キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

アスパラをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

独特の味わいがあるアスパラは好き嫌いが分かれる野菜ですが、ユニークな形が料理にアクセントを加えます。炒め物・揚げ物・蒸し物・汁物などさまざまな料理に使われます。丸ごと一本を揚げ物や炒め物に使う以外にも、カットして他の具材と一緒に合わせるなどアレンジが効きやすい野菜です。緑のアスパラ以外に白いアスパラもあり、和食から洋食まで幅広い料理で活躍します。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてアスパラのレシピを紹介しています。アスパラを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのアスパラを使った人気レシピ10選

    暖かくなるにつれて旬を迎えるアスパラは、九州から収穫時期が北上し、北海道では5月〜6月に最盛期を迎えます。ハウス栽培が盛んなため一年中流通もしていますが、旬のアスパラは格別な味わいのためぜひお試しくださいね。日光に当たらないように盛り土をして栽培されるホワイトアスパラガスは、グリーンアスパラガスに比べて栄養価は多少劣りますが、甘みがあってクリーミーなため料理に合わせて使い分けましょう。カロテンやビタミン、ミネラルの他に、疲労回復やスタミナ増強に効果的な「アスパラギン酸」や、高血圧や動脈硬化などの予防に効果的な「ルチン」を多く含むため全ての方に積極的にとっていただきたい食材です。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのアスパラを使った人気レシピ10選

    細長いユニークな形のアスパラガスは、料理に使うとアクセントになって存在感を発揮します。他の野菜にはない独特の形が料理を引き立て、丸ごと1本を揚げ物にしたりカットして他の具材と合わせたりとアレンジが効く野菜です。地中海東部が原産とされ、緑のアスパラ以外にもホワイトアスパラや紫アスパラなどもあります。独特の苦みがあるため好き嫌いが分かれることがありますが、アスパラガスに多く含まれるアスパラギン酸は疲労回復や美肌にも効果があるので積極的に料理に取り入れたいですね。ビタミンB1・2・Cなどのビタミン類が豊富で、サラダ・炒め物・揚げ物・蒸し物・焼き物など幅広い料理に使えます。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使ったおすすめ定番料理10選!献立に困ったらこれ

    アスパラは緑黄色野菜で年齢問わず人気がある食材です。グリーンアスパラやホワイトアスパラなどの種類があり、近年ではアントシアニンを含んだ紫色のアスパラが栽培され、抗酸化作用があるので注目されています。アスパラは大変傷みやすい食材なので、購入後はすぐに調理をし新鮮なうちに食べるのがおすすめです。アスパラを使った定番料理にはサラダや炒め物、揚げ物などがあります。クセがなく他の食材との相性が良いのも特徴的です。ご飯のおかずやお弁当のおかずにもぴったりの食材なのでレシピが多く紹介されています。ぜひ参考にしてください。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使ったおすすめ定番料理10選!まずはここからはじめよう

    炒め物やベーコン巻き、パスタなど様々な料理に幅広く使われるアスパラは彩りもよく食卓を華やかにします。アスパラには「アスパラギン酸」と呼ばれるアミノ酸がたっぷりと含まれ、エネルギー補給や疲労回復に高い効果が期待されます。さらに、アスパラギン酸にはエネルギーを一時的貯蔵して運動時にエネルギーに変換されるグリコーゲンを含むため、スポーツをする上でスタミナ増強に適していますよ。また、蕎麦などにも含まれる「ルチン」も豊富に含み、血管を丈夫にする働きが期待されるため血圧を下げる効果がありますよ。ルチンは水溶性のため、炒め物には茹でずにそのまま調理してくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのアスパラを使った人気レシピ10選

    アスパラは春から夏が旬の野菜で、年齢問わず大変人気がある食材です。アスパラはそのまま茹でて食べるのはもちろん、サラダや炒め物、揚げ物等幅広く使われていて様々な料理を楽しむことができます。朝ごはんにぴったりなレシピも数多く紹介されているのでぜひ参考にしてください。アスパラは時期により価格差がありますが通年中販売されています。アスパラは大変栄養価が高い野菜で、抗酸化作用があるルチンが含まれています。また、アスパラギン酸が含まれているのでがんを抑制する働きや女性に嬉しいアンチエイジング効果があります。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのアスパラを使った人気レシピ10選

    アスパラは噛んだ時の歯触りと香りが良いですよね。苦味が少なく、子供でも食べやすいのが特徴です。アスパラの鮮やかな緑色は、料理に添えるだけでぐっと料理が華やかになります。アスパラにはいつも私たちがよく目にする緑色の「グリーンアスパラ」の他にも白い「ホワイトアスパラ」があります。グリーンアスパラは土寄せせず、太陽の光をたっぷり浴びて栽培されているので栄養も豊富に含まれています。一方、ホワイトアスパラアスパラは土寄せして栽培されているので、栄養価はそれほど高くありませんがクリーミーで優しい口当たりが特徴です。珍しさもあり、料理に使うと高級感も増しますよ。用途によって使い分けて、アスパラ料理を楽しみましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、昼ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのアスパラを使った人気レシピ10選

    アスパラは春夏が旬の野菜でシャキシャキとした食感が特徴的です。新鮮なアスパラは茎の太さが均一で穂先が締まっています。切り口が変色しているものやしわがあるものは鮮度が落ちているので避けるのが無難です。乾燥に弱い野菜なのでキッチンペーパーで包みポリ袋に入れて冷蔵室に立てて保存をします。アスパラにはアスパラギン酸が豊富に含まれているのでがんを予防する効果やアンチエイジング効果があります。サラダや炒め物等アスパラを使ったレシピが多く紹介されています。昼ごはんにぴったりのメニューが沢山あるので活用してください。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのアスパラを使った人気レシピ10選

    すっとまっすぐに伸びていて、鮮やかな緑色をしたアスパラ。シャキッとした食感と癖のない味わいで、色々な食材との相性も良い野菜です。料理の中に入れることで彩を整えてくれる為、とても使いやすいですよね。アスパラガスは新芽の茎を食用としますが、地中海東部が原産とされます。通年流通してはいますが、春先に旬を迎えます。採れたてはとてもみずみずしく、シンプルな食べ方でアスパラ本来の味わいを楽しむことをおすすめします。そんなアスパラですが、アスパラギン酸というアミノ酸が含まれており、新陳代謝の活性化と疲労回復、スタミナ増強に効果があると言われています。また、茹でても栄養素が流出しないという特徴があるため、安心して調理できるのも嬉しいですよね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、朝ごはんにおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    アスパラはユリ科クサスギカズラ属の野菜で、4月から6月に旬を迎える春野菜です。正式な名前はアスパラガスで、北海道、長野、佐賀などで栽培されています。100gあたりのカロリーは22kcal、糖質は2.1gとどちらも食品全体や野菜の中で比べて低い数値なので、糖質オフダイエットをしている人にもおすすめの野菜です。アスパラには、アスパラから発見されたとされるアスパラギン酸が含まれていて、有害なアンモニアを体外に出し、タンパク質の合成やエネルギー代謝を助ける働きがあります。老化防止やガン予防に役立つルチンという成分も含まれていて、健康で若々しい体づくりにぴったりの野菜と言えます。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    シャキシャキの食感と甘みが特徴のアスパラガス。ハウス栽培が盛んなため一年中流通しますが、露地栽培のものは春に旬を迎えます。栄養度リングやサプリメントの成分には欠かせないアミノ酸の一種、「アスパラギン酸」を多く含み、新陳代謝を促して疲労回復やスタミナアップに効果的ですよ。他にも、動脈硬化などの生活習慣病対策に最適な「ルチン」も豊富に含みます。シンプルに茹でるだけで甘みがあるアスパラは、長いまま茹でた方が旨味成分が流出しないのでおすすめです。鍋やフライパンに入りきらない場合は、アスパラを半分に切り、塩を加えたお湯に根元の方から入れて蓋をして1〜2分程茹でてくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:パーティー料理】おすすめ10選

    アスパラは地中海東部が原産とされ、初夏から秋頃に収穫されます。グリーンアスパラは日光に当てて栽培されるため葉緑素が作られ緑色になりますが、ホワイトアスパラは芽を日に当てない軟白栽培のため色が白色になります。その他にも色が紫色のパープルアスパラガスがあります。他の野菜にはないユニークな形が存在感を発揮して、料理にアクセントを加えます。1本丸々ソテーしたりフライにするのはもちろん、カットして炒め物や和え物、スープなどに使うことができます。アスパラに含まれるアスパラギン酸は、疲労回復や美肌にも効果があるとされています。その他にも食物繊維、鉄分、ビタミン類、カルシウム・食物繊維など豊富な栄養素を含んでいます。苦みがあるため好き嫌いが分かれることがありますが、積極的に料理に取り入れたい栄養満点の野菜ですよ。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    他の野菜にはないひょろっとした見た目が特徴のアスパラは、独特の形で料理にアクセントを加えます。そのまま一本丸ごとフライにしたり、グリルで焼いたりしてお皿に盛りつけるとおしゃれな雰囲気にきまります。丸ごと使うのはもちろん、カットして炒め物やスープなどにも使えて色々とアレンジを楽しめます。ほどよい苦みと独特の味わいがあるため、好き嫌いが分かれることがありますが豊富な栄養素を含むのでぜひ料理に取り入れたい野菜の1つです。アスパラには疲労回復や美肌に効果のあるアスパラギン酸、貧血予防に効果のある鉄分、歯や骨の形成に欠かせないカルシウム、ビタミン類などが含まれています。特に成長期の子供に必要な栄養素が豊富なため、食べやすいようにアレンジして積極的に料理に取り入れてみましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    炒め物、煮物、揚げ物、サラダなどアレンジ自在のアスパラガスは、「アスパラギン酸」と呼ばれるアミノ酸を豊富に含む野菜です。アスパラギン酸は、新陳代謝をアップして疲労回復効果に期待され、スタミナアップにも有効です。他にも、血管を丈夫にして高血圧や動脈硬化などの予防に効果的な「ルチン」も豊富に含みます。さらに、カロテンなどのビタミンや亜鉛などのミネラルもバランスよく含み栄養価の高い野菜です。アスパラガスにはグリーンとホワイトの2種類が一般的で、グリーンの方がより栄養素を多く含みますが、ホワイト特有の甘味はクリーミーな料理を引き立たせるのに最適です。料理によって使い分けてみてくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    アスパラは柔らかな歯触りと甘く食べやすい味で人気のある野菜です。アスパラにはビタミン類や、アスパラギン酸などの栄養がたっぷり含まれています。美容や疲労回復に効果があるので、頑張る女性にオススメしたい食材です。アスパラには土寄せして栽培される、白い見た目が特徴の「ホワイトアスパラ」と、土寄せせず太陽を浴びて栽培する、緑色の「グリーンアスパラ」の二種類があります。ホワイトアスパラは香りが良く、白い見た目で料理を上品に仕上げてくれます。グリーンアスパラは栄養価が高く、綺麗な緑色で料理に華を添えてくれます。どちらもそれぞれ良いところがあるので、ぜひ合わせて料理に使ってみてくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:糖質オフ】おすすめ10選

    3月から6月ごろにかけて旬を迎えるアスパラ。鮮やかな緑色で、甘みがあるのが特徴です。アスパラには様々な種類がありますが、一般的に出回っているのはグリーンアスパラガスですが、ホワイトやパープルのアスパラガスも存在します。ホワイトアスパラガスは日光に当たらないように栽培する方法で作られるため、白色に成長します。グリーンアスパラガスに比べて柔らかく青臭みがありませんが、栄養価がやや劣ります。種類によって含有量は異なりますが、アスパラにはアスパラギン酸が含まれていて、疲労回復効果が期待できます。糖質は100gあたり2.1gと低めなため、糖質オフレシピを作りたい時にもぴったりです。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ10選

    ユリ科の植物である、アスパラ。地中海沿岸が原産と言われ、地上に伸びてくる新芽の茎を食用としています。綺麗な緑色をしていて、地面からスッと伸びている姿はとても凛としていてかっこいいですよね。炒め物、煮物、揚げ物、サラダなど、幅広い料理の種類で美味しく食べられるのも魅力のひとつです。調理する際には根元1~2cmほどを切り落とし、ハカマは包丁でそぎ落としましょう。根元部分がかたい場合には、ピーラーなどで皮をむいておくことをお勧めします。そんなアスパラですが、茎が比較的太く、まっすぐと伸びて張りがあり、みずみずしいものを選ぶようにしましょう。穂先は開いてないものの方がより新鮮です。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    他の野菜にはないユニークな形のアスパラは、きれいな色合いと独特の形で料理にアクセントを加えます。そのまま一本を揚げ物やグリルに使う以外にも、カットして炒め物やスープに使うこともできます。固さがあるため生食はできず、火を通してから食べます。ほどよい苦みと香りがあるため、子供の嫌いな野菜によく挙げられますが豊富な栄養素を含んでいる栄養価の高い野菜です。アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、疲労回復や美肌にも効果があると言われています。その他にも貧血を予防する鉄分、歯と骨を形成するのに欠かせないカルシウム、便秘を解消する食物繊維、強い抗酸化作用のあるビタミンE、免疫力を高めて風邪を予防するビタミンCなどが含まれています。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    アスパラは持ち前の鮮やかな緑色を生かして料理に彩りを添えてくれる野菜です。緑のおかずとしてお弁当によく使う方も多いのではないでしょうか。ゆでた後は冷凍保存もできるので、お弁当用のおかずのストックも出来るメリットがあります。アスパラは土寄せして日光を当てずに栽培されるホワイトアスパラと、土寄せせずに栽培されるグリーンアスパラの2種類あります。ホワイトアスパラは珍しい見た目と、優しい風味が特徴です。グリーンアスパラには疲労回復の効果があるアスパラギン酸などの栄養素が豊富に含まれています。組み合わせて使えばおしゃれな一品が作れますよ。ぜひこちらのレシピを参考にしてアスパラをおいしく料理してくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    アスパラガスには「アスパラギン酸」というアミノ酸を豊富に含み、新陳代謝を促し疲労回復効果があるといわれています。穂先には、「ルチン」が含まれ、高血圧など生活習慣病予防に効果的ですよ。アスパラガスには様々な種類があり、最も流通している「グリーンアスパラガス」は日光をたくさん浴びて光合成することで綺麗な緑色をしています。茎も穂先も白い「ホワイトアスパラガス」は独特の甘みとほのかな苦味が特徴です。全体が紫色をした「紫アスパラガス」はポリフェノールの一種「アントシアニン」によって紫色になり、ガン予防に良いとされています。様々な料理にアレンジ自在のアスパラガスを好みや、料理に合わせて使い分けてみてくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    春から初夏にかけて旬を迎えるアスパラ。アスパラにはグリーンアスパラのほか、ホワイトアスパラや紫アスパラなどがあります。アスパラの名前は、アミノ酸の一種、アスパラギン酸という成分に由来しています。アスパラギン酸は、体内のエネルギー創出をサポートし、疲労回復に効果があります。利尿作用もあり、アンモニアの解毒効果で肝機能の改善に役立ちます。アスパラには、ビタミンCや葉酸なども多く含まれています。茎のかたい部分は切り落とし、気になる場合は皮をむき、さっと茹でて冷水にさらします。最近では、下ごしらえが不要のミニアスパラも店頭で見かけます。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    シュッとまっすぐ伸びた、鮮やかな緑色の野菜。アスパラ。サラダや炒め物、パスタの具など、様々な料理で彩や食感を加えてくれます。日本では主に北海道で収穫されますが、次いで長野、佐賀でも多く収穫されており、通年収穫できるのも特徴的です。そんなアスパラですが、食べごろは春先から初夏にかけてで、採れたてのものはみずみずしいのが特徴的です。 また、美味しいアスパラを選ぶポイントは、穂先が締まっているもの、根元まで張りがあり、切り口が新しいものです。しわっぽかったり、切り口が変色しているのは新鮮とは言えない為やめておきましょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    春から初夏にかけて旬を迎えるアスパラ。国内では主に北海道が産地ですが、長野県などでも出荷されています。一般的に売られているアスパラは、グリーンアスパラと呼ばれる緑色の種類ですが、軟白栽培したホワイトアスパラもあります。ホワイトアスパラガスはグリーンアスパラと比べて三角形のはかまが少ないのが特徴。料理の種類にもよりますが、ホワイトの方がジューシーでやわらかいため、傷みが早いと言われています。購入したら早めに食べきるようにしましょう。グリーンアスパラはシャキッとした食感が特徴で、日光に当てて栽培するため、βカロテンが豊富に含まれています。ビタミンや葉酸、アスパラギン酸なども豊富なので、疲労回復効果やアンチエイジング効果が期待できます。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    ひょろっとした独特の形が印象的なアスパラは、一本丸ごと料理に使うと存在感がありアクセントになります。子どもの嫌いな野菜によく上げられますが、疲労回復に効果のあるアスパラギン酸、カルシウムや鉄分などのミネラル類、食物繊維、ビタミンA・ビタミンB1、B2・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類やなど豊富な栄養素が含まれています。アスパラは硬くてえぐみがあるため、一度さっと茹でてから使います。サラダ・炒め物・煮物・和え物などに使われ、揚げ物は生のまま直接揚げるとおいしく食べられます。他の野菜にはない独特の形が料理を引き立てて、きれいな緑色がい彩を加えます。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    アスパラには、名前の由来となった「アスパラギン酸」を含み、新陳代謝を活発にして疲労を和らげる効果が期待されています。穂先には「ルチン」という成分を含み、血管を丈夫にする働きを持っています。ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率をより高めてくれますよ。切り口が乾燥していたり、筋張っているものは固くなってしまっているので、濃い緑色で、茎が太く、穂先が固く締まっていてまっすぐ伸びたものを選びましょう。アスパラを茹でたら余熱によって熱が入りすぎないよう、すぐに冷水にとってください。色鮮やかで食感も良く仕上がりますよ。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    アスパラは歯触りのよい食感が特徴の春野菜です。アスパラには土を被せて日光を遮って栽培されたホワイトアスパラガスと、土寄せせずに栽培されたグリーンアスパラガスの2種類があります。最近はピンク色や紫色のアスパラの品種も栽培されていますよ。アスパラはゆでる、炒める、蒸すなどの加熱調理をしてから食べることが多い食材です。アスパラの根本は固いので、皮をむいてからゆでるのがオススメです。皮を剥くと筋っぽさも消えるので食感も良くなりますよ。ゆでた後は冷水でさっと冷ますと鮮やかな緑色に仕上がりますよ。ゆですぎたり、水にさらしすぎたりすると食感が損なわれるので気を付けてくださいね。この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    鮮やかな緑色をしているアスパラ。アスパラガスとも呼ばれ、地中海東部が原産のユリ科の植物です。調理に使用されるのは新芽の茎で、種を植えてから2~3年たたないと収穫できないのですが、一度収穫した後は10年間くらいは同じ株で次々と芽が出てくるという特徴があります。日本名はオランダキジカクシとも呼ばれていて、成長して葉が茂ると、きじが隠れてしまうほどになるという由来からその名がついたと言われています。そんなアスパラですが、旬は春先から秋頃で、その時期には芽が柔らかくみずみずしいものが市場に出回ります。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    サラダや炒め物、パスタの具などさまざまな料理に使われるアスパラガス。シャキシャキした食感が心地よく、クセがなく食べやすいので人気のある野菜です。旬は初夏ですが、旬以外はオーストラリアなどの輸入品があるため、年中手に入れることができます。新鮮なグリーンアスパラガスを選ぶ際は、穂先が太めで固く、ピンとまっすぐ伸びているもの、みずみずしくハリがあるもの、濃い緑色のものを選ぶと良いでしょう。アスパラガスに含まれるアスパラギン酸は、疲労回復に効果があるため、疲れを感じているときはぜひ食事に取り入れてみましょう。その他、穂先部分には動脈硬化や高血圧を予防するルチンという栄養素も含まれています。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    アスパラは春から夏にかけて旬を迎えます。しかし、ハウス栽培や輸入によっていつでも手に入るため、身近な野菜ですよね。アスパラは北海道や長野県などが主な産地ですが、佐賀県や長崎県などの九州地方でも生産されています。一般的に出回っているグリーンアスパラガスのほか、ホワイトアスパラガス、ミニアスパラガスなどもあります。どの種類も炒め物や煮込み料理など、さまざまなおかずに使えるのがポイント。また、種類によって含有量は異なりますが、アスパラには独自のアスパラギン酸が含まれていて、疲労回復効果があり、美肌になると言われています。また、葉酸やビタミンも豊富なので、女性にとって積極的に食べたい野菜と言えるでしょう。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    サラダや炒め物、和え物など、さまざまなおかずに使えるアスパラ。アスパラは鮮度が命と言われるため、選ぶ際に見極めが必要です。切り口がみずみずしく、白色のものがおすすめ。茶色いものは時間がたっているため、避けるのが無難ですよ。また、「ハカマ」と呼ばれる三角の節の部分が少なく、形が整っているとやわらかく新鮮と言われています。すぐに使わないなら、乾燥を防ぐため、ラップや袋に包み、冷蔵庫で立てて保存しましょう。アスパラを使ったおかずレシピには、定番のお肉やベーコン巻きのほか、バター炒め、マヨネーズ和えなどがあります。和洋中さまざまなおかずレシピがあるため、お気に入りを見つけてみてくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • アスパラを使った人気レシピ【調理法:おやつ】おすすめ10選

    3月から6月にかけて旬を迎えるアスパラガス。近年ではハウス栽培によって収穫期間が長くなり、国産のものも増えてきています。疲労回復やスタミナ増強の効果のある「アスパラギン酸」を多く含み、他にも、カロテンやビタミンC、E、B群を豊富に含みます。アスパラを下ゆでする場合は切らずに長いまま茹でることで、旨味や栄養分の流出を抑えられますよ。少なめの湯に塩を入れてさっと蒸すように加熱をすると甘みも増しておすすめです。鮮度の落ちるスピードの速いアスパラガスはすぐに調理することがおすすめです。使いきれない場合はキッチンペーパーなどで包んで水分の蒸発を防ぎ、野菜室に立てて保存してくださいね。 この記事では、「アスパラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社