キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

キッチン用品を探す

カテゴリーから探す

キッチンブックの新着記事

  • 里芋を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    里芋は野菜の中でも何となく地味な印象の野菜です。芋と言えばじゃがいもやさつまいもを思い浮かべる方が多いと思いますが、里芋は紀元前から日本で食べられいたという記録があり、日本人と関係の深い野菜です。年中スーパーで買えますが、旬は秋から冬にかけて最も流通量が多くなります。里芋には独特のぬめっとした感じがあり、その成分は「ガラクタン」と「粘液糖タンパク質の混合物」の食物繊維になります。特に粘液糖タンパク質は胃腸の働きを活性させる効果があるので、便秘解消に役立つうれしい野菜です。里芋を使った料理と言えば里芋の煮っころがしや煮物などがありますが、今回は里芋を焼くレシピに注目して紹介しています。お子さまも喜ぶレシピもあるので、ぜひ参考にしておいしい里芋料理を作ってください。 この記事では、「里芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【里芋を使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • さつまいもを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    甘みがあって子どもからお年寄りまで大好きなさつまいも。旬は秋から冬にかけてですが、年中手に入り身近な食材といえます。さつまいもの甘さを利用してそのまま食べたり、主菜、副菜、おやつとさまざまな料理でいただけます。さつまいもは食物繊維やビタミンCなど栄養満点の野菜なので、毎日の食事の中で積極的に取り入れたいですね。焼く・蒸す・揚げるなど調理法もいろいろありますが、なかでも簡単な「焼く」といった調理法のレシピは、「焼き芋」のほかにあまり思いつかないという人もいるのではないでしょうか。 この記事では、「さつまいも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【さつまいもを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • おもちを使った人気レシピ【調理法:煮る編】おすすめ10選

    お正月に食べられる代表的な食材と言えばおもち。日本では8世紀前半に記された「豊後国風土記」に、おもちに関する記述が残っておりはるか昔から日本人に食べられいました。もち米を用いて作るおもちが一般的で、お正月にはお雑煮や焼きもちとしてよく食べられます。紅白餅は縁起物としてお祝い事の引菓子として出され、一生食べ物に困らないようにと一歳の誕生日に一生餅を背負うなど縁起のいい食べ物としてもおもちは持ち入れられます。腹持ちがよく色々とアレンジが効く食材で、おやつにもぴったりです。今回はその中でも、おもちを煮るレシピに注目して紹介します。 この記事では、「おもち」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【おもちを使った人気レシピ:煮る編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • かぼちゃを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    甘いかぼちゃはおかずとしてだけでなく、おやつにも使われる身近な野菜です。保存がきき、アレンジもしやすい食材として人気があります。1年中購入できる野菜ですが、旬である時期は7~12月ですが、ハロウィンのある10月には特に注目される食材といえるでしょう。採れたてのかぼちゃはまだ甘みが弱いので、購入するときはヘタが乾燥していて縦線が入っているもの、ヘタの周りがへこんでいるものを選びましょう。熟したかぼちゃの目じるしです。焼いても煮ても揚げてもおいしいかぼちゃはアレンジもしやすいのでレシピも豊富にあります。 この記事では、「かぼちゃ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【かぼちゃを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • キャベツを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    生のままでも、火を通してもおいしく食べられるキャベツは常に常備しておくと便利な野菜の一つです。サラダはもちろん、炒め物や蒸し物、スープなどいろいろな食べ方ができ、さまざまな料理に合わせやすいのでレシピも豊富です。通年で出回っていますが、春に出回る「春キャベツ」は鮮やかな緑色をしており、葉の巻きがゆるくてやわらかく、甘みがあるのが特ちょうで、サラダなど生のまま食べるのがおすすめです。一方「冬キャベツ」は葉の巻きがつまっていて固さがあり、火を通しても形が崩れにくい特ちょうがあります。キャベツの葉のシャキシャキ感も楽しめます。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【キャベツを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • れんこんを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    れんこんはシャキシャキした歯ざわりと、穴の開いた形が特ちょうがあります。ほぼ一年中出回っていますが、旬は9~10月から冬までです。穴が開いていることから「見通しがきく」と言われ、縁起物としてよくお節料理に使われます。実はれんこんを食べるのは、日本や中国など一部の国だけ。日本では熊本名物の「からしれんこん」やはすの熟した実をゆでて乾燥させた「はすの実」が有名です。れんこんはアクが強く、切り口がすぐに黒ずむので切ったらすぐに水か酢水にさらしてアクを抜いてから調理します。煮物や炒め物、揚げ物、またすりおろして使うなどさまざまな食べ方がありますが、れんこんを「焼いて」できる簡単なレシピがたくさんあります。 この記事では、「れんこん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【れんこんを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 栄養たっぷり美容効果抜群!ビーツスムージーのおすすめレシピ20選

    鮮やかな赤紫色が特徴的なビーツ。赤かぶと似ていますが、ほうれん草の仲間で、ロシア料理のボルシチに欠かせない野菜です。日本ではまだ馴染みが薄いビーツですが、食べる輸血と言われるほど栄養満点な食材なんですよ。サラダやスープなどに使いますが、スムージーなら作り方も簡単、手軽に栄養が取れます。レシピも様々なので、健康効果の高いビーツを活用しましょう。この記事では、ビーツ スムージーの栄養に加え、果物・野菜、牛乳・豆乳、ヨーグルトにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるスムージーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 風邪予防に!みかんを使ったスムージーのおすすめレシピ20選

    冬の果物といえば一番に思い浮かぶ、身近な存在、みかん。ビタミンCが多く風邪予防に良いというイメージはありますが、それ以外にも栄養が豊富なんです。そのままでも美味しいみかんですが、スムージーにすると美味しく野菜も一緒に摂取できたり、果物を組み合わせると特別なスイーツにも。作り方も簡単なので色々な人気レシピに挑戦してみてくださいね。この記事では、みかんを使ったスムージーの基礎知識に加え、みかんを使ったスムージーの栄養素、みかんを使ったスムージーの効果、みかんを使ったスムージーのレシピをフルーツスムージー・グリーンスムージーにカテゴリを分けて紹介しています。たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 青首大根を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    年中手に入る大根。おでんや煮物には欠かせない野菜ですね。大根にもいろいろな種類があり、種類によって旬が違ってきます。普段目にすることが多いのは「青首大根」という種類。10月分~3月頃が旬でこのころには甘味がぐんと増します。ズシリと重くて太く、ハリつやがあるものを選びましょう。大根1本あれば、部位によって向き・不向きの料理があるので、意識して使い分けるといいですね。サラダや大根おろしなど生のまま食べたり、煮て食べるイメージが強いですが、実は簡単に「焼いて」食べるレシピもたくさんあるんですよ。レシピを覚えたら料理の幅も広がりそうですね。この記事では、たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • たけのこを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    春はたけのこがおいしい季節です。旬のたけのこを使った料理は季節を感じさせて、春にはぜひ使いたい食材です。春以外でもたけのこの水煮を使えば、一年中たけのこを使った料理を食べられます。たけのこはしゃきしゃきとした食感が独特で、メイン料理から副菜、お酒のおつまみまで幅広い料理で活躍します。たけのこを使った料理ってどういうものがあるの?と、意外に思いつきませんよね。今回はたけのこを使ったレシピを紹介していて、中でもたけのこを「焼く」レシピに注目して選んでいます。ぜひたけのこのレシピを参考にして、おうちでおいしいたけのこ料理を作ってみてください。 この記事では、「たけのこ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【たけのこを使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ほうれん草を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    ほうれん草には鉄分・βカロテン・ビタミンC・カリウムなど、たくさんの栄養素が含まれています。ほうれん草の料理と言えば、代表的なのが「ほうれん草のおひたし」ですね。ただほうれん草だけを食べるのには抵抗がある人も多いのではないでしょうか?特に子どもはほうれん草が苦手な子が多く、ほうれん草を食べるのを嫌がることがあります。そういう場合は他の材料と合わせることで、ほうれん草独特の味わいを和らげて食べやすくなります。今回はほうれん草を使った焼くレシピを紹介しています。栄養たっぷりのほうれん草、ぜひ家族の健康のためにも料理に取り入れていきましょう。 この記事では、「ほうれん草」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【ほうれん草を使った人気レシピ:焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ダイエットは朝が大事!ヘルシーな朝ごはんのおすすめレシピ・作り方20選

    ごはんやパン、近年ではスムージーやオートミールなど多種多様な朝ごはん。忙しい毎日で1分でも長く寝ていたいと思うこともありますが、朝ごはんを食べることで体も脳もスッキリ目を覚まし一日を健やかに過ごせます。朝ごはんは健康と美容のためにも欠かせません。ライフスタイルに合わせ無理なく毎日簡単・ヘルシーに続け、健康的な体づくりをしましょう。 この記事では、朝ごはんを食べるメリットや太りにくい朝ごはんの食べ方に加え、ヘルシーな朝ごはんのレシピを和食・洋食にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 【ママ編集部厳選】サラダはこのレシピがお勧め!簡単で人気のヘルシーな作り方20選まとめ

    野菜類を1日350グラム以上食べましょう」と厚生労働省が掲げていることをご存知ですか。野菜には新陳代謝を上げる手助けをしてくれ、消化の働きを促し、美容と健康、生活習慣病予防には欠かせません。サラダは最も手軽に摂れる野菜です。アレンジ次第で様々な味になるので飽きずに毎日食べ続けたいですね。 この記事では、サラダの効果やヘルシーで栄養が摂れるサラダを作る方法に加え、ヘルシーなサラダのレシピを和風・洋風・中華風にカテゴリを分けてレシピを紹介しています。たくさんあるヘルシーレシピの中でも、特に人気のものをまとめました。無理しない健康的なダイエットのお供に、ぜひお試しください!

  • 鶏肉を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    毎日の献立を考えるのは大変です。みんながおいしく食べてくれるレシピを探したり、味付けを工夫したりと頭を悩ませてしまいますよね。メインのおかずには牛肉・豚肉・魚・鶏肉をよく使用すると思いますが、中でも鶏肉は胸肉・もも肉・ささみなど部位によって食感や味わいが異なるため、さまざまな料理に使える便利なお肉です。鶏肉の人気レシピはから揚げが定番ですが、鶏肉を焼くレシピもソースや味付けを変えるだけで色々な味わいを楽しめます。今回は鶏肉の焼くレシピに注目して紹介していますので、献立がマンネリ化しがちな方はぜひ参考にしてください。 この記事では、「鶏肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【鶏肉を使った人気レシピ焼く編】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 小松菜を使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

    小松菜はアブラナ科の野菜で、天然のマルチサプリとも言われるほど豊富な栄養素を含んでいます。小松菜にはビタミン類・ミネラル・カロテンが豊富に含まれており、中でもカルシウムと鉄分はほうれん草より多くなっています。栄養たっぷりの小松菜はぜひ家族に食べて欲しい野菜ですが、野菜嫌いなお子さまや緑黄色野菜は苦手、という大人の方も多いのではないでしょうか。今回は小松菜を使った焼くレシピを紹介しています。他の材料と合わせることで、色どりがきれいで食べやすくなっています。小松菜が苦手な方でもおいしく食べられるレシピがたくさんあるので、ぜひ参考にして下さい。 この記事では、「小松菜」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告