1本丸ごと調理して無駄なく体に取り入れたいですね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ソースからアレンジまで栄養たっぷり温野菜レシピ

    ステーキやハンバーグの付け合わせに欠かせない「温野菜」。 近年よく聞く「温野菜」とは加熱した野菜のことをいいます。野菜を加熱すると柔らかくなり、野菜本来の風味が増し、素材そのものを味わうことができます。 生野菜に比べ、温野菜は加熱するので、かさが減りたくさん食べれるのも魅力のひとつです。 この記事では、温野菜の基礎知識に加え、 温野菜に合うドレッシングレシピ、温野菜レシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラガスを使った栄養満点&いろどり鮮やかな料理レシピ20選

    春から夏が旬のアスパラガス。日本に来たのは江戸時代で、はじめは観賞用としてオランダから持ち込まれましたが、明治時代になると食用とされるようになりました。 アスパラガスには大きく2種類あり、土寄せしない「グリーンアスパラガス」と、土寄せをして育てる「ホワイトアスパラガス」です。アスパラガスは栄養が豊富で鮮やかな緑色。ホワイトアスパラガスは美しい白で、香りを楽しむ食材として知られています。 この記事では、アスパラガスの基礎知識に加え、アスパラ×ご飯、アスパラ×パスタ、アスパラ×肉料理、アスパラ×魚料理のレシピのカテゴリに分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社