キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

あんこをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

あんこは和菓子になくてはならない材料で、饅頭・最中・羊羹・お団子・おはぎなど日本を代表するスイーツに数多く使われます。聖徳太子の時代に中国から伝来したと言われ、鎌倉時代に小豆を使った小豆あんが作られました。元は砂糖ではなく塩を使った塩あんでしたが、江戸時代のころに砂糖を使ったあんこが作られました。あんこは和菓子はもちろん、パンケーキやアイスクリーム、トーストにのせるなど洋食ともマッチして幅広いアレンジを楽しめます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてあんこのレシピを紹介しています。あんこを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

  • 昼ごはんにオススメのあんこを使った人気レシピ10選!こんなレシピが欲しかった!

    あんこは和菓子の定番の材料ですが、ヘルシーなことから海外でも人気があると言われています。あんこの基本の材料はあずきと砂糖で、洋菓子によく使われる生クリームに多い脂質がほとんど含まれていないのが特徴。あずきには食物繊維が豊富に含まれていて、含有量はさつまいものおよそ6倍、ごぼうと比べると3倍ほどと言われています。消化吸収を助ける働きがあるため、便秘を解消したり、生活習慣病を予防したりする働きが期待できます。ほかにも、カリウムやサポニンが豊富に含まれているため、むくみ防止やコレステロール、中性脂肪を排出する働きもあります。ダイエット中に甘いものが食べたい時は、洋菓子より健康的に食べられるあんこ使った和菓子を選ぶのがおすすめです。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:昼ごはん】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使ったおすすめ定番料理10選!まずはコレをマスター!

    和菓子などでよく使われるあんこ。お米やおもちなどとも相性がよく様々な料理に使われています。小豆から作られていますが、小豆の特徴としては食物繊維が非常に豊富であることが挙げられます。不溶性食物繊維や、水溶性食物繊維が含まれているので、便秘解消をしたい方には特に摂取して欲しい食材でもあります。また、良質なたんぱく質が豊富です筋肉や血液、臓器などを作る上で大切な要素ですよね。そして、小豆は脂肪分が少ないたんぱく質を持っているため、基礎代謝を上げるという意味でダイエット向きと言えるでしょう。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:定番】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:糖質オフ】おすすめ10選

    あんみつやぜんざい、大福など、和菓子には欠かすことのできない存在であるあんこ。日本では古くから多くの人々に親しまれてきました。あんこは小豆を原料としているものが主流ですが、小豆だけでなく、白いんげん豆やえんどう豆、枝豆など、様々な豆から作られているので、飽きずに食べられます。また、しょっかんも粒の存在感を残したつぶあんと、粒などをできる限り除いて滑らかな食感に仕上げたこしあんがあるので、その時々の気分で選ぶことができるところが嬉しいですよね。また、最近ではラムネ味やきな粉味など、子供から大人まで楽しめるような種類も豊富にあるので、ぜひいろいろなあんこを試してみてください。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:糖質オフ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:ヘルシー】おすすめ10選

    和菓子屋ぜんざいには欠かせないあんこは、一般的に小豆を煮て砂糖を加えて練ったものです。あんこには様々な種類があり、白いんげんや白小豆を原料にした淡白であっさりとした「白あん」や、青エンドウ豆を使った鮮やかな緑色の「うぐいすあん」があります。作り方によっても呼び名が変わり、煮た小豆の形をなくさないように作った「粒あん」は豆のつぶつぶ食感を残して大福やどら焼きなどにぴったりです。粒あんに対して「こしあん」は、豆を潰して裏ごしし、滑らかな舌触りが特徴ですよ。豆は潰しますが、皮を残した粒あんとこしあんの中間をとった「つぶしあん」も人気を高めています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ヘルシー】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:がっつり】おすすめ5選

    あんこと言うと、小豆から作られるものをイメージする方が多いと思いますが、小豆以外の豆からも作られています。まず、あんこには赤あんと白あんがあり、赤あんは大納言小豆や赤いんげんなどの赤色の豆を原料としたものを示します。それに対して白あんは、白いんげん豆・白小豆などから作られます。これらに含まれる栄養素は、半分以上がでんぷんを主体とする炭水化物です。たんぱく質は約20%含まれており、脂質は約2パーセント含まれているため、「高たんぱく質、低脂肪食品」ということができます。その他の栄養素としては、ミネラルやビタミンも含んでいるため、健康を維持する方の強い味方になりますよ。この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:がっつり】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:パーティー料理】おすすめ10選

    あんこは煮た小豆に砂糖を加えて練り合わせて作る、日本伝統の和菓子です。小豆を使って作るあんこは作り方の違いによってこしあん、つぶあんなどに分かれます。小豆をつぶして裏ごしして作るこしあんは、なめらかな口当たりが特徴です。小豆の質感を残して作るつぶあんは、小豆そのままの美味しさが感じられます。あんこは上品な甘みがあり、だんごやどら焼き、羊羹などに利用され、和菓子作りには欠かせない材料です。小豆の他にも、枝豆を使って作るずんだ餡、青えんどうを使ったうぐいす餡などがあり、色や味の種類も豊富です。こうしたカラフルなあんこを使うことで見た目も美しい練り切りなどが作られています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:パーティー料理】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:おやつ】おすすめ10選

    豆類、さつまいも、栗など砂糖と一緒に加工したものを「餡子(あんこ)」といいます。あんこには種類があり、小豆、白いんげん豆と原材料の違いや、こしあんなど製造方法の違いがあります。このおやつレシピでは、小豆のあんこを使用しています。小豆の旬は10月から翌2月頃です。小豆あんこの栄養価は、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、むくみに効果のあるサポニン、ポリフェノール、亜鉛や鉄やカリウムといったミネラルを豊富に含んでいます。そんなあんこを保存する際には、冷蔵庫であれば容器を移し替え、フタをして、手作り餡子は翌日に食べきるのがおすすめです。冷凍庫で1ヵ月から3ヵ月は保存でき、小分けがおすすめです。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おやつ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:麺】おすすめ10選

    小豆が原料のあんこ。小豆には、糖質の代謝をサポートし、疲労回復に効果のあるビタミンB1や、皮膚や髪などの細胞の再生を促す働きがあるビタミンB2、貧血や肌荒れを予防するビタミンB6が多く含まれています。小豆はコレステロールの上昇を抑えるポリフェノール、骨や歯を健康に保つカルシウム、便秘改善に役立つ食物繊維、更年期障害の予防と改善に効果的なイソフラボンなどの栄養素も含まれている健康食材です。和菓子にはもちろん、ホイップクリームとあんこの組み合わせなど、洋菓子にも合うあんこ。最近では、うどんやそうめんなどをお餅風にアレンジしたレシピなども注目を集めています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:麺】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ8選

    優しい甘さを持つ「あんこ」。あんこには砂糖が含まれ、甘くて太るイメージが強いですが、原材料である小豆には美容と健康に役立つ栄養がたっぷり含まれているんです。小豆にはワインよりもポリフェノールが豊富で、老化の原因となる活性酸素から体を守るアンチエイジング効果や美肌効果があるほか、サポニンにはコレステロール値や中性脂肪値を下げる働きがあり生活習慣病の予防に役立ちます。糖質をエネルギーに変える代謝を促すビタミンB1やむくみ解消に効果的なカリウム、皮には豊富な食物繊維を含むなど、体の中からキレイをサポートしてくれますよ。鉄分やタンパク質も多いので貧血予防にも効果的です。紹介するレシピでは、あんこを使った絶品スイーツが満載です。この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:パン】おすすめ10選

    和菓子の定番のあんこ。洋菓子に比べてカロリーが低いため、ヘルシーなスイーツでもあります。洋菓子はバターや生クリームが使われることが多く、脂質が高めです。例えば大福もち1個で0.5~1g程度、ケーキ1個で25~30g程度の脂質が含まれていると言われていて、カロリーはケーキの方が2倍くらい高くなります。甘いものが食べたいときは、あんこを使った和菓子を選ぶとカロリーも脂質も抑えられるため、ダイエットにおすすめ。そもそもあんこは小豆で作られているものが一般的。小豆は食物繊維やビタミンB群、たんぱく質が豊富に含まれていて、栄養価が高い食材です。白あんは白いんげん豆、うぐいすあんはグリーンピース、ずんだあんは枝豆と、どのあんこも豆が原料になっているため、ヘルシーです。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:パン】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

    和菓子に欠かせない材料の1つがあんこです。あんこは小豆を煮て砂糖と一緒に練って作ります。あんこを使ったお菓子は、最中・お団子・饅頭・羊羹・おはぎなどがあります。聖徳太子の時代に中国から伝来したと言われ、鎌倉時代に小豆を使った小豆あんが作られました。小倉あん・白あん・ずんだあん・うぐいすあんなどがありますが、ずんだあんは枝豆が原料で、うぐいすあんは青えんどうを使って作られています。和菓子以外にもあんこをトーストにのせた小倉トーストやあんこをのせた抹茶パフェなど、西洋の食材ともよく合います。小豆が原料なのでたんぱく質が豊富で、食物繊維も多く含まれています。その他にも糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1や、コレステロールや中性脂肪を抑えるサポニンなどが含まれています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:ご飯】おすすめ10選

    和菓子を作るのに欠かせない材料があんこで、羊羹・最中・お団子・おはぎ・どら焼きなどに使われます。あんこは主にこしあん・粒あん・小倉あんがあり、こしあん派、粒あん派と好みが分かれることもあります。あんこのカロリーは粒あんが100gで約250kcalとなっています。砂糖が入っているのでカロリーが多めに思えますが、栄養価が豊富なので洋菓子を食べるよりは和菓子がおすすめです。あんこは小倉が原料なのでたんぱく質が豊富で、毛髪・爪・皮膚などを作るのに欠かせない栄養素です。便秘を解消する食物繊維、代謝を促進するビタミンB群、中性脂肪を抑える働きがあるサポニン、活性酸素を除去する働きのあるポリフェノールなど、女性にとってうれしい美容にいい栄養素が豊富に含まれています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:ご飯】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:おかず】おすすめ10選

    あんこには、小豆から作られる粒あんやこしあんのほかに、白いんげん豆から作られる白あん、エンドウ豆から作られるうぐいすあん、枝豆やさつまいも、かぼちゃなどから作られるずんだあんや芋あん、かぼちゃあんなど、さまざまな種類があります。やわらかく煮た原料に砂糖と塩を加えて煮詰めながら作るあんこは、手間と時間がかかりますが、市販のあんこを使えば、日々の料理に手軽に取り入れることができます。あんこは原料によりさまざまな栄養を含んでおり、粒あんやこしあんには、小豆に含まれるイソフラボンや食物繊維、ポリフェノールやミネラルなどの栄養がギュッと詰まっています。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おかず】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:おつまみ】おすすめ10選

    あんこは豆類を砂糖などと加えて練って加工したものです。裏ごししたタイプの「こしあん」とあずきの形が残っている「つぶあん」があります。甘いイメージがあるあんこですが、小豆が使われているので大変栄養価が高い食材です。小豆の外皮に含まれているサポニンにはデトックス作用があります。また食物繊維が豊富に含まれているので、便秘の解消効果があるので、女性には嬉しいですよね。主にお菓子などに使われることが多く、饅頭やどら焼き、おしるこ、大福などがあります。ちょっとしたおつまみにも最適な食材なので取り入れやすい食材です。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:おつまみ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    和菓子には欠かせないあんこですが甘くて太るイメージがあるため、敬遠する人もいるのではないでしょうか。しかし洋菓子と比べると、あんこを使用した和菓子の方が低カロリーで、あんこの主原料である小豆にはさまざまな栄養素が含まれています。小豆には炭水化物と良質なたんぱく質以外にも、肥満予防やむくみ解消に効果的なサポニンや、貧血を改善する鉄分、血行を促進して免疫力をアップするポリフェノール、便秘に効果的な水溶性食物繊維なども含まれており、女性にはうれしい効能が期待できますよ。とはいえ、いくら低カロリーといってもあんこは砂糖を使用して製造されています。他の食材と掛け合わせるなどして甘さを調整しましょう。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ4選

    甘い味わいで、和菓子などに使われることの多いあんこ。和菓子やぜんざい、おはぎなどに使われ上品な甘さが特徴です。あんこには様々な種類が存在し粒あん派、こし餡派に分かれるなど身近に親しまれている食材ですよね。小豆に砂糖を入れて作られますが、これには独特の粘りを出すために使われています。そんなあんこですが小豆だけではなく、赤インゲン豆や白インゲン豆、青エンドウ豆、枝豆、などを使用したものもあります。白インゲン豆のあんこは比較さっぱりとしていて、フルーツを使ったものやちょっと変わったものを作る際にベースとして使用されることも多くあります。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    和菓子に使われるあんこは、日本を代表するスイーツの材料です。あんこは小豆が原料で、豆を煮て砂糖と練って作ります。あんこは聖徳太子の時代に中国から伝来したと言われていて、鎌倉時代に小豆を使った小豆あんが作られました。もともとは塩をつかった塩あんでしたが、江戸時代から砂糖を使ったあんが作られるようになりました。あんこには主にこしあん・粒あん・小倉あんがあり、原材料が違うあんこは小倉あん・白あん・ずんだあん・うぐいすあんがあります。あんこは主にお菓子に使われ、あんこを使ったお菓子にはもなか・ようかん・まんじゅう・どら焼きなどがあります。その他にもあんこをトーストにのせた小倉トーストや、パンにあんこが入ったあんパンなど、西洋の食材ともよく合います。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:フライ】おすすめ10選

    和菓子には欠かすことのできないあんこ。あんこの原材料の小豆は、食物繊維、タンパク質、ビタミン、ポリフェノールが豊富に含まれる栄養満点な食材の一つです。この小豆に砂糖などを加えて甘く炊いたものがあんことなり、私たちの身近な食べ物になります。お饅頭やぜんざい以外にも、毎日のおやつに少し一工夫するだけでバリエーションが広がります。パンとバターとの相性が良いためトーストにのせてみたり、クリーム系との相性も良く、アイスにトッピングしたり、ホットドリンクの甘味として加えてもおすすめです。小豆のポリフェノールには血糖値の急上昇を抑える効果があるので、ダイエット中のおやつにも取り入れてみてくださいね。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    あんみつやぜんざいなど、和菓子には欠かせないあんこですが、そもそもあんことは小豆などの豆類を煮て作られています。あんこにはたくさんの分類があり、それによってさまざまな呼ばれ方をしています。小豆や赤インゲンからできている赤あんや、白インゲン豆やササゲ豆、白小豆などからできている白あん、青エンドウ豆を使ったうぐいすあん、枝豆で作ったずんだなど、同じあんこですが様々な味わいと色合いが楽しめるところが魅力的ですよね。あんこは意外にも合う食材が多くあるのでぜひいろいろな食材と合わせて楽しんでくださいね。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    和菓子には欠かすことのできない、優しい甘さが特徴なあんこ。お米やパンとの相性も抜群で、甘い物好きな方にはたまらない食材ですね。あんこの原材料の小豆には、非常に豊富な食物繊維、良質なタンパク質、ビタミンB群、ミネラルの他にも、中性脂肪を抑える「サポニン」やアンチエイジングには欠かせない「ポリフェノール」も豊富に含みます。洋菓子よりも脂質の摂取量が少ない和菓子はダイエット中の甘いものにはぴったりで、緑茶と一緒に食べることで緑茶に含まれるカテキンが脂肪の吸収を緩やかにしてくれますよ。手作りすることで自分好みの砂糖の量も調整できます。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    日本人が大好きなあんこは和菓子には欠かせない食品です。アレンジ次第でさまざまなおやつが手作りできますよ。パンにはさんだり、餃子やシュウマイ、春巻きの皮などで包んで油で揚げれば、簡単に甘いおやつが一品できあがります。お金もかからず、節約もできるのでおすすめです。また、あんこだけでなく一緒にバナナやお餅など、組み合わせを変えればアレンジも広がります。油で揚げて作るおやつは、表面がサクサクパリパリで食感がとても良く、食べごたえも十分。手作りでも十分満足できるおやつができます。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    和菓子といえば「あんこ」ですよね。ぜんざい、あんみつ、まんじゅうとあんこを使った食べ物はたくさんあります。あずきなどの豆を煮て、砂糖を加えて練ったものが「あんこ」ですが、その種類はさまざま。原材料によっても分けられますし、「粒あん」「こしあん」「小倉あん」と製造方法の違いでも分けられます。あんこの原材料である小豆は、半分が炭水化物ですが、残り半分には脂肪分の少ない良質なたんぱく質や食物繊維、中性脂肪を抑えるサポニンなど体にうれしい栄養素がたっぷり含まれています。あんこのお菓子と一緒にカテキン入りの緑茶を飲むと、脂肪の吸収を緩やかにしてくれるはたらきがあるんですよ。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あんこを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    甘くて美味しいあんこですが、意外にも、あんこの材料の小豆には美容効果やダイエットに効果的な女性に嬉しい栄養が豊富です。小豆には赤ワインの1.5〜2倍もポリフェノールが含まれ、体のサビを防ぐ、美肌作りに大切な成分です。食物繊維も多く、便秘解消にも役立ちます。小豆に多いビタミンB群は、炭水化物や脂質の代謝を助け、体に脂肪を溜めないようにしてくれます。外皮に多いサポニンは、利尿作用を持ち、カリウムとともにむくみ解消、デトックス効果があります。栄養豊富なあんこですが、砂糖が多いのでカロリーが気になるところ。煮るレシピを参考に、自分好みのあんこを手作りしてみませんか。手作りなら、甘さ控えめ、低カロリーのあんこができますよ。あんこの和スイーツのレシピもお試しを。 この記事では、「あんこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社