キッチンブック レシピやキッチングッズをお得に発見!
毎日の料理を便利にする情報マガジン

キッチン用品を探す

カテゴリーから探す

キッチンブックの新着記事

  • さやいんげんを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    鮮やかな緑色で、プリッとした歯ごたえが特徴のさやいんげん。いんげん豆を若採りしてさいやごと食べる野菜です。甘納豆や金時豆、豆大福などに使われる豆もいんげん豆の仲間ではありますが、これらはさやから外した豆だけを使って調理されています。そんなさやいんげんですが、和え物、揚げ物、煮物、汁もの、サラダ、炒め物、どんな料理の種類でもおいしく調理することができます。生では食べることはできませんが、さっと茹でるだけで食べられます。低温に弱い野菜となるため、2~3日で使い切ることをおすすめしていますが、食べきれない場合は茹でた後冷凍すれば1か月程度は持ちます。 この記事では、「さやいんげん」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • スルメイカを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    噛めば噛むほどうま味があふれ出てくるスルメイカ。古来から日本人に親しまれてきた食材のひとつです。消費量の多い魚介類の一つで、国内に流通するいかの半分以上をしめます。煮物や焼き物、刺身など、幅広いジャンルの料理にしようできる上、値段んも比較的安価なため、幅広く利用されています。また、スルメは結納品としても欠かすことのできない縁起物でもあります。夏から秋にかけて大量に水揚げされていますが、季節ごとに発生系群があるため、一年を通して食べられるところも嬉しいですよね。スルメイカを捌く際は目の上あたりから内臓と筒の接続部を下にひくと比較的きれいにとれるのでお勧めします。 この記事では、「スルメイカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • きくらげを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    コリコリした食感のきくらげ。中華料理ではおなじみの食材ですよね。きくらげはクラゲの仲間ではなく、きのこの仲間ということをご存じでしょうか。しかし、普段目にするきくらげは乾燥したタイプなので、きのことは結びつかない人も多いでしょう。和名では「木耳」と書くように、樹木に耳がついているように見えることが由来という説もあります。乾燥させたきくらげは保存が効き、水で戻すだけですぐに使えるのがメリット。きくらげを使った煮物やスープ、サラダなどは食感が楽しめます。中華風の味付けをするレシピが多いですが、和風の味付けにも合いますよ。 この記事では、「きくらげ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • こごみを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    葉先がくるくると渦巻き状になっているこごみ。独特な見た目が特徴的ですよね。味に癖がないため、比較的調理しやすい山菜です。正式名はクサソテツといい、春から初夏に食用として採る新芽をこごみやこごめなどと呼ばれています。そんなこごみですが、茎が太く、トップがしっかりと渦巻き状に巻かれているものがおすすめです。また、茎の部分に白く粉を拭いたようなものがついているものはより新鮮な証となります。ですが、日持ちが良いものではないので、収穫したり、スーパーで買った際には2、3日ほどで調理することをおすすめします。 この記事では、「豚肉」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ひじきを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    ひじきは栄養価が高い食材で料理に欠かせない食材で、幅広い年齢層の方に人気があります。旬は3月~5月となりますが乾燥ひじきなども売られているため大変身近な食材です。ひじきにはカルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。カルシウムは歯や骨を丈夫にし、食物繊維は腸内を健康に保ちます。他にはマグネシウムやビタミンAも含んでいるので育ち盛りの子供にも積極的に摂取させたい食材です。ひじきは油との相性が大変よく、油と一緒に調理をするとカルシウムの吸収率があがります。比較的火が通りやすい食材なのでレンジを使った調理法が多く紹介されています。 この記事では、「ひじき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • えのきを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    クセのない味わいと歯ごたえの良さが楽しめるえのき。低カロリーで食物繊維も豊富なのでダイエットにも役立ち、色々な料理に使いやすいのも魅力です。きのこ類の中でもビタミンB1が特に豊富で、糖質の代謝を助けてくれるので疲労回復に役立ちます。えのきに含まれるβ-グルカンは免疫力を高める働きがあり、がん抑制作用のあるEA6と呼ばれる糖タンパクも含まれ、がん予防にも効果的です。GABA(ギャバ)などの成分も豊富でストレス軽減に役立つほか、カリウムや鉄、亜鉛なども多いので不足しがちなミネラル補給にも最適ですよ。えのきの和えるレシピでは箸休めに最適な和え物レシピやご飯が進むおかずのレシピを紹介しています。健康維持に最適なえのきをぜひ活用しましょう。 この記事では、「えのき」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 長芋を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    長芋は春、秋~冬が旬の野菜で、粘りがありサクッとした食感が特徴的な野菜です。太さが均一であるもの、でこぼこがないもの、ひげが多くハリがあるものが新鮮です。カットされているものは変色していないものでみずみずしいものを選びます。アミラーゼというでんぷん分解酵素が豊富に含まれているので消化を助け胃や腸を守る働きがあります。アミラーゼは熱に弱い成分なので生で食べるのがおすすめです。調理の際はひげを取り除き皮をむいて使います。すりおろして食べたりサラダで食べるのが一般的ですが、レンジを活用した長芋のレシピが多く紹介されているので参考にしてください。 この記事では、「長芋」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 芽キャベツを使った人気レシピ【調理法:茹でる】おすすめ10選

    小さいながらも見た目はキャベツと同じである芽キャベツ。スープや炒め物など、幅広く料理に活用できて使いやすいですよね。子持ち甘藍とも呼ばれているベルギーが原産の野菜ですが、日本には明治元年ころ伝わったと言われています。見た目も、味わいも、キャベツとそっくりではありますが、栽培する過程は異なります。芽キャベツの株は地上から10~80センチ程度に伸びた一本の茎に50個前後鈴なりに実ります。そんな芽キャベツは日本では主に北海道や長野で栽培されています。芽キャベツは高温と湿度に弱いため、気温が低い地域での栽培が適しています。 この記事では、「芽キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:茹でる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 桜えびを使った人気レシピ【料理の種類:サラダ】おすすめ10選

    甘みと香ばしい香りが特徴である桜えび。彩りもピンク色をしていて、食べて美味しい上に、料理を華やかに見せてくれますよね。桜えびという名前がついていますが、その由来も、干し桜えびの色が桜の花を撒いたように美しい、春の時期に収穫できるため、桜の色に由来している等の諸説があるほど、華やかなイメージのある食材です。桜えびの漁は主に春と秋の2回行われるため、通年変わらず入手できるところも嬉しいですよね。そんな桜えびですが、カルシウム、アスタキサンチン、グリシン、タウリンなど、健康に必要な栄養素が豊富に含まれています。料理にさっとかけるだけで食べられるため、ぜひ積極的に摂取してみてください。 この記事では、「桜えび」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【料理の種類:サラダ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カツオを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    寿司や刺身、たたきによく使われる人気の魚カツオ。カツオはスズキ目・サバ科に属する魚で、日本では古くから食べられている魚です。カツオを使った料理では、カツオのたたき・カツオの漬け丼・竜田揚げ・カツオのタルタルなどがあります。カツオは生で食べるのはもちろん、火を通してもおいしく食べることができから揚げやフライにするのも人気です。カツオはかつお節の原料として使われ、出汁をとるのにかかせない食材で、日本食になくてはならない存在です。カツオは栄養素も豊富で、特に鉄分が豊富で100gあたり1.9mgを含んでいます。鉄分不足の方にはカツオを使った料理がおすすめで、その他にもEPA、DHAなどの多価不飽和脂肪酸もやビタミンB、ビタミンA、ビタミンDなどのビタミン類も多く含まれています。 この記事では、「カツオ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • カリフラワーを使った人気レシピ【調理法:あえる】おすすめ10選

    アブラナ科で淡色野菜であるカリフラワー。和名では「ハナヤサイ」や「花カンラン」とも言います。カリフラワーの色は一般的には白ですが、最近では紫色の物やオレンジ色の物、緑色の物、形の違うロマネスコなどが販売されています。全国で栽培されているため、通年で食べられますが、旬は11月頃から3月頃です。そんなカリフラワーの栄養素は、ナトリウムを排泄する役割のあるカリウム、疲労回復や風邪の予防効果のあるビタミンCを豊富に含んでいます。カリフラワーの選び方は、しっかりと締まっていて、硬く、重く、変色のない物がよいのです。またカリフラワーは日持ちしないので、乾燥しないようにして、立てて冷蔵庫で保存してください。 この記事では、「カリフラワー」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:あえる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • ししゃもを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ8選

    お酒のおつまみとしても人気のししゃもは、頭からしっぽまで食べられる小魚です。丸ごと一匹骨ごと食べられるので捨てるところがありません。ししゃもという名称は、アイヌ語の「スサム」に由来して、古くから日本で食べられていた魚です。骨ごと食べられるのでカルシウム不足の時にもおすすめで、その他にもDHAやアレルギーの症状を抑えると言われているEPAなどが含まれています。カルシウムの他に免疫力を高める亜鉛などミネラル類も豊富で、ししゃもの卵にはコラーゲンが含まれているので女性にとってもうれしい魚です。さばいたりカットしたりする手間がなく、さっと料理できるので忙しい日にもおすすめの食材です。 この記事では、「ししゃも」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • 鯖を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    「鯖を読む」や「鯖の生き腐れ」など、鯖にちなんだことわざが多くあるように、日本人に馴染み深い鯖。魚に青とかく鯖は青背魚を代表する魚です。鯖は極めて脂質が豊富でEPAやDHAを多く含み、中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やす効果が期待されています。その他にも動脈硬化や脳卒中、高血圧など生活習慣病から身を守る効果も期待され、どの年齢層の方にも積極的に取り入れていただきたい魚です。鮮度の落ちが早い鯖は、目が澄んでいて、エラが鮮やかな紅色をし、体に張りがあるものを選びましょう。新鮮な鯖は刺身としてもおすすめですが、煮物、焼き物、煮浸し、パスタなどの料理にもおすすめです。 この記事では、「鯖」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • あさりを使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    春から初夏にかけて身が膨らみ旨味を増すあさりは、甘みの元になるグリコーゲンを含む味わい深い貝の一つです。あさりにはビタミンB12を非常に多く含まれています。これには赤血球の生成を助けて末梢神経を正常に機能させる働きを持つため、悪性貧血や神経疾患を緩和する効果が期待されます。他にもタウリンや鉄、亜鉛などのミネラルを豊富に含むため、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病などの予防にも効果的ですよ。殻付きのあさりは模様が鮮明でぬめりのあるものが鮮度の良い証拠です。味噌汁、酒蒸し、パスタなど旨味を活かしたい料理に最適ですよ。剝き身のあさりは弾力と艶のあるもの選び、ぬたや炊き込みご飯、チャウダーなどに利用しましょう。 この記事では、「あさり」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

  • そら豆を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

    4月から6月にかけて旬を迎える春野菜のそら豆。さやを天に向けて実ることから「空豆」と書かれたり、蚕が作るまゆの形に似ていることから「蚕豆」とも書かれます。そら豆にはタンパク質、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カリウム、鉄などをバランスよく含み、特にビタミンB2を豊富に含むそら豆は皮膚や粘膜を健康に保ち、脂質や糖質の代謝を助ける効果が期待されます。薄皮には食物繊維を豊富に含み、旬のものは比較的柔らかいためできるだけそのまま食べることがおすすめですよ。一般的な調理法は塩茹でですが、そら豆の黒い部分に切れ目を入れて塩茹ですると冷めても皮にシワが入らず綺麗に仕上がります。レンジでも手軽にできるのでお試しくださいね。 この記事では、「そら豆」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。たくさんあるレシピの中から、【調理法:レンジ】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

広告

運営会社