キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

りんごをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

りんごは料理やお菓子によく使われる果物で、甘酸っぱい味わいとシャリシャリとした歯ごたえが特徴です。約4000年前には栽培されていたと言われる歴史の長い果物で、7500以上の品種が栽培されていると言われています。生で食べるのはもちろん、煮たり焼いたりしてもおいしく食べることがでいます。サラダに入れたり、肉料理に合わせたりと様々な料理に幅広く使える便利な果物です。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてりんごのレシピを紹介しています。りんごを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

広告

  • 夜ごはんにオススメのりんごを使った人気レシピ10選

    シャキシャキの食感と優しい酸味と甘みが特徴のりんごは、私たちの食卓に馴染み深い果物のひとつです。そのままはもちろん、優しい甘さを活かしたお菓子や、サラダや肉巻きなどのおかず、カレーなどの隠し味にも使用されます。りんごには高い抗酸化作用のあるポリフェノールを豊富に含むため、老化防止予防や生活習慣病対策に有効です。さらに、豊富な水溶性食物繊維の「ペクチン」を含み、整腸作用やコレステロールの吸収抑制効果が期待されます。疲労回復に効果のあるクエン酸などの有機酸もたっぷり含むため、私たちの日常には欠かせませんね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:夜ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのりんごを使った人気レシピ10選

    冷涼な気候を好むりんごは、日本では50%以上が青森県で作られ、20%程度が長野県を産地として有名です。種類も非常に多く、酸味が少なくて甘みが強い「ふじ」が最も多く生産されています。続いて、ジューシーな果汁がたっぷりな「つがる」が人気で、「ふじ」と「つがる」を掛け合わせた「シナノゴールド」も人気が高まっています。「ジョナゴールド」などの品種によって完熟すると表面にワックスがかかったようにベタつくものがありますが、これはりんごが熟すにつれてリノール酸とオレイン酸が分泌して浮き出す現象です。食べ頃のサインなので安心して召し上がりくださいね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのりんごを使った人気レシピ10選

    爽やかな酸味とやわらかい甘みがあり、しゃきしゃきとした食感があるりんご。バラ科リンゴ属に分類され、9月から12月ごろに旬を迎える果物で、「セイヨウリンゴ」とも呼ばれてます。青森県が国内では7割ほどの生産量があり、長野県、岩手県が続きます。りんごにはさまざまなブランド、品種がありますが、ふじりんごは国内生産量がトップです。りんごにはペクチンという食物繊維が含まれていて、腸内の有害物質を排出し、腸内環境を整える働きがあります。血糖値やコレステロールを下げる働きもあります。老化やガンを抑えると言われるポリフェノールも含まれているため、美容や健康に効果的な果物です。昼ごはんなどのサラダに加えるのもおすすめです。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    シャキッとした食感と甘酸っぱい味が特徴のりんご。国内では青森県が主な生産地で、次いで長野県と続きます。寒冷な地域で栽培される果物なので、東北や北海道などでも出荷されています。りんごの品種は数十種類ありますが、代表的なのはふじりんごやつがるりんご、紅玉などです。そのほかにも、王林やジョナゴールドなどもスーパーで手に入るため、メジャーと言えます。品種によって形や味、食感が異なり、好みや料理に合わせて選べるのがポイント。「1日1個のりんごを食べると医者を遠ざける」と言われるように、りんごにはさまざまな効能があるとされています。例えば抗酸化作用があるりんごポリフェノールや、整腸作用があるペクチンが代表的です。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:おかず】おすすめ10選

    シャキシャキとした歯切れのいい食感で甘酸っぱくみずみずしいりんごは、世界中の人々から愛されている果実です。りんごは皮をむくと時間が経つにつれ、茶色く変色してしまいます。りんごは皮をむいたらすぐにレモン汁や酢水につけることで変色を防ぐことができます。りんごといえば青森ですが、りんごは日本だけでなく、世界中でさまざまな品種が栽培されています。「ふじ」は青森県生産量ナンバーワンの品種です。「王林」は爽やかな香りの黄色いりんごの品種です。芯の中心に透明な蜜が集まった「こみつ」などの蜜りんごや、一口サイズの姫りんごなど、形や色もさまざまで奥が深いですね。ぜひ食べ比べて自分好みのりんごを探してみてください。この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    「一日一個のりんごは医者を遠ざける」とも言われるほど栄養価の高いりんごは、リンゴ酸やクエン酸など、疲労回復を促進する有機酸が豊富に含まれています。皮には食物繊維は豊富に含まれているため、整腸作用やコレステロールの吸収抑制効果も期待できる食材です。ポリフェノールも豊富なため抗酸化作用や老化防止にも効果があり、美と健康には欠かせない果物です。りんごは熟すにつれてより濃く色づき、お尻のくぼみ部分が緑色から黄色になり、食べ頃の合図です。りんごを切るとポリフェノールが酸化して茶色に変色してしまうため、しばらく食塩水やレモン水に漬けるのをおすすめします。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    日本人には親しみがあって、よく食べられるりんご。シャキシャキっとした食感や、バランスの取れた甘みと酸味の味わいが人気です。生で食べられるのはもちろんのこと、加熱してもおいしく食べられます。「1日1個のりんごが医者を遠ざける」といわれるほど、りんごがもたらす効能はたくさんあります。たとえば、強い抗酸化作用を持つリンゴポリフェノールや、水溶性食物繊維のペクチンに不溶性食物繊維のセルロース、肌荒れに効くビタミンCなど。つまり、便秘や美肌に効く栄養素がたっぷり含まれているので、美容について気になる女性は、りんごを上手に食生活に取り入れたいですね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    人類が食した最古の果物とされるりんごは、甘みと水々しさのパランスがよく栄養価が高いため赤ちゃんから食べられる食材の一つです。低カロリーで腹持ちがよく、皮には食物繊維が豊富に含まれるためダイエット中の方にもおすすめです。「リンゴ酸」や「クエン酸」を豊富に含み、疲労回復を促進させる効果が期待されます。抗酸化作用や老化防止効果に期待されるポリフェノールが豊富に含まれることも特徴です。切った後の果肉が茶色に変色するのはポリフェノールが酸化するためであり、食塩水やレモン水につけて変色を防いでくださいね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    甘みと酸味のバランスが良く、シャキシャキとした食感が特徴のりんご。りんごの85%は水分で、残りの15%の中にさまざまな栄養素が含まれています。りんごの酸味はクエン酸やリンゴ酸によるもので、これらには疲労回復の作用があります。疲れを感じたときにもおすすめしたい食材の1つです。また、水溶性の食物繊維であるペクチンも含まれ、便秘解消に効果があります。腸の働きを整えるはたらきがあるので、お腹の不調にも効きますよ。みずみずしくて歯ごたえの良いりんごをサラダに加え、サラダのバリエーションを増やしてみてくださいね。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    よく食べられる果物として人気のりんごは、約4000年前には栽培されていたと言われています。甘酸っぱくしゃきしゃきとした歯ごたえで、生で食べるのもちろん火を通してもおいしく食べられます。料理では主にお菓子に使われますが、それ以外では豚肉との相性がよく、西洋では豚肉のローストにはアップルソースを添えて食べられ、ほどよい甘さが豚肉とよく合います。一日りんご一個で風邪を引かない、と言われるほどりんごには豊富な栄養素が含まれています。活性酸素を抑える働きのあるりんごポリフェノールやビタミンC、疲労回復に効果的があるクエン酸とリンゴ酸などが含まれていて、積極的に摂りたい果物です。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    りんごは夏の終わりから秋にかけて成熟する果物ですが、近年は栽培技術により1年中食べられるようになった果物です。食物繊維が豊富でカテキンやケルセチンが多く含まれており、整腸作用や高血圧予防などの働きがあり、水溶性食物繊維のペクチンは消化を促進させて胃酸のバランスを整えてくれる効果もあります。そして、ポリフェノールの一種であるカテキンには抗酸化作用があるため、老化抑制も期待ができると言われいます。購入する際には果皮が赤く染まり、軸が太くて果皮に張りと艶があるものを選ぶようにすると程よく熟しているおいしいりんごと言えます。サイズは大きすぎるものよりは中くらいのほうが甘みもあります。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    甘酸っぱい味わいで子供から大人まで人気のりんご。りんごは7500以上の品種が栽培されていて、約4000年前には栽培されていたと言われる歴史の長い果物です。日本へは中国から伝来したと言われ、平安時代の書物にはりんごについて記されています。りんごは生でそのまま食べる以外にも、煮たり焼いたりして食べるのも人気があります。火を通す場合は主に焼き菓子に使われますが、肉料理のマリネ液やソースなどにも使われほどよい甘味が肉によく合います。りんごの皮には整腸作用のあるペクチンや活性酸素を抑える働きのあるりんごポリフェノールが含まれています。丸ごとかじって食べることもでき、手軽に日常の食生活に取り入れることができる体にいい果物です。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    私たちにとって身近な果物である「りんご」。歯ごたえの良いシャキシャキした食感と甘酸っぱい味が人気ですね。りんごは寒い地方で多く生産され、旬は秋ごろから。「ふじ」や「王林」「ジョナゴールド」など、ポピュラーな品種がたくさんあります。「1日1個のリンゴは医者いらず」と言われるほど、りんごには栄養がたっぷり詰まっています。生活習慣病の予防やコレステロール値を下げる効果、腸内環境の改善など、健康面に良いだけでなく、肌荒れの改善や美白効果など美肌にも良いとされています。もちろん生のまま食べるのも良いですが、りんごを蒸し焼きにしてやわらかくして食べるのもおすすめですよ。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    りんごは爽やかな酸味とほどよい甘さが特徴の、さっぱりとした味わいの果物です。皮を剥いても剥かなくても食べることができ、果物として食べるだけでなくさまざまな料理にも使われる人気の食材です。アップルパイなどのお菓子に使われる以外にも、サラダや肉料理、ドレッシングやソースにも使われます。りんごには胃腸の働きをよくする有機酸、塩分を排出する働きのあるカリウム、整腸作用を促すペクチンが含まれています。りんごの皮にはポリフェノールが豊富に含まれており、活性酸素を抑える働きがありがんの予防にも効果があると言われています。りんごは肉料理とも相性がよく、ぜひ色々な料理に取り入れたい果物です。今回はりんごを使った煮るレシピを厳選してお届けします。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • りんごを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    子どもが大好きな果物として人気のりんご。皮のままでも食べられてほどよい酸味と甘みが食べやすく、お菓子によく使われます。デザートだけでなく料理にも使うことができ、肉料理と相性抜群です。その他にもソースやマリネ液などにもよく使われ、デザートから料理まで幅広く使える万能な果物です。「1日にりんご1個食べると風邪を引かない」と言われるほど、りんごには体にいい栄養素が含まれています。りんごには胃腸の働きをよくする有機酸、高血圧に効果があるカリウムなどが含まれ、りんごの皮にはポリフェノールが豊富に含まれています。普段は生で食べることが多いりんごですが、りんごの焼くレシピにも挑戦してみませんか。 この記事では、「りんご」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜とりんごを使ったおすすめスムージーレシピ20選

    小松菜にはβカロテン、ビタミン、ミネラルなどが含まれており、りんごは食物繊維、カリウム、ポリフェノールなどが豊富です。人気のスムージーで不足がちな栄養素を簡単摂取。作り方も簡単です。手に入りやすい食材なので、野菜不足や健康のために小松菜とりんごを使ったスムージーはおすすめです。 この記事では、小松菜とりんごを使ったスムージーの効果や栄養に加え、小松菜とりんごを使ったスムージーのレシピをグリーンスムージー・乳製品入りスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【りんごとにんじんを使ったスムージー】おすすめで人気のレシピ20選

    野菜嫌いの方でも美味しく摂取できるスムージー。様々な野菜や果物を生のまま摂取でき、栄養バランスもばっちり。胃腸にも負担がかかりません。ダイエットで飲む方も多く、レシピも簡単です。にんじんとりんごはどちらも抗酸化作用があり、美肌効果やアンチエイジングの効果が期待できます。スーパーで手に入りやすい食材なので、気軽に作ることができますよ。 この記事では、りんごとにんじんを使ったスムージーの効果や栄養に加え、りんごとにんじんを使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージーにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 気軽にできちゃう!りんごのダイエットレシピ20選

    食物繊維が豊富でダイエット効果が期待できると近頃人気のある「りんご」。 りんごは、「1日に1個のりんご、医者いらず」と言われるくらい、栄養価も高く健康によい果物です。また種類も豊富で、旬である冬以外でも1年中食べられるので、デザートはもちろん、ドリンクやサラダなど色々なレシピで簡単に摂り入れることができますよ。 この記事では、りんごのダイエット効果や栄養に加え、ドリンク、デザート、サラダにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるダイエットレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • りんごのレシピまとめ:デザートはもちろんおかずにもできちゃう!?

    秋から冬にかけて旬を迎えるりんご。 果物の中でも特に多くの栄養素が含まれており、りんごを1ヶ月食べ続けた人は悪玉コレステロールが40%減ったという結果も出ているほど。健康のために毎日食べたいけど、そのまま食べるだけでは飽きてしまう・・・という方も、料理のレパートリーを広げれば、美味しく上手にりんごを取り入れられますよ。 この記事では、りんごの基礎知識に加え、りんごのケーキ、洋菓子、パイ、煮込み、おかず、サラダにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に役立ててくださいね。

  • アップルパイレシピ・作り方20選:お手軽レシピから本格派まで!

    リンゴの美味しい季節になると恋しくなるスイーツといえば「アップルパイ」。 甘く煮たリンゴをパイ生地で包んだ焼き菓子で、皮はサクサク、中はしっとりしたリンゴの食感を楽しめるアップルパイは、子どもから大人までみんなに愛されているスイーツです。そんなアップルパイがおうちで簡単に作れたら素敵ですよね。 この記事では、アップルパイの基礎知識に加え、冷凍パイシートのアップルパイ、餃子の皮のアップルパイ、春巻きの皮のアップルパイ、生地から作るアップルパイにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社