キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

キッチン用品を探す

カテゴリーから探す

キッチンブックの新着記事

  • ブロッコリーを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ブロッコリーはアブラナ科アブラナ属の野菜で、地中海沿岸が原産です。花蕾と茎を食用として使い、生食には向かず茹でたり蒸したりしてから料理に使用します。サラダ・スープ・シチュー・揚げ物・炒め物などに使われ、独特の丸みのある形が料理にアクセントをプラスしますよ。子供が嫌いな野菜にもよく挙げられますが、ブロッコリーは栄養価が高いのでぜひ料理に取り入れたい野菜です。ブロッコリーはビタミンCが豊富で、ビタミンCは抗酸化作用があり動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ効果があります。その他にもカルシウム・カリウム・鉄分・亜鉛などのミネラルや、胎児の成長に欠かせない葉酸など、体に必要な栄養素が豊富に含まれているスーパーフードです。 この記事では、「ブロッコリー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ニラを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    独特のにおいをもつニラは、スタミナ食材の一つです。100gあたり21キロカロリーととても低カロリーなうえに、栄養も豊富。がんや動脈硬化を予防したり、アンチエイジングに効果があるβカロテンや骨を丈夫にするビタミンKが多く含まれます。また、胎児の成長に必要な葉酸も多く含まれているので、妊娠中の女性は特に意識して食べたい食材ですね。独特のにおいがあるため、好き嫌いが分かれる野菜の一つですが、口臭対策として、食後にお茶を飲むとにおいが抑えられるようですよ。ニラ料理の代表格「ニラ玉」や「レバニラ炒め」は、火が通りやすいので時短レシピにもってこいです。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ネギを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    日本の食卓に上がることの多い野菜がネギです。料理の主役というよりは、薬味やトッピングなど脇役的に使われることが多くなっています。ネギを刻んで冷奴にのせたり、うどんやラーメンのトッピング、鍋料理に使ったりほぼ毎日と言っていいほど食べられています。独特の臭いと味がしますが、好き嫌いのあまり分かれないめずらしい野菜です。ねぎは醤油・ポン酢・酒など和食の調味料や食材とよく合い、日本料理にはかかせないマストな食材になっています。日本各地にその地方のネギが存在し、味や栽培法にこだわったブランドネギも多く存在しています。ネギ特有の香りの成分は硫化アリルと呼ばれ、血行をよくし疲労回復に効果があると言われています。 この記事では、「ネギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 山芋を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    独特なぬめりを持つ山芋。大和芋や自然薯などと呼ばれることもあります。そのままでシャキシャキ、おろせばトロトロ、よく加熱してホクホクなど、調理法によって様々な食感を楽しめるのも魅力的ですね。他のイモ類と違って生で食べることができるのは、でんぷんの一部を分解する消化酵素を含んでいるからです。一部のインフルエンザウイルスを抑制してくれるディオスコリンという成分や、余剰な水分の排出を促すカリウムなどの栄養も豊富に含んでいます。長芋と非常に似ていますが、山芋のほうが粘り気が強く、風味も濃厚。比較的水分も少ないので、揚げ物にも適していますよ。 この記事では、「山芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • にゅうめんを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ3選

    夏の麺料理として人気の素麺。日本や東アジアで好まれる麺料理ですね。夏が終わってもパントリーに少しだけ素麺が残っている、という時におすすめなのがにゅうめんです。にゅうめんは、素麺の麺をゆでた後、冷やさずに温かいままダシ汁で食べる麺料理です。つるりとした食べやすい食感やのどごしはそのままに、体が温まるので、肌寒い季節やおなかに優しいメニューがほしい時におすすめです。にゅうめんは、さっぱりとしてシンプルな味わいなので、ダシのアレンジやトッピングを変えることでバリエーションの幅が広がります。温かいにゅうめんを食べて、これからの肌寒い季節を乗り切りましょう。 この記事では、「にゅうめん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ふきのとうを使った人気レシピ【調理法:炒める】おすすめ10選

    ふきのとうは「春の使者」とも呼ばれ、2月から3月頃が旬になります。ふきのとう独特の風味と苦みが特徴です。アンチエイジングや冷え性の改善、更年期障害の予防などの効果があるビタミンEが多く含まれています。また、骨粗しょう症を予防するビタミンK、むくみの改善に効果があるカリウムなども豊富に含まれています。食物繊維も多いので、便秘の解消や満腹感を得られるため、ダイエット中の人は積極的に食べたいですね。ふきのとうの食べ方としては、おひたしやてんぷらが浮かびますが、炒めてもおいしくいただけますよ。塩味やみそだれ、甘辛味など味付けを変えたり、一緒に炒め合わせる具材を変えるなどすればアレンジも広がります。 この記事では、「ふきのとう」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • つるむらさきを使った人気レシピ【料理の種類:お弁当編】おすすめ10選

    最近、スーパーで見かけるようになったつるむらさき。まだなじみの薄い野菜ですが、栄養価が高く、じわじわと人気を集めています。緑黄色野菜であるつるむらさきは、免疫を高めてくれるβカロテン、ビタミンCなどのビタミン類や、骨を丈夫にしてくれるカリウム、マグネシウムなどのミネラルを含んでいます。そして、つるむらさきの特徴といえば、独特のぬめりがあることです。ムチンというネバネバ成分が胃を保護してくれたり、タンパク質の吸収を助けてくれたり、体にうれしい野菜です。夏が旬のつるむらさきで、暑さに負けない体を手に入れましょう。 この記事では、「つるむらさき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:お弁当】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • わけぎを使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

    ネギよりも香りや辛味が少なく、ほのかな甘みが特徴のわけぎ。ネギと玉ねぎの雑種で、見た目はよく似ていますが見分け方のポイントは球根です。ネギは葉っぱまで一直線なことに対し、わけぎは少しぷくっと膨らんでいます。わけぎは火を通す料理に向いていて、代表的な料理は、茹でたわけぎを、味噌や砂糖などと和えていただく「ぬた」です。もちろん生でも薬味として様々な料理にトッピングとして活用できますよ。ネギよりもマイルドな味わいですが、ネギにも含まれる「硫化アリル」はわけぎにも含まれ、胃腸の働きを活発にして消化促進や食欲アップに効果的です。食べやすさを活かして、様々な料理にアレンジしてみてくださいね。 この記事では、「わけぎ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:フライ編】おすすめ10選

    緑黄色野菜の王様であるほうれん草。ビタミンやミネラルなどの栄養が群を抜いて多いのが特徴です。β-カロテンやビタミンC・Eが豊富でがん予防や老化を防ぐアンチエイジング効果、かぜ予防などに役立ちます。ほうれん草にはアク成分のシュウ酸を含み、えぐ味があるため下ゆでをして水にさらして料理に使います。ゆで時間も水にさらす時間もできるだけ短くして、ビタミンの流失を防ぎましょう。1年を通して出回っているほうれん草ですが、冬の旬のものは栄養価も高くビタミンCは夏採りと比べて約3倍も多くなり、甘みも増しておいしくなります。魚類や肉類に挟んでフライにしたり春巻きの具に混ぜ込んだレシピなど、子供から大人までおいしく栄養が取れるフライレシピが豊富です。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:フライ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 舞茸を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    程良い歯ごたえと旨味が特徴の舞茸。ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれているヘルシー食材でもあります。中でも注目すべきは、MXトラクションという成分。他のきのこには無い舞茸特有の成分で、体内のブドウ糖やコレステロールを抑制・分解してくれる働きがあります。100gあたり約16kcalと低カロリーでもあるため、ダイエット中の人には特におすすめの食材です。又、舞茸を肉と合わせて調理すると柔らかく仕上がり、旨味もアップするのでおすすめです。これはマイタケプロテアーゼという酵素による効果。タンパク質を分解して柔らかくしてくれます。 この記事では、「舞茸」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 金柑を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ5選

    鮮やかなオレンジ色で、ころんと小ぶりな形をした金柑。皮まで丸ごと食べることができ、苦み・酸味・甘みが掛け合わさった独特の風味があります。そのままはもちろん、甘露煮や蜂蜜漬けにしたり皮や汁を風味付けに使ったりと、様々な調理法で親しまれています。古くから喉の不調に効くとされ、事実として多くのビタミンCを含む他、生活習慣病を防ぐビタミンE・果物の中では随一の量のカルシウム・血管の健康維持や抗アレルギー効果が期待できるへスぺリジンなど、身体に嬉しい成分がたっぷり。可愛らしい見た目から観賞用として植えられることもあり、目も楽しませてくれる果物です。主な産地は九州で、1~3月頃に最もおいしくなります。 この記事では、「金柑」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 納豆を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    独特の風味と旨味があり、ネバネバの食感が特徴的な納豆。簡単に手に入れることができ、安価なものが多いので家計に優しい食材です。納豆を語る上で外せないのは、何といってもその栄養バランスの良さ。タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルといった5大栄養素が全て含まれている他、良質な大豆タンパク質や食物繊維にも富んでいます。ナットウキナーゼという酵素は、血栓を溶かしてくれるとして一躍話題になりましたね。かき混ぜてご飯のお供にするのが最も基本的な食べ方ですが、和え物や揚げ物など、最近はさまざまなレシピで使われています。 この記事では、「納豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • エビを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    ぷりぷりの食感が人気のエビ。エビフライに用いられることの多いブラックタイガーやバナメイエビ、寿司屋などでよく見かける甘エビ、主に乾燥した状態で売られている桜エビ、高級食材として有名な伊勢エビなど、様々な種類があります。エビの身はその9割以上を水分とタンパク質で占めていて、糖質や脂質はほとんど含まれていません。タンパク質を構成しているのは、多種のアミノ酸。旨味の元となるグルタミン酸や、疲労回復や高血圧の抑制に効果を発揮するタウリンなど、身体に嬉しい成分をバランス良く含んでいます。下処理にコツが要るという印象を持っている人もいるかもしれませんが、覚えてしまえば簡単に調理できますよ。 この記事では、「エビ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • みょうがを使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    鮮やかな紅色とシャキシャキした歯触りが特徴的な野菜、「みょうが」。その香りの元はアルファビネンという成分で、発汗や血液循環を促進し、身体を温めて元気にする効果があります。ホルモンバランスを整えるとも言われており、女性には特におすすめの野菜です。余剰な成分の排出を促すカリウムや強い抗酸化作用を持つアントシアニンも含まれている他、抗菌・消炎の働きもあります。「薬味」として重宝されるにふさわしい、嬉しい効果がたくさんですね。天ぷらなどの揚げ物にするときは、香りが失われていない熱々のうちに食べてくださいね。 この記事では、「みょうが」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 水菜を使った人気レシピ【調理法:揚げる編】おすすめ10選

    瑞々しいシャキシャキ食感が特徴の水菜。別名「京菜」とも言われ、伝統的な京野菜のひとつでもあります。水菜は寒さに強いことから、元々は冬場の貴重な栄養源として、温かい鍋などに入れて食べることの多い食材でした。近年は全国各地に通年流通するようになり、サラダや揚げ物など様々な調理法で食べられています。味に癖が無いため、幅広いレシピに取り入れやすいですよね。又、水菜にはレモンの半量ほどのビタミンCが含まれており、風邪予防や疲労回復などの働きが期待できます。βカロテンや、カリウム・マグネシウム・鉄・リンなどのミネラルも豊富です。 この記事では、「水菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社