キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

りんごをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

りんごは料理やお菓子によく使われる果物で、甘酸っぱい味わいとシャリシャリとした歯ごたえが特徴です。約4000年前には栽培されていたと言われる歴史の長い果物で、7500以上の品種が栽培されていると言われています。生で食べるのはもちろん、煮たり焼いたりしてもおいしく食べることがでいます。サラダに入れたり、肉料理に合わせたりと様々な料理に幅広く使える便利な果物です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてりんごのレシピを紹介しています。りんごを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

りんごの栄養素

一日にりんご一個食べると風邪を引かない、と言われるほどりんごは体にいい栄養素を含んでいます。りんごの皮に含まれるりんごポリフェノールには活性酸素を抑える働きがあり、整腸作用のあるペクチンも含まれています。その他にも腸の働きを助けるセルロースや、風邪の予防に効果のあるビタミンCなどが含まれています。皮にも栄養素が含まれているので、きれいに洗って皮ごと食べるのがおすすめです。

りんごの旬

りんごの旬は種類によって異なりますが、主に秋から冬にかけてになっています。冷蔵で3ヶ月ほど貯蔵が出来るため市場に出回るのに差がありますが、秋冬に出回る旬のりんごが一番おいしくなっています。種類別では青森県産の夏緑は8月、ジョナゴールドは10月、長野県産のりんごは8月~12月頃までが旬になっています。ニュージーランドのりんごは4~8月に市場に出回ります。

りんごの産地

! /image/〇〇
りんごの産地で有名なのが何と言っても青森県です。全体の半分以上を青森産のりんごが占めており、次に長野県が多く約2割を占めています。その他にも山形・岩手・福島・北海道などで栽培され、りんごは冷涼な地域での栽培が適しているため寒い地域での生産が多くなっています。りんごは年降水量が少なめで、昼夜の温度差が大きい地域で栽培しやすいため、東北や北海道はりんご栽培に最適の地域です。

りんごの選び方

赤いりんごを選ぶ時はお尻の方が青いものは避けましょう。お尻が青いものはまだ熟しきっておらず、酸味が強くなっています。お尻の方まで紅くなっているもは熟しているのでお尻の色をチェックしましょう。りんごは大きいものより中くらいのサイズがおすすめで、手に持ってずっしり重いものは果汁がたっぷりと含まれています。手に持って軽いものは中がすかすかで味が落ちるため、手に持って確認するようにしましょう。

りんごの保存方法

りんごは保存が効く果物なので、冬の寒い時期では暖房のない場所だと1ヶ月くらいは保存できます。りんごを新聞紙に包んで、段ボールに入れて暖房のない場所に保管しましょう。冷暗所がない場合はビニール袋に入れて、冷蔵庫に入れます。りんごは生のままでは冷凍保存には向いていないので、煮たりジャムにするのがおすすめです。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

りんごの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

りんごの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

りんごの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

りんごの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

りんごの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

りんごをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社