キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

キッチン用品を探す

カテゴリーから探す

キッチンブックの新着記事

  • チンゲンサイを使ったおすすめ定番料理10選

    チンゲンサイは八宝菜、皿うどんなどの中華料理の定番の食材です。チンゲンサイはシャキシャキとした歯触りのよい食感があります。アクも少ないため、炒めものやスープにそのまま使えるので、使いやすさも魅力的です。葉の部分は柔らかく、火が通りやすいので加熱する時は茎から調理するようにしてくださいね。チンゲンサイには骨を丈夫にするカルシウム、生活習慣病やがんの予防に効果のあるビタミンE、βカロテン鉄分などが豊富に含まれており、栄養も満点です。カリウムなどの栄養素は水に溶けやすいため、スープにする場合は残さず飲むのがオススメです。また、水溶き片栗粉であんにすれば栄養を逃さず摂取できます。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのすだちを使った人気レシピ10選

    すだちは青色の皮がさわやかな、徳島県原産の果物です。すだちはポン酢の材料としても有名です。すだちは焼き魚に絞ったり、鍋の具にしたりして料理に使われています。フレッシュな香りで料理の味をすっきりとさせてくれますよ。果汁を絞ってジュースやお酒にも加工されています。果汁だけでなく、料理の仕上げに皮を擦って風味を付けたり、いろいろな使い方ができる万能な食材です。すだちはかぼすともよく似ていますが、その違いはまず大きさにあります。すだちの方がかぼすよりも一回り小さく、ゴルフボールくらいのサイズしかありませんが、かぼすはテニスボールくらいのサイズです。すだちの方がより香りが強く感じられる特徴もあります。 この記事では、「すだち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中からおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのさつま揚げを使った人気レシピ10選

    さつま揚げは、魚肉のすり身に塩や砂糖などの調味料で味付けして油で揚げた食材です。イワシやトビウオ、カツオ、サバ、ホッケなど脂肪分のない魚を2種類以上混ぜて作るのが一般的です。そのままはもちろん、軽く焼いて生姜醤油や辛子をつけたり、煮物の材料やおでん、うどんなどの具材としても使われます。形や練り込む具材によって種類は様々で、丸型の「ひら天」、長方形の「角天」、円盤型の「丸天」や、野菜を練りこんだ「野菜天」、タコを練りこんだ「たこ天」などがあげられます。地域によってさつま揚げの呼び方は変わり、中部地方や広島県では「はんぺん」、西日本や北海道では「天ぷら」、沖縄では「ちきあぎ」と呼ばれていますよ。 この記事では、「さつま揚げ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのチンゲンサイを使った人気レシピ10選

    チンゲンサイはシャキシャキとした食感が楽しめる青菜の一種です。チンゲンサイは芯の部分がしっかりしているため、調理しても崩れにくく炒め料理から煮込み料理までさまざまな調理法でおいしく食べられます。チンゲンサイは八宝菜、焼きそば、中華スープなど、主に中華料理で使われる中華野菜です。チンゲンサイはβカロテンやビタミンEなどのビタミン類が豊富に含まれています。他にも骨を丈夫にするのに欠かせないカルシウムが含まれており、育ち盛りの子供から骨粗鬆症が気になるお年寄りまで幅広い年代の方にオススメです。チンゲンサイは熱で栄養が溶け出してしまうので、汁物にする場合は汁まで飲み干してくださいね。芯の部分は繊維に沿って縦に切ると、チンゲンサイの食感を生かせますよ。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ9選

    ビーツはカブのような丸い形をした野菜です。中まで深みのある真っ赤な色をしているのが特徴で、料理に彩りを加えてくれます。ビーツは生だと固くて食べられないので、一度ゆでてかは食べるのが一般的です。ビーツはボルシチには欠かせない食材で、ヨーロッパ地方でよく利用されています。ビーツにはショ糖と呼ばれる甘み成分が含まれているため、ほんのり甘くて食べやすいですよ。ビーツには余分な塩分を排出してくれるカリウムや動脈硬化を防いでくれるパントテン酸などの栄養が豊富に含まれています。日本ではまだ馴染みのない食材ですが、大根やカブのように扱うことができるので、ぜひビーツ料理にチャレンジしてみてくださいね。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのパンを使った人気レシピ10選

    ご飯や麺と並んで私たちの食卓に馴染み深いパン。種類や形も豊富にあり、好みに合わせて食べられますが、サンドイッチやフレンチトーストなど朝ごはんの定番の食パンは手頃な価格で手に入れやすですね。食パンは形から大きく二つに分類されて、山のような形で膨らみがあり、目が大きくてサクッとした口当たりの「山型食パン」と、目が詰まっていてもっちりとした食感が特徴の「角型食パン」に分かれます。どちらの食パンも型に入れて焼くのは同じですが、角型の場合は上から蓋をして焼くのに対して、山型は蓋をしないで焼くため見た目だけではなく、食感も大きく異なりますよ。 この記事では、「パン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 昼ごはんにオススメのロメインレタスを使った人気レシピ10選

    シーザーサラダや炒め物などに使われるロメインレタス。コスレタスという別名もある野菜で、ほんのりと苦味があり、葉が厚めでシャキシャキ、パリッとした食感が特徴です。一般的な玉レタスとは異なり、株は縦に長く、半結球の形をしています。ロメインとは「ローマの」という意味がありますが、実際の名前の由来は「ローマ時代によく食べられていた」「ローマ時代から食べられている」など、諸説あります。原産地はエーゲ海のコス島と言われ、国内では長野県や茨城県などで栽培されています。水分の多い野菜ですが、ビタミンやカリウム、食物繊維、βカロテンなどの栄養も豊富に含まれていて、便秘解消やアンチエイジングに効果的です。 この記事では、「ロメインレタス」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • クレソンを使ったおすすめ定番料理10選

    クレソンは独特の辛みがあり、オランダガラシとも呼ばれます。日本では山梨県・栃木県・沖縄県などで生産されていますが、自宅でも簡単にプランターで栽培できます。家庭菜園で作った採れたてのクレソンを料理に使うのもいいですね。クレソンは生でも火を通してもおいしく食べられ、クレソンの辛みであるシニグリンには脂肪の分解を助ける効果があるため、脂っこい肉料理に合わせるのがおすすめです。抗酸化作用のあるβカロテンを含み、心筋梗塞や動脈硬化などの生活習慣病を予防します。その他にも体内の余分なナトリウムを排出するカリウムやカルシウムが豊富で、生で食べられるので栄養素を壊すことなく摂れるのも魅力です。 この記事では、「クレソン」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きのこを使ったおすすめ定番料理10選

    正確な種類の総数が分かっていない「きのこ」。日本でそんざいしているものの中で、食用とされているのは約100種類で、毒きのこは200種類以上あり、その他のきのこはどちらか不明です。ブナシメジなどの定番のきのこ20種類程度が人工栽培でき、腐生性のきのこです。そんなきのこの旬はさまざまで、キノコ狩りで定番のシーズンである秋はもちろん、種類は少なめですが、春が旬のきのこもあります。そしてきのこはさまざまな料理に使用でき、この定番レシピでも、みそ汁、パスタなどに使用しています。 きのこの栄養価は低カロリーで食物繊維が豊富に含まれているのです。また種類によち栄養成分が異なりますが、ビタミン、ミネラルも豊富に含んでいます。 この記事では、「きのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ズッキーニを使った人気レシピ【調理器具:圧力鍋】おすすめ10選

    ズッキーニはイタリア語で「小さなかぼちゃ」という意味の通り、かぼちゃの仲間の品種です。見た目はきゅうりに似て細長い緑色をしています。食べるとナスに近い食感が楽しめる食材です。ズッキーニはラタトゥイユなどのフランス、イタリア料理に欠かせない存在です。ズッキーニはオリーブオイルとの相性が良く、一緒に調理することでビタミンA、カロテンの吸収力が上がり、栄養を逃さず摂取することができます。煮込み料理にする場合も、一度オリーブオイルで炒めてから煮込むのがオススメです。ズッキーニはβカロテン、カリウム、ビタミンCが豊富な栄養が含まれています。カロリーも低く、ダイエットにも効果があるので、積極的に食べて欲しい食材です。 この記事では、「ズッキーニ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ザーサイを使ったおすすめ定番料理10選

    ザーサイは中国が原産の野菜で、茎の部分が肥大しているのが特徴です。ザーサイの漬物は10種類以上のスパイスを効かせて塩漬けされ、中華料理のお粥に欠かせないトッピングになっています。ザーサイと言えば漬物にされたものが使われますが、生のザーサイはコリコリとした食感が特徴で炒め物やチャーハンの具材として使われます。1900年頃に四川省で作られたのが始まりと言われ、日本で売られているザーサイはほぼ中国産ですが茨城県でも栽培されています。βカロテン・食物繊維・必須アミノ酸・カリウムなどの栄養素を含み、ピリッとした辛さがビールによく合いお酒のおつまみにも人気です。 この記事では、「ザーサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのエリンギを使った人気レシピ10選

    コリコリとした歯ごたえが特徴のエリンギは、食物繊維を非常に多く含み、その多さはさつまいもよりも多く含むと言われます。日本では自生していないため流通しているエリンギの100%は栽培されたものですよ。エリンギに含まれる食物繊維は不溶性のため腸まで直接届き、便の量を増やして、腸内の有害物質を外に排出する作用があるため便秘解消に効果的です。さらに、ビタミンB群の一つであるナイアシンを含み、糖質や脂質などをエネルギーに変換する働きを持ちます。体内の余分な塩分を排出するカリウムも含むため、むくみ対策にも有効ですよ。食事を気にしがちなダイエット中にもぴったりな食材ですね。 この記事では、「エリンギ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 朝ごはんにオススメのとうもろこしを使った人気レシピ10選

    茹でる、蒸す、焼くなど様々な調理法で楽しめるとうもろこしは、米や麦と並ぶ主要穀物の一つです。一般的に流通しているとうもろこしは甘味種の「スイートコーン」と呼ばれるもので、フルーツのような甘さが特徴です。とうもろこしには糖やデンプンなどの炭水化物が多く、さらに糖質をエネルギーに変えるビタミンB1も豊富に含むため、身体や脳が疲れた時のエネルギー源になります。さらに抗酸化作用があるビタミンEとコレステロール値の低下作用を持つリノール酸を含み、生活習慣病の対策に期待できます。腸を綺麗にする食物繊維もたっぷり含むため便秘解消にも効果的ですよ。カロリーは高めなので食べる量に気をつけてくださいね。 この記事では、「とうもろこし」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのチンゲンサイを使った人気レシピ10選

    白菜の仲間でアブラナ科アブラナ属である「青梗菜(チンゲンサイ)」中国から伝わって来た野菜の1つで、和名は「体菜(たいさい)」といいます。軸が青色なのはチンゲンサイで、白軸なものを「パクチョイ」といいますが、日本では白菜と区別するために「しろ菜」とも書かれます。1年中各地から販売されているチンゲンサイですが、露地物の旬は春の3月から5月、秋の10月から11月です。そんなチンゲンサイの栄養価にはβカロテン、カリウム、カルシウムを豊富に含んでいて、ビタミンCも含んでいます。そしてチンゲンサイは葉や茎がシャキシャキした食感が特徴で、この夜ごはんレシピでも、炒め物やスープなどに使用しています。 この記事では、「チンゲンサイ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 夜ごはんにオススメのビーツを使った人気レシピ10選

    フダンソウ属の根野菜であるビーツ。主に赤紫色をしたビーツはカブのような形をしていますが、ほうれん草の仲間で、砂糖の原料である「甜菜(てんさい)」の仲間です。また「テーブルビート」、「カエンサイ(火焔菜)」とも呼ばれています。そんなビーツの旬は6月から7月と11月から12月の2回です。ビーツの朝紫色であるこの色素はアントシアニンではなく、「ベタシアニン」です。また黄色の「ベタキサンチン」も含まれ、抗酸化作用があります。そしてたくさんのショ糖による甘みや、特有の土臭さであるゲオスミンが含まれているのです。ビーツは色によりいくつか品種があり、この夜ごはんレシピでも白いビーツを使用したレシピもあります。 この記事では、「ビーツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、おすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社