キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

アスパラをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

独特の味わいがあるアスパラは好き嫌いが分かれる野菜ですが、ユニークな形が料理にアクセントを加えます。炒め物・揚げ物・蒸し物・汁物などさまざまな料理に使われます。丸ごと一本を揚げ物や炒め物に使う以外にも、カットして他の具材と一緒に合わせるなどアレンジが効きやすい野菜です。緑のアスパラ以外に白いアスパラもあり、和食から洋食まで幅広い料理で活躍します。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてアスパラのレシピを紹介しています。アスパラを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

アスパラの栄養素

アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、疲労回復や美肌にも効果があるとされています。それ以外にもカルシウムや鉄分などのミネラル類や、ビタミンA・ビタミンB1、B2・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類が含まれています。食物繊維も豊富なので、腸内環境を整え便秘の解消に役立ちます。たくさんの栄養素をバランスよく含んでいるので、ぜひ料理に取り入れたいですね。

アスパラの旬

アスパラはほぼ通年出回っていますが、4~7月頃までが旬になっています。日本全国で栽培されているため、地域によって収穫の時期に差があり旬の時期がずれます。九州や本州は4~5月、北海道は6~7月となっています。アスパラはハウス栽培もされているため冬場にも出回っていますが、冬場に出回っているアスパラガスはほぼ外国産のものになります。4~7月頃の露地栽培のものが一番味がいいので、旬の時期にアスパラを食べるといいですね。

アスパラの種類

! /image/〇〇
アスパラは大きく分けると、グリーンアスパラとホワイトアスパラがあります。品種が違うのではなく栽培方法が違い、ホワイトアスパラガスは芽を日に当てずに栽培されています。ホワイトアスパラは味や臭いにクセがなくほんのりとした甘みがあります。アスパラはその他にも細くて柔らかいミニアスパラガス、紫色のパープルアスパラガス、香川県のオリジナル品種として知られる「さぬきのめざめ」などの種類があります。

アスパラの見分け方

アスパラはきれいで鮮やかな黄緑したものがおすすめで、みずみずしく穂先が締っているものを選びましょう。ほどよい太さがあり根もとのあたりまでハリがあるのがおすすめで、シワのあるものやしんなりしているものは避けましょう。切り口が乾いていて茶色く変色しているものは鮮度に欠けます。切り口に水分が残っているものを選んでください。

アスパラの保存方法

アスパラを冷蔵保存する場合は、乾燥を避けるためにラップに包むかビニール袋に入れて立てて保存します。3~4日以内には使い切りましょう。冷凍する場合はさっと茹でて水気を切ってジップロックなどの保存袋に入れて、しっかりと空気を抜いて冷凍庫で保存します。アスパラをステンレスのバットなどで急速冷凍してから保存袋に入れると、食感の劣化を抑えることができます。冷凍したアスパラは1ヶ月を目安に使い切ってください。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

アスパラの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

アスパラの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

アスパラの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

アスパラの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

アスパラの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

アスパラをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社