キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

あんこをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド

あんこは和菓子になくてはならない材料で、饅頭・最中・羊羹・お団子・おはぎなど日本を代表するスイーツに数多く使われます。聖徳太子の時代に中国から伝来したと言われ、鎌倉時代に小豆を使った小豆あんが作られました。元は砂糖ではなく塩を使った塩あんでしたが、江戸時代のころに砂糖を使ったあんこが作られました。あんこは和菓子はもちろん、パンケーキやアイスクリーム、トーストにのせるなど洋食ともマッチして幅広いアレンジを楽しめます。

こちらの記事では、調理法や料理の種類に分けてあんこのレシピを紹介しています。あんこを使ってどういう料理を作るか悩んでしまうときは、ぜひ参考にしてください。焼く・炒める・揚げる・茹でる・サラダ・レンジを使ったレシピなど、種類分けして紹介しているのでとっても見やすいですよ。たくさんあるレシピの中から、選りすぐりのレシピを選んで紹介していますので、すぐに今日の献立に役立てます。

あんこの効能

あんこの原料は小豆なので、小豆の栄養分が含まれています。小豆は食物繊維が豊富で、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を含んでいます。不溶性食物繊維は便のかさを増やし、水溶性食物繊維は腸壁を刺激して腸の運動を活発にする働きがあります。良質なたんぱく質も豊富で、たんぱく質は筋肉・爪・髪の毛・血液などを作るのにかかせない栄養素です。その他にも糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、生活習慣病の予防に効果のあるサポニンなどが含まれています。

あんこの原材料

あんこの原材料は小豆と砂糖です。砂糖は和三盆糖が一番おすすめのようですが、三温糖や白砂糖、グラニュー糖でも使えます。小豆と砂糖があれば、手間はかかりますが家でも手作りすることができるので、ぜひ作ってみてはどうでしょうか。あんこには美容と健康にいい効能があるので、バターやクリームを使ったお菓子よりもヘルシーに食べられますよ。

あんこの製造方法

! /image/〇〇
あんこの製造方法は豆をきれいに洗い、煮熟して煮上がった豆の外皮を取りって単一の細胞粒に分けます。細かなメッシュを篩にかけて裏ごしして、あん粒子を完全に分けます。水晒しして不純物を取り除き、一定の水分まで圧搾すると生あんができあがります。砂糖などを加えて練って密封性に優れたフィルムに包装し、殺菌・冷却したら完成です。自宅で手作りする場合は、大豆を洗いたっぷりの水で煮て水を切ります。鍋に小豆と水を入れて弱火で煮て、砂糖を水に溶かして小豆を入れて練り冷ましたら完成です。

あんこの種類

あんこには種類があり、原材料によって種類が異なります。小豆を使った「小豆餡」、小豆餡の別名の「赤餡」、白い種類の豆を使った「白餡」、青えんどうを使った「うぐいす餡」、枝豆を使った「ずんだ餡」があります。製造法による違いのあんこでは、豆の形を残した「つぶあん」、小豆を潰すが豆の皮は取り除かない「つぶし餡」、小豆を潰して裏ごしした「こしあん」、つぶし餡やこし餡に大納言小豆を加えた「小倉あん」があります。

あんこの保存方法

あんこが余ったときは市販の缶や容器のまま保存せず、清潔な器に移し替えて蓋やラップをしてできるだけ早く使い切りましょう。あんこは冷凍保存がおすすめで、使う分ごとに小分けにしてラップでぴっちりと包んで冷凍保存します。製氷皿を使うと小さいブロックごとにあんこを保存できます。ジップ付き袋にあんこを入れて菜箸などでできるだけ平らにして、割線をつけて冷凍すると使いやすいです。冷凍したあんこは1~3ヶ月を目安に使い切りましょう。


厳選おすすめレシピのまとめ一覧

あんこの【焼く】【炒める】【フライ】【揚げる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

あんこの【蒸す】【煮る】【炊く】【茹でる】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

あんこの【おかず】【サラダ】【あえる】【レンジ】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

あんこの【おつまみ】【ご飯】【パン】【麺】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/
! /topic/

あんこの【おやつ】【お弁当】【離乳食】レシピ特集

! /topic/
! /topic/
! /topic/

広告

あんこをおいしく食べるには?調理法別のレシピオールガイド をシェアする

運営会社